よくある質問

■キット・製品個別のご質問
通販コードを入力してください。

商品の質問と回答

現在この商品に関する質問は登録されておりません。

通販コードを入力してください。
 − 

  • この内容は一般的な使用用途・使用環境を想定してお答えしています。商品の使用目的以外、特殊用途でのご使用については必ずしもこの回答通りにならないこともございますので、予めご承知おきください。

通販コードを入力してください。
 − 
■一般的なご質問
場面ごとに分けて掲載しております。
 
【質問】 将来も継続して購入できますか?
【回答】 【在庫グレードアイコン】
Aのマークのアイコンは、各商品の販売ペースを元に算出した相対的な在庫保有量を等級表示したものです。 お客様のご購入への判断材料のひとつとしてご覧くださいませ。在庫グレード表示はあくまで相対的な表示であり、 具体的な在庫数の大小を示すものではございません。この表示は1日1回更新され在庫状況に応じて常に変動致します。そのため、AAA表示であっても在庫数が少なかったり、 またA表示でも比較的多数の在庫がある場合がございます。
在庫数は現在、1回でご購入できる数を表示しております。
また、こちらに表示されている数量は、現在通販でご購入頂くことのできる通販センターの在庫数量となります。
各店舗の在庫数量につきましては、お手数ですがご購入先へのご確認をお願い致します。


トリプルエー
弊社販売量のおよそ4ヶ月分を超える量の在庫がある商品です。

ダブルエー
弊社販売量のおよそ2ヶ月分以上の在庫がある商品です。

シングルエー
(エーマーク)
弊社販売量のおよそ2ヶ月分を下回っている商品です。売切れとなる可能性がございますので、お早めに購入をご検討くださいませ。

【取扱い種別アイコン】
特殊なルートで入荷した商品や諸般の事情で取扱い終了が予定されている商品は、在庫グレード表示の他にもう一つ、取扱いの種別を示すアイコンが表示されます。詳細は下記の説明をご覧くださいませ。
表示無し(無印)


在庫グレードアイコンのみ表示されて、取扱い種別アイコンが無い状態です。正規ルートで入荷し、表示時点では継続して入荷を行っていく予定の商品です。但し、あくまで予定であり、将来に渡り永続的に取扱いを行うお約束をするものではございません。また、メーカーの都合や諸般の事情により、突然に取扱い状況が変更となる場合がございます。


ディーマーク
(ディスコン)
正規ルートで入荷した商品ですが、メーカー製造終了などの理由により次回入荷を行う予定の無い商品です。原則在庫限りで売切り次第取扱い終了となります。Dは、”ディスコンティニュー(製造中止、販売中止)”から由来しています。赤いマークは処分価格としてお求めやすい価格に設定しております。弊社が取り扱いをやめた後の部品コストに影響が出る場合がございますのでご注意ください。

お宝マーク
特殊ルートで入荷した商品です。原則在庫限りで売切り次第取扱い終了となります。
 
【質問】 バッテリーが膨らんでしまいました。
【回答】 過充電か、充電電流の流し過ぎです。

内部の安全弁が解放され、 電解質が激減している可能性があります(ドライアウト)。 ドライアウトしたバッテリーはもう充電や放電はできません。
 
【質問】 一度つかったら充電できなくなりました。 購入してから数ヶ月たってから使おうとしたら、全然使えません。
【回答】 完全に放電しきっています(過放電)。 電圧が大幅に落ちた電池はもう充電できません。

放電終止電圧を下回るまで完全に放電させたり、 購入してから充電せずに放置すると自然放電(自己放電)が進み、 過放電となります。電池が劣化しても自然放電は早くなります。 高温でも自然放電は大きくなります。

過放電となると、電圧をかけても電流が流れなくなり、 充電ができません。毎日使用しないのであれば、 こまめな電圧のチェックが必要です。

データシートに表示されている放電条件でご使用頂き、 使用後は満充電すると長寿命が期待できます。 電池の安全で正しい使い方は、下記ウェブサイトをご覧ください。

社団法人電池工業会 (新しいタブで開きます)

 
【質問】 電池の「持ち」が短い
【回答】 容量は放電電流により変化します。 鉛シールバッテリーはすべて負荷電流に対する容量の記載がございますので、 負荷電流をご確認ください。

例えば、LONGの12V8Ahのバッテリーで8Aを流すと、 (容量)÷(電流)=(時間) から、8Ah÷8A=“1時間”となりそうですが、そうはいきません。 実際には、容量が3.6Ahに減少するため、結果として27分くらいしか持ちません

つまり、電流を多く流すほど、使用できる容量は減少します。 LONG社の場合、公称容量は10時間率で表記されています。 10時間かけて放電終止電圧まで放電した場合に、 表記の容量で使用することができます。 8Ah品ならば、(容量)÷(時間)=(電流)から、 8Ah÷10h=0.8Aとなります。

GSユアサ社の場合、公称容量は20時間率で表記されています。 8Ah品ならば、8Ah÷20h=0.4Aの放電電流で表記の容量で使用することができます。
 
【質問】 電源がはいりません、充電してもすぐに緑のランプがついて、電源を入れても入りません。
【回答】 本体のカバーをあけますと、電源スイッチ(ジャンパーピン)があります、ジャンパーピンをショートさせてください。


 
【質問】 テスターで容量を測ると誤差の範囲を超えているので不良品です。
【回答】 コンデンサーの容量は測定する周波数と電圧により変化します。積層セラミックコンデンサーはそのためテスターの測定条件とメーカーの測定条件が異なる場合、誤差範囲を超えて表示される場合がございます。また直流で測定する場合と交流で測定する場合でも値が異なる場合がございます。
メーカーの測定条件の例(積層セラミックコンデンサー)
測定周波数
 1MHz±10%(種類:C≦1000pF)
 1kHz±10%(種類:C>1000pF)
 1kHz±10%(種類:C≦10μF)
 1kHz±10%(種類:C>10μF)
測定電圧
 1.0±0.5Vrms(種類:C≦1000pF)
 1.0±0.2Vrms(種類:C>1000pF)
 1.0±0.2Vrms(種類:C≦10μF)
 0.5±0.1Vrms(種類:C>10μF)
バイアス印加:なし
テスターによる表示の違いの例


 
【質問】 ピントリングをいくら回してもピントがあいません。
【回答】 マウントリングをつけたままで、CSマウントのレンズを使用していませんか?CSマウントのレンズを使用する場合はリングは使用ません。 Cマウントのフランジバックは17.526mm、CSマウントの場合は12.5mmとなっています。
 
【質問】 充電できません、充電してもほとんど入りません。
【回答】 充電電流を流しすぎていませんか?この電池の最大充電電流は200mAとなっております。充電電流を200mA以下に抑えて再度充電をしてみてください。
 
【質問】 ピントを合わせることができません。ピントが合いません。
【回答】 このレンズはCSマウントですので、CCDカメラ等に付属しているマウントリングは使用しません。 Cマウントのフランジバックは17.526mm、CSマウントのフランジバックは12mmとなっております。
ピントはマウント脇にある、ギザギザの部分を回して合わせます。レンズをきっちりと固定したあとに、ゆっくりとギザギザを回してみてください。
 
【質問】 ICクリップがすぐに抜けてしまいます。
【回答】 バネを押し込んだあと、もう少し力を入れて、奥まで差し込んでください。5mmほど入りますときちんとささり抜けなくなります。
 
【質問】 充電できません。充電してもすぐに満充電になり、放電すると全然容量分使えません。
【回答】 充電条件をご確認ください。8.4V200mAh(B−00589)は標準充電で20mA×16時間、急速充電で100〜200mA(−ΔV制御:0−35mV)の定電流充電を行なう必要がございます。これ以上の電流で充電しようとすると電池の電圧が急激に上がり大変危険ですのでおやめください。
 
【質問】 和文インストールガイドがオシロスコープ用のもののようです。
【回答】 和文インストールガイドはpico共通のものですので、そのままご確認くださいますようお願いいたします。
 
【質問】 CD−ROMがオシロスコープ用です。
【回答】 付属のCD−ROMはpico製品すべて共通のものです。インストール時にTC−08(USB)を選択してください。
 
【質問】 電源を入れると液晶が黒くなり、うまく表示されません。
【回答】 組立後最初に電源を入れたとき、またしばらく使用していない状態で、電源をいれますと、下の写真のようにうまく表示されない場合がございます。再度電源を入れますとうまく表示されるようになります。
 
【質問】 使用していないセグメントが表示されます。
【回答】 もれ電流で使用していないセグメントが点灯/点滅することがあります、その場合は使用していないセグメントのピンをSP521の1番ピンに接続してください。LCDのバックプレートと同電位にすることで不要セグメントの点灯を防止することができます。
 
【質問】 セラミックコンデンサの色が前と違います
【回答】 セラミックコンデンサが単板型から積層セラミックに変更になりました。使用上は問題ございませんのでご安心ください。 下記に拡大した写真を用意しましたのでご確認下さい。
セラミックコンデンサの拡大写真(PDF)

 
【質問】 付属品について
【回答】 付属品は英文マニュアルのみとなります。日本語資料はありません。2009.9.15
 
【質問】 それでも容量が少なく表示されますが。
【回答】 メーカーでは製造初期において規格を満たしていることを根拠に10μFとして 販売しておりますがメーカーの回答によりますと、1000時間で約10%の容量減少となります。 これはキュリー点(磁気がなくなる温度)以上に加熱する事で回復しますが、 通常加熱処理を行なうことは不可能と思われますので、 実際に使用される場合は経年変化による容量減少を考慮したうえで、 余裕度を持たせた設計をされますことをおすすめいたします。
また測定方法の原理の違いや精度、端子の接触状態などの要因がからみ、 容量通りに表示されない場合がございます。
 
【質問】 ケースの裏のマーク6−PSはポリスチレン製ではないですか?
【回答】 コストを下げるためにポリスチレン用ケースの金型を転用した為刻印されておりますが、 材質はポリカーボネートとなっております。
 
【質問】 付属のCDが間違っているようです
【回答】 ご迷惑をおかけして申し訳ございません、手違いにより他の商品の付属CDが混入しておりました。こちらからダウンロードができます。

PICprogrammerV35.zip 11,901.2KB PICprogrammerV35.zip

 
【質問】 GPSモジュールと通信ができません/衛星を捕捉できません/LEDが点滅しません
【回答】 ●(USBタイプの場合)GPSモジュールのドライバーソフトはインストールしましたか?
●USB接続で使用するGPSモジュールの場合、GPSモジュールがPCに認識されていますか?デバイスマネージャーで確認してください。COMポートの番号を確認してみましょう。以下手順になります。
 http://akizukidenshi.com/catalog/contents2/comm.aspx
●地図ソフトはGPS連携に対応したソフトですか?確認しましょう。
●GPSモジュール/デバイスマネージャーの設定/地図ソフト(連携プログラム)の各通信速度は合っていますか? GPSモジュールはお求めいただいた機種により通販速度が異なります。GPSの通信速度の変更方法(Skytraq版をお持ちの方向け)
●ノートパソコンのUSB端子の場合、PCからの雑音で衛星をうまくキャッチできない場合があります。延長コードを使用したり、場所を変えてみてください。(COMポートの番号は変わります)
●USB延長ケーブルを使用してパソコンから離してみてください。
●周囲にビル等があると誤差が生じたり、衛星の捕捉に時間がかかったりします。購入直後や、しばらく電源を入れていない場合安定するまで10分ほどかかります。AGPS機能を使用すると殆どのケースで衛星補足まで時間が短縮されます。
AGPS設定手順(Skytraq版をお持ちの方向け)
●USBを差し込む場所によってCOMポートの番号が変わります。以前使えていた場所に差し込みなおすと直ります。
●USBハブを使用していた場合は以前使えていたハブで元の接続状態に戻す必要があります。
●ハイパワーの無線LANカードが近くにあると衛星を捕捉できない場合があります。
●長距離旅行等で使用する場合、事前にテストを行って動作を確認してご使用ください。
●セキュリティソフトで、GPSフォトタガーのインターネットアクセスを「許可」してください。遮断すると地図が表示されません。
●衛星を捕捉した直後に出力が出なくなる場合、GPS Viewerで工場出荷時の状態に戻してみてください。
 
【質問】 GPSモジュール設定用ツール(Skytraq版をお持ちの方向け)
【回答】 バージョン0.4.663 GPS Viewer_100727-1.zip
バージョン0.4.473 GPS Viewer980731.zip
バージョン0.4.223 GPS Viewer.zip
通信速度変更方法(Skytrq用の手順です)
 
【質問】 WT−S600J/WT−S900Jの製品保証
【回答】 初期不良交換期間14日間、自然故障の場合はご返金の対応となります。
 
【質問】 ピントが合いません。
【回答】 ピントはカメラのレンズのギザギザの部分をゆっくりと回して調節します。レンズが基板側に近づくと無限になります。近距離ではレンズを大きく繰り出す必要があり、外れることがございますので、ご注意下さい。
 
【質問】 SW1を押すと「C0」の表示になります。
【回答】 SW1を押すと約8秒間「C0」の表示になりますが、その後測定できるようになります。
 
【質問】 COMポートの番号の確認
【回答】 デバイスマネージャーで確認することができます。
ケーブルを接続した状態で行ってください。
Vista/7
XP
 
【質問】 地図ソフトは別に必要だそうですが、どんなものを用意すればいいですか(地図ソフトとの連携)
【回答】 地図表示させるには下記の方法がございます。
・付属CDに収録されているユーティリティを使用する
・カシミール(DAN杉本氏)を使用する
 国土地理院の地図を利用する設定にすることで表示可能です。
 常にインターネットに接続している必要がございます。
・地図データを収録している地図ソフトでGPS連携対応を謳っているものを購入する
 「スーパーマップル」、「プロアトラス」、「Zi」等。
 設定はWGS84(世界測地系)に合わせます。

動作実績
【PC】CF−S8HYEADR
【OS】windows7Professional 64bit
【地図ソフト】
 ・スーパーマップルデジタル10DL(4800bps〜230400bps)
 ・スーパーマップルデジタル11DL(4800bps〜230400bps)
 ・プロアトラスSV5(9600bps)
※COMポートとを確認後、Gpsviewer.exeで通信速度を地図ソフトと合うように変更してください。
※その他の動作検証結果
◎Panasonic CF−T5A、windowsXP OEM、カシミール3D、Zi(4800、9600bps)、プロアトラスSV4(4800、9600bps)、スーパーマップルDL9(4800bps)
◎TOSHIBA NB−100、windowsVISTA、カシミール3D(XP用ドライバー)
◎Panasonic CF−W8E、windowsXP(ダウングレード)、プロアトラスSV4select(4800 or 9600)
◎HPnx9100(windows7RC)カシミール3D(USBシリアルドライバはXP用を使用)スクリーンショット
◎Panasonic CF−W7DWJNJR、WindowsXP(ダウングレード)、ゼンリン電子地図帳Zi12体験版
すべてのPCでの動作を保証するものではありません)

動作実績(2016.6.9追加)
【PC】CF−LX3VECBR
【OS】Windows10Pro 64bit
【地図ソフト】スーパーマップルデジタル17体験版(38400bps)
 (スーパーマップル側で38400に設定できます)

 
【質問】 電池が持たないのですが
【回答】 メーカー発表値は18時間となっておりますが、弊社で複数のもので確認しましたところ、一番長いもので約12時間でした。これは電池の寿命とともにさらに短くなります。 移動すると電波状況が常に変動しますので、電流の消費が増大することが予想されます。また衛星を捕捉しないときはLEDがつきっぱなしになりますのでこれも持続時間が短くなる要因と考えられます。 連続12時間以上運用する場合はUSB端子から充電しながら使用することをおすすめいたします。
 
【質問】 Windows7対応最新版ソフト
【回答】 Windows7(32bit/64bit)対応のソフトがリリースされました。2011.4.25
サポートOS:XP(32bit/64bit)、Vista(32bit/64bit)、windows7(32bit/64bit)
こちらからダウンロードしてください。(付属のCDには収録されていません。)
Version 2.5.0 Softscope_2_5_0_setup.zip (18.7MB)

 
【質問】 ドライバーソフト(PL2303用ドライバー)
【回答】 ●ドライバーソフトウエア入手先(Prolific社)

 http://www.prolific.com.tw/JP/ShowProduct.aspx?pcid=126&showlevel=0126-0126
(最新バージョンは1.16.0のようです(2017年1月31日))

メーカーサイトから入手できない場合は下記からもダウンロードできます。
PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1_9_0.zip 2013.12.2掲載
注意:当社のPL2303搭載のUSBシリアル変換ケーブルはWindows 7 までの対応です。

●チップメーカー対応OS:
 WindowsXP/Server2003(32&64−bit)
 WindowsVista/7/Server2008(32&64−bit)
 当社検証OS
 WindowsXP(32bit)
 WindowsVista(32bit)
 Windows7(32bit)
 Windows7(64bit)
 Windows8(64bit)※注意
 ※USBシリアル変換ケーブルはチップの関係でWindows7までの対応です。

USBシリアル変換ケーブルインストール手順(windows7編)

・USBシリアル変換ケーブル(M-00720、M-02746、C-02712、および派生商品含む)はwindows7までの対応になります。
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1_9_0.zip プロパティSS画像例(参考) 2013.12.2掲載

過去のバージョン
windowsアップデートにより動作しない可能性があります。
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1_8_0.zip 2013.8.6掲載
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1_7_0.zip 2012.9.19掲載
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1.5.0.zip 2011.10.24
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1417.zip 2011.5.25
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v130.zip 2010.7.15
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1210.zip 2010.4.12
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v110.zip

 
【質問】 Windows7について
【回答】 Windows7 64bit版で動作確認済
picotech社よりpicoscope6をダウンロードしてください。ver5ですと本体がうまく認識できませんでした。
※すべてのパソコンでの動作を保証するものではありません。
picotech社
http://www.picotech.com
ソフトウエアダウンロード
http://www.picotech.com/software.html


 
【質問】 Picotechnology(ピコテクノロジー)社サイト
【回答】 picotech社で最新版のソフトをダウンロードできます。
http://www.picotech.com

 
【質問】 最新ソフトウエア/タブレットPCのためのインストール手順
【回答】 下記ZEROPLUS社サイトで最新版ソフトウエアを入手できます。本体が無くてもデモソフトとして動作します、購入前の評価を行えます。
http://www.zeroplus.com.tw/logic-analyzer_en/

ダウンロードからプロトコルの設定までの手順をPDFにまとめました。

 
【質問】 EasyLog USB (EL−USBシリーズ用データロガーソフト)
【回答】 下記よりダウンロードしてください。EL−USB−RT(M-02600)は専用ソフトがありますのでそちらをご使用ください。
EasyLogUSB_Installer_20190612.zip V7.6.0.0 2019.6.12掲載
EasyLogUSB_v72_20141124.zip V7.2 2014.11.24掲載
EasyLogUSB_v70_20140106.zip V7.0 2014.1.6掲載
EL-USB_Driver.zip Ver5.51 2011.3.2
EasyLogUSBV520.zip Ver5.2 20 2009.9.24

◆最新版はメーカーサイトでご確認ください。
http://www.lascarelectronics.com/
 
【質問】 EL−USB−RT専用ソフトウエア
【回答】 EL-USB-RT V2_0_10.zip
注意
● .NET Framework2.0(ドットネットフレームワーク2.0)以上がインストールされている必要があります。
●64bitOSでは残念ながら弊社でも動作実績はありませんでした。メーカーでも32bit専用と謳っておりますので、お手数ですが32bitOSにてご使用ください。

動作実績
・PC:MOMO9W
・OS:windows8.1 32bit with Bing
※インストールは時間がかかります。

 
【質問】 未書き込みPICマイコン混入のおしらせ
【回答】 現在新たにお求め頂くものはすべてチェック済みです。2010.1.18

2007.8.20記載
このキットのマイコンに生PIC(未書き込みのPICマイコン)が 混入していることが判明いたしました。 お求めのお客様には大変ご迷惑おかけしたことを深くお詫びいたします。 組み立てて動作しない場合(電源を入れて12:00と表示しない場合)は、 マイコンにプログラムが書き込まれていないと思われますので 弊社までご連絡ください、プログラム済みのマイコンをお送りいたします。 動作しないPICマイコンは何も書き込まれておりませんので、 PICマイコンの開発用にお使いください(返却の必要はございません)
 
【質問】 LEDがつきません
【回答】 この自己点滅LEDは電源電圧が3V以上ないと点灯させることができません。電池を直列にしたり、リチウム電池を利用する等、3Vを確保するようにしてください。
 
【質問】 出力が出ません。故障でしょうか?
【回答】 チョッパー方式のDC−DCコンバーターは入力、出力の電解コンデンサーが必要になります。 電解コンデンサーをつながないと出力が正しく出てきません。 アプリケーションノートが公開されている場合はお読みの上正しくお使いください。
 
【質問】 バイク(電動〇〇等)ですが、動きません。(または1回〜数回で動かなくなりました)
【回答】 バイク用バッテリーと通信工業用バッテリーとの設計上の違いによるものです。

バイク用バッテリーは、スタート時に(セルモータを回すだけの) 大電流が流れても良いよう設計されています。 弊社取扱の通信工業用バッテリーは、 移動無線の電源などでの使用を想定し 自己放電を低減することを重視した設計となっております。

瞬間的に大電流を流せる設計にはなっておりませんので バイクや動力機器の電源に使用すると、 動作しなかったり、数回で動かなくなります。
 
【質問】 使用上の注意
【回答】 ・静電気に敏感です。静電気で破損する場合がありますので、取扱いにご注意ください。
・高温で長時間使用すると輝度・色相が低下・変化し寿命に影響します。輝度・色相の厳密さが必要な用途には向きません。
・LEDは生産の工程上発色・明るさ・VFにバリエーションが出来てしまうため、ある程度のバラツキをランクとして分類して出荷しています。
・100個以上では在庫品のロットが100個単位で切り替わる場合がありますので、100個単位で異なる色調になることがあります。
 
【質問】 注意
【回答】 ・877と877Aは基本的に互換ですがAC/DCパラメータ違いによる動作問題も考えられますので事前テストをおすすめします。
・従来はPIC16F877-20/PTでしたが、PIC16F877A-I/PTに変わりました。
・パッケージは「PT」というパッケージで、「T」はテーピング包装という意味ではありません。
 
【質問】 鉛蓄電池の保管について
【回答】 お買い上げ直後は満充電か、それに近い状態です。 毎日使用しないのであれば1週間〜1か月に一度は電圧を確認してください。 12.0V(6V電池なら6.0V)を切りそうな場合は補充電をして下さい。 劣化した電池ほど自己放電が早いです。
 
【質問】 どうして安いのですか?
【回答】 メーカーとしてはSTM8Sマイコンの宣伝効果を狙って低価格で販売しているようです。こちらに詳しく紹介したサイトがございますのでご覧下さい。(弊社サイトを離脱します)
http://www.eleki-jack.com/mycom2/stm8s/
 
【質問】 静電気による破壊について
【回答】 LEDの中には逆耐圧だけでなく静電気やサージにより破壊される場合があります。 組成がInGaNのLED(白色、青色、一部の緑色など)はサージや静電気に非常に弱いです。 光の拡散効果を狙って表面を研磨して壊れることもあります。お取り扱いはCMOS−ICと同様ご注意下さい。 ESD対策済みの場合(I-03560など)は問題ありません。
 
【質問】 はんだがつきません
【回答】 ハンダの温度と種類によりハンダが基板のランドにつきにくい場合があります。鉛フリーはんだは融点が高いため、室温が低いとなじまないことがあります。融点の低いハンダやスパークルハンダ(千住金属115A−1等)をおすすめします。弊社販売中のSD-62は融点が183〜190℃と低温度でも解けますので使いやすくおすすめです。
 
【質問】 部品一覧(部品が不足しています)
【回答】 部品一覧 (2010.8.6現在)
開封した時点で付属している部品の一覧です。 英語の説明書はチップ部品まで書いてありますが、それらは既に基板に取り付けられていますのでこのリストの中にはありません。


=注意=

※D3にダイオード、D4にジャンパー線または、D3にジャンパー線、D4にダイオード、D2とD5は何も取り付けません

※JP1、D4は部品の足の切れ端を利用してジャンパー線として取り付けてください。

※1N4007はとりつける場所が4か所ありますが、1本だけ付属しています。写真のようにD1の場所につけ、D4はジャンパー線をとりつけてください。


取付前の基板(1.51MB) 部品チェックにどうぞ。

 
【質問】 半固定抵抗(VR1〜VR4)の端子間の長さが基板の穴とあわないため挿入できません
【回答】 半固定抵抗の足を基板に合わせる形でまげてとりつけてください。動作に問題はありません。

クリックして画像を拡大


 
【質問】 チェックのため試しに電源をいれましたが、出力電圧が出ません(あるいは低い)。
【回答】 入力、出力に電解コンデンサーが無いと正しい電圧が出ません。コンデンサーをつなぐと正しい電圧が出力されます。
 
【質問】 NXPマイコン関連
【回答】 ◎NXP LPCマイコン日本語サイト
http://www.nxp-lpc.com
◎mbed webページ:http://mbed.org/
(ここから入って 自分のページを作り、ライブラリを使ってプログラム書いたり、ブログを書いたりします。)
◎NXPマイコンのページ:
http://ics.nxp.com/microcontrollers/
◎LPCXpressoのページ
http://www.nxp.com/lpcxpresso
◎LPCXpressoの使い方ビデオ
http://ics.nxp.com/support/training/lpcxpresso.intro/
◎LPCXpressoサポートページ
http://www.nxp.com/lpcxpresso-support
◎LPCXpressoフォーラムページ
http://www.nxp.com/lpcxpresso-forum
 
【質問】 技術情報
【回答】 開発元のハンブルソフトのサイト
◎重要なご連絡など http://www.humblesoft.com/j405board/
◎電光掲示板ボードの添付説明書には、電光掲示板ボードのファームウェアのソースコードが公開されてると記載されておりますが、現在公開を終了しております。
またキット販売時の説明書のため、組立に関する説明が含まれています。
 
【質問】 色合い、色相について
【回答】 白色LEDはロットごとに明るさ、色合いのバラツキがあります。
メーカーでは、これらをある程度絞り込んで「ランク」を設定して出荷しておりますが、
本LEDは格安商品のため、ロットが混ざっております。
そのため、複数パックをお買い上げいただいた場合や、 別の機会にご購入いただいた際、色合いや明るさに違いが出る場合がございます。
 
【質問】 データロガー機能の使い方
【回答】  ・GPSモジュールを充電します(4〜5時間程度)。充電中は緑LEDも点灯します。
 ・GPSモジュールに何もつながずに電源スイッチを入れますとロギングを開始します。
 ・GPSを捕捉すると約1秒間隔で青LEDが点滅します。バッテリー持続時間約10〜12時間(弊社実測、静止状態)
 ・ロギングをしているときに丸いボタンを1秒押すと青LEDがピカピカと早く点滅します。あとでPCで確認することができます。
 ・ロギングが終わりましたら電源スイッチをOFFにします。
 
【質問】 CF1とCF2がありません、RFは付いています。
【回答】 CF1、CF2、RFは基本動作には不要です。
誘導負荷制御時のノイズ放射によるAMラジオなどへの影響を抑える必要が在る場合に、付加します。
昨今の環境では多くの場合、他のノイズ源の影響が大きいので特に問題になることはほぼありません。

付加する場合は、負荷に合わせて最適値を計算の上、安全を考慮した部品選定を行う必要が御座います。
計算方法、部品の選定につきましては、専門書等をご参照ください。
 
【質問】 蛍光灯の調光ができません
【回答】 この調光器キットでは、蛍光灯をコントールすることはできません。ヒーター用に別トランスを用意しなくてはなりません。詳しくは書籍等でお調べ下さい。
 
【質問】 説明書にはCTとありますが、基板にはありません。代わりにC1と印刷されていますが。
【回答】 説明書のCTと基板にあるC1は同じです。C1に0.1μFを取り付けて下さい。
 
【質問】 部品が余りました
【回答】 キットを製作する前に部品のチェックをお願いいたします。ハンダ付けの後で余った場合は、再度部品のチェックを慎重にお願いします。
部品の詰め合わせ作業の都合で使用しない部品が余ることがありますがその場合取り付けたりしないでください。
 
【質問】 衛星を捕捉しません、2個持っていますが、一つは捕捉に非常に時間がかかりますので不良です。GPSモジュールは電源が入っていて、PCからも認識されています。
【回答】 ●2個同時に衛星を補足するとは限りません。GPSの使用状況によっては捕捉に時間がかかります。GPSは30秒周期、50bpsで受信しますので、最低30秒は待たされることになります。長い場合は10分程度かかることもあります。一度捕捉するか、AGPS機能がついているGPSは、AGPS機能を使用すると短縮されることがあります。またGPSをしばらく使わないでいると、軌道データの有効期限が過ぎて捕捉に時間がかかることもあります。しばらく使用していなくて久しぶりに使ったら捕捉するのに時間がかかる、というのはこのためです。
●GPSの起動には、ホットスタート、ウォームスタート、コールドスタートの3種類があり、ホットスタート、ウォームスタート、コールドスタートの順で衛星を捕捉する時間が短くなります。30秒〜1分程度周囲に建物が無い見晴らしの良い場所で待ってみてください。
●ハイパワーの無線LANカードやアクセスポイントがあるとうまく動作しないことがあります。
●屋外であってもビルなどの影であったり、大きな遮蔽物に囲まれた環境ですと捕捉が難しくなります。 また、PCなどに接続してお使いになる場合、PC本体の輻射ノイズの影響を受ける場合もあります。USB延長ケーブルなどを用い、本体から離すなどの対策が有効です。
●AGPSをお試しください。
 
【質問】 導通チェックで音がガリガリする
【回答】 テスターリードの金属部分は空気による酸化皮膜ができるため、機種によってはどうしてもガリガリと音がします。ピカールなどの金属磨きで端子表面を軽くみがくことで改善できます。
 
【質問】 追加プロトコルは購入できますか?購入の手順や価格を教えてください。
【回答】 弊社では今のところ追加プロトコルの販売の予定はございません。
メーカーからの入手方法、価格につきましてはわかり次第弊社ホームページにてご案内させていたたきます。
 
【質問】 付属のCDが読めません(または空です)
【回答】 お手数ですが、こちらからダウンロードをお願いいたします。 AKIH83664SDIP.zip
AKIH83664SDIP.lzh
 
【質問】 変換ケーブルと延長コードのネジが合いません。
【回答】 USB変換ケーブルとシリアル延長ケーブルはネジの規格が異なるため合いません。大変申訳ございませんが今のところ変更の予定はありません。
 
【質問】 何もつないでいないのに表示が安定しません。
【回答】 三端子レギュレーターが発振している可能性があります、付属の電解コンデンサーを三端子レギュレーターの出力側に取り付けてみてください。
 
【質問】 ソフトウエアがインストールできません
【回答】 以下のファイルを解凍して御使用下さい。COMポートは自動で設定されます。
MS8218_DMM_VIEWER.lzh
ウインドウを閉じてもプログラムがバックグラウンドで動作している場合はタスクマネージャーで停止させてください。
 
【質問】 RS232C出力の開始方法
【回答】 電源を入れた状態でHOLDボタンを2秒間押します。ディスプレイにRS232Cの表示が現れ、RS232C出力を開始します。再度2秒間押しますとOFFになります。
 
【質問】 PICマイコンの型番における、‘E’、‘I’の違いは?
【回答】 動作保証温度範囲グレードの違いです。
例えば、PIC12F675−E/PとPIC12F675−I/Pでは、
‘E’が−40℃〜+125℃
‘I’が−40℃〜+85℃
となっております。
※ E=Extended(拡張された)、温度範囲が拡張されたということを表します。
 
【質問】 短絡について
【回答】 マル信無線電機株式会社製のDCジャックは、弊社販売のアダプターでは個体差などにより短絡する場合がございます。
対策としてはジャックのスイッチ端子(下図、Bのピン)をどことも接続しない(フローティング)状態とすることで回避できます。
なお、マル信無線電機株式会社製のDCジャックとDCプラグの組み合わせでは全く問題御座いません。
弊社販売のアダプターをお使いの場合は、SINGATRON ENTERPRISE CO., LTD社製のDCジャック(C-01604)をお使い頂くことをおすすめ致します。


@:プラス(+)
A:マイナス(−)
B:スイッチ端子
※センタープラスのACアダプタ使用時
 
【質問】 トランジスタのピン配置
【回答】 ロットにより2SC3422と2SD2012のいずれかになります。
向きに注意して取り付けてください。


 
【質問】 オートパワーオフについて
【回答】 オートパワーオフは30分です。RS232C接続をしている場合、オートパワーオフは解除されます。
 
【質問】 端子がさびているようです。
【回答】 端子が茶色くなっている場合がございますが、さびではありません。 端子自体はさびていませんので使用上の問題はありません。 (初期不良交換の対象外です)
 
【質問】 電源を入れてもまったく何も映りません。パーツ、ハンダづけはすべて確認しました。
【回答】 液晶表示器のコントラスト調整ボリューム(VR2)を回してみてください。左に回すとコントラストが強くなります。
 
【質問】 部品が細かくて見えません、改造しないとどうしても使えませんか?
【回答】 改造しないで接続した場合、基板上のステレオミニジャックのみから出力されます。ヘッドホンで聞くには少し音量が不足しています。

 
【質問】 RoHS対応品とは何ですか?
【回答】 RoHS(指令)に対応している商品を示しています。

RoHS(Restriction of Hazardous Substances)とは、
電子・電気機器に対する特定有害物質の使用制限についてEU(欧州連合)により発せられた指令です。
条件を満たしていない場合は、2006年7月以降EU圏内で販売することができなくなりました。

特定有害物質として、下記のように含有量が規定されています。
鉛(Pb):1,000ppm以下
水銀(Hg):1,000ppm以下
カドミウム(Cd):100ppm以下
六価クロム(Cr(VI)):1,000ppm以下
ポリ臭化ビフェニル(PBB):1,000ppm以下
ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE):1,000ppm以下

ただし、代替手段が確立されていない部分に関しては適用が免除されています。
(例)医療器具等

他にも、中国版RoHSや韓国版RoHS等があります。
 
【質問】 ★ご連絡★
【回答】 ★SetWholeコマンドの応答が挙動不振になるという不具合が判明致しました。
アプリケーションを開発されていました方々にお詫び申し上げます。
このコマンドを使用される方は、ファーム・ウエアのバージョン・アップを行なって下さい。
この不具合に対応したバージョンは、Ver.1.1に成ります。「ダウン・ロード」のページよりダウンロード、「HID Bootloader」ソフトを使用してUSBより書き込んでください。
詳しくは、トライステート社の◆バージョンアップ等USBによる書き込みについて◆をご覧下さい。
尚、パソコン等でアプリケーションを組む以外の「通常の使用」には問題ございませんので今回のバージョンアップは必ず行なう必要はございません。


★キット付属のマニュアルで、「ID」の説明が抜けて入る事が判明致しました。
パスワードは変更可能ですが、IDは固定です。半角ANCで[PIC-NIC]になります。 最新のマニュアルは、「ダウンロード」のページよりダウンロードしてご使用下さい。

 
【質問】 ダイナモとの接続
【回答】 以下のようになります。中心が交流入力で極性はありません。ブリッジ自体が1.1V電圧降下を持っていますので、ダイナモの出力が1.1V以下の場合は出力が出ない場合があります。



 
【質問】 NEC Lavie LL500/9のワンタッチスタートボタンについて
【回答】 PicKit2を接続するとワンタッチスタートボタンの 警告が出てスタートボタンが無効になります。 PicKit2をはずして再設定することで復帰できます。
 
【質問】 部品表
【回答】 ※予告無く変更となる場合があります。

※DCジャックは2.5mmφが付属しています、当社販売のスイッチングACアダプターとはC-00179を経由して接続してください。
 
【質問】 点灯パターン
【回答】
動画ファイル
パターン1
パターン2
パターン3
パターン4
パターン5
パターン6
全パターン

※パターン1とパターン3でLEDが一瞬チカッとなるのは仕様です。

 
【質問】 部品表
【回答】


 
【質問】 コントロールソフト
【回答】 こちらからダウンロードできます。 diyk108.zip
・WindowsXP
・Windows7 64bit
と当社販売のUSBシリアル変換ケーブルで動作確認済
 
【質問】 コンデンサーマイクを使わない場合について
【回答】 R9はコンデンサーマイクにバイアスをかけるためのものです。コンデンサーマイクを使用しない場合はR9を取り付ける必要はありません。


 
【質問】 アンプに使います。コンプリメンタリでペアマッチングしたものが欲しい。
【回答】 大変申訳ございませんが、ペアマッチングでの販売はしておりません。

※ペアマッチング…特性が揃ったもの同士を多数の中から選んで2個1組などにすること
 
【質問】 ソフトウエアダウンロード
【回答】 付属CDに収録されているソフトウエアです。 ST300_DataLogger_Setup.zip
 
【質問】 ドライバーソフト
【回答】 付属CDよりドライバーソフトがインストールできない場合は 以下よりダウンロードしてください。 CP210x_VCP_Win_XP_S2K3_Vista_7.zip
 
【質問】 電源について
【回答】 電源は5Vです。
説明書に12Vのアダプターの型番が記載されていますがこのアダプターは使えませんので、ご注意下さい。

説明書の閲覧
 
【質問】 COMポート番号がCOM17に割り当てられていますが、ソフトウエアがCOM16までしか設定できないため接続できません。
【回答】 COMポート番号の変更手順
 
【質問】 動作検証結果
【回答】 【地図ソフト】
 ・スーパーマップルデジタルVer.9(4800bpsに設定)
 ・プロアトラスSV4
【PC】ドスパラGalleriaMR
【OS】VistaHomePremium32bit

【地図ソフト】カシミール3DVer.8.8.2
【PC】パナソニックCF−W7DWJNJR
【OS】WindowsXP(ダウングレードリカバリー)

ステラナビゲーター10 体験版
※接続の確認と、観測地の設定まで確認しました。
※インストール直後は通販速度が9600bpsですのでお使いのGPSのbpsと合わせてください。

 
【質問】 左右反転機能の有効化
【回答】 JP4にある、1〜6を7(GND)に接続することでそれぞれの機能が有効になります。
例、左右反転機能を有効にするには、5と7をつなぎます。
 
【質問】 鉛蓄電池のケースに擦り傷があるのですが…。
【回答】 完全密閉型とするために、ケース材質が傷の付きやすいやわらかい樹脂となっております。
電池の製造工程上、底面に傷が付くのは避けられません。
バッテリーの品質には全く影響ありません。

弊社で扱っている鉛蓄電池は、正規品の新品です。安心してご購入ください。
 
【質問】 プログラムのダウンロード
【回答】 点灯パターンの編集ソフトです。
PDFのリンクよりダウンロードができない場合はこちらからダウンロードしてください。
K191.zip
 
【質問】 (特定の)フォルダを見ることができません。(または、中身が空です。)
【回答】 PCによってはフォルダの中身をみることができなかったり、フォルダが空に見えることが判明しております。 焼きなおしたメディアをお送りいたしますので、弊社通販センターまでご連絡ください。
 
【質問】 製作例
【回答】 タクトスイッチは必ずしも基板上に取り付ける必要はありません。
CX端子についているソケットは別売りのP-03478をカットして取り付けています。


大きな画像で見るにはここをクリックします。
 
【質問】 電源が入らない(機器の電源が入らない)
【回答】 無負荷の状態で出力電圧を測ってみてください。電圧が出ていれば機器の電源投入に伴うピーク電流が原因で過電流保護が働いています。
 
【質問】 部品表
【回答】
 
【質問】 ソーラーパネルと鉛充電池の組み合わせについて
【回答】 この充電コントローラーは、 充電電流の最大値をユーザーが任意の値に調節する機能はありません。 1A流れるソーラーパネルを使用した場合、CM04−2.1を経由しても電池側へ 最大1Aは流れることになります。一方、LONGのバッテリーは、0.3CA以下で充電しなければなりません。
例えば、
WP1.5−12(12V1.5Ah)(B-00017)の場合、

1.5×0.3=0.45A

となり、WP1.5−12は0.45A以下の電流で充電する必要があります。 1A出せるソーラーパネルを使用した場合、

1÷0.3≒3.3Ah

となり、3.3Ah以上(WP4.5−12や、WP8−12等) のバッテリーが適していることがわかります。
 
【質問】 出力波形が大きく揺らぎます(ジッタが目立ちます)が、何故でしょうか。
【回答】 PLLによるジッタの可能性があります。

本発振器は、水晶発振の源振からPLL(Phase Locked Loop)回路により、必要な出力周波数を作成しています。
本発振器の出力をさらにPLLにカスケード接続した場合、ジッタがさらに大きくなることがあります。
特に画像処理(アナログ系)用途や通信の同期用途などのアプリケーションへのご使用はお奨めできません。
また、使用される場合は、事前に十分なご確認の上ご採用ください。(当発信器のジッタ量は250ps/出力負荷=15pF Max.です。)
 
【質問】 内蔵ファームウェアを最新版に書き換えたいのですが。
【回答】 製造元のウェブサイトで最新版のファームウェアが公開されております。
 URL → http://www.jyetech.com/Products/LcdScope/eScopeFirmware.php
ファームウェアは、HEXフォーマットとなっております。
オシロスコープキットに使用されているマイコン(AVR ATmega64)に対応した書き込み機が必要となります。
 
【質問】 部品が足りません
【回答】 このキットの説明書は、デジタル電圧計キット、デジタル温度計キット共通になっております。 デジタル電圧計キットの部品は以下のとおりとなっております。

 
【質問】 付属CDについて
【回答】 付属CDのコンテンツの作りに問題があり、 コンテンツからセットアッププログラムを ダウンロードしてもエラーが出てインストールできませんので、 直接フォルダにアクセスしてください。

windowsXPの場合
マイコンピュータを開く
-> CDドライブを右クリック
-> 開く(O)をクリック
-> Toolsをダブルクリックして開く
-> Disk1をダブルクリックして開く
-> Setup.exeをダブルクリックして実行する
※インストール中、インターネットエクスプローラーを閉じてください…
というメッセージが出ますので、閉じてOKをクリックします。
※windows media runtime もインストールします。
※再起動を促すメッセージが出ますが、
再起動できるように準備をしてからでかまいません。
※プログラムはいくつかあり、最初に起動したときに
お手持ちのセキュリティソフトがLANへのアクセスを許可するか尋ねますので、許可してください。
 
【質問】 ”アプリケーションを正しく初期化できませんでした(0xc000135)。 [OK]をクリックしてアプリケーションを終了してください。” と表示されてソフトを起動できません。
【回答】 .Net Frameworkがインストールされていない可能性があります。
付属CDのMicrosoft.Net Framework 2.0
をインストールしていただくことで解決できる場合があります。
インストールプログラムのファイル名は、dotnetfx.exeになります。
またMicrosoft Updateを実行することでアップデートとともに .Net Frameworkがインストールされることもあります。
 
【質問】 ジャンパーについて
【回答】 ジャンパーは8か所あります。抵抗やコンデンサーのリード線でつなぎます。
SENS端子は基板の裏面でショートさせてもかまいません。

大きな画像で見るにはここをクリックします

セメント抵抗は1Ah〜6Ahの時は5Ω、6Ah〜10Ahの時は1Ωを選択します。

 
【質問】 部品一覧
【回答】 電解コンデンサーは16V以上のものが付属します。

※部品は予告なく変更となる場合がございます。
 
【質問】 'NONE SPILLABLE'とはなんですか?
【回答】 'NONE SPILLABLE'とは防漏型※(密閉型鉛蓄電池)を意味します。
※内容液が漏れない構造となっていることを示します。
 
【質問】 初期設定の方法
【回答】 以下に主な設定手順のページを作成いたしました。
http://akizukidenshi.com/catalog/contents2/9060ak_ipedit.aspx
 
【質問】 バッテリーの交換について
【回答】 バッテリーが寿命となった場合、補修扱いになります。弊社まで御相談ください。
 
【質問】 AVRを使用したサンプルプログラム
【回答】
simplever_akiglcd_128x64.c
※テキストが表示されてしまう場合は、リンクを右クリックして、”対象をファイルに保存”をクリックしてダウンロードしてください。
 
【質問】 R20について
【回答】 R20はコロンのLEDの電流制限抵抗です。赤の場合は470Ω、緑の場合は220Ωを取り付けてください。 間違ってとりつけた場合は明るくなるかまたは暗くなるだけで壊れることはありません。
 
【質問】 学習用マイコンキットHSB−R8C/M12Aご利用のお客様へ
【回答】 標記の件、先般ご購入戴きましたHSB−R8C/M12A付属CD収録の「RS232Cレベル変換資料」に下記の誤記が確認されました。折角のご購入にもかかわらずご迷惑をお掛けします事を心よりお詫び申し上げます。 詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。
お詫び
HSB_R8CM12A_RS232C.pdf
修正済資料
RS232C_REV_1_0_3_0.pdf
 
【質問】 最大入力電圧について
【回答】 本体の入力耐圧は42Vpkです。定格を超えないようご注意ください。即壊れます ! 10:1プローブ使用時はその10倍の420Vpkとなります。
AC100Vは10:1で測定してください。
1:1でAC100Vを入力して壊さないようにご注意下さい。

 
【質問】 SDS200との違い
【回答】 ・波形バッファサイズが10Kから512Kに増えました。
・20MHz帯域制限(BW LIMIT)機能があります。
・入力カップリングにGNDが選べるようになりました。
◇アナログオシロのように残光表示をソフトでエミュレートすることで、繰り返し信号の測定に適しています。
※信号グランドはPCのグランドと共通になります(アイソレーションはされません)
 
【質問】 完全に放電できません
【回答】 放電終了電圧の調整はお済みでしょうか。
下図の赤丸で囲ったTP−GND間の電圧をご確認ください。
1セルあたり1Vで放電を終了させる場合は、 半固定ボリュームを回して、TP−GND間の電圧を以下のように調節してください。
・1セル…0.25V
・2セル直列…0.5V
・3セル直列…0.75V
・4セル直列…1V
n個直列…1÷4×n[V]
これよりもっと深い放電を行いたい場合は、 この電圧を少しずつ下げて様子を見てください。
たとえば1セルあたり0.8Vで終了させたい場合は、
・1セル…0.2V
・2セル直列…0.4V
・3セル直列…0.6V
・4セル直列…0.8V
n個直列…0.8÷4×n[V]
となります。
また放電電流を少なくすると内部抵抗の影響が小さくなりますので、
より深い放電ができるようになります。
電圧を下げ過ぎると過放電になり、かえって充電池を痛めますので
デジタルテスターで確認しながら少しずつ下げることをおすすめいたします。

 
【質問】 放電電流を変えたい
【回答】 1.2Ω1/2Wの抵抗値を変えることで放電電流を変えることが出来ます。
(抵抗値に反比例)0.6Ωで2倍、2.4Ωで半分になります。
1セルの場合は電圧が低い関係で1.2Ωでも0.3A程度の電流になります。
2セル以上で、
I[A]=0.6[V]÷R[Ω]
になります。
 
【質問】 どことどこをショートさせればよいでしょうか?
【回答】 まず御使用になる電源電圧を決めて以下のように ジャンパーをします。 このパネルメーターをDC5Vで使用する場合 J1・J2…短絡(ショート) J3・J5…開放(オープン) このパネルメーターをDC9Vで使用する場合 J1・J2…開放(オープン) J3・J5…短絡(ショート) になります。 次に測定する電圧・電流のレンジを決めます。 説明書に測定可能なレンジの記載がございますので、 これを参考にして、該当する部分のランドをショートさせます。 DC/ACも忘れずにお願いいたします。 最後に小数点のランド(P1〜P3)をショートさせます。
 
【質問】 LEDが消えて放電が終わりましたが、テスターではかると電圧が高いです。 本当に放電しているのでしょうか。
【回答】 電池には回復力があるため、放電直後は1V/セルであっても、 時間が経過すると1V/セル以上になります。
過放電になるためこれ以上の放電は避けてください。
 
【質問】 ビットバングモードサンプルプログラム(FT245RL_SAMPLE.ZIP)
【回答】 FT245RL_SAMPLE.zip
 
【質問】 マーキングが見にくい
【回答】 メーカーよりすべてこの状態で出荷されており、元々見にくくなっています。 「160.」または「160」が16MHzを表しています。 次の文字がロットになります。

原寸画像(1.2MB)

 
【質問】 つなぎ方
【回答】
DC20Vレンジ、メーター自身を駆動する電圧DC8V〜DC12Vの場合は 以下の写真の赤丸で囲った場所をはんだづけします。



AC200Vレンジ、メーター自身を駆動する電圧DC8V〜DC12V

 
【質問】 入力電圧について
【回答】 本体の入力定格を超えないようご注意ください。 極力プローブのスイッチをx10にしてご使用下さい。
 
【質問】 データシート、開発環境等の情報はありますか?
【回答】 弊社で販売しておりますワンタイム版(1度だけ書き込めるタイプ)の型番ですと情報が少ないですが、 フラッシュ版の型番で検索して頂ければ、各種資料を入手可能です。 ルネサスエレクトロニクスの公式ウェブサイト http://japan.renesas.com/ 検索キーワード:“HD64F2128”
 
【質問】 付属のデータCDに商品と関係のない型番のデータが入っていますが、何か意味があるのでしょうか?
【回答】 直接商品に関係データが入っている場合もありますが、
これは他の商品でデータCDを共有使用しているためです。
 
【質問】 電圧計部分の部品
【回答】 照度計キットには3ページ目の部品が付属しています。再度御確認ください。
・電圧計部分の部品表(説明書3ページより抜粋)

大きな画像で見る
 
【質問】 使用上の御注意
【回答】 液晶は温度変化に敏感です。屋外のように温度変化が大きい環境では液晶が破損するおそれがあります。

 
【質問】 バックライトのつけ方
【回答】 ・裏面基板のR7に100Ω抵抗を1本つける。
・R8は、何もつけない。
・R9は、抵抗を切り取ったリードをハンダ付けする
・J1は1番ピン(GND)をフレームに落とすパットです。通常無接続。
 
【質問】 販売再開のお知らせ
【回答】 GPSスポーツガイドメイトGP101内蔵ソフトウェアの不具合により販売を休止しておりましたが、メーカに一度返送し、改良版のソフトウェアに書き換えたものを再度入荷しました。
弊社で動作チェックを行い、初期ロットにありました不具合が出ないことが確認できましたので、販売を開始致しました。

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。
大量入荷しました。「ご迷惑をお掛けしてしまい、ごめんなさい」特価となっております。
 
【質問】 パソコンから認識されていないようです。
【回答】 ソフトウエアをインストールした後に本体を接続すると、デバイスマネージャーより 以下のように表示されます。以下をお試しください。
・USBケーブルを交換してみる。(USBケーブルを他にお持ちの場合)
・PCの電源がOFFの状態でUSBコネクタを何回か抜き差しして見る。
・最新版をダウンロードして再度インストールしてみる。
Picotechnology社 http://www.picotech.com/
・PCを再起動してみる。



 
【質問】 暗くなってしまいました(点灯しなくなりました)
【回答】 過電圧または過電流などによる破損の可能性があります。

半導体素子全般に言えることですが、静電気などの過電圧で破損する場合があります。
特に青色LED(青色LEDに蛍光樹脂を被せた白色やピンクなどのLEDも含む)は過電圧に敏感です。
多くの場合、適切な静電気対策、適切な回路設計を行うことで防ぐことが可能です。

保管には、帯電防止加工済み(導電)チャック袋などをおすすめ致します。
 
【質問】 「ICL7136使用 液晶表示 デジタル温度計キット」キット組立説明書の誤りにつきまして
【回答】 2011年1月、キット組立説明書に誤りを発見し、訂正致しました。
申し訳御座いません。

正誤表が入っていない商品をお買い求めになられたお客様は、
お手数をお掛けしますが、修正版をご参照くださいます様、
宜しくお願い申し上げます。

本当に申し訳御座いませんでした。


<キット組立説明書修正版のダウンロード>
 
【質問】 日本語説明書や国内サポートはありますか?
【回答】 弊社で取扱のOWON製品は、直輸入品です。
日本国内代理店を経由しておりませんので、
OWON JAPANが提供しております日本語説明書や国内でのサポートは御座いません。
国内代理店を経由していない分、お安くなっております。
 
【質問】 前に買ったものとパターンが違いますが。
【回答】 2011.1.12より新しいタイプに切り替わりました。
前のパターンの物は在庫終了となっております。
何卒ご了承ください。
 
【質問】 光っているか確認したいのですが、どうしたら良いですか?
【回答】 赤外線LEDは可視光域から外れているので、リモコンや監視カメラ(カメラの赤外線投光器)ではとても有利ですが、肉眼では見ることができません。
簡単な方法としては、デジタルカメラなどの半導体イメージセンサを使用した機器で撮影する方法があります。
携帯電話のカメラ等でも発光しているかどうか見ることができます。
 
【質問】 回路図についての補足説明
【回答】 説明書に記載がありませんが、こちらのピンは11番ピンになります。
 
【質問】 白色発光ダイオードなのに黄色っぽく見えますが…
【回答】 白色発光ダイオード(以下、LED)は、非点灯時に黄色く見えます。
これは、白色LEDが、青色LED素子に黄色い蛍光樹脂を被せた構造になっているためです。
 
【質問】 変換基板の対応パッケージがわかりません。
【回答】 本変換基板は、JEDEC 半導体技術協会にて公開されております“MO−187−AA”に合わせて設計されております。
従いまして、半導体メーカ各社の製品でこの仕様を基に定義されたパッケージに対応します。
メーカにより呼称が異なりますが、下に一例を記します。
mua08a(NationalSemiconductor社)
MSOP RM−8(ANALOG DEVICES社)
M8.118(Intersil社)
(順不同)
等があります。
同様な名称であっても、オプション仕様などにより寸法が異なる場合が御座いますので、
事前にご使用になるICのデータシートの寸法図をご確認ください。
“MO−187−AA”仕様書は、JEDECにより無償公開されております(要登録)。
参考文献
JEDEC(2010),“MO-187 PLASTIC,LOW/THIN/VERY THIN SHRINK SMALL OUTLINE PACKAGE 0.65 AND 0.50 PITCH”
 
【質問】 メーカデータシートの誤記につきまして
【回答】 メーカ公式データシート上の図に誤りが御座います。
左端の図において、LEDの記号が上下逆になっております。
正しくは下記図の通りです。


 
【質問】 商品説明ページでは、冷陰極管x1本と記載がありますし、 インバータ本体は冷陰極管1本しか点灯できないのに、 セットに何故2本入っているのですか?
【回答】 本セットに入っております冷陰極管は、細く、大変細く割れやすいガラス製ですので、
配送時等で丁寧に扱っていてもどうしても稀に破損してしまう場合が御座います。
その際にお客様にご迷惑をお掛けすることの無い様に、予備として1本追加しております。
冷陰極管が全数破損またはインバータが破損していた場合には、お手数をお掛け致しますが、弊社までご連絡ください。
良品と交換させて頂きます。
 
【質問】 三端子電圧レギュレータIC(電源IC)の型番が若干異なるようですが、 同様に使用することはできますか?
【回答】 三端子電圧レギュレータICは、電源ICにおける事実上の標準品と言われるほど長年に渡り広く使われいます。
最初に開発したメーカからライセンス供給されて各社から相当品が出荷されております。
これらは(電気的特性が若干異なる場合はありますが)同様な機能を持っており、
多くの場合そのまま差し替えて使用することができます。
(入出力に実装するコンデンサの推奨値や保護ダイオード有無は確認しましょう)

基本的にメーカによってICの命名規則は異なりますが、
ロジックIC等の“標準品”は、その仕様を表す数字部分を共通にしている場合が多く、
三端子電圧レギュレータICも同様に型番が付けられています。

例えば、5V出力の固定型電圧レギュレータの場合、LM7805、NJM7805、L7805などがあります。
どれも“7805”は共通で、これは7800シリーズ正電圧固定型レギュレータの5V品を表しています。

 
【質問】 セットに付属する部品の定数(容量・耐圧等の値)に幅があるのはなぜですか? 前回(次回)購入時と定数を合わせることはできますか?
【回答】 セットに付属する部品には、抵抗器、コンデンサ、トランジスタ等がありますが、
これらの部品はメーカ推奨値の範囲または動作に問題ない範囲で、
部品の入手性や在庫状況により変更となる場合が御座います。
例えば、低損失三端子レギュレーター[5V500mA]TA48M05Fの
セットに付属する電解コンデンサ(出力側に接続)は、メーカ推奨値の“33μF以上”に
合わせて33μF〜100μFの範囲で変更となる場合が御座います。
入力側の積層セラミックコンデンサは大量在庫しておりますので
基本的に変更となる可能性は低いですが、リード間隔が2.54mmや5.08mmと
変更になる場合も御座います。

注文時期が同じでも特に選別して保管されていませんので、
必ずしも同じ値になるとは限りませんし、揃えて出荷することは行っておりません。
 
【質問】 リセットICについて
【回答】 PST600からセイコーインスツルメンツのS−80842CNNB−B83T2Gに変更しました。
旧ロット品新ロット品(現在)

 S808xxCデータシート 参考資料
 
【質問】 本体は接続していますが、ソフトを起動するとDEMOモードになってしまいます。
【回答】 本体が正しくPCに認識されるとデバイスマネージャーでは以下のような 表示になります。認識されていないとソフトウエアはデモモードの動作になります。 ドライバーソフトを再インストールしてみてください。
ソフトウエアとドライバーのインストール手順
ドライバーのみを再インストールする場合の手順


デバイスマネージャーでの表示例(画像はUSBscope50の場合)



 
【質問】 基板パターン(ランド)表面仕上げについて
【回答】 弊社取り扱い基板のパターン(ランド)表面仕上げは、以下の種類が御座います。
銅箔仕上げ
銅箔にハンダの乗りを良くするための溶剤を塗布した状態のものです。
長期保管には向きませんが、鉛フリーを安価に実現できます。
鉛フリーハンダ、有鉛ハンダ問わず使用できます。
金フラッシュ仕上げ
銅箔にニッケルめっきを施し、その上に薄く金を付着させたものです。
ハンダめっき仕上げと比べて平滑性が高いため、チップ部品などの実装がし易いです。
銅箔仕上げと比べ、保存性が改善されますが、金を使っているため高価です。
鉛フリーハンダ、有鉛ハンダ問わず使用できます。
ハンダめっき仕上げ
銅箔の上に、ハンダをめっきしたものです、ハンダレベラとも呼ばれます。
表面がデコボコしているためチップ部品の実装が少々難しい場合があります。
保存性、ハンダ濡れ性は上記仕上げ方法と比べ大変良いです。

 
【質問】 Phototrackrのセットアップ手順(Phototrackrを使いたい)
【回答】 以下をご覧ください。Phototrackrはサポートを打ち切っており、 メーカーからCanwayの使用を推奨しています。 GPSデータのバックアップを必ずお取り頂き、 データの保管をPhototrackrのみに頼ることは避けてください。
Phototrackrを使ったセットアップ手順

 
【質問】 電源が入りません。
【回答】 本体裏面にある黒いボタンを2〜3秒間押し続けてください。
(押し続けてから電源が入るまでの間は、ディスプレイ全体が薄っすらと表示されます)

 
【質問】 エレコム株式会社様製のUSB-RS232ケーブルと、 弊社のUSB-RS232ケーブルを併用されるお客様へ
【回答】 弊社のケーブルをインストールされる前に、下記のエレコム社のウェブサイトより、
最新ドライバーをダウンロードし、インストールを行ってください。
その後、弊社のケーブルのインストール作業を行ってください。
http://www.elecom.co.jp/support/download/cable/usb/index.html
 
【質問】 ナット同士が干渉してしまいますが、回避策はありますか。
【回答】 写真のようにナット同士がぶつかる場合、9P延長ケーブルでネジの干渉を回避できます。
 
【質問】 ドライバーソフトがうまくインストールできません
【回答】 このテスターはUSB−シリアル変換ICにシリコンラボラトリー社のCP2101を 使用しています。シリコンラボラトリー社のサイトより最新版のドライバーソフトを 入手できますのでお試しください。すでにドライバーソフトをインストールしていると 古いドライバーのアンインストールを尋ねられますが、アンインストールしてください。
http://www.silabs.com/products/mcu/Pages/USBtoUARTBridgeVCPDrivers.aspx
 
【質問】 付属ソフトにデータロガーの機能がありません。
【回答】 Ts Digital Multi Meter Viewerが対応しておりますのでお試しください。
 
【質問】 一酸化炭素ロガー使用上のご注意事項
【回答】 一酸化炭素は有毒です。無色・無臭のため異常に気付いた時には既に中毒に陥っている場合が多いです。
1000ppmは生命を脅かす濃度ですので、取り扱いにご注意ください。
まず、正しく動作するかを実際の環境で確認してからお使いください。
一酸化炭素が発生することが想定される環境では、必ず換気を行いましょう。
なお、お使いになられるときに使用上の注意についての警告が出ます。
使用を継続するには同意する必要が御座います。
参考URL
国際化学物質安全性カード 一酸化炭素
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0023c.html
一酸化炭素の危険性、中毒症状等をご覧になれます。
 
【質問】 電源を接続しても発振が確認できません(LEDが点滅しません)。
【回答】 FOE端子(DIP‐8変換後の1番ピン)をプルアップ(1kΩ〜100kΩくらいの抵抗器を介して電源VDDに接続)してください。
ブルアップされている場合は、周波数選択ジャンパ(F−SEL)を確認ください(32.768kHzですと肉眼では点滅しているか確認できません)。
 
【質問】 付属ケーブルの極性がLED基板の極性と合いません
【回答】 付属のケーブルは、弊社で販売しておりますマイクロスイッチ(P-02920、P-03047等)に合わせて作られております。
LED基板の極性とケーブルの色が異なる以外、コネクタ形状は同じですので問題なくお使い頂けます。
付属のコードをLED基板に接続した場合
 白が+
 赤が−
となります。
 
【質問】 部品表
【回答】

 
【質問】 太陽電池で鉛蓄電池を充電する簡易的な方法はありますか?
【回答】 太陽電池での鉛蓄電池への充電方法で簡易的なものとしては、
逆流防止ダイオードを介して太陽電池と鉛蓄電池を接続する方法があります。
この方式ですと、
 “(太陽電池の出力電圧)>(鉛蓄電池の端子間電圧)+(逆流防止ダイオードの順方向降下電圧)”
のとき、充電(電池に電流が流れます)されます。
本パネルでは2枚直列時の最大解放電圧(無負荷時の電圧)は18Vとなっておりますが、
電流を流そうとすると太陽電池の出力電圧が下がります(太陽電池は定電力源として考えます)。
電流が流れる→電圧が下がる→電流が流れなくなる→電圧が上がる→電流が流れる→…(繰り返し)
と簡易的な定電流源(に近い)となり、鉛蓄電池の充電に好都合となっています。
この簡易的な方法では、過充電に対する制御や保護は別途必要となります。
専用の機器(M-02827 等)をお使いになると過充電の心配がありません。



付属の鉛蓄電池以外でも“12V仕様”であれば充電可能です。
容量が小さいもの、大きいものでも、充電に必要な時間が変わるだけです。
“6V仕様”の場合は、パネルを直列接続せずに充電できます。
さらに、パネルを並列に接続すれば流せる電流が増えますので充電時間が短くなります。
パネルを並列に接続する場合は、各パネルの出力に逆流防止ダイオードを付ることをおすすめ致します。


 
【質問】 PC側にインストールするソフトウェアの最新版はどこで手に入りますか?
【回答】 CD−ROMに収録しているソフトはWindows2000 SP4、WindowsXP SP2のみの対応ですので、それ以降のバージョンをお使いの方は下記より最新版をダウンロードしてお使いください。
Mobipocket Reader Desktop 6.2
http://www.mobipocket.com/en/DownloadSoft/ProductDetailsReader.asp
ファイルが削除されました、こちらからダウンロードください(windows用)。
mobireadersetup.zip(4.99MB)

対応ファイル形式
 Microsoft Office文書
 TEXT
 PDF
 HTML
 CHM
 OCF
windows7は動作保証はありませんが、
当社で試したところ、下記PCで動作しました。
動作確認PC:Panasonic CF−S10DENDP
OS:windows7(Pro)64bit
※Mobipocket Reader Desktop 6.2は無料でダウンロードできます。
 インストール後は日本語でメニューが表示されます。

 
【質問】 miniSD、microSDカードをお使いになる場合のご注意事項
【回答】 本体のSDカードスロットは、“SDカード”を想定して作られているため、
microSD、miniSDカードをSDカードに変換するアダプタをお使いの場合、
スロット内部に引っかかり取り出せなくなる場合がございます。
その場合、セロハンテープ等を貼り、引っ張り出してください。

SDカードをお使い頂くことをおすすめ致します。
 
【質問】 DC/ACインバータ使用上のご注意事項
【回答】 DC/ACインバータは屋外でお使いになることをおすすめ致します。
屋内で使用する場合には、スイッチON/OFF時の火花による
水素ガス※1や都市ガス、プロパンガス等への着火の危険性が御座います。
締め切った部屋でお使いになる場合には特にご注意ください。

※1
開放型バッテリ(車などで使用される大電流型)の場合、過充電時などに水素ガスが発生する場合があります。
シールドバッテリですと内部で吸収されるため、外部に放出されませんので問題ありません。
弊社で販売しております鉛蓄電池は、全て“完全密閉型(シールド)バッテリ”です。
 
【質問】 PIC-BASICのシールが貼られていますが、PIC-BASICで動いているんですか?
【回答】 シールは本商品の為に新たに作成したものを貼っています。デザインは似ていますが、PIC-BASICでありません。

 
【質問】 DDSキットとDDS2キットの変更点につきまして
【回答】 源発振として使用しておりましたカンケース型クリスタルオシレータの入手が困難となり、
プラスチックDIP型のSG−8002DBに変更となりました。
カンケース型のオシレータは弊社で在庫しておりましたものを使用しておりましたが、
この在庫も無くなり、一時はキットの販売継続が難しくなりました。
しかし、SG−8002DBは、出荷時に周波数をプログラム可能な部品のため、
安定して入手することができますので、キット販売を継続することが可能となりました。
源発振の部品が変更となったため、キット名も変更となりました。
 
【質問】 フォーマットについて
【回答】
MACが書かれている93C46は、以下のフォーマットになっています。

例 MACアドレス 00-02-CB-00-00-01の場合

93C46には、アドレス00から 40-00-10-00-00-02-CB-00-00-01-00-00-00・・・・
FF-FF-・・・ と書かれています。

40-00-10-00 の4バイトは、MACであるヘッダー(固定)。
次の3バイト00-02-CB は、このMACを使用している会社のカンパニーID(固定) 
00-02-CBはトライステート。
次の3バイト00-00-01 がユニークID1番の意味となります。00-00-01からFF-FF-FF
まで連番です。
以後8バイトは00で埋めます。 

 
【質問】 本体のLEDがつきません、充電できません、出力が出ていません。(動作確認について)
【回答】 下記使用例のPDFをご覧いただきながら下記をご確認ください。

使用例(動作確認について)

◎太陽電池が接続されている
◎太陽電池に直射日光が当たっている
◎太陽電池の電圧がDC18V〜DC22V出ている。
◎12Vの鉛蓄電池(バッテリー)が接続されている
◎鉛蓄電池(バッテリー)が完全放電していない
◎鉛蓄電池(バッテリー)の電圧が12V以上ある

◎接続の確認
 太陽電池(+)----太陽電池側(+)[CM04-2.1]バッテリ側(+)----鉛バッテリ(+)
 太陽電池(−)----太陽電池側(−)[CM04-2.1]バッテリ側(−)----鉛バッテリ(−)
 ・逆流防止のダイオードは無くても構いません。

 
【質問】 問い合わせたら在庫がたくさんあると聞きましたが、 なぜ在庫数が少なく購入数に制限があるのですか?
【回答】 ポケット・デジタルマルチメータ P−10は、倉庫に大量在庫(数万台)しております。
しかし、弊社では簡易的なテストを実施後に販売可能在庫としております為、
ご購入可能在庫数が少なく表示されております。
(人気商品のため、テストが追いついておりません)
 
【質問】 付属CDが読めません。 付属CDをなくしてしまいました。
【回答】 こちらからCDと同じ内容をダウンロードできます。
k-00189_disc.zip(12.8MB)

 
【質問】 本体にBH321-3とありますが、間違っていませんか?
【回答】 電池ボックス本体はBH321-3ですが、端子の仕上げ(リード線/スナップ/ ラグ端子)により型番が変わります。本体の型は同じものを使用しているため BH321-3の刻印がございます。

 
【質問】 簡易チェック法
【回答】 以下のような配線を行い、電源を入れ10秒程度経過すると、手をかざすとLEDがぴかぴかと光ります。
周囲はなるべく暗い所で行ってください。センサーのケーブルは茶色がGNDですのでご注意ください。


 
【質問】 スリーブがずれていて、極性がわかりません。 他に極性を確認する方法はありますか?
【回答】 写真のように、スリーブ(青色のフィルム)がずれている場合が御座います。
端子側の形状を確認するか、端子の長さで極性を確認することができます。


画像を拡大する

画像を拡大する

 
【質問】 他の液晶モジュールと差し替えたのですが、動作しません。
【回答】 同じ文字数の液晶モジュールでも、ピン配置や電気的仕様の違いにより
差し替えただけでは動作しない場合が御座います。
特に16文字x2行表示の液晶モジュールと、
20文字x2行(または4行)の液晶モジュールでは電源ピンの配置が逆になっていますので、
接続の際には線で引き出して配置に合わせる必要があります。
 
【質問】 SSRの最小動作電流
【回答】 消費電流がSSRの定める最小動作電流以下の負荷の場合、制御側をオフにしても負荷が誤動作する場合があります。このような場合は、負荷に並列にダミー抵抗を接続することで解消される場合があります。

 
【質問】 制御側がオフなのにSSRがONになります。
【回答】 SSRにインバーターやスイッチングACアダプター、コイル等の負荷を接続するとdV/dtが大きくなります(電圧の上昇が急峻な立ち上がりになる)。dV/dtが大きくなると制御側がオフでも出力側がオンになります。これを誤点弧といいます。 SSRは温度が高くなると誤点弧しやすくなります。これを防ぐにはスナバ回路を追加してdV/dtが大きくならないように対策する必要があります。SSRのデータシートにはこれを知る値としてコミュテーションdV/dtという項目があります。

 
【質問】 付属CDについて
【回答】 付属CDのコンテンツが変更された関係で以下のフォルダに直接アクセスしてマニュアル等を コピーしてください。
以下、ドライブ文字がE:の場合です。
●マニュアル
E:\doc\92xx manual\92 Manual-QI
にございます、
9216 Manual.pdf
になります。
●IP EDIT
E:\Tools
にございます、
ipEdit.exe
になります。
紙の説明書2ページ目にあります、IP KamVid_1070ですが、これは IP EDITを使用するためでIP EDITを直接コピーすれば必要ありません。
●SDK
E:\Sdk
というフォルダに9216用のものがフォルダにまとめられております。
 
【質問】 付属しているCD内に、開けないフォルダがあるようですが、 開発ソフトをインストール(セットアップ)するにはどうすれば良いですか?
【回答】 ご使用中のPC環境によっては、圧縮ファイルのアイコン(ファイルの種類を示す“絵”)が
フォルダと同じかそれに近いものになっている場合があります。
この圧縮ファイルは、そのままでは開くことができません※1

同一フォルダ内に入っている“SETUP.EXE”※2を開く(実行する)ことで
セットアップが起動し、その処理の中で、圧縮ファイルが適切に展開されインストールされます。


※1 圧縮ファイルに対応した展開ソフトが入っている場合は開くことができます。
※2 環境によっては、“EXE”(拡張子)が表示されない場合があります。

 
【質問】 出力のところが基板が割れています。不良ではないでしょうか?
【回答】 この電源は出力コネクタの部分はもともと切り離されています。不良ではありません。
 
【質問】 セットアップソフトウエア
【回答】 こちらよりダウンロードください。
DS1M12_Setup.zip
DS1M12_Setup.lzh

メーカーサイト(最新バージョンはこちらで確認してください)
http://www.easysync-ltd.com/category/110/usb-instruments.html
 
【質問】 電流通過型なのに導通がありません。
【回答】 チューナーからアンテナに供給する電流が機器同士で逆流しないようにダイオードが入っています。そのため導通ブザーは鳴りません。
 
【質問】 グロー式、ラピッド式、インバーター式のいずれでしょうか?
【回答】 インバーター式になります。
 
【質問】 Ts Digital Multi Meter Viewer
【回答】 M−6000M/6000Hに対応したデジタルテスター用通信ソフトです。
公式サイト
 
【質問】 電源が入りません
【回答】 ●電池が消耗いていませんか?

●交換した電池がすでに消耗していることもあります。他のテスターではかってみてください。特にボタン電池は使う前に自然放電していることが多いです。

●電池室の端子を金属みがき(ピカール等)を綿棒に少量つけて磨いてみてください。
 
【質問】 USB給電で使用する場合の注意事項
【回答】 USBから給電を行う場合、本体電池ボックスに充電電流が流れます。
アルカリ乾電池等の一次電池を接続したままですと、電池が液漏れをおこしたり、
発熱や破裂する可能性があり大変危険です。
USBからの給電で動作させる場合は、電池を取り外してご使用いただくか、
充電に対応する電池(二次電池)をご使用ください(ニッケル水素電池やニッカド電池等)。
弊社取扱中の単4形ニッケル水素電池はこちらです→B-02156
 
【質問】 封印シールにつきまして
【回答】 本製品は、輸入時に検品を行っております。
その関係上、化粧箱の封印シールがカットされております。
 
【質問】 2SC1213が入っていません、かわりに2SC1815が入っています。
【回答】 部品が変更になりました。そのままご使用ください。
 
【質問】 ヒートシンクにキズがついています。
【回答】 メーカーからバラで袋詰めされて納品されているためにキズがついています。ご了承ください。
 
【質問】 C11、C12について
【回答】 C11(リセット回路用)、C12(電源平滑用)のコンデンサーの種類は、
電解コンデンサーまたは積層セラミックコンデンサーのいずれかとなります。
これ以外の部品も調達の都合で互換品に変更になる場合がございます。


 
【質問】 金属皮膜抵抗
【回答】
大きな画像で見る
 
【質問】 位相制御とは何ですか?
【回答】 下記をごらんください。
サイリスタ位相制御(wikipediaにジャンプします)
 
【質問】 モーターの回転数が変わりませんが。
【回答】 同期モーター(シンクロナスモーター、誘導モーター)は周波数で回転数が決まりますので負荷が無い状態では、回転数は変わりません。扇風機のように何らかの負荷(この場合はプロペラ)がかかっていると、モーター内部の「すべり」により回転数が変化します。ただし負荷のかかり具合により変わってしまうため、つまみの位置と回転数は毎回必ずしも一致するわけではありません。

 
【質問】 照度計の部品(変更前)
【回答】 照度センサーが浜松ホトニクスのS1787−04に変わりました。 それに伴い、他のパーツも変更になっています。 下記は変更前のパーツ一覧となります。

大きな画像で見る
 
【質問】 RY−WRITERは付いていますか?
【回答】 付いていません。
 
【質問】 日本語マニュアル
【回答】 Phocos_CMM_UserManual_Japanese.pdf CMM−1.1
Phocos_CML_UserManual_Japanese.pdf CMLシリーズ共通
Phocos_CM_UserManual_Japanese.pdf CM04−2.1
Phocos_CXI_UserManual_Japanese.pdf CXI−4
Phocos_CXI_UserManual_Japanese.pdf ソフトウエア
Phocos_CXM_UserManual_Japanese.pdf CXM−1.2
Phocos_CXN_UserManual_Japanese.pdf CXNシリーズ共通
注意
 この日本語マニュアルはあくまでも 翻訳であり、Phocos AGの製品の一部分 ではありません。 対象製品を使いやすくする目的のみで提供しています。 内容を保証するものではありません。 そのご理解の上でご利用ください。
 
【質問】 点灯動画
【回答】 illumination_LED.wmv(1.29MB)
illumination_LED.mp4(1.15MB)

 
【質問】 WP8-12(B-00019)とWP1234W(B-04962)、どちらも12V8Ahですがどう違うのですか?
【回答】 WP1234Wは高率放電・スタンバイユース用となっており、
WP8-12はスタンバイユース用となっております。
高率放電が必要な装置にはWP1234Wをお勧めしております。
 
【質問】 高度計の誤差
【回答】 気圧計キットの高度は、絶対高度では無く、気圧相対高度ですから、現在地の高度を表示する物では無く、「上下移動」した場合の相対高度を表示します。 高度が上がると気圧が下がるという理論を応用した物で、飛行機や登山に使用する高度計等に使用されています。 あくまでも相対なので、正確な高度では有りません。
現在居る場所で、右下の[ALT 0m]を押すと、現在地が0mという事に成ります。 ここから高度の高い位置へ「移動」すると、ほぼその高度を表示します。 但しスタート時点の気圧が変化すると、その変化分高い位置で補正が必要となります。 実際にこのキットを持って動く事は稀と思いますので、高度は「おまけ」のような物とお考え下さい。 但し、高度表示にして「高度が上がると気圧が下がってきた」「高度が-に成れば気圧が高くなった」と判断できますのでご利用ください。
 
【質問】 つなぎ方例
【回答】 PM128E(BLACK)、PM128E(GRAY)のつなぎ方の一例を示します。PM128EBLはバックライト以外は同じ要領です。
例1…DC20Vレンジ、グランド(GND)を共通にしてDC5Vで動作させる。
この接続はグランド(GND)を一緒にできます(内部でつながっています)。

下記写真の黄色の部分をショートします。

大きい画像で見るにはここをクリックします。


例2…DC20Vレンジ、DC8〜12Vで動作させる。
この接続は、電源と測定対象のグランド(GND)は一緒にできません
(下の写真のXとYをつないではいけない)


下記写真のオレンジ色の部分をショートします。

大きい画像で見るにはここをクリックします。


 
【質問】 ピン配置
【回答】 1.DC12V
2.GND
3.DIGITAL OUT(オープンコレクタ)
4.LED(カソード)

大きな画像で見るにはここをクリックします。


 
【質問】 D級アンプパワーアンプ(K-02272)とステレオミニジャック(C-02460)との接続
【回答】 GNDはL側、R側のどちらにつないでもかまいません。

大きな画像を見るにはここをクリックします。

 
【質問】 DCジャック、プラグの定格がACアダプタの出力と比較して極端に小さいのですが。
【回答】 DCジャックが生産された初期の機器(トランジスタラジオ等)では、乾電池と外部電源の切り替えに内部の接点を使用していました。
この接点の最大電流を考慮した値が定格値となっているため、海外製の同型製品と比べ
最大電流表記が大幅に低い値となっております。
スイッチ接点を使用しなければ数A流すことが構造上の実力値としては可能ですが、
メーカの動作保証値としては定格表記上の値ですので、
仕様上も数Aの電流に対応しております下記製品もご検討ください。
C-01604
 
【質問】 回路図の訂正のおしらせ
【回答】 電源部分の回路図が間違っておりました。
正しくは下記の通り、電解コンデンサーは7805の出力側に接続されています。
動作に問題はありません。


大きな画像で見るにはここをクリックします。


 
【質問】 電圧が実際よりも高く表示される
【回答】 パネルメーターの電源電圧が低くなっている可能性があります。
電源の電圧が下がるに従い、実際の値よりも高く表示されるようになります。

 
【質問】 AT90USBKEYからAT90USBKEY2への変更点がわかりません。
【回答】 メーカに確認しましたところ、特に変更点は無いとの回答でした。
発注時の型番の変更のみで、仕様上は同製品とお考え頂いて差し支えありません。
 
【質問】 少ピンATTINYシリーズへの書き込みに対応したプログラマはありますか?
【回答】 少ないピンのマイコンに書き込むには旧来の方法では難しく、新たに“TPI”という書き込み方法が追加されました。
ATtiny10をはじめとする小型マイコンで使用されています。
以前は、STK600や他社製品、またはオープンソースでの対応のみでしたが、現在ではAVRISPmkIIでも対応されております。
AVRISPmkIIでの最新の対応リストは、AVRStudioの最新版をセットアップし(ライター本体内蔵ファームウェアアップデートを忘れずに行ってください)

メニューの[Help]→[Release Notes and Known Issues]
で表示されるHTMLヘルプの、
[Introduction]→[Tools and device support]
ページでご覧下さい。
 
【質問】 Panel Pilot入手先
【回答】 Panle Pilotは下記リンクより入手できます。
http://www.panelpilot.com/

うまくダウンロードできないときはこちらもご利用ください。
PanelPilot_V2_22.zip(65.7MB) 2017.8.8掲載
PanelPilot V2.16.zip(50.4MB) 2014.12.22掲載
PanelPilot V2.13a.zip(50.5MB) 2011.11.10掲載
※最新版はメーカーサイトで確認してください。
 
【質問】 FT232RL USBシリアル変換モジュールはミニブレッドボードにささりますか?
【回答】 ささります。ただし、片側が1ピン、もう片方が2ピンになり対称にはささりません。

大きな画像を見るにはここをクリックします。


大きな画像を見るにはここをクリックします。

 
【質問】 リモコンが故障しているようだ
【回答】 デジタルカメラや携帯電話のカメラに向かってリモコンの発光部を向けてボタンを押してみてください。 カメラのモニターに光って映れば赤外線は正常に出力されています。

大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 シリコングリスにひび割れが見られるのですが?
【回答】 常温で保存することにより、 シリコンオイルとグリスが分離することがあります。
ご使用の際にピストンを押して頂ければ元通りになり 粘度、性能ともに変化はございません。
 
【質問】 出力が上がりません
【回答】 下記をご確認いただけますでしょうか。

●接続を確認する
 →説明書の通りになっているかどうか
●ハンダ付不良が無いか確認する
 →再度温めなおしてみる、テスタで導通をチェックする
●入力側の電圧を確認してみる
 →説明書通りの範囲かどうか
●入力側の電流の供給能力を確認してみる。
 →出力側が無負荷であれば乾電池で十分かと思います。
●出力側の電圧を確認してみる
 →多回転タイプのボリュームを使用しておりますので、
  つまみをどんどん回して電圧の変化を確認してみてください。

 
【質問】 放熱は別途対策必要ですか?
【回答】 使用環境により放熱の具合が変わりますので、少しずつ電流を増やしながら 放熱の様子を確認し、対策を決定してください。
 
【質問】 基板付パワーLEDと本商品の固定はどのようにしたらいいのでしょうか?レンズホルダーにビス穴のようなものがありますが、基板との固定用でしょうか?その場合ビス規格はどうなりますか?
【回答】 レンズホルダーの穴は基板に固定する用の穴です。
直径1.7mmx7mmのネジでA1・A2の穴(写真を参照してください)を
使ってとめてください。


 
【質問】 点灯動画
【回答】 OSHR5X34A.wmv(821KB)
OSHR5X34A.mp4(901KB)

 
【質問】 点滅動画
【回答】 OSR5MR5A31A-2.4HZ.wmv(664kB)

 
【質問】 メーターの極性
【回答】 工場の製造工程において+、−が逆になっているものがごくまれにございます。
その場合誠にお手数ですが、+、−を逆にしてご利用いただきます様お願いいたします。
可動コイルの品質には問題はございません。
 
【質問】 点灯動画(グラデーションモード)
【回答】 Model1401_demo.wmv(633KB)

 
【質問】 型番の違いについて
【回答】 ロットの違いにより、型番の末尾がGのお品物(SD1602HULB-XA-G-G)が
届く場合があります。これはメーカーの材料調達メーカーが異なるだけで
電気的仕様に違いは無く、そのままご使用いただけます

 
【質問】 LEDの足に一部黒くなっている
【回答】 メーカーが表面の仕上げを変更したためです。
発光部分には全く問題はございませんのでそのままご使用いただけますのでご安心ください。
 
【質問】 使用例
【回答】 DC20Vの場合 下記3か所をジャンパーしてください。


 
【質問】 参考比較写真
【回答】 肉眼ではどちらも赤く見えます。
B-1000SR:660nm
OSX10201-R:632nm


 
【質問】 DCジャックの変更について
【回答】 販売当初は、C-00077のDCジャックを使用しておりましたが
2011.12.20出荷のロットから、より大きい電流が流せるC-01604に内容を変更致しました。
2つの違いは、下記写真にてご確認下さい。


 
【質問】 抵抗について
【回答】 ロットにより紫色が茶色に見える場合があります。
お手数ですがテスターで値を確認してご利用頂きます様お願いいたします。

大きな画像で見るにはここをクリックします

 
【質問】 ユーティリティソフト
【回答】 こらちよりダウンロードください。
ZIPで圧縮されていますので、解凍してご利用ください。
MTV-64G5D_util.zip(694KB)
 
【質問】 パソコンにつないでも認識されません。
【回答】 下記をご確認いただきお試し下さい。
◎基板のチップLEDが光っているか。
◎USBケーブルを交換してみる。
◎他のPCで試してみる。
◎windows7のPCで試してみる。
 (他のOSをご使用の場合でお持ちの方)
◎USBポートが無効に設定されていないか、確認してみる。
 (BIOS、デバイスマネージャー、PCのユーティリティソフトの設定等)
◎インターネットにつながっていないとPCの場合、インターネットに接続してみる。
 PCがインターネットにつながっていないとドライバーがPC内に無いことがあります。
 その場合ドライバーをインターネットからダウンロードする必要があります。
◎OSのアップデートをしてみる
◎基板に取り付けた部品を半田ごてで温めてみる(チップ部品は慣れている方のみ)

正常に動作していればデバイスマネージャに表示されます(下記はwindows7の例)



どうしてもうまくゆかない場合は、弊社までお問い合わせください。

 
【質問】 操作方法が良くわかりません。
【回答】 ◎ボタンを2〜3秒長押しします。
 電源がONになり現在温度を表示します。(通常モード)

◎ボタンを押します(短く1回)。
 MAX/MINが表示されます。(最高温度/最低温度計測モード(MAX/MINモード))
 ボタンを押す(短く1回)たびにMAX/MIN→MAX→MIN→… を繰り返します。
 =表示の意味=
 ・「MAX/MIN」…現在の温度を表示
 ・「MAX」…最高温度(内部で計測・更新は続いていますが温度の表示は変化しません)
 ・「MIN」…最低温度(内部で計測・更新は続いていますが温度の表示は変化しません)

◎ボタンを2〜3秒長押しすると通常モードになります。
 最高温度・最低温度の値は消去されます。


大きな画像で見るにはここをクリックします。

◎再度ボタンを2〜3秒長押しすると電源OFFになります。


大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 製作例
【回答】 LEDは、I-03776I-07751など、3WタイプのパワーLED
放熱器はP-05051
DCDCコンバーター基板は、M-04790
熱伝導両面テープは、P-00514
DCジャックはC-00076を使用しています。
ACアダプタは、M-00031や、M-01804等が使えます。
入力側の消費電流は約240〜270mA程度になります。


大きな画像で見るにはここをクリックします

 
【質問】 CDに収録されているMPLABをインストールをしようとしましたが、 エラー1335が出てインストールできません。 (CDが付属している製品のみ対象)
【回答】 お手数ですが、MPLAB(開発ソフト)をメーカーからダウンロードしてインストールしてください。下記リンクをクリックするとメーカーサイトへジャンプします。

MPLAB X メインページ
旧バージョンアーカイブ

マイクロチップテクノロジー
マイクロチップテクノロジージャパン

PCのユーザー名に2バイト文字(全角文字)を含むと起動ないことがあります。事前の確認をおすすめします。

 
【質問】 何も表示されません。故障ではないでしょうか?
【回答】 液晶のコントラストを確認してください。


 
【質問】 DCジャック(C-00076)とのつなぎ方を教えてください。
【回答】 当社販売のスイッチングACアダプター(M-03681、M-01804等)を使用する場合、
写真のように接続します。写真では部品のリードの余りを使用していますが、
ビニール線でもかまいません。極性はセンタープラスになります。
DCジャック(C-00076)は別売りです。必要に応じてご購入下さい。

動作確認できたらショートしないようにビニールテープやボンド等で保護します。


大きな画像で見るにはここをクリックします(272KB)。

DCジャックMJ-10の商品ページはこちら

 
【質問】 日本語説明書に「同じタイプ/メーカーの電池をお使いいただくことをお勧めします。」とありますがどういう意味ですか? ここのメーカー製のニッカド電池を購入しないといけないのでしょうか?この充電器のメーカーが販売しているニッカド電池は扱っていますか?
【回答】 「2本から4本を充電するときは複数のメーカー、複数の残量の電池が混在しないように」、という意味です。
電池ボックスは4本の電池を入れることができますが内部で並列になっています。 つまり、プラスとブラス、マイナスとマイナスがつながっています。 2本から4本で充電するときに電池のメーカーがばらばらだったり、 空の電池と中途半端に電気が残っている電池、あるいはメーカーがバラバラの電池を 電池ボックスに入れると、残量が多い電池(=電圧が高い電池)と少ない電池(=電圧が低い電池) との間で電気のやり取りが発生します。少ない電流であれば問題ありませんが、 大電流ですと、電池ボックスの金属部分が発熱して充電器を解かしてしまう可能性 があります。そのため、説明書には発熱による充電器の破損を未然に防ぐ意味で 「同じタイプ/メーカーの電池をお使いいただくことをお勧めします。」という表記をしております。
「この充電器のメーカーが販売している電池を購入しなければ(使用しなければ)いけない」、という意味ではありません。
 
【質問】 添付資料の表記に一部誤りがあります。
【回答】
=お詫びと訂正=
付属資料中の回路図に誤りがございましたので、下記の通り訂正いたします。
お客様にはご迷惑お掛けし、申し訳ございませんが、商品ページ掲載の最新版をご利用ください。

[誤]VUSBが5V及びC2に接続される表記になっている。
[正]VUSBはC2にのみ接続。

その他ポート名表記に間違いが御座いました。
 
【質問】 ポツポツという雑音がします
【回答】 ●一度も録音せずに、初めて再生するとポツポツと音がします。
 一度録音してください、直ります。

●録音したのにポツポツと音がする
 ICの構造上一度録音してもボツボツ音が残ってしまう場合があります。
 再度、録音してください。

 
【質問】 再生すると「ピー」という音がする
【回答】 サンプリング周波数に起因するもので原理上避けられません。

apr9600_60s1ch_kit_kairo.pdf 82.9KB 回路図 60秒1ch用の回路図です、この回路でご使用ください。

K-02060_301.pdf 1,681.0KB キット説明書 キットの説明書です。

 
【質問】 以前使えたのに、使えなくなった/通信ができなくなった/地図が表示されなくなった/通信エラーになった
【回答】 ●USBを差し込む場所によってCOMポートの番号が変わります。 以前使えていた場所に差し込みなおすと直ります。 USBハブを使用していた場合は以前使えていたハブで元の接続状態に戻す必要があります。
●(GPSモジュールをUSB接続でご使用の場合)地図ソフトが起動しない/地図が表示されない場合、windowsアップデートが原因で起動しない可能性が考えられます。「管理者として実行」してみてください。
 
【質問】 抵抗一覧
【回答】
画像を拡大するにはこちらをクリックします。

 
【質問】 基板取付写真
【回答】
画像を拡大するにはこちらをクリックします。

 
【質問】 充電電流はコントーラーで制御されるのでしょうか。
【回答】 電流は制御・制限されません。
 
【質問】 充電電流は、太陽電池モジュールに依存しますか?
【回答】 電流は太陽光発電パネル、日射、バッテリー特性、配線に依存します。 もちろん、コントローラー自体の容量を超えるとコントローラが破壊されます。
 
【質問】 開放電圧:21.6V、短絡電流:1.53A、最大出力時電圧:18V、最大出力時電流:1.39Aのパネルと組み合わせる場合には5Ah以上のバッテリを使用するべき、ということになりますか?
【回答】 1.39Aの充電電流に耐えうるバッテリーが必要になります。
 
【質問】 SDK関連ファイル
【回答】 付属CDに一部ファイルが不足していましたのでこちらよりダウンロード下さい。
92xx sdk.zip

 
【質問】 店頭で販売しているグレードアップコンデンサセットは通販で販売していますか?
【回答】 こちらは、よりハイグレードな音質を楽しみたいかたのためのパーツセットで、 通販ではセットとして販売していませんが、 それぞれ単品で購入することができます。

セット内容
・ルビコンフィルムコンデンサ0.022μF50V[223][P-06316]×2個
・オーディオ用電解コンデンサー100μF25V85℃[ニチコンFG][P-05041]×2個
・オーディオ用電解コンデンサー470μF25V85℃[ニチコンFG][P-05038]×1個
・オーディオ用電解コンデンサー47μF25V85℃ [ニチコンFG]][P-05186]×1個

【使い方・部品対応表】
=======================
 型番 / 値 / 場所
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニチコンFG / 47μF    / C11
ニチコンFG / 47μF    / C16,C17
ニチコンFG / 47μF    / C14
フィルムコン / 0.022μF / C3,C4
=======================
※キットに付属するニチコンFG47μF25Vを C5,C6 へ使用する。

 
【質問】 付属CDが読めません
【回答】 お手数ですが、下記よりダウンロードして解凍してください。

PicLCDkit_CD.zip(74KB)

 
【質問】 ピンソケットと組み合わせて使えますか?
【回答】 この細ピンヘッダはブレッドボードの穴の摩耗をやわらげるために、
ピンの太さを設定しています。通常のピンソケットと組み合わせると
抜け落ちたり、接触不良になることがありますので使用できません。
 
【質問】 インストールの方法を教えてください。
【回答】 下記をご覧ください。
付属CDからのインストール手順

 
【質問】 ドキュメント・ドライバ・アプリケーションの入手先
【回答】 DLP Designトップページ
http://www.dlpdesign.com/

DLP−TH1bのメーカーサイト
ドキュメント、ドライバーソフト、アプリケーションソフトのダウンロードができます。
http://www.dlpdesign.com/usb/th1.shtml

 
【質問】 以前購入したものと型番が微妙に違いますが、何が違うのですか?
【回答】 モジュールにのせているチップのメーカーが変わったためにメーカーは型番を変えました。使い方と仕様に変更点はありません。
 
【質問】 マウントにリングが付いていますが、これは何のためにあるのですか?
【回答】 Cマウントのフランジバックは17.526mmです。一方CSマウントは12.5mmです。 カメラのマウントについている金属のリングはこのフランジバックの差を埋めるためのものです。
リングを無くしてしまうと、Cマウントのインフ(∞)が合わなくなります。無くさないように気を付けてください。

 
【質問】 音声合成LSIを購入しましたが、これを組み込んだ製品を販売したり営利目的で利用するとき、何か他にライセンス契約が必要ですか?
【回答】 いいえ。LSIの販売価格にライセンスロイヤリティが含まれております。 別途のライセンスは不要です。くわしくはメーカーサイトをご確認下さい。
★よくあるご質問(株式会社アクエスト)
http://www.a-quest.com/faq.html
★サポートBBS(株式会社アクエスト)
http://www.a-quest.com/aquestalk/patio/patio.cgi
 
【質問】 修理について
【回答】 弊社では修理代行等のサービスを行っておらず、
その分価格を低く設定して販売しております。
お客様で修理が必要な際はお手数ですが
SoftDSP社へ直接ご連絡して頂けます様お願い申し上げます。

http://www.softdsp.com/home/home.htm

 
【質問】 以前購入したことがありますが、変更点等はありますか?
【回答】 過去の物については既に在庫が無いためわかりませんが、
下記につきましては部材調達の都合により
ご購入時期により多少異なっている場合があります。
●CD−Rのメディアのサイズ、メーカー
●クリスタルのメーカー、型番(周波数は変わりません)
●液晶モジュールのメーカー、型番
●スイッチやコンデンサ、抵抗のメーカー
●説明書の印字の色
●ビニール袋のメーカー、材質、外観
●汎用品として互換品が多数存在しているパーツ
●その他弊社が置き換え可能と判断したもの

 
【質問】 液晶モジュールに抵抗が付いていますが、バックライトつきですか?
【回答】 バックライトは付いていませんが、付属品であるピンヘッダ・ピンフレームが
バックライト付(P-00038)と共通のため、部材調達の都合でLEDの電流制限抵抗が
付属している場合がございます。返却の必要はございませんので
他のご用途にご活用いただければと思います。

 
【質問】 フィルムコンデンサ(C3、C4)が付属していません。
【回答】 銀色のコンデンサがフィルムコンデンサになります。C3、C4に取り付けます。
積層セラミックコンデンサはチップ部品で基板に実装されております。

 
【質問】 USBシリアル変換器は似たような商品がありますが違いを教えてください。
【回答】 下記の通りになります、商品選択の参考にしてください。
-K-01061K-03237M-00721M-02747M-00720M-02746M-083343
外観写真
チップPL2303FT232
スケルトングレースケルトングレースケルトングレー-
ドライバCD
windows7用は別途ダウンロード必要
windows8/8.1/10用は提供されていません(PL2303Xがサポート終了の為)
↓入手先
http://www.prolific.com.tw/JP/ShowProduct.aspx?p_id=223&pcid=126
-
延長ケーブル-
DC15V電源-
USBコネクタAオス
D-SUB
コネクタ
9ピンオス・ネジ付


 
【質問】 以前のDR DAQと比べると温度差が大きいようです
【回答】 USB DR.DAQは温度センサーがリード部品から表面実装用に変わりました。 またパラレル接続のDR DAQと比べて消費電力も大きくなり発熱が大きくなりました。 パラレル接続タイプのものはリード部品であったため、熱の逃げが良いです。 お手数ですがオフセット調整にて対応いただきます様お願いいたします。

 
【質問】 抵抗
【回答】 カラーコードは光の質によって見にくい場合がございます。
間違って取り付けると外すのが大変ですのでテスターで測ってからご使用ください。

大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 スイッチを切り替えてボリュームを回しても電圧が変わりません。 入力と同じ電圧がそのまま出ます。
【回答】 ボリュームは25回転の多回転ボリュームを使用しています。
25回転すべて回して電圧が変化するかをご確認ください。

 
【質問】 電源の接続について
【回答】 J2をつなぐか、J3をつなぐかにより条件が変わります。

J2をつなぐ
●電源はDC5Vに制限されます。
●測定用GNDと電源用GNDが共通にできます。

J3をつなぐ
●電源はDC8V〜DC12Vの範囲になります。
●測定用GNDと電源用GNDは共通にできません

 
【質問】 動作チェック
【回答】 下記のように接続します。スイッチはツマミを「G」と基板に書かれている側に倒します。
はじめは入力電圧と同じ電圧が出力されます。
ドライバーでボリュームを時計回りに回すと
7〜10回転あたり(*注)から電圧が上がります。
*注:入力電圧によって変わります。

大きな画像で見るにはここをクリックします。

大きな画像で見るにはここをクリックします。

大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 出力が出ません。
【回答】 ●入力、出力に電解コンデンサーは接続していますでしょうか?
 チョッパー方式のDCDCコンバーターでは入力、出力の電解コンデンサーは必須です。
 電解コンデンサーが無いと正しい電圧が出力されません。
 無負荷での動作チェックであれば3箇所とも100μF程度で確認できます。
●入力電圧はDC16〜40Vになっていますでしょうか?
 これ以外の電圧ですと正しく出力されません。

大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 使用上の注意
【回答】 ★pH(ピーエイチ/ペーハー)は、水溶液の酸性、塩基(アルカリ)性の度合いを示す指標です。 水(純水)のpHは中性でpH7です。 この値よりも小さいと酸性、大きければ塩基(アルカリ)性となります。 本pHメータは、このpHをガラス電極法と呼ばれる方法を用いて測定します。

★測定する時はガラス球が浸るように(約1.5〜2cm程度)してください。 液体に浸していないときは表示が大きく変動いたしますが液体につけると安定します。

★pH電極は強い酸やアルカリは短時間で測定し、使用後は純水(なければ蒸留水)で洗浄してください。 そのまま放置しておくと電極がいたみ寿命が短くなります。また温度が高い液体で使用すると寿命が早いです。

★保管はガラスの玉が乾燥しないように注意して下さい。必要に応じてふたのスポンジに純水をしみこませてください。

★値がおかしい時やセンサーを交換したときはpH−PENに付属のpH標準液で調整してください(希釈しないでください)。個体差はありますが、0.5〜1回転で0.1変わります。精度を高めたい場合は液温を25℃にして調整してください。 pH標準液が無くなった場合は市販のものをお求めください。

★センサーは消耗品です、寿命は測定する対象物のpHに影響します。強酸、強アルカリを測定すると寿命が短くなります。校正しても正しい値が出ないと感じた時は交換してください。交換用はM-04204です。




 
【質問】 負荷が動きません
【回答】 この赤外線センサーは推奨負荷として電球を指定されています。
電球以外の負荷、特に誘導性の高い負荷はトライアックで制御するのは
難しいです。動作しなかったり、不安定になります。
 
【質問】 ローパスフィルタ定数算出方法
【回答】 下記をご参照ください。
DDS_LPF_calc.pdf

 
【質問】 この書籍だけ買えば実験を始められますか?(他に必要なもの)
【回答】 本書籍に合わせたパーツ説とを御用意しております。
こちらのパーツセットで書籍の内容に沿って電子工作をお楽しみいただけます。
パーツセットのご購入はこちら⇒K-05814

USBケーブル、デジタルテスター、パソコン、半田ごて、ラジオペンチ、はんだ等
は書籍には付属していません。

 
【質問】 マイクの取り付け向きについて
【回答】 マイクロホン本体(マイクカプセル)は極性があります、逆向きに取り付けると音がでません。


大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 FTDIチップのデバイスドライバーソフトの入手先
【回答】 下記よりFTDI社サイトにてデバイスドライバーソフトをダウンロードすることができます。

http://www.ftdichip.com/FTDrivers.htm

 
【質問】 動画
【回答】 動画はDC12Vで動作させて、指で表面に触れています。
電圧を下げると暗くなりますが、振れている指に吸い付くように光る様子が少し見やすくなります。
プラズマボール動画.wmv(633KB)

 
【質問】 校正液の入手について
【回答】 校正液のみの販売は、申し訳ございませんが、行っておりません。
一般的に入手できるPHメーターの校正液(ph4、ph7)が使用できます。

 
【質問】 ドライバーソフト
【回答】 最新版はFTDI社サイトから入手してください。
windows用ドライバ(2012−04−26リリース)
CDM 2.08.24 WHQL Certified.zip

 
【質問】 本体の表記について
【回答】 ご購入の時期やタイミングにより写真のように本体の色味や表記が異なる場合があります。
下の写真ではどちらも500ΩBカーブを意味しています。

大きな画像で見るにはここをクリックします。


 
【質問】 SC1602BのBとはどういう意味ですか?
【回答】 仕様を示す意味は含まれておりません。
メーカーがそのように商品名を付けております。

 
【質問】 使い方のご注意
【回答】 P−00309 SBHー321−2Aを
確認した所、幅が狭く、電池のサイズによっては2本目の
+電極と電池+間に隙間が出来、接触しない場合があります。
その場合はお手数ですが真ん中の仕切りをとりのぞいてご使用いただきます様お願いいたします。

類似品のP−00310 SBH321−ASは幅に余裕があります。

 
【質問】 部品一覧
【回答】


 
【質問】 PIC32MX120F032Bの場合の接続について
【回答】 Pickit対応ICSP書き込みアダプターキットを
下記の接続にし、Pickit3を使用することでプログラムできることを確認いたしました。



 
【質問】 部品配置
【回答】 ご購入時期やタイミングにより部品の仕様やデザイン、外観が写真と異なる場合があります。
説明書をご覧いただきご製作ください。

大きな画像で見るにはここをクリックします。


大きな画像で見るにはここをクリックします。

 
【質問】 本体が濡れているような感じがする
【回答】 潤滑油がまれに本体表面に付着している場合があります。お手数ですがティッシュなどで拭ってください。

 
【質問】 通信できません
【回答】 COMポートを確認してCOM1〜COM10のいずれかに合わせてください。 Ts Digital Multi Meter Viewerを使用する場合は、 ソフトのCOMポートの番号も合わせてください。
COMポートの確認方法
Vista/7
XP

 
【質問】 電池を入れても表示されない
【回答】 表示はロギングをしているときのみです。ロギングをさせるにはPCでセットアップする必要があります。 電池を入れた直後にLEDがついたりLCDが一瞬表示されるのはセルフチェックです。

液晶を表示させるための設定はソフトで行います。


 
【質問】 ターミナルブロック(端子台)の色が見本写真と違います。 緑色(または青色)のものが欲しいのですが対応可能ですか。
【回答】 キットの製造ロットによりターミナルブロックの色が緑色または青色となる場合が御座います。
申し訳ございませんが、色のご指定はお受けできかねます。


 
【質問】 ソリッドステートリレーキットとは何ですか?
【回答】 ソリッドステートリレー(SSR)は、その名の通り機械式リレーのような動作をするICで、高電圧の交流負荷を低電圧の回路で制御することができます。
SSRは機械式リレーと比較し優れた点がいくつかありますが、特に低電圧、低電流で駆動することができるのが特長です。
機械的な可動部分が無いので動作が速く、また、接点が無いので長寿命です。
このキットは、高電圧を制御する何かを作る際に必要なものが全て含まれます。
ハンダ付けしてAC機器とマイコンボード等の制御回路を接続すればON/OFF制御が可能です。
このキットは、ハンダ付けの練習にも良いですし、照明、ポンプ、ファンや良くON/OFFするような機器の制御に便利です。

このキットはAC負荷のみに対応します。
細心の注意を払い、安全に徹し、高電圧、高電流に対する知識を持った上での取扱いをお願い致します。
 
【質問】 出荷時にGNDに接続されているPDとは何ですか?
【回答】 PD=PowerDownモード切り替えピンです。
このピンをHIGH(VCCと接続)にすると動作を停止しますので、消費電流をさらに低減することが可能です。
LOW(GNDと接続)にすると再度動作を開始します。

PDピンの詳細につきましてはデータシートをご参照ください。
scp1000_product_family_specification_rev_0.08.pdf
16ページ目の2.6項(Power Down Mode and PD Pin)に記載が御座います。
 
【質問】 モジュールの取り付けについて
【回答】 モジュールと基板は平行になるように取り付けてください。
はじめに1か所はんだ付けして曲がっていないかを確認して、まがっていた場合は、
修正します。その後残りの足をはんだ付けします。

曲がったままはんだづけした場合は、6本の端子がきちんと
はんだ付け(導通している)されていれば問題ありません。

 
【質問】 無誘導巻きですか?
【回答】 標準巻き(the standard winding)です。
 
【質問】 寿命(使用期限)について
【回答】 メーカー製造より3年以内ですが
常温で1年置いておくと容量が90%程度に下がってしまいますので
何年も置いておいて使うというのはお勧めできません。
なるべくお早めにご使用ください。

 
【質問】 ステンレス部分は空洞ですか?
【回答】 ステンレス管の中身は空洞ではありません
セラミックでつまっています


 
【質問】 緑のマーキングがあるのと無いのが混ざっています。
【回答】 緑のマークは当初、極性(陽極)を示すためにつけられましたが、
その後、本体を見ればすぐにわかるので、つける必要がないと判断され、
後に生産された商品は緑のマークはなくなりました。
製品自体に変わりはありません。

 
【質問】 本体の直径を教えてください。
【回答】 下記写真の小さい部分より
23mmΦ、28mmΦ、32mmΦとなります。
(ノギスによる実測)


 
【質問】 電圧がありません。
【回答】 ご購入直後は電圧が低いです。
はじめに充電してからご使用ください。

 
【質問】 電気代を安く済ませたいです、何か良い充電器はありませんか?
【回答】 M-00164などがありますのでご検討ください。発電能力は快晴の直射日光下で
約160mAです。ACコンセントに比べると時間はかかりますが
太陽光を使って環境にやさしいエコな充電ができます。

 
【質問】 UV−EPROMの消去に使えますか?
【回答】 LEDのピーク波長とUV−EPROMの消去に最適な波長が異なるため使えません。

 
【質問】 映像が映りません
【回答】 ・電源が正しく供給されているか確認してください。
・ビデオモニターがNTSC入力に対応しているか確認してください。
 NTSC(Wikipedia)
・カメラの出力とビデオモニターの入力が正しく接続されているか確認してください。
・他のモニターで映るかどうか確認してください。
 映る場合は相性によるものです。NTSCビデオ信号は
 信号の規格が複雑なアナログ信号のため、モニターとの組み合わせによっては
 うまく映らない場合があります。映るモニターでご使用ください。
・レンズキャップが付いたままになっていないか確認してください。
・絞りが完全に閉じていないか確認してください。
・オートアイリスレンズを使用する場合、ケーブルがきちんと本体に
 差し込まれているか確認してください。絞りが閉じている場合があります。
・オートアイリスレンズを使用する場合、設定が正しいか確認してください。
 絞りが閉じている場合があります。

 
【質問】 MS6503の簡易ログソフト
【回答】 下記にてダウンロードいただけます。
MS6503.zip

 
【質問】 PCから認識されません。
【回答】 PCから認識されている場合は、デバイスマネージャーで下記のように表示されます。
WindowsXPの場合は、USBXpress
WIndows Vista / Windows 7の場合は、EasyLog USB Device
くわしくは下記をご覧ください。
EL-USB-1認識.pdf

 
【質問】 両面基板で使用する場合について
【回答】 キット付属の細ピンヘッダを使用して両面基板に取り付ける場合は、 DCジャックの端子が基板と接触しますので、ニッパーで切るか、 細ピンヘッダをはんだ付けする前に曲げてください。


 
【質問】 製品マニュアル
【回答】 マイクロチップ社PICSTART Plusのマニュアルを参考にしてください。
PICSTART PLusユーザーガイド(PDF)

 
【質問】 商品添付のリーフレットに、海外用のコンセントの変換アダプターが付属していると記載がありますが、実際は付属していないのですが。
【回答】 このセットでは付属してません。

 
【質問】 製作例
【回答】 基板に(P-06067)、
SMDLEDに、(I-03846)
定電流素子に定電流レギュレーター20mAタイプ(I-06133)
を組み合わせた例です。
電源はDC12Vを印加しています。



※定電流レギュレーターを使えば電源電圧の変動を気にすることなく、
安定したLEDの駆動ができます。

 
【質問】 GNDのシールドの締め付け具合について
【回答】 下記はGNDが緩いですのでご注意ください。
●金属製RCAプラグ RP-1480シリーズ
黄 C-00057
赤 C-00060
白 C-00061
●プラスチック製RCAプラグ RP-1580シリーズ
赤 C-00062
黄 C-00150

RJ-2060と下記5種のRCAプラグはGNDがゆるいです。


 
【質問】 消費電流はいくらですか?
【回答】 当社で1個を実測しましたところ下記のとおりとなりました。
ルームランプ個体のバラつきや計器類の誤差もありますので、
あくまで参考としてご覧ください。
電圧電流
12V47.5mA
12.5V53mA
13V60mA
13.5V66mA
14V72.5mA
14.5V79mA
15V86mA
・電源:Matsusada、PL-18-5
・テスター:Metex、P-10
 
【質問】 バイクに使えますか?/バイクに取り付けたがセルモーターが回らない。
【回答】 弊社ではお答えすることができません。 保証外の使用方法となりますので、安全性を考えますとおすすめできません。 満充電のための補充電を行っていませんので、 購入時の電圧は12.1〜12.3V程度です。 放電能力が足りませんのでセルモーターが回らない可能性がございます。 インターネットで使用している情報がありますが、必ずしも動くとは限らず ご質問を頂きましてもお答えできません。 バイクが故障しても弊社では修理代の負担はできかねますので メーカー指定品をご使用ください。

 
【質問】 MPLABXからPICkit3が認識されません。
【回答】 Windows7において、MPLABXからPICkit3が認識され無い場合が御座います。
この場合、MPLABXを“管理者としてこのプログラムを実行する”設定として実行することで解決できる場合があります。
※メーカの公式情報ではありません。あくまで参考情報とお考えください。

クリックで拡大表示

 
【質問】 MJ−179Pとのつなぎかた
【回答】
大きな画像で見るにはここをクリックします

MJ-179Pの商品ページはこちら

 
【質問】 電源部分のつなぎ方を教えてください。
【回答】 下記を参考に御検討ください。アダプタの電圧は9Vでも12Vでも動作します。

大きな画像で見るにはここをクリック
PDF資料はこちら
 
【質問】 型番のLはRoHSという意味ですか?
【回答】 型番末尾のLはRoHSという意味になります。

 
【質問】 VER1.01の物が欲しいのですが。
【回答】 VER1.01は在庫していません。VER.1.00を出荷しています。
トライステート社で新しいファームウェアが公開されています。
ファームウェアのバージョンアップはパソコンとUSB接続をして行ってください。

バージョンアップは下記トライステート社サイトにてご確認ください。
http://www.tristate.ne.jp/gps_clock/gps_clock.htm

 
【質問】 映像出力(黄色)のRCAコネクタが見つかりません。
【回答】 Y型の分岐ケーブルから出ている赤色のRCAコネクタが映像出力となっております。
本来、赤色は音声(右)を示す色ですが、本カメラ付属のケーブルは赤色が映像出力となっております。


 
【質問】 Lattice Diamondが起動しません。 入力したライセンスファイル情報で認証が通りません。
【回答】 ライセンスファイルの情報を保存する際にフォルダへのアクセス権がないためにエラーとなるようです。
この場合「管理者としてこのプログラムを実行する」設定を行うことで回避できる場合が御座います。
(Windows7 64bits上で確認)
 
【質問】 ばねの使い方
【回答】 このカメラにはレンズの緩み防止にコイルバネがついています。レンズにはめて使用します。 ネジに噛まないように手でコイルバネを押さえながらゆっくりとレンズを回してください。 写真はSW-200ですが、他のモデルも同じ要領で取り付けます。

クリックすると拡大します

 
【質問】 NTSCって何ですか?
【回答】 NTSCはビデオ信号の規格の名前で、β方式、VHS方式等のビデオカセット、レーザーディスク(LD)、DVD、監視カメラ、地上波アナログ放送等で使用されています。プラグの形状はRCAピンプラグが多く、黄色くなっていることが多いです。監視カメラ等、防犯映像機器ではBNCコネクタ、ポータブルDVD等では音声信号と一緒に3.5mmΦのミニプラグになっているのをよく見かけます。
正確には、「National Television System Committee(全米テレビジョン放送方式標準化委員会)」の略称ですが、このビデオ信仰規格を指して呼ばれることが多いです。

 
【質問】 何か初期設定をしないと使えないのですか?
【回答】 組み立てて電源を入れればすぐに映像が出力されます。
ピントはビデオモニターを接続して、実際に映像を見ながら調整してください。

 
【質問】 コイルとコンデンサーについて
【回答】 小さい茶色の部品が1/6Wカーボン抵抗、それより大き目の緑の部品がコイル(インダクター)です。


 
【質問】 デバイスドライバの入手先
【回答】 FTDI社のサイトにアクセスします。
http://www.ftdichip.com/
左のDRIVERをクリックします。


FT232系はVCPドライバをダウンロードします。
FT245系はVCPまたはD2XXドライバのうち必要なものをダウンロードします。

 
【質問】 サイズが違うのが届いている。(2.1mmΦと1.6mmが混ざってしまいました。)
【回答】 下記ロット番号をご確認いただき弊社までお問合せください。
これにより判別できる場合があります。ロット番号がわからない、
あるいは購入後時間が経過している場合は判別できませんので
お手数ですがピンの直径をノギスで測るなどしてご確認ください。


 
【質問】 型番がPIC16F84A−20I/PとPIC16F84A−20/Pの違いは何ですか?
【回答】 温度範囲が異なります。そのほかの仕様に違いはありません。
●PIC16F84A−20/P…0℃〜70℃
●PIC16F84A−20/P…−40℃〜+85℃
☆型番の規則について詳細はPDFデータの末尾に記載がございます。
 
【質問】 きちんと動作しているかどうかを確認したい
【回答】 本体をPCに接続し、正常に動作している場合、下記のようになります。
●デバイスマネージャー…HID準拠デバイス、USB入力デバイスが表示

●本体のLED表示…PWRのみ点灯


上記を満たしていない場合は下記をお試しください。
●一度USBケーブルを抜いて、再度差し込んでみる。
●パソコンを再起動してみる。
●他のUSBポートに差し込んでみる。
●USBケーブルを交換してみる。
●他のパソコンで試してみる。

 
【質問】 デモ動画
【回答】 本キットの動作風景を撮影した動画です。
k1047_demo.wmv(678KB)
k1047_demo.mp4(621KB)
 
【質問】 M−6000Mと通信ができません(USBシリアル変換ケーブルM-00720、M-02746等を使用しています)
【回答】 デバイスドライバのバージョンが新しいと通信ができないことが判明いたしました。 おそれいりますが、デバイスドライバーを一度削除していただき、 下記のいずれかのバージョンと入れ替えをお願いいたします。ただしwindowsアップデートでデジタル署名のないドライバが使えなくなったため、古いドライバが使えずに解決できないことがあります。

 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v130.zip 2010.7.15
バージョンは、3.3.11.152となります。
 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1210.zip 2010.4.12
バージョンは、3.3.10.140となります。
USBシリアル変換ケーブル(M-00720、M-02746等)付属のCDのデバイスドライバーもご使用になれますが、 windows Vista/7用のドライバーは収録されていませんので、 上記をダウンロードしてご使用ください。

ご使用のPCにインストールされているドライバーソフトのバージョンの確認方法は下記をご覧ください(資料はWindows7を使って説明しいてます)。
usb-to-serial_driver_version_check_method.pdf

うまく動いていれば、ソフトを起動させてデジカメなどでRS232CアダプターのLED部分を見ると光るのが確認できます。 肉眼では確認できません。通信できないとLEDが暗かったり、下の動画と異なる光り方になります。

LEDを撮影した動画(Ts Digital Multi Meter Viewer 使用、CoolpixS8200で撮影)。
M-6000M_RS232C_adapter.wmv
M-6000M_RS232C_adapter.mp4
 
【質問】 キット説明書の誤りについて
【回答】 キット説明書の一部に誤りが御座いました。
謹んで、訂正させて頂きますとともに、お詫び申し上げます。

[2012.05] 訂正1.□部品表□の上から四行目、橙(誤)→黄(正)

[2012.11] 訂正2.【回路図】における電源ラインの一部

(なお、【実体回路図】& 【実体配線図】には誤りは無く、そちらを参照された組立に問題はありません。)

なお、本キット紹介ページの「キット説明書」は、訂正済最新版です。
申し訳ありませんが、訂正前の「キット説明書」をお持ちのお客様は、
そちらを御参照くださいます様、何卒、宜しく御願い致します。

 
【質問】 NGX社製品詳細ページ
【回答】 http://shop.ngxtechnologies.com/product_info.php?cPath=21&products_id=96

 
【質問】 電解コンデンサーについて
【回答】 スイッチングACアダプターに使われる電解コンデンサーは電気的摩耗が激しく、寿命に大きな影響を与えています。 STD05040U/12020U/24010Uは、 主要な電解コンデンサーに日本メーカー、さらにその中でも、 下記のようなスイッチングACアダプターにふさわしい 耐久性能に優れた銘柄を採用してトータルの信頼性を高めています。
日本ケミコンKXJシリーズデータシート(参考)
日本ケミコンKYシリーズデータシート(参考)
ルビコンYXGシリーズデータシート(参考)

PDFはこちら

※ところどころに見られる白色の樹脂は、 防振(部品のガタツキを防ぐ目的)と絶縁性を高めるために使用されているシリコン系ゴムです。
 
【質問】 普通のテスタリードでもキャリブレーションは出来ますか?
【回答】 二線接続によるキャリブレーションとなります。 四線接続のようにプローブ先端での校正にはなりません。 開放校正では、開放されている二本のリード線の全体が校正対象となります。 短絡校正では、バナナジャック等を含めた短絡回路全体が校正対象となります。
・開放校正ではノイズやストレー(浮遊)容量の影響を避けるために、 本器のガード(接地)端子を併用することをおすすめします。 簡単には、二本のテスタリードをアルミ箔で巻き、 接地端子にアルミ箔を接続します。
・短絡校正では、なるべく短い線のテスタリードをお使いください。
 
【質問】 センサーに白い粉が付いています
【回答】 SAGA社製PHペンの先端等に粉が付着している場合は精製水を使用して 拭き取ってご使用頂けます様お願い致します。使用上問題はありません。 これは、キャップ先端にある保存液の一部が乾燥して結晶化したものです。保存液の組成はKCL(塩化カリウム)3.0〜3.3モル水溶液です。

 
【質問】 チップ部品用のプローブは4線式となっていますが、先端まで4線で来ていますでしょうか?
【回答】 商品説明にございますように、ピンセット部のコンタクト基部にて終端 (プラス極側(HC+HP)・マイナス極側(LP+LC))され、 その先は二端子法による測定となります。 電気的にはコンタクト部から測定対象デバイスまでのインピーダンスと インダクタンスが含まれますが、ショート(短絡)/オープン(開放)校正によって 容易にキャンセルできるレベルになると考えられます。
(注:HC・HP・LC・LPは四端子測定法の端子名称です)
 
【質問】 上側のスリット型測定溝は1.7mmですが、 1.7mm厚さの部品を差し込んでも内部のバネは変形のおそれはないのでしょうか? また、白銀色に見えますが表面は何で出来ていますでしょうか?
【回答】 ケースのスリット間を容易に通るリードなら、 内部の接点に変形のリスクはありません。ただし、 スリット上部を支点とする「すりこぎ」状の負荷が加わる場合には、 変形の恐れは否定できません。接点の材質はメーカーから仕様公開されていません。 従いまして明確にはお答えできませんが、 測定部品のリードとの摺動を伴う部位ですので金(メッキ)は接点材質として 柔らかく、本測定器では使用されていません。なお、 純正プローブ[通販コードM-06267、M-06325]の接点は 金メッキ仕上げとなっていますので、 本体側の接点にダメージを与えにくくなっています。
 
【質問】 4線式測定の場合、ソース側とセンス側がありますが、 線素材の高周波性能は、どちらもリッツ線などがよいでしょうか?
【回答】 試験周波数の上限が100kHzなので高周波特性に対する特段の配慮は必要ありません。 表皮効果に関するリッツ線使用のメリットは表れにくいかもしれませんが、 繰り返しの折り曲げによる断線に対しては有効かと存じます。
 
【質問】 測定線にシールドのようにアルミ箔を巻き付けるように書いてありましたが、 これらの間のストレーキャパシタによる、影響はありませんか?
【回答】 ストレー容量は、測定端子のプラス極側(HC+HP)・マイナス極側(LP+LC)に 作用する要素となりますので、ガード端子との直接的な関係性はありません。 ガード端子の機能は、ハイインピーダンス測定時の外来ノイズ (HC・LC・HP・LP端子に対する)の排除を目的としています。また、 純正のプローブを使用なさった場合には、測定端子間のストレー容量は オープン(開放)校正によって容易に補正できる範囲内にあります。
 
【質問】 電源を入れると、Lb.tと表示されて測定できない。
【回答】 電池が消耗しています。交換してください。


 
【質問】 LEDを並列して接続するときに抵抗は必要ないのですか?
【回答】 LEDを並列して接続する場合には同じ型番のLEDを使用してください。 CL0118は電流制御してLEDを昇圧駆動しているので抵抗は必要ありません。
 
【質問】 いろいろな色のLEDを混ぜて駆動できますか?
【回答】 CL0118の仕様では白色LEDを駆動するようになっています。 電圧/電流特性の異なるLEDを混ぜて駆動することは想定されていません。 ただし、特性が類似の緑、青等(Vf:3.0V〜3.6V程度、If:20〜50mA程度)は、 同色・同番同士のLEDに限って並列駆動できます。
 
【質問】 電池3本の直列で使えますか?
【回答】 CL0118の仕様では電池2本を使用することになっていますので、 電池3本を以上をつないだ場合には、駆動用ICとLEDの動作は保証されません。
 
【質問】 RECOM Electronic GmbH.はどのようなメーカーですか?
【回答】 RECOM Electronic GmbH.(リーコム社)は、1975年にドイツ(西独)で設立された小型高信頼DC/DCコンバータ製品の世界的リーディングカンパニーです。民生用から工業・医療・交通・航空宇宙・軍用分野まで幅広いラインナップでグローバル展開しています。主力製品は、DC/DCコンバーター、R-78スイッチングレギュレータ、定電流LEDドライバなどです。
 
【質問】 USBインターフェースボードで書き込みをしたらXBeeと通信できなくなりました。動作モードを切り替えたい(ファームウェアを書き換えたい)
【回答】 下記の操作をお試しください。

手順説明(XBee_X-CTU_setting.pdf)

 
【質問】 IOボードの寸法を教えてください。
【回答】 下記の通りになります。

AKI-H8_3068_3069_IO_BOARD_TERA1_size.pdf

 
【質問】 更新周期を早めることはできますか?
【回答】 GPSviewerで更新周期を1回/2回/4回/5回/8回/10回/秒のいずれかに変更することができます。
10回/秒の場合、NMEAデータは下記のようになります。
例
$SkyTraq,Venus6
$Kernel,v1.4.94,000004BE,16304205,F,16.367667MHz
$ver,010922,rev,101208
$GPRMC,051046.000,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*76
$GPGGA,051046.000,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5C
$GPGSA,A,1,,,,,,,,,,,,,0.0,0.0,0.0*30
$GPGSV,2,1,08,26,76,331,,05,69,043,,15,56,265,,02,36,167,*7A
$GPGSV,2,2,08,08,36,055,,10,21,099,,24,08,197,,04,00,151,*7E
$GPVTG,000.0,T,,M,000.0,N,000.0,K,N*02
$GPRMC,051046.100,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*77
$GPGGA,051046.100,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5D
$GPRMC,051046.200,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*74
$GPGGA,051046.200,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5E
$GPRMC,051046.300,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*75
$GPGGA,051046.300,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5F
$GPRMC,051046.400,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*72
$GPGGA,051046.400,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*58
$GPRMC,051046.500,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*73
$GPGGA,051046.500,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*59
$GPRMC,051046.600,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*70
$GPGGA,051046.600,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5A
$GPRMC,051046.700,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*71
$GPGGA,051046.700,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5B
$GPRMC,051046.800,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*7E
$GPGGA,051046.800,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*54
$GPRMC,051046.900,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*7F
$GPGGA,051046.900,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*55
$GPRMC,051047.000,V,3548.3377,N,13950.1909,E,000.0,000.0,220113,,,N*77
$GPGGA,051047.000,3548.3377,N,13950.1909,E,0,00,0.0,89.3,M,0.0,M,,0000*5D
以下、$GPGSAから繰り返し

 
【質問】 センサーの先端をばらしてセンサーを単体で取り出すことはできますか?
【回答】 金属部分は樹脂のようなものがつまっています。センサーを単独で取り出すことはできません。


 
【質問】 2.54ミリピッチのユニバーサル基板のランドにはんだ付けできますか?
【回答】 はい、できます。SOT-223のピンピッチは2.3ミリなので、2番ピンをランドの中心に合わせ位置決めしてください。ユニバーサル基板の銅はくランドは大きいので1・3番ピンも問題なくはんだ付できます。また、放熱のためタブもランドにはんだ付けすることをおすすめします。
 
【質問】 Technical Dataを見ると、Boost voltageが14.5Vとありますが、実際には出力側電圧は、入力電圧(12.2V程度)とほぼ同じで、昇圧されていないのですが、仕様書の記載にあるBoost voltageに昇圧できないのでしょうか?
【回答】 CM04はPWMコントローラのため、出力電圧は入力電圧を超えることありません。
14.5の出力電圧=バッテリー電圧を達成するのは、14.5Vまで充電できる電流を提供できる電源、 つまり開放電圧17V以上の太陽光発電パネルが必要です。
 
【質問】 最大出力電圧41Vの太陽電池を使ってシステムを構築した場合動作するでしょうか。 英文マニュアルはOvervoltage Varistor56V,2.3Jとなっています
【回答】 最大出力電圧41Vは何を指しているかによります。
(1) パネルの最大(出力電圧)  max output voltageか
(2) パネルの(最大出力)電圧  voltage at max powerか

最大電圧は56Vまでです。(1)ならばOKです。
パネルの開放電圧Vocで判断する必要があります。

 
【質問】 WindowsVista/7に対応していますか?
【回答】 ソフトはインストール、起動はしますが、テスターと通信できないため使えません。
 
【質問】 ユニソニック(UTC)とはどのような会社ですか?
【回答】 UNISONIC TECHNOLOGIES CO.,LTD(UTC)は、 1990年に台湾で設立された半導体製造メーカー (ISO9000、ISO14001認証取得済)です。 6インチウェハ製造ラインを自社保有し、 ディスコン(生産終了)となった半導体を数多く生産しています。 製品は各国の大手電機メーカーに納入されています。
 
【質問】 東芝製2SC1815と互換性はありますか?
【回答】 UNISONIC社の半導体仕様書には、 東芝製2SC1815との互換性についての記載がありません。 従いまして、互換に関する電気的特性等は、 お客様ご自身で双方の技術仕様書を比較いただき、ご判断ください。 また、大量に使用する際には、 試作・実証実験によって安定動作をご確認ください。
 
【質問】 Android動作確認情報
【回答】 OTGケーブルを使うことで認識します。
〇Huawei Mate9
〇Huawei P10
×Huawei nova
×SONY xperia XZ so-01J
×LG nexus5
 
【質問】 入力電圧24V 出力電圧5V 消費電流0.5Aを想定しています。 ヒートシンクは使わなくても大丈夫でしょうか?
【回答】 ヒートシンクは不要です。5V×0.5A=2.5W出力で 損失を20%(効率80%)とすると、0.5W程度の熱損失となります。 効率は、供給側電源、使用負荷条件等によて変化しますが、 おおむね80%前後が期待できるので、放熱器は必要ございません。 ただし、空気の流れ(自然空冷)がある程度確保できるような実装をおおすすめします。
 
【質問】 LCDが上半分しか表示されません
【回答】 電源を入れてから5秒後に測定が行われます。そのままお待ちください。
 
【質問】 旧タイプのデータシート
【回答】 LM-102-D.pdf

 
【質問】 Mechano Electronicとは、どのような会社ですか?
【回答】 Mechano Electronic(メカノエレクトロニック)社は、1977年に設立された日本(東京・立川)のメーカーです。ICクリップ等の開発・製造・販売をおこない、テクトロニクス,アジレント,レクロイ,岩通などに製品を納入しています。
 
【質問】 基板の型番がAE-TSSOP8P-DIPとなっていますが、TSSOPに対応するのですか?
【回答】 本変換基板は、MSOPでピンピッチが0.65mmの部品に対応します。
TSSOPには対応しておりません。
 
【質問】 AC100Vの測り方
【回答】 下図をご参照ください。測定値は正弦波だけが正しく表示されます。

※AC100Vは、電気事業法により正しくはAC101V±6Vになります。
 
【質問】 上の温度と下の温度に差があって同じにならない。故障ですか?(温度計測)
【回答】 故障ではありません。
ディスプレイ上に表示される温度は内部のIC温度センサーによるもの、 下に表示される温度は付属のK型熱電対によるものです。 計測しているセンサーの種類と場所が違いますので避けられません。
 
【質問】 CEM−1とはどのような素材ですか?
【回答】 コンポジット積層基板のひとつです。紙エポキシ積層板を基材(1.2ミリ厚)としてガラス布(0.2ミリ×2)によって表裏が構成されています。ガラス布+紙+ガラス布のサンドイッチ構造です。含浸樹脂はエポキシです。特長としては、紙フェノール並みの低価格で難燃性と強度、銅箔はがれ耐性等が向上されています。
 
【質問】 紙フェノールとCEM−1の工作・加工性に違いはありますか?
【回答】 基材(厚みで75%)が紙エポキシなので、紙フェノールよりもやや硬めです。また、表面素材がガラス布エポキシのため、カッターナイフ等で切り込みを入れる際に滑りやすいので、ゆっくりと慎重に刃を入れることをお勧めします。しかしながらガラス・エポキシ基板(FR−4、CEM−3等)より、はるかに加工しやすい素材です。
 
【質問】 このプラグは極性統一用のプラグですか?
【回答】 極性統一用プラグではありません。

 
【質問】 リード線について
【回答】 ロットにより一部リードのめっきがはがれていますが、使用に問題はございません。


 
【質問】 GPS Sportsソフトウエア
【回答】 GoogleマップAPI修正版
GPSSports_installer_pro.zip(26.2MB)

 
【質問】 Soft SDKを使用してソフトを開発した場合の著作権
【回答】 SoftSDKは著作権より配布が禁止されていますが、 お客様が自分で開発したソフト (SDKを利用してもよい)を配布する分には問題ございません。
 
【質問】 006P電池を1個にまとめることはできないのですか?
【回答】 照度計キットは照度計の部分のみイマジナリー・グランドをとっているため液晶表示の部分と電位が異なっています。 その為それぞれのセクションで006P電池が1個ずつ必要になります。
 
【質問】 バッテリースナップについて
【回答】 バッテリースナップは縦型(例、P-00453)、横型(例、P-00207)のどちらでも使えます。 リード線の引き出しは写真のようになります。

画像の拡大

 
【質問】 2.54mmピッチの基板に入りますか?
【回答】 下記のようになります。

画像を拡大
 
【質問】 入力電圧が9〜15Vとありますが、5Vではないのですか?間違いではありませんか?
【回答】 DCジャックを通過した電流は5V三端子レギュレーター7805に入ります。 内部でDC5Vが生成されますので問題ありません。

 
【質問】 BNCコネクタ付近にある調整部分は何ですか?
【回答】 これは高周波保障のためにあります。 このプローブはここで調整することで異なる規格のオシロスコープで使用することができます。 これがなければこのプローブは一種類のオシロスコープでしか使用できないことになってしまいます。

 
【質問】 半田ブリッジがありますが不良ですか?
【回答】 この半田ブリッジ は初期に作られたmbed LPC11U24の対処で、 その後はPCBの修正が入ってい ます。この半田ブリッジ を外してしまうと mbedに電源が入っている状態でリセットボタンを押してもリセットがかからなくなりますので、 はずさないようにしてください。
 
【質問】 熱電対がリボン状で薄い様で熱応答が良いと思われますが、「通販コード P-00306」の様な一般的な熱電対より熱応答は良いのでしょうか?
【回答】 熱応答についてお答えいたします。 応答性には、大きく分けて三つの要素(@熱抵抗、A反応速度、B熱容量)がかかわってきます。

写真を拡大する

センサ先端の形状は写真のようになっています。リボン状金属の裏面にK型熱電対(クロメルとアルメルの温接点接合点)が溶着されています。 熱電対とリボンが熱結合されているので、熱電対のみのP-00306よりも測定対象との熱抵抗が小さく正確な温度を測定することができます。熱容量は金属リボンによって大きくなるため、測定にやや時間を要します(おおむね0.5秒程度ですが、環境温度と測定対象物の温度差が大きいほど温度平衡になるまで時間を要します)。 本プローブの特長としては、比較的大きな測定対象にしっかりと熱結合できる点にあります。
 
【質問】 従来バージョン(1200ZE)のドキュメント
【回答】 1200ZEバージョンのドキュメントになります。
LCMXO2-1200ZEデータシート
LCMXO2-1200ZE-B-EVNデータシート
LCMXO2-1200ZE-B-EVN回路図
開発環境導入の手引き
スタートガイド

 
【質問】 型番の変更について
【回答】
型番変更のお知らせ
次回入荷分より型番(モデル)変更となります。2010.1.14
2010.6.9 販売開始しました。
GF48-US.pdf カタログ※PDF中の12V、19V、24V以外モデルの入荷予定は未定です。

=STD1204(旧製品)商品仕様=
■入力:100〜240V 43〜63Hz(ワールドワイド仕様) 最大4A
■安全規格:PSE規格取得済品
■サイズ:117Lx60Wx40H(mm)
■重量:240g(本体)
■プラグ:内径2.1mm、外径5.5mm 
■プラグ極性:センタープラス、(-) -(●- (+)
■AC側コード長:約1.8m DC側コード長:約1.5m(コード径約3.5mm)
◆適合ジャック:内径2.1mm、外径5.5mm
※STDシリーズは電源を入れてから約2秒後にLEDランプが点灯して出力が出る設計になっています。
 
【質問】 点滅動画
【回答】 L-517HURD-F_blinking.wmv(744KB)

 
【質問】 電池の交換について
【回答】 電池の交換は裏蓋をはずします。ゴムのカバーを外すとネジ穴が見えますので、慎重にネジをはずしてください。(ケガにお気を付け下さい。)


 
【質問】 焦電センサーレンズを保持するホルダーはありますか?また、凸面が前面でしょうか?
【回答】 専用の保持ホルダーの取り扱いはございません。ケース等を加工して所定の寸法になるよう設置してください。
板型のフレネルレンズは、汚れやキズがつきにくいように一般的にはギザギザの刻みがある面を内側(センサー側)にして使用します。
 
【質問】 PMMAとはどのような樹脂ですか?
【回答】 軽量で強靭な透明度の高いアクリル樹脂です。水族館などの水槽でも使われていて、光学特性と強度に優れています。
 
【質問】 フィールドアングルの44度は何を意味しているのですか?
【回答】 参考資料(PDF)にある配光曲線(Light Distribution Curve)グラフの縦軸(相対強度)で、10%となる角度(横軸)です。
P−06719のフィールドアングルは光軸を中心として±22度のところで10%になり、マイナスからプラスまでの角度は44度となります。
 
【質問】 東芝製2SA1015と互換性はありますか?
【回答】 UNISONIC社の半導体仕様書には、 東芝製2SA1015との互換性についての記載がありません。 従いまして、互換に関する電気的特性等は、 お客様ご自身で双方の技術仕様書を比較いただき、ご判断ください。 また、大量に使用する際には、 試作・実証実験によって安定動作をご確認ください。
 
【質問】 色度コードの読み方が分かりません。
【回答】 参考資料の「本製品のデータシート(PDF)」の2ページ目にあるグラフを御覧ください。
色度のCCx,CCyグラフに記載された数英二桁のコードが該当する色度範囲です。
たとえば、[OD]は、[CCx-CCy:0.2984-0.3133;0.3048-0.3207;0.3068-0.3133;0.3009-0.3042]の四点で囲まれた四角形となります。[OD]で表示された製品はこの範囲内にあります。この白色の色温度は約7200K近傍です。
 
【質問】 長時間回転させるとモーターが発熱します。異常ですか?
【回答】 異常ではありません。3Vで連続駆動すると振動モーターは発熱します。3V駆動時のモーター消費電流は300mW(0.3W)となります。高温になるとマグネットの磁力が弱まり回転数が落ちます。周囲温度にもよりますが、3Vでの連続駆動は5〜10分程度とお考えください。なお、2V駆動では発熱が少なく連続駆動が可能です。
 
【質問】 LA3R5-480AH1、LA3R5-480DB1、LA3R5-480DEは同じような振動モータに見えますが、違いは何ですか?
【回答】 @LA3R5-480AH1[P-06744]、ALA3R5-480DB1[P-06745]、BLA3R5-480DE[P-06746]の違いは、分銅(バラスト)の大きさです。@>A>Bの順です。数値的には@長さ5.0ミリ、重さ0.50グラム、A3.0ミリ、重さ0.3グラム、2.6ミリ、重さ0.2グラムとなります。バラストを駆動しているモーターは同一で、シャフト長がバラストのサイズに合わせてあり、長短の差があります。モーター本体の重量は、約0.3グラムです。
動作の違いとしては、バラストが軽いものは高速で回転し、始動時のレスポンス時間が短く、また振動周期も短くなります。その反面、バラストが重いものは慣性モメントが大きく、いったん回転を始めるとパワフルな振動源となります。起動時の消費電力は重いバラストの方が大きくなりますが、回転中の実測値の差異は誤差範囲程度のものです。
 
【質問】 商品パックの台紙に印刷されているアルファベットを逆さまにしたようなマークは、何を意味しているのですか?
【回答】 下の図のマークですね。

これはアメリカ合衆国の試験・認証機関"UL(Underwriters Laboratories Inc.)"のロゴマークのひとつです。ULは1894年に火災保険会社の組合によって設立された非営利機関です。上のロゴマークはULの"Component Recognition"の認証を取得した部品材料に表示することができます。
詳しくは、http://www.ul.com/ (日本語もあります)をご参照ください。
 
【質問】 PWM波形出力(パルス幅=距離値)が正常に出ません。
【回答】 DFROBOT社のウェブサイト上にある、The sketch for PWM passive control modeで掲載されているArduinoのスケッチ(プログラム)をArduino1.0.4にて コンパイルし、書き込みを行ったところ、PWMピンより距離に応じたパルス幅の波 形を得ることができました。
ピンの接続はスケッチ上のコメントにある、
Pin 1 VCC (URM V3.2) -> VCC (Arduino)
Pin 2 GND (URM V3.2) -> GND (Arduino)
Pin 4 PWM (URM V3.2) -> Pin 3 (Arduino)
Pin 6 COMP/TRIG (URM V3.2) -> Pin 5 (Arduino)
に加えて、設定に必要なTXDおよびRXDの2本、
Pin 8 RXD (URM V3.2) -> Pin 1 (Arduino)
Pin 9 TXD (URM V3.2) -> Pin 0 (Arduino)
を接続する必要があります。
一度設定を完了すると、内蔵EEPROMに設定値が書き込まれるので、PWM波形出力 のみ必要であれば次回からは下記2本の接続は不要です。

スケッチ(プログラム)の掲載ページ
http://www.dfrobot.com/wiki/index.php/URM37_V3.2_Ultrasonic_Sensor_%28SKU:SEN0001%29#Introduction
 
【質問】 MP LABでPICkitを選択できません、PCからは認識されています
【回答】 PICkit3に対応していないマイコン(ワンタイム品など)を選んでいませんか?
Configure>SelectDeviceで、 たとえば、PIC16F84Aにすると選択できるようになります。


クリックして画像を拡大
 
【質問】 WP20−12IEは、WP20−12やWP22−12に対してどのぐらい長寿命ですか?
【回答】 鉛蓄電池の寿命に関して、サイクルユースでは「充放電回数」、スタンバイユースでは「使用期間(期待寿命)」で示されています(メーカー公称値)。 WP20−12IE[B-02117]のサイクルユース(@50%放電⇒満充電)では750サイクル(回)です。WP22−12[B-00020]やWP20−12[B-00658]の550サイクルに比べて、より多くの充放電が可能です。ただし、100%放電⇒満充電といったディープサイクルの使用条件ではWP22−12やWP20−12が250サイクルとやや優れています。スタンバイユースでの期待寿命はどちらの電池も3〜5年です。
 
【質問】 コネクタの型番を教えてください
【回答】 下記の通りとなります。

JP2:Molexあるいは相当品
(Molex:Wafer (53398) / Housing (51021) / Crimp (50058-8000)

JP1:JSTあるいは相当品
(JST:Vafer (BM05B-SRSS) / Housing (SHR-05V-S-B) / Contact (SSH-003T-P0.2)

 
【質問】 従来品との判別方法
【回答】 溝の形が異なっています、長さの違いで判別できます。


 
【質問】 電圧測定と抵抗測定レンジで表示がゼロのまま変化しないのですが、故障ですか?
【回答】 テスターリードを使用する測定では次の点をご確認ください。
・テスターリードの端子は、本体の測定端子(受け側)の奥までしっかりと挿し込んでください。
・テスターリードが断線していないか、他のテスターなどでご確認ください。

 
【質問】 このアクチュエータの振動数は何rpmですか?
【回答】 回転振動体と直線振動体を同列には比較できませんが、振動モータの1回転を1振動とすると、このリニアアクチュエータの共振周波数((f):1秒間の振動数)を60倍すると等価的な回転数とみなすことができます。
(f)が150Hzの場合には、9000振動/分(9000rpm相当)です。
 
【質問】 導通ブザーが鳴りません
【回答】 左から三つ目のレンジ(ダイオードとブザーのマーク)に合わせてから、FUNCボタンを押します。 COM端子とINPUT端子を短絡させるとブザーが鳴ることを確認できます。


 
【質問】 直流電圧測定で何もつながないと0Vにならない。
【回答】 テスターリードの「+」と「−」をつないで0になれば正常です。 構造上避けることができません。
 
【質問】 Basic Stamp Windows Editor
【回答】 Setup-Stamp-Editor-v2.5.3.zip(約18MB)

そのほかのダウンロードや最新情報はParallax社サイトをご覧ください。
http://www.parallax.com/

 
【質問】 ハード回路は変更していないのにエラーが出ました。  Target Device ID (00000000) does not match expected Device ID (00000560). というエラーメッセージが表示されました。
【回答】 PICマイコン(ターゲット)に電源が供給されていないことが原因の場合、下記で解決することがあります。

●MPLABとPICkit3との接続を成功させます。
Output画面で「PICkit 3 Connected」の表示が出ればOKです。
●Configure > Select Deviceにて
出てきた画面にて、適切なマイコンを選択します。
●Programmer > Settings > Power
出てきた画面の、Power target circuit from PICkit3
にチェックを入れます、スライダーを動かして
選択したマイコンに適合する電圧に設定してOKをクリックします。

 
【質問】 発振する
【回答】 ●C4またはC6の容量を上げてみてください。
 C4:1000pF⇒0.1μF〜1μF
 C6:10μF⇒47〜100μF
●電流をある程度流すと止まることがあります。
 
【質問】 電池ケースが組み立て参考資料とは違うものが入っていました。どのように取り付ければいいですか。
【回答】 電池ケース(5本用)は、下の写真を参考に取付けてください。二個の皿ネジを使用します。

 
【質問】 サンプル・プログラムはありませんか?
【回答】 下記Parallax社のチュートリアルをご紹介します。
http://learn.parallax.com/KickStart/29133
 
【質問】 ひとつのコイルを駆動するだけで、どうして振動するのですか?
【回答】 分解写真(左の下側中央)をもとに説明します。
@写真(上)がケースを開けたところです。 縦に配列されたシャフトとスプリングに内部振動体(重り)が支えられています。 振動体は長手方向の上下に動きます。
A内部振動体をさらに分解したのが写真(下)です。 オレンジ色の楕円形がボイスコイルです。 右にあるのが強力マグネット(主な重り)です。 N極とS極がコイルに対置しています。 ボイスコイルに電流が流れると磁力が発生しマグネットに作動力を与えます。 電流のオン/オフによって引き寄せ/反発運動が交互に繰り返され、 固有の共振周期(周波数)で大きな振動力が発生します。 スプリングはマグネットの動作雑音を減少させ(静音)、 さらにスムーズな反復運動を支えています。 また、共振周期を決める要素の一つです。
 
【質問】 サンプル・プログラムはありませんか?
【回答】 下記Parallax社のチュートリアルをご紹介します。
http://learn.parallax.com/KickStart/27801
 
【質問】 サンプル・プログラムはありませんか?
【回答】 下記Parallax社のチュートリアルをご紹介します。
http://learn.parallax.com/KickStart/27800
 
【質問】 付属の白色LEDを青色のOSUB5111Aに交換しても大丈夫ですか?
【回答】 問題ありません。そのまま交換しても点灯いたします。


 
【質問】 どのような回路にしたら振動させることができますか?
【回答】 駆動回路例を下図で紹介します。ご参考になれば幸いです。

画像の拡大

PDFファイル

 
【質問】 2台以上使う時の電源について
【回答】 2台以上を同時に使用する場合(例、電圧と電流を表示する、等)では、 測定する場所の基準電位が異なりますので、電源を共有せずに別々にしてください。

クリックして画像を拡大

 
【質問】 参考サイトはありますか?
【回答】 下記のサポートサイトがございます。
・NXP日本語サイト
http://www.nxp-lpc.com/lpc_boards/lpc-link2/
 
【質問】 参考サイトはありますか?
【回答】 下記のサポートサイトがございます。
・NXP日本語サイト
http://www.nxp-lpc.com/lpc_boards/others/aoa.html
 
【質問】 windows8/8.1/10でどうしても使いたいです、何とかなりませんか?
【回答】  USBシリアル変換ケーブルに使用しているPL2303Xは、 サポートが終了(EOL)しており windows8/8.1/10に対応しておりません。 ただし動作保証外ですが、v1.5.0以前のドライバーソフトで 動作する場合があります。
 windows8/8.1/10ではドライバーソフトを オンラインで最新ドライバーを検索して 自動的にインストールします。その後、手作業で ドライバーソフトを古いバージョンに入れ替えます。
 最新のドライバーソフトは動作しませんが削除しないでください。 削除すると何かの拍子で新しいドライバーに更新されてしまい 動作しなくなります。古いバージョンに入れ替えると動作します。 ドライバーソフトの入れ替えはデバイスマネージャーを 扱える知識が必要です。
 弊社では他にもFTDI製のチップを使用した製品もございますので、 そちらもご検討いただけましたら幸いでございます。

 
【質問】 Picotechnology社サイト
【回答】 最新版のソフトウエアをダウンロードできます。Picoscope6はデモソフト(体験版)としても動作いたしますので、 ご購入前に使用感をご確認いただけます。
・トップページ http://www.picotech.com/
・ソフトウエアダウンロード http://www.picotech.com/download.html

 
【質問】 説明書に記載の液晶の型番について
【回答】 商品に付属している説明書の一部に、 液晶モジュールの型番を「LC027B4DH01」と記載している箇所がありますが、 正しくは「LS027B4DH01」です。
こちらの液晶モジュールの単品販売は P-04944 になります。
 
【質問】 トライステート社製品のお問合せ先
【回答】 有限会社トライステート
・住所
〒053-0852 北海道苫小牧市北光町4丁目11-18篠永ビル1F
TEL 0144-73-8124
FAX 0144-73-8194
・営業時間:土曜、日曜、祝祭日を除く 9:00〜16:00
・ホームページ https://www.tristate.ne.jp/
 
【質問】 メーカーリンク
【回答】 製品の特長や仕様、使い方など、詳しい説明があります。
https://mono-wireless.com/jp/products/index.html
 
【質問】 組み立てて電池を入れるだけでLCDに何か表示されますか。
【回答】 本キットに搭載されているマイコンは、未プログラム状態ですのでそのままでは動作しません。
PICkit3などの書き込み機を使用してプログラムを書き込んで初めて動作します。

動作確認用の簡単なプログラムを作成しました。
http://akizukidenshi.com/download/faq/k6875-sample-prg1.zip
 
【質問】 LCDを基板に固定する良い方法はありますか。
【回答】 LCD取り付け面に面実装部品が実装されているため、そのままではうまく固定できません。
LCDの梱包に使用されている灰色のスポンジを加工し、LCDと基板の間に挟み、両面に両面テープなどを貼り付け、固定すると良いでしょう。
(スポンジは、マイコン、水晶振動子、USBコネクタに当たる部分を切り抜きます)
 
【質問】 λp(ピーク波長)とλd(ドミナント波長)の違いとは何ですか。
【回答】 λp(ピーク波長…peak wavelength)は、LEDの発光強度が最大となる波長で、λd(ドミナント波長…dominant wavelength)とは、人間の目で感じる単波長を表します。
これは、人間の目の光に対する感度に波長依存性があるためです(ピーク波長と実際に人間が感じる色の波長が異なる)。
 
【質問】 電池を交換したいのですが、どのようにすればいいですか?
【回答】 簡単には交換できない構造になっています。
電池を交換するにはホルダーからユニット外します。白いバーコードのシールをはがすと電池ケースのふた(半透明)が見えます。これを外すと電池を交換することができます。 なお、すばやく交換しないと無意味な表示パターンに変化してしまいます。
 
【質問】 パソコンから認識しません。
【回答】 次のことをご確認ください。

[1] USBケーブルのプラグが正しく挿し込まれていますか?
  奥まで挿し込まれているか今一度ご確認ください。

[2] USBケーブルは断線などしていませんか?
  ご使用中のUSBケーブルが、他の機器で使用できるかご確認ください。

[3] ドライバは適切に組み込まれていますか?
  多くの場合は自動で組み込まれますが、環境に因っては手動で導入する必要がございます。
 
【質問】 専用基板のICソケットにはPIC16F887がのっていますが、マニュアルではPIC16F877になっています。機能に差はありますか?
【回答】 本キットの開発、発売初期にはPIC16F877を使用していました。その後のロットで、PIC16F887に変更になりました。
マニュアルでご説明している機能と同し動作になるようにプログラミングされていますので、PIC16F877版とPIC16F887版に差異はございません。
 
【質問】 シンガトロン製大容量DCジャック
【回答】 日本では、トランジスタラジオのAC電源と、電池の切換用としてDCジャックがつくられてきました。2DC-G213-D42ではノートパソコン用として 中国で開発されてきました。金属加工が施されて大変精密に作られています。流せる電流も最大10A(2DC-G213-B66は7A)と超大容量になっております。
 
【質問】 Android端末につなぎましたが認識しません
【回答】 下記をご確認ください。
リンクをクリックするとマイクロチップ社サイトへジャンプします。
動作確認済みAndroid端末リスト
開発ツールの日本語版FAQページ
(ADKのFW入手方法、動作しない場合の対応について書かれています。)
Android Deveropment Kitに関するFAQページ
ADKのフレームワークについてのマニュアル

 
【質問】 コードをねじ止めしたいのですが、参考資料にあるオプションのトルクスネジはありますか?
【回答】 現在、ネジの取り扱はありません。参考資料の図面ではM4となってるので4ミリのネジをご利用ください。
 
【質問】 商品説明では許容電流が70Aとなっていますが、PDF参考資料では200Aとなっています。どうしてですか?
【回答】 最新のメーカーページでは70Aと表記されているので、これに準拠しました。
参考URL:
http://www.wbt.de/english/products/a/Detailansicht/Artikel/midline-pole-terminal-1.html
 
【質問】 クリップからケーブルを取り外す方法を教えてください。
【回答】 クリップのボディとコードの根元をしっかりと持って、ゆっくりと両者を引き離してください(下の写真をご参照ください)。取り付ける場合には、その逆を慎重におこなってください。とても精密な構造になっているので、不必要な脱着はお避けください。

クリックして画像を拡大

 
【質問】 詳しいマニュアルはありますか?
【回答】 Gadget Factory社のWebページをご参照ください。

Papilio Pro 機能説明:
http://papilio.gadgetfactory.net/index.php?n=Papilio.PapilioPro

クイックスタートガイド:
http://papilio.gadgetfactory.net/index.php?n=Papilio.GettingStarted

ラーニングガイド:
http://papilio.gadgetfactory.net/index.php?n=Papilio.Learning

 
【質問】 詳しいマニュアルはありますか?
【回答】 Gadget Factory社のWebページをご参照ください。

Papilio One 機能説明:
http://papilio.gadgetfactory.net/index.php?n=Papilio.PapilioOne

クイックスタートガイド:
http://papilio.gadgetfactory.net/index.php?n=Papilio.GettingStarted

ラーニングガイド:
http://papilio.gadgetfactory.net/index.php?n=Papilio.Learning

 
【質問】 基板中央の長穴は何ですか。
【回答】 底面に放熱パッドを有するIC類(以下、IC)のハンダ付け時に使用します。
この穴に基板裏面よりハンダを流し込む事で、ICの放熱パッドをハンダ付けすることができます。
若干のコツが必要ですが、ICのリードを先にハンダ付けし、最後に底面パッドをハンダ付けすると作業性が良いでしょう。

基板裏面長穴の上下にあるパッドは、長穴と電気的に接続されています。
底面パッドを他のピンに接続する際にご利用ください。
 
【質問】 ipEditダウンロード
【回答】 ipEdit_1.2.6.7.zip
 
【質問】 各種ファイル入手先(TSKY社製品情報ページ)
【回答】 http://www.tsky.com.tw/logger-logger.html

 
【質問】 メーカーサイト
【回答】 ソフトウエア等がダウンロードできます。
http://www.canmore.com.tw/

 
【質問】 地図ソフトとの連携に関する検証結果
【回答】 ・GoogleEarth:通信できました。
・カシミール:通信できました。
・スーパーマップルデジタル10DL:使用できませんでした。
・スーパーマップルデジタル14DL(体験版):使用できませんでした。
 何回かデータを受信後、GPSとの通信が途絶えてしまいます
・ゼンリン電子地図帳Zi15(体験版):地図上で現在位置を表示しますが、GPSモニターの表示がついたり消えたりします。
・その他:未確認

○検証環境
・PC:CF−S10DENDP
・OS:Windows7 64bit
・オプション:GPSモジュール専用USBシリアル変換ケーブル(C-02712)使用
・COMポートをCOM1に設定
・通信速度:4800bps

 
【質問】 セットに付属している茶色の物体は何ですか?
【回答】 デバッガについてはまさに開発したアプリケーションのデバッグを行うものでProgrammable XBee上でのコードのデバッグを可能とするものです。
 
【質問】 耐電圧とはどのような規格ですか?
【回答】 強化絶縁機器に適用される安全規格(UL、CSA、VDE等)です。本製品(P-02153およびP-02154)は、欧州のCLASSU該当機器に1個使いが可能です。詳しくは、資料PDFをご参照ください。なお、コンデンサの両極に印加できる電圧はAC250Vまでです。
◆参考資料:データシート
 
【質問】 この温湿度センサーはメーカー純正品ですか?
【回答】 はい、Aosong社から秋月電子通商が直接仕入れています。
メーカーの商品紹介ページ(中文)をご参照ください。
http://www.aosong.com/cn/products/details.asp?id=109
 
【質問】 日本国外での使用
【回答】 IEEE802.15.4無線モジュール TWE-Liteは海外の各国で使用可能な2.4GHz帯を使用しておりますが、日本国外でご使用になる場合はご使用になる国の電波法の認証が必要です。使用可能国についてはお問い合わせ下さい。
お問合せ先
http://mono-wireless.com/jp/contact/index.html#tech
IEEE802.15.4無線モジュール TWE-Liteを日本国外に輸出する際は外国為替及び外国貿易法及び関連法令(外為法等)に基づき該非判定を行う必要があります。 該非判定書をご希望の場合はお問い合わせ下さい。
お問合せ先
http://mono-wireless.com/jp/contact/index.html

 
【質問】 点滅動画
【回答】 L-517GD-F_blinking.wmv(745KB)
L-517GD-F_blinking.mp4(740KB)
 
【質問】 点滅動画
【回答】 L-517AD-F_blinking.wmv(511KB)
L-517AD-F_blinking.mp4(735KB)
 
【質問】 点灯動画
【回答】 OSBWDS5A32A_blinking.wmv
OSBWDS5A32A_blinking.mp4
 
【質問】 ゼロガウスのとき、なぜ2.5Vの出力なのですか?
【回答】 単一電源でアナログ出力するため、電源電圧の1/2の電圧(2.5V)をゼロガウスの基準電位として、その差分の電位を磁束密度として表現しています。
出力はセンサを通過する磁力線(磁界)の方向によって、プラス/マイナスの電位差として現れます。本センサのパッケージ刻印面に対して永久磁石のS極を正対させるとプラス(加算)の電位に、N極を正対させるとマイナス(減算)の電位になります。
たとえば、センサの出力電圧測定値が3.25Vだったとします。3.25V-2.5V=0.75Vとなり、磁束密度は750mV/5mV=150(ガウス)となります。
次に電圧測定値が1.65Vだったとします。1.65V-2.5V=-0.85Vとなり、磁束密度は-850mV/5mV=-170(ガウス)となります。マイナス符号は磁力線の逆方向性を示し、磁束密度の値は絶対値をとります。

 
【質問】 入力電源について
【回答】 このキットは別途に入力電源(電池、太陽電池、スイッチング電源等)、ケース等が必要です。
 ・出力5V以下の場合…AC8V以上の入力電源
 ・出力12V以下の場合…AC15V以上の入力電源
 ・出力20V以下の場合…AC24Vの入力電源が必要です。
※少ない電流、たとえば1Aとれれば良い場合は1Aの入力電源でかまいません。
※説明書はLM338TキットLM350Tキット共通で、基板は同じです。
※以前はダイオードブリッジを付属していましたが、こちらは期間限定で終了しました。
※部品の調達の都合で写真と部品の定数や色、外観が異なるもの付属する場合があります。

 
【質問】 入力電源について
【回答】 このキットは入力電源(供給電源、電源)、放熱器、ケース等が必要です。 入力電圧は出力したい最高電圧よりも3V以上高いものが必要です。
たとえば
 ・1.2V〜5Vの安定化電源を作りたい場合、入力8V以上加える必要があります。
 ・1.2V〜9Vの安定化電源を作りたい場合、入力12V以上加える必要があります。

※説明書はLM338TキットLM350Tキット共通です。搭載しているIC(LM350か、LM338か)のみが異なります。
※付属放熱器を使用する際は、同梱の熱伝導用ラバーシート(P-02687)を用いて、ICと放熱器を絶縁してください。
※以前はダイオードブリッジを付属していましたが、こちらは期間限定で終了しました。ロットにより説明書に記載がありますが付属いたしておりません。
※部品の調達の都合で写真と部品が異なる互換品が付属する場合があります。
 
【質問】 温度センサーの動作確認方法
【回答】 ・テスター本体の動作確認
 温度センサーを接続しない状態で、温度測定レンジにセットします。このとき、ロー・バッテリー表示が出ていないことを確認してください。
 テスター周囲の温度と同様な温度が表示されれば正常です。テスター内部の温度を測定していますから、周囲温度と大きく違う場合(±10℃以上)には、テスターをしばらく周囲温度になじませてください。
 
・温度センサーの確認
 センサー先端の接合部分(クロメル線とアルメル線が溶着されている丸い部分)が、損傷を受けていないかルーペ等で確認してください。著しく変形している場合には、交換が必要です。また、油煙等のタール状の異物がセンサー先端に付着していたり、線材の中に侵入している場合には、アルコールなどで除去してください。

 ・上記二点の確認が終わったら、センサをテスターにセットしてください。赤いプラグを「INPUT」、黒い線を「COM」にセットします。まず抵抗測定レンジにてセンサーの抵抗を測ってください。センサー先端温度25℃程度とき、12Ω±3Ωの測定値が表示されれば正常です。
次にセンサー先端部分を薄いポリエチレン製の袋に入れて(簡易的な防水)、沸騰している熱湯の中に入れてください。センサ先端の温度が安定するまで30秒ぐらい待ち、100℃程度の温度が表示されれば正常です。
 
【質問】 関連リンク
【回答】 メーカサイト(http://www.picaxe.com)
メーカ製品ページ
 
【質問】 商品の仕様が分かる資料はありますか?
【回答】 メーカーサイトのデータをご覧下さい。

マイクロチップ社の商品ページ
RN-42-EK
 
【質問】 対応する基板の厚さは、厳密に守らないとダメですか?
【回答】 対応基板厚みはリードフレームの設計基準値で、実際の製品には多少の自由度(許容度)があります。
たとえば、PK2.54-1.4-11-SNの場合、対応基板厚みは1.6ミリですが、クリップ開口部は2.1ミリ、スプリング最狭部は1.4ミリとなっています。
クリップ可能範囲は2.1〜1.4ミリとなり、この範囲内の厚みを許容することができます。
しかしながら、対応基板厚みを超える厚い基板を何度もクリップすると、良好なばね性がそこなわれることがあるので、ご注意ください。
 
【質問】 秋月電子通商で販売している変換基板(P-05154、P-06016)が使用可能に思いますが、如何でしょうか?
【回答】 FET裏面のサーマルパッドがショート(短絡)するため、使えません。

 
【質問】 mbedを使用するための資料はありますか?
【回答】 下記のURLをご参照ください。(外部リンクとなります)
・mbed NXP LPC800 MAX Getting Started
  http://mbed.org/handbook/mbed-NXP-LPC800-MAX-Getting-Started

また、その他の技術情報については下記URLもご参照ください。
・Technical Reference (Arduino互換レセプタクル)
  http://mbed.org/handbook/mbed-NXP-LPC800-MAX

・LPC800-MAX board
  http://www.lpcware.com/lpc800-max
 
【質問】 最大出力電流は何アンペアですか?
【回答】 シリース型レギュレータですから、入出力電圧差と出力電流、放熱条件によって変化します。
メーカーのデータによりますと、電気的特性における測定条件として1.0Aが記載されています(PDF資料7ページ)。また、短絡電流:半導体接合部温度グラフでは、半導体接合部温度50℃時に約1.75Aとなっています。電力:ケース温度グラフ(SOT-223)では、50℃時に約5Wとなっています。(PDF資料16ページ)
これらの条件と、パッケージ実装後の条件から、最大消費電力と電流が決定されます。
SOT-223の半導体接合部からケースへの熱抵抗は15℃/Wです。ケース(サーマルパッドフィン:Vout)から基板銅箔・基板に至るサーマルパスは、実装条件によります。
一例として、最大消費電を3Wまで許容される設計の基板に実装したとして、入出力電圧差が3Vのとき、1Aの電流を供給することができます。
商品ページの説明では、安全係数をおりこんで800mAとご案内しています。
なお、サーマルシャットダウン回路が内蔵されていますから、接合部温度が150℃以上を超える条件で運用すると、予期せぬ電源断が発生するおそれがあります。125℃以下になると回復しますが、ある程度の時間を要します。
 
【質問】 電池のセットの仕方を教えてください。
【回答】 下の写真のように、電池ケース樹脂部の二カ所のツメ(A、B)にひっかけるようにして電池をセットします。

 
【質問】 この基板に表裏はありますか? また、どのような配線になっているのですか?
【回答】 どの面を表にするかはご自由に決めてください。
一例として[ AE-B3 またはAE-C3 ]の表示がある方を「表(部品配置面)」として説明いたします。
基板を縦長に見たとき、黄色と白色のラインが交互に水平に並んでいます。各ラインは小スルホール(0.6ミリ)・小ランド(1.2ミリ)をつなぐように配線されています。銅箔パターンはシルク印刷の下にあります。パーツ用のスルホール(1.0ミリ)は、普通のユニバーサル基板とおなじように各ランドが独立しています。
[ 電源バスの色を決めます ]
例として、電源プラスライン(Vcc)を黄色、グランド(GND)ラインを白色と決めます。

裏は基板を縦長に見たとき、黄色と白色の各バスラインが交互に垂直に並んでいます。各色のバスラインは小スルホールで同色のラインと表面でつながっています。このようにして表と裏のバスラインは、基板表裏で格子配列になっています。

 
【質問】 この基板はどのようにして使うのですか?
【回答】 パワーグリッド・ユニバーサル基板の電源ラインへの接続は「はんだブリッジ」によっておこないます。 具体的には下の写真をご参照ください。

<拡大画像> (別ページが開きます)

この写真では、8pinDIPのICを例にしています。8番ピンがVccで、4番ピンがGNDとします。パワーグリッド・ユニバーサル基板の黄色ラインをVcc、白色ラインをGNDとします。
8番ピンを直近の黄色ラインの小ランド(または、小スルーホール)に「はんだブリッジ」によって接続します。同様に4番ピンは白色ラインの側に接続します。
2か所のはんだブリッジだけで、この8pinDIP・ICの電源配線は完了です。

 
【質問】 CdSはどれですか?
【回答】 下記の部品になります。

クリックして画像を拡大
部品の調達の都合でデザインやメーカーが変わることがあります。
 
【質問】 アプリケーションソフトウエア
【回答】 ★アプリケーションソフト
USB_Power_8870.zip

★USBドライバー
USB_Net_Power_8800Pro_Driver.zip

★メーカーサイトでダウンロードすると中国語のアーカイバーが起動してわかりにくいので、当社で一度解凍して再度ZIP形式に圧縮したものをアップしてあります。

 
【質問】 ダイオードチェックの所でLEDをつないでみたのですが、LEDが光りません。
【回答】 ダイオードチェックは、0.6V程度の一般 の整流用とスイッチング用のダイオードに対応していますが、 この機種はLEDのチェックには対応しておりません。
 
【質問】 矩形波(方形波)のデューティ比の設定方法
【回答】 ★電源を入れます。
★「WF」キーを押して方形波が出るように選択します。
SINE、SQR、TRI、RMP+、RMP-、STR+、STR-、USERの順で繰り返します。
★「.」(小数点)キーを2回押します。
★希望するデューティ比をテンキーで入力して、「KHz/mV/mS」キーを押します。
★「ESC」キーを押します。

 
【質問】 帯域制限機能がありません。
【回答】 付属の紙マニュアルは上位機種と共通のマニュアルのため帯域制限機能についての記述がありますがSDS6062は帯域制限はありません。
 
【質問】 音が出ません。
【回答】 下記をご確認ください。
・メロディICとトランジスタを逆に取り付けている。
・圧電スピーカーをダイナミックスピーカーの端子に取り付けている、あるいはその逆。
・(太陽電池の場合)電力不足。ダイナミックスヒーカーの場合、消費電流が多いです。
部品配置参考資料

 
【質問】 Flash Magicって何ですか?どこで入手できますか?いくらかかりますか?
【回答】 Flash Magicは、NXPホームページ内のアプリケーションノート「AN11248」内の「AN11248V1.pdf」で紹介されています。「AN11248V1.pdf」の14ページにダウンロード先のアドレスがあります。(「AN11248」自体は別のCPUの説明です。また付属の他のファイルはLPC810では使えません)
 
【質問】 ドームの開け方を教えてください。
【回答】 商品の箱に同梱されている鍵状のオープナーを使用します。
カメラドームのロゴの背面側にある切り欠きにオープナーを挿し込んで(下の写真をご参照ください)、左右に軽くこじるようにしてください。

 
【質問】 OSDの操作方法を教えてください。
【回答】 OSD設定はドームを開けておこないます。カメラモジュールの背面に、設定用のスイッチボードがあります(下の写真をご参照ください)。
UP、DOWN、LEFT、RIGHTのほかにENTER(プッシュボタン)の機能があります。

ENTERを押すとモニター画面に設定用のメニューが表示されます。 各種の設定は、OSD操作マニュアルをご参照ください。
※映像信号出力と電源入力以外には、外部制御入出力信号の機能はありません。
 
【質問】 K-00171とK-00172の違いを教えてください。
【回答】 K-00171はK-00172に付属しているUSB開発ボード(完成品)のみを単品販売している商品です。
・K-00171…USB開発ボード(完成品)のみ
・K-00172…USB開発ボード(完成品)+AKI-H8マイコンボード、液晶、ソフト他

 
【質問】 ESRの測定範囲について
【回答】 ESR(Equivalent Series Resistance:等価直列抵抗)のみの測定は、 抵抗交流測定(Resistance)のSeries modeでおこないます。 メイン表示での測定は"Rs"モードにて、4+1/2桁表示になります。 静電容量測定"Cs"またはインダクタンス測定”Ls”モードで測定値を表示させながらESRを表示させる サブ液晶表示では3+1/2桁表示になります。

測定範囲は、測定周波数によって異なります。 こちらのPDFを参照してください。2枚目上段の赤枠で囲んだ部分です。
なおサブ表示での精度は次式です。
ESR accuracy :  Re= ± ZM * Ae (Ω)

PDF2枚目下段の赤枠で囲んだ部分です。

 
【質問】 片方の面のシルク印刷が見づらいのですが、どうしてですか?
【回答】 電源ラインのシルク印刷が「見やすい」/「見づらい」の差は、両面はんだメッキ(はんだレベラー)工程上の制約によります。
具体的には、はんだ槽から基板を引き出したのちブロアーで空気を吹き付けながら余分なはんだを除去するため、空気を吹き付けた反対面にはんだが多く残ります。また、空気が通り抜けるスルーホールの穴を中心にややドーム状になるため、基板全体として光線が乱反射しやすい傾向になります。
空気を吹き付けた面は、ほぼ平坦なはんだメッキとなるため乱反射が起こりにくく、結果としてシルク印刷が見やすくなります。空気の吹き付ける面は、基板品名[AE-B3またはAE-C3]のマークがある面です(製造ロットによって、逆面になる場合がありますので、あらかじめご了承ください)。
 
【質問】 windows8、8.1での動作について
【回答】 基本的にはwindows 7以下でのご使用を推奨いたします。

ただし、明確な動作保証をすることはできませんが、
実証実験で下記PCで動作いたしました。
(インストール時の選択項目の変更は無し)

◎例1
PC:Panasonic CF-SX2MENBP
OS:windows8 Pro 64bit

◎例2
PC:Panasonic CF-S8HYEADR
OS:windows8.1 64bit(windows7 64bitよりアップグレード)

◎主な機能の検証
 リアルタイム画像の表示(640x480、1280x1024、1600x1200)
 静止画像スクリーンショット(640x480、1600x1200)
 キャプチャ後の動画ファイル(AVI)をwindowsメディアプレーヤで閲覧する(640x480)

※例1と異なった点
取り込み済みの動画をサムネイルで表示する部分が
真っ白のサムネイルになっている。例1では動画の一部が表示されている。

お問い合わせを頂いた時点で行った簡易的な検証でございますので、
未確認事項や見落としが当然ございます、windows7でのご使用を前提の上で
ご検討いただけましたら幸いでございます。
よろしくお願いいたします。


 
【質問】 付属の温度センサー(K型熱電対)のコネクタサイズ
【回答】 原則として現品合わせでお願いいたします、参考として写真を掲載いたしました(2013.12.4現在の物)。予告なく付属品の仕様が変わることがありますのでご注意ください。

クリックして画像を拡大(解像度1278x958)


クリックして画像を拡大(解像度1302x977)
 
【質問】 製作手順
【回答】 Lint Spriteサイト
 
【質問】 解説(Link Spriteサイト)
【回答】 解説(Link Spirteサイト)
 
【質問】 JANコード13桁で、先頭の0が省略されてしまいます。
【回答】 EAN−13/JAN−13の先頭桁を”0”(ゼロ)にすると、
バーコードリーダーはEAN−13/JAN−13ではなく
アメリカの流通コードUPC−A(12桁のバーコード)
として識別します(デフォルト設定)。

これを回避するためには、
”UPC−A Convert to EAN−13”をイネーブルにします。

まず商品に添付されている”バーコードプログラミングマニュアル”を
ご用意ください。
(商品ページにPDFファイルもございます。)

具体的には、32ページの”Group 16−2: UPC−A”を御覧ください。
”ENTER GROUP”⇒”UPC−A Convert to EAN−13”⇒”EXIT”の順に
バーコードをスキャンしてください。

参考資料(PDF)
 
【質問】 pHについて
【回答】 pHは、水溶液の酸性、塩基(アルカリ)性の度合いを示す指標です。水(純水)のpHは中性でpH7です。この値よりも小さいと酸性、大きければ塩基(アルカリ)性となります。本PHメータは、このpHをガラス電極法と呼ばれる方法を用いて測定します。
 
【質問】 ズームとピントの合わせ方が分かりません。
【回答】 調整レバーはカメラ底面にあります(下の写真をご参照ください)。ふたがネジで固定されているのでゆるめてください。画角(ズーム)を調整してから、ピントを合わせてください。画角を変えたらピントも調整してください。

クリックして画像を拡大

 
【質問】 12Vで何個まで並列で点灯させることができますか?また抵抗値を教えてください。
【回答】 並列ではなく、直列の場合のお問い合わせかと存じますので直列の場合でお答えいたします。
直列の場合は、3個までです。抵抗は、すべて1/2Wタイプです  1/4Wタイプや1/8Wタイプでは抵抗の発熱が大きいため、 焼損する可能性がございます。
●1個
R 470Ω
G 560Ω
B 1.2KΩ
●2個
R 330Ω
G 430Ω
B 820Ω
●3個
R 270Ω
G 240Ω
B 560Ω

 
【質問】 OSDはどうしたら画面に出ますか?
【回答】 OSDコントローラは、電源・映像ケーブルと一体になっています(下の写真をご参照ください)。OSDを表示させるには、まずコントローラのスイッチ(スティック)をまっすぐ押下してください。
 
【質問】 ICR機能とはどのようなものですか?
【回答】 ICR(R ut Filter emovable)とは、デイモード撮影時に色再現性を向上させるための光学的な機能です。
IRカメラでカラー(デイモード)撮影をする場合、可視光線+赤外光線の映像となり色の再現性が低下することがあります。これを改善するためにカラー撮影時に赤外線をカットするOLPF(フィルタ)に切り替え、余分な赤外線映像を除去するのがICR機能です。モノクロ撮影時には、可視光+赤外光をフラットに透過させるOLPFに切り替え、低照度時でも高い感度を維持しています。
 
【質問】 スイッチの組み立て方を教えてください。
【回答】 プッシュ機構部をパネルに取付けた後で、マイクロスイッチをセットします。
下の写真例を参考に組み込んでください。 なお、マイクロスイッチを取り付けたままでは、ナットをはずすことはできません。
 
【質問】 駆動するLEDは何個でもいいですか?
【回答】 当社で確認したのは白色LED(I-06966)4個〜6個まで確認しました。直列接続したときの合計VFが20.5V以下なら既定の定電流で安全に光らせることができます。 ただし、LEDは適切な放熱をしてください。
データシート(PDF)でご紹介したI-06966(XPGWHT R4)はIF=960mAのとき、VF≒3.1Vになります。これを6個直列にすると合計VFは、約18.6Vとなります。LEDへの供給電力は約18Wとなります。 1個の時には約3Wです。
 
【質問】 windows7での動作にいて
【回答】 動作保証はありませんが、社内でテストした結果、下記のような結果となりました。ソフトウエアは未検証です。

・windows7 32bit版
標準のドライバーで認識しました。
検証PC
 DELL vostro230S
 Panasonic CF-S10DENDP(windows7 32bit版にリカバリーして検証)

・windows7 64bit版
Vimicro社よりドライバーをダウンロードしてインストールしましたが、 ムービーメーカーに画像は映りませんでした。 デバイスマネージャ上では一見正しく動作している様に見えますが、 使用できませんでした。マイクの音声は再生されました。
検証PC
 Panasonic CF-S10DENDP

 
【質問】 何もつながっていないところがあります
【回答】 下記の部分は何もつながっていません。

クリックして拡大

上記のPDF

 
【質問】 ダイオードについて
【回答】 ダイオードは裏のボックスの中に入っています。 開閉は防水用のシールドゴムが挟まっていますのでご注意ください。 将来メーカーの都合により予告なく変更となる場合があります (写真は2014.1.10時点のものです)

クリックして画像を拡大
 
【質問】 ソフトウェアは付属していますか?
【回答】 ソフトウェアは同梱されていませんので、インテル社のサイトからダウンロードしてください。Windows版、MacOSX版、Linux版が用意されています。
インテル Galileo ソフトウェア・パッケージ (日本語ページ)
インテルダウンロードセンターにリンクしています。
なおWindows版は、Windows 7 (32-bit/64-bit)、 Windows 8に対応しています。

 
【質問】 ソフトウエアダウンロード(最終版)
【回答】 ●USB Scope50用ドキュメント・ソフトウエア一式
USBScope50.zip (96.7MB)
●USB Count50用ドキュメント・ソフトウエア一式
USBcount50.zip (35.5MB)
●USB Pulse100用ソフトウエア一式
usbpulse100setup.zip(8.3MB)
 
【質問】 パソコンとつなぐためのシリアルケーブルは、ストレートですか、クロスですか?
【回答】 シリアルケーブルは、ストレートタイプを使用してください。

 
【質問】 ODRを1Hzに設定すると、1秒毎にデータがサンプリングされず、サンプリングの周期が飛ぶことがある。
【回答】 原因
LPS331AP の初期ロットが持つ不具合によるものです。LPS331AP の初期ロットで、Continuous Mode で一定周期で変換を行う設定にすると、変換周期が不安定になる事が原因です。その結果、変換終了を示すDRDY 信号の発生周期が不安定となり、約10%程度の頻度で今回の不具合現象が発生致します。

回避方法
以下のような使い方で不具合を回避することができます。
1.ワンショットモードで任意の周期で変換する。
2.DRDY を使わずに非同期で任意のタイミングでデータを読む。
(この方法は、不具合現象が発生した際に、同じデータを2度読む可能性がありますが、一般的にはそのデータをそのまま使っても問題はありません)
 
【質問】 部品について
【回答】 1.R1は他の抵抗と比べ大きさが半分であるが、大丈夫なのか?何故、他より小さいのか?
●抵抗器は国内外の複数のメーカーから調達しておりますため、 大きさや色合いにバラツキがございます。 ご安心頂きそのままご使用いただきます様お願い申上げます。

2.R2,3,4は赤赤金金(2.2Ω)とあるが、黄紫金金(4.7Ω)。
●仕様が変更になり、2.2Ω(赤赤金金)から4.7Ω(黄紫金金)になりました。 紙の説明書の修正が一部間に合わず2.2Ωの記載の場合がございますが、 ご安心頂きそのままご使用いただきます様お願い申上げます。

3.C3,12は47μF,25Vとあるが47μF,35V(25V以上とは書いていない)
4.C11は22μF,16Vとあるが22μF,50V(16V以上とは書いていない)
●設計の範囲内で動作に問題ございませんので、 ご安心頂きそのままご使用いただきます様お願い申上げます。

基板以外の部品一覧写真(245KB)

 
【質問】 ファームウェアを壊してしまったようなのですが、修復することはできますか?
【回答】 X-CTUがメジャーアップデートされ、現在バージョン6.1.0がリリースされています。 バージョン5の基本機能に加えて、診断と修復機能が大幅に強化されています。 ファームウェアに不具合が生じた場合、診断と修復を試みてください。
Windows x32/x64版とMacOS X版があります。 以下はメーカー(Digi社)サイトへのリンクとなります。
General Diagnostics, Utilities and MIBs
なお、XCTU ver. 5.2.8.6(Windows用)と干渉しないので、バージョン5を削除する必要はありません。

 
【質問】 ワンタイムの意味
【回答】 一度限りプログラムを書き込めて、書き換えができないという意味です。 窓付きのマイコンで書き直し(紫外線消去)をしながら試験を行い、完成したプログラムをワンタイム品に書き込んで量産する、という用途を想定しています。
 
【質問】 商品の取り扱いについての注意事項はありますか?
【回答】 当商品は貼り付けて使用されることを前提としています。
下記の点にご注意頂き上手にご利用、お楽しみ下さい。

・貼付けずに長時間点灯させた場合、高温で本体が波打ち、パターンが剥がれて点灯不良となる恐れがあります。
・当商品は動作時に発熱するので、貼り付け対象は、放熱を助ける物が望まれます。
・特に耐候性は考慮されていませんので、屋内でご使用ください。
・緩い湾曲(カーブ)には対応できますが、強いカーブには対応できません。
・商品が冷えて硬化している場合、無理に変形させると破断の恐れがあります。
 その際、通電して暫くすると発熱により柔らかくなるので曲げ延ばし可能です。
・メーカーで検品を行った為、開封形跡があります。

※発送の際には十分に気を付けておりますが、ご使用前にも関わらず顕著に破断している場合、
 あるいは初めから点灯しない場合等はお取り替えの対象となりますので、
 ご面倒をお掛けして申し訳ありませんが、その旨ご連絡お願い致します。
 
【質問】 24Vで2A出力のスイッチング電源を使用していますが、音楽を聴いていると「ぶつ、ぶつ」と音がととだえるような動作になります。また、青色と赤色のLEDも同じように点いたり消えたりします。ヘッドホンアンプの故障でしょうか?
【回答】 本ヘッドホンアンプの電源入力部には、6800μFの大容量電解コンデンサが入っています。回路に電流を安定して供給するための部品です。電源投入時に、このコンデンサに瞬間的に大きな電流が流れることがあります。
スイッチング電源(ACアダプタ)には、安全のために過電流保護回路が内蔵されています。保護機能の仕様によては、瞬間的に大きな電流が流れると出力電力が遮断されることがあります。このような動作をする電源装置を使用した場合、遮断、復帰、遮断…を繰り返すことになり、音がとだえたり、LEDが点灯、消灯を繰り返したりします。
本ヘッドホンアンプでは、電源トランスタイプの24V(1A以上)安定化電源等の瞬間的な電流負荷にも十分に耐えうる直流電源のご使用をおすすめいたします。
なお、本商品説明で「オススメの電源」として紹介しております24W級スイッチングACアダプター24V1A NT24−1S2410[通販コード:M-00028]につきましては、安定的な動作を確認しております。
 
【質問】 配線が4本出ているのですが、どれがプラス配線に対応しているのですか?
【回答】 バイポーラ(双極)駆動のステッピングモータのコイルには、極性がありません。 各コイルに流れる電流を、位相をずらして反転させることによってステップ駆動します。 直流で駆動した場合には、静止トルクが発生します。

 
【質問】 虚部のマークはなぜjなのですか?
【回答】 数学では、√−1(マイナス1の平方根)を i(小文字のアイ)の記号で示しますが、 電気工学系では電流の記号との混用を防ぐために、j(小文字のジェイ)を用いることがあります。 i j も虚数単位としては同じです。
LCR45では、ユーザーガイドの6ページで「 j =√−1」と定義しています。

 
【質問】 日本語表示を切り替えたい
【回答】 パーフェクト・ネオ(AC/DC充放電器)万能充放電器は初期状態で日本語に
なっていますので、切り替る必要はございません。
そのため、日本語/英語 表示切り替え方法は、説明書に記載がございません


英語に切り替えるには、次の様にすると、切り替えが出来ます。

フローチャート表

説明書3ページのプログラムフローチャート表の
「ユーザーセット プログラム」には、「リポ バッテリータイプ」から
「ニュウリョクデンアツ ローカットオフ」まで10項目ございますが、
実際は11項目目がございまして、それが日本語/英語 表示切り替え画面です。

切り替え画面

この画面でEntetボタンを押し、Incボタンで切り替えができます。

表示例

 
【質問】 読み取り解像度について
【回答】 TS-2100-USB-Bの読み取り解像度は、仕様公開されていません。

EAN/JANコード(13桁)の場合、左端から右端までのサイズは、標準で22mm(左右マージン除く)で0.8倍〜2.0倍の縮小・拡大が許されています。17.6mm〜44.0mmのサイズならば規格内ということになり、17.6mm(EAN/JANコード(13桁))の読み取りが可能です。

最小分解能を実験的に知る方法としては、目的とされるバーコード規格の標準サイズによって作成されたコードを徐々に縮小し、読み取り限界を試行されることをお勧めします。

ぎりぎりのサイズを選定されますと、読み取りエラーを誘発するおそれがございますので、 余裕をもったサイズを選定してください。

 
【質問】 Canwayソフトウエアドキュメント
【回答】 Canwayソフトウエアインストール手順(付属CDを使った場合)
Canwayソフトウエア日本語ユーザーマニュアル

 
【質問】 HDMIの仕様を教えてください。
【回答】 下記の関連資料ページ(外部リンク)をご参照ください
Beagleboard:BeagleBoneBlack HDMI

 
【質問】 GT-720FとGMS6-CR6の違い(見分け方)
【回答】 ・GMS6-CR6は裏面に型番のステッカーが貼ってあります。
・GT-720Fは通信速度をGPS viewerで変更できます、GMS6-CR6は4800bps固定です。
・GT-720FはSkytraq用GPS viewerが使えます。GMS6-CR6はSiRF IVですのでSkytraq用GPS viewerは使えません。

 
【質問】 光に関する用語と単位系
【回答】 下記のPDF資料をご参照ください。
光に関する用語と単位系(PDF、355KB)
 
【質問】 付属の半透明の薄い板は、どのようなものですか?また、使い方を教えてください。
【回答】 付属の薄板は、マイカ板といいます。結晶性の鉱物(雲母)でできています。優れた電気的特性(絶縁性等)、耐熱性、機械的特性を持っている絶縁材です。 パッケージの背面が金属になっていて、センターピン(コレクタ等)と導通性がある トランジスタなどを放熱器に取付ける際に絶縁物として挟み込みます。 シリコングリースと併用することによって、放熱特性が向上します。
また、ネジによる取り付けには、樹脂ネジあるいは、絶縁ブッシュ+金属ネジを使用します。

 
【質問】 お買い上げ直後の充電で電圧が急上昇する場合
【回答】 お買い上げ直後の充電は内部が不活性の為に満充電になっていないにもかかわらず 電圧が急上昇することがあり、例えば充電器が満充電と判断し 数分で充電が止まることがございます。 その場合は一度時間を置いて再度充電を試みて様子を見てください。 ただし、メーカー指定の条件を超えないようにご注意下さい。 何回か充放電を繰り返すと安定します。

データシートに記載の充電条件は下記のとおりです。
25℃において
・サイクルユース:
 14.4〜15.0V
 最大充電電流3.6A
・スタンバイユース:
 フロート充電電圧13.50〜13.80V
 電流制限無し

合わせて商品ページのデータシートPDFも今一度ご確認ください。

 
【質問】 ストッパーのレバーをセットすることができません。どのようにして使えばいいですか?
【回答】 このストッパー付バーニヤ・ダイアルは、ヘリカルポテンショメータをパネル等に取付け、シャフトにダイヤルをしっかりと取付けます。
商品説明ページの参考資料PDFデータシート(H-23-6M.pdf)をご参照ください。 正常にセットしたら、ストッパーのレバーを正面から見て時計方向に強く押します。ストロークは約5ミリです。これでツマミに強力なブレーキがかかります。ブレーキを解除するには、レバーを正面から見て反時計方向に強く押します。

簡易的なストッパーの動作試験方法については、下記の写真をご参照ください。

クリックして画像を拡大
まず親指、人差し指、中指でダイアル本体を強くしっかりと保持します。この状態で、反対の手の親指でストッパーのレバーを反時計方向に強く押します。このとき本体が滑らないようにしてください。ブレーキを解除するには、時計方向に強く押します。けがをなさらないように慎重に行ってください。

 
【質問】 チップコンデンサはどのようにして作られているのですか? またその構造を教えてください。
【回答】 下記の資料PDFをご参照ください。

「チップ積層セラミックコンデンサができるまで」

 
【質問】 XC8対応版ソースファイル
【回答】 XC8対応版
AE-Remocon-BS_source_XC8_Ver.1.31.zip

 
【質問】 パソコンとの通信につきまして
【回答】 M4660Aのソフトウエアの対応OSはメーカーのソフトウエアの 更新は行われておりませんのでwindows95/98対応となっております。 16ビットアプリが理由かと思われますが64bitのwindowsPCへは インストールもできませんでした。

弊社が独自に確認した範囲で、という条件付ではございますが、 下記の組合せで通信する事ができました。

■事例1
○PC1:Panasonic CF-S10DENDP windows7 64bit
○ソフト:Ts Digital Multi Meter Viewer
○USBシリアル変換ケーブル:弊社販売M-00720、M-02746等
PL2303チップ使用タイプ

■事例2
○PC2:Panasonic CF-S8HYEADR windows7 64bit → 8.1 64bit
(アップグレードしています)
○ソフト:Ts Digital Multi Meter Viewer
○USBシリアル変換ケーブル:弊社販売M-00720、M-02746等
PL2303チップ使用タイプ
こちらはUSBシリアル変換のチップがwindows8以降に対応しておらず、 手作業で古いバージョンへ戻す必要があり、 デバイスマネージャを扱える知識が必要になります。 windows8ではドライバーソフトが 動作しないようにブロックされていて使用できません。

■Ts Digital Multi Meter Viewerの入手
http://www.ts-software-jp.net/products/tsdmmview.html
テスターの機種は、METEX (9600bps model)を選択しました。

■USBシリアル変換ケーブル
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02746/

以上ご参考になりましたら幸いでございます。

 
【質問】 搭載マイコンの電源電圧が3.3Vのようですが、I/Oに5Vを入力しても大丈夫ですか?
【回答】 搭載マイコンのPIC32MX795F512Lは、5VトレラントI/Oとなっており、I/Oに5Vを入力することが可能です。
ただし、I/Oの出力電圧は3.3Vですので、接続する先の回路が3.3Vの入力に対応している必要があります。

注意事項
アナログ入力に関しては、5Vトレラントではありません。
入力電圧範囲は、0V〜3.3Vとなっておりますのでご注意ください。

詳細は、マニュアルの7ページ目の“5V Compatibility”をご覧ください。
 
【質問】 既にArduino IDEを使っていますが、そのままで開発できますか?
【回答】 オリジナルのArduino IDEでは、PIC32マイコンに対応していないため、PIC32対応のArduino IDEを別途ダウンロードする必要があります。

chipKITのウェブサイトよりダウンロードできます。
chipkit.net → Getting Started → Install chipKIT Software
 
【質問】 端子に電線をはんだ付けすることはできますか?
【回答】 いいえ、できません。端子部は、はんだに濡れにくい(なじみにくい)金属でできています。また、精密部品のため無理にはんだごてで加熱すると、樹脂部品が変形して動作不良となる恐れがございます。ロジックアナライザ等の測定器用ピンソケット付きケーブルを装着して使用してください。
お持ちでない場合には、ブレッドボード・ジャンパーワイヤー[通販コード: P-03471(赤)、P-03472(黒)、P-03473(青)]をご利用ください。
ご自分で測定ケーブルを製作される場合は、コネクタ用ハウジング 1P[通販コード: C-12150]とケーブル用コネクタ[通販コード: C-12160]をご使用ください。

 
【質問】 LEDの輝度を簡単に変える方法があれば教えてください。
【回答】 1チップに3個のLEDが内蔵されているテープLEDは、 3並列の回路構成になっています(下記の写真をご参照ください)。

コモン(+12V)とレーン1(マイナス)、レーン2(マイナス)、レーン3(マイナス)を個別に点灯させることによって、発光量を大、中、小の3段階にすることができます(例:ひとつのレーンのみ駆動[最小光量]、二つのレーンを駆動[中間光量]、三つのレーンとも駆動[最大光量])。
なお、付属のコネクタ付ケーブルを使用したときには、3レーンともすべて点灯となります。
(ピンの配列は、製品によって、またロットによって異なる場合がございます。)

 
【質問】 ライブラリの追加方法を教えてください
【回答】 商品ページに記載されているライブラリファイルをダウンロードし、圧縮ファイルを展開します。 展開すると、
 Adafruit_NeoPixel-master
というフォルダができます。
そのフォルダ名を下記のように変更します。
 Adafruit_NeoPixel

名前を変更したフォルダをArduinoのライブラリフォルダに移動します。
環境によって異なりますが、多くの場合下記のような場所です。
 “C:\Program Files (x86)\Arduino\libraries”
移動したらArduino IDEを起動(すでに起動中ならば、再起動)します。
ファイル→スケッチの例→Adafruit_NeoPixel→strandtest
で、サンプルスケッチを確認できます。
(gogglesは、#define PIN 0 を#define PIN 6に修正してください。)

 
【質問】 LEDの消費電流はどのくらいですか?
【回答】 LED単体で実測した最大電流値は、約50mAでした。
設定条件は[ 発光色:白色、輝度:最大 ]下記です。
(strip.Color(255, 255, 255), 255);

PCのUSBポート経由でArduinoから給電する場合には、最大6〜7個を目安にしてください(同時に全LEDを最高輝度・白色発光の設定をする場合)。 複数をディジーチェーン(数珠つなぎする場合には、外部からの電源供給をおすすめします。

 
【質問】 電圧が測定できない
【回答】 以下をご確認ください。
 ○テスターリードが奥までささいるか。
 ○AC/DCの選択が間違っていないか。
 ○レンジの切り替えが間違っていないか。
 ○電池が消耗していないか(新品と交換or他のテスターで電圧チェック)。
AC電圧の場合
 ○直流レンジで測定いないか。
 ○正弦波を測定しているか。
  殆どのテスターで正弦波以外は正しい値は出ません。
 ○測定周波数がテスターの測定範囲内か。

 
【質問】 届いた電池の製造ロットが少し違うのですが、大丈夫ですか?
【回答】 製造から間もないものをお届けしておりますので、ご安心してお使いください。 2個以上ご注文いただいた際には、製造ロット(工場出荷日)がわずかに違う場合がございます。

 
【質問】 ホットメルト(ホットボンド)との違いは何ですか?
【回答】 材質が異なります。
それに伴い、軟化温度も異なります。

ホットメルト(ホットボンド)
・材質:エチレン酢酸ビニル
・軟化温度:約80℃

ハックルー(マジックハンダ)
・材質:熱可塑性ポリアミド樹脂
・軟化温度:145℃

 
【質問】 パワーLEDとレンズを購入しましたが、縁にあたってはまりません。
【回答】 パワーLEDとレンズホルダー(P-04411)は、写真の様に、レンズホルダーの取り付け穴とパワーLED本体の足が合う様にAとa、Bとbが重なる様に押し込みますと少しはまります。

クリックして画像を拡大
その後、押し込みながら90度ひねる様に入れていただきますとうまく納まります。


クリックして画像を拡大

 
【質問】 各種ファイル入手先
【回答】 マニュアル、データシート、ドライバ(Canway)がダウンロードできます。
http://tskyweb.myweb.hinet.net/logger-logger.html

 
【質問】 補足説明
【回答】 液晶表示器の4桁目にあたる最上位桁(左側)は、0〜999のときには表示されません(3桁表示)。1000〜1999のときに最上位桁「1」が表示されます(4桁表示)。

・照度測定と表示倍率について
@レンジスイッチのポジションが[2000]のときは、表示された数値が照度(Lux:ルクス)となります。2000 luxを超える照度の場合には、最上位桁「1」だけが表示されます。これはオーバーレンジを意味します。ひとつ上の[20000]のスイッチのポジションにしてください。

Aレンジスイッチのポジションが[20000]のときは、表示された数値を10倍にした値が照度(Lux)となります。液晶表示器の下部に{x10}の表示が出ます。このときは、10 Lux単位の測定になります。20000 Luxを超える照度の場合には、最上位桁「1」だけが表示されます。これはオーバーレンジを意味します。[50000]のスイッチのポジションにしてください。なお、最初の表示数字( 4桁で表示された場合の最上位桁 )は、1万ルクスを意味します。

Bレンジスイッチのポジションが[50000]のときは、表示された数値を100倍にした値が照度(Lux)となります。液晶表示器の下部に{x100}の表示が出ます。このときは、100 Lux単位の測定になります。50000 Luxを超える照度の場合には、1999(199900Lux)まで表示は出ますが、精度は保証されていません。なお、最初の表示数字( 4桁で表示された場合の最上位桁 )は、10万ルクスを意味します。

C正確な測定のために、適切なレンジポジションで測定してください。具体的には照度「188」Luxを測定する場合、レンジスイッチのポジションを[2000]にセットして測定します。これを[20000]のレンジで測定すると「019(または020)」の表示となります。10倍した値が照度ですから190Lux(または200Lux)となります。さらに[50000]のレンジで測定すると「001(または002)」の表示となります。100倍した値が照度ですから100Lux(または200Lux)となり、読み取り誤差がさらに大きくなりますのでご注意ください。

・校正について
 本照度計は、工場出荷時に校正されております。お客様による校正を必要としません。

・精度について
 本照度計は色温度2856K(ケルビン)光源でレンジ毎に校正されています。
[2000]Luxレンジ:±5%+2カウント(分解能1Lux)
[20000](x10)Luxレンジ:±5%+2カウント(分解能10Lux)
[50000](x100)Luxレンジ:±5%+2カウント(分解能100Lux)

・光センサの光学特性について
本照度計のセンサはヒトの目の標準比視感度曲線に近い分光感度特性を持っています。具体的には、波長555nmをピークとする山状の感度曲線に近いカーブとなります。商品添付のマニュアル(4ページ「4. SPECTRUM FOR LIGHT SENSOR」)をご参照ください。なお、拡散板(白いドーム状の突起部分)に当たったすべての光を測定するため、この部分全体が照明されるようにしてください。
 
【質問】 定格電圧を少しでも超えると積層セラミックコンデンサは壊れてしまうのですか? たとえば定格10Vdcのものに11Vdcをかけた場合などです。
【回答】 メーカー(村田製作所)の積層セラミックコンデンサに関する資料によりますと、
・定格電圧より若干高い電圧が印加されることで瞬間的に破壊することは考えにくい
・破壊電圧は、定格電圧の5〜10倍以上の実力は有している
・高誘電率系コンデンサは定格電圧の2.5倍、温度補償用コンデンサは3倍の耐電圧性能を確認している
とのことです。
直流定格電圧については、他のコンデンサ(電解/タンタル)に 比べて格段に耐性があります。 破壊耐圧を気にされることも大切ですが、直流バイアスによる静電容量の変化に関してご配慮されてるようお願いします。 高誘電率系コンデンサは、直流バイアスが増加するに従って静電容量が低下します。

 
【質問】 ずいぶんと高価なコンデンサなのですが、どうしてですか?
【回答】 弊社ではかねてより、積層コンデンサ(MLCC)のアレーによる大容量化を計画しておりました。 ようやくこのサイズ、容量、定格電圧でアレーを作って、 ご提供できるまでメーカー価格が下がってきました。 しかしながら、同容量・同電圧定格の電解コンデンサと比べるとまだまだ高価です。
今後の低価格化を見据え、MLCCの新しい使い方に挑戦してゆきたいと考え、 このたび商品化しました。 今後の展望といたしまして、次のことが期待できます。
・コンデンサメーカーの量産効果による低廉化
・小型化による低廉化(新発売時は高価ですが、小型化⇒材料低減による)
・静電容量の増大/定格電圧の増高
 ⇒同一サイズなら定格電圧の増高、同一定格電圧ならさらなる小型化
 ⇒同一サイズなら容量増大、同一容量ならさらなる小型化

 
【質問】 PCのUSBポートを一つしか使用しない場合には、専用ケーブルはどのようにして接続すればいいですか?
【回答】 専用USBケーブルのフェライトコアに近い側をオシロスコープに接続します。PC側はフェライトコアにつながる太いケーブルを接続します。ここからに分岐された細いケーブルとコネクタは、電源サブ供給用です。
 
【質問】 VREF1とVREF2のどちらが高電圧側でしょうか。
【回答】 メーカのデータシートp.10に記載があります。
In the Enabled mode, the applied enable voltage and the applied voltage at Vref(1) should be such that Vbias(ref)(2) is at least 1 V higher than Vref(1) for best translator operation.

上記より、Vref2にはVref1よりも少なくとも1V以上高い電圧を印加してください。
つまり、Vref2側が高電圧側です。
 
【質問】 技術および商品サポートにつきまして
【回答】 パーフェクト・ネオ(AC/DC充放電器) 万能充放電器 の技術および商品サポートは下記にて承っております。 恐れ入りますが下記までお問い合わせくださいます様お願い申上げます。

カスタマーサポート:パワーズジャパン
電話受付:月曜日〜土曜日(祝日・夏期休暇・年末年始を除く)
受付時間 :10:30 〜 12:00 / 13:00 〜 18:00
TEL:048-998-5438
FAX:048-998-5455
support☆powers-international.com

☆をアットマーク「@」に書き換えてください。

 
【質問】 商品名はMSOPとなっていますが、型番がSSOPとなっています。<br> どちらが正しいのですか?
【回答】 MSOPが正しいです。
設計段階でMSOPとSSOPを混同してしまい、実際にはMSOPのフットプリントのところ、型番がSSOPとなっています。
ただし、パッケージはメーカにより差異がある場合もありますので、パット寸法をご確認の上、ご使用になる部品が取り付けできるか事前にご検討ください。
 
【質問】 100μF4V表示の耐圧はどのくらいですか?
【回答】 100μF4Vの4Vは実際に保証できる容量です。具体的に言うと、もし6Vを印加すると40μF、10Vでは20μFになってしまうことがあります。耐圧という概念なら3216サイズで150V、2102サイズで75V位になります。
 
【質問】 計測データが連続で出力されない。
【回答】 RX端子に、RS232CのTX端子を接続すると、RS232C側から1バイトのデータが送られた時だけ距離を出力するモード になります。連続で距離を出力する際はRX端子をVCCに接続してください。

 
【質問】 正誤表
【回答】 1ページ
PIN ASSIGN ,JUMPER PAD & DIMENSIONS
ピン配置、寸法とソルダジャンパー(ハンダ付けによる電気的接続)

(誤) ゲインは約9.5倍に固定されます
(正) ゲインは約9.5dBに固定されます

 
【質問】 ケミコンVSセラコン(3225サイズ)
【回答】
ケミコン セラコン
サージ耐圧 定格の1.5倍程度 3216サイズ100V以上
寿命 10年〜15年程度 数百年?(寿命の来たものがありません)
極性 +/−あり 無極性(ありません)
容量に対する電圧依存 ほぼありません 非常に大きく依存する 大きな電圧をかけると容量が激変する
材質 ホウ酸水とアルミ 焼結した粘土
耐圧 規格値の1.5倍程度 100V程度(3225サイズ)
 
【質問】 セキセラの耐圧とは
【回答】 330μF4Vの「4V」は330μFを維持する最大電圧です。 6Vでは180μF程度、25V印加すると80μF程度になります。 ケミコンなどの耐圧ではなく、330μFを維持できる最大電圧を表しています。

 
【質問】 BC327-25のhFEを計ったら400を超えていました。BC327-25の範囲を超えて、BC327-40の範囲でいい感じの値になってます。どうしてですか?
【回答】 BC327シリーズの直流増幅率(hFE)は、コレクタ電流(Ic)=-100mA、コレクタエミッタ電圧(Vce)=-1.0Vで測定されています(PDF資料の2ページ目中段)。一般的に接合型シリコントランジスタの直流増幅率は、コレクタ電流が少ないときには、大きくなる傾向がございます。逆にコレクタ電流が多くなると増幅率が小さくなります。BC327シリーズのメーカー仕様上は、コレクタ電流(Ic)=-300mAのとき40(最低保証値)となっています。
販売中のBC327-25[I-06001]をトランジスタアナライザDCA75で実測したところ、直流増幅率は393でした。このときの測定条件はコレクタ電流5mAでした。
なお、メーカー仕様上の直流増幅率ご確認いただく場合には、測定条件を仕様書と同じにして測定してください。

 
【質問】 ローテーションサーボって何ですか?
【回答】 ローテーションサーボは、360度以上ぐるぐると回すことが出来るサーボモーターです。
サンプル動画
○通常のサーボ
WMV(m1969_demo.wmv)
MP4(m1969_demo.mp4)
製品で決められた角度まで回転させることができます。
○ローテーションサーボ
WMV(m8305_demo.wmv)
MP4(m8305_demo.mp4)
どこまでもぐるぐると回転させることが出来ます。(模型の車輪等に)
 
【質問】 動作確認情報(5V1A)
【回答】 T-01D ○
SH-06E ○
GL-04P ○
GL-06P ○
iphone4 ×
iPad ×
iphone 6 ×
Coolpix S8200 ×
Coolpix S9500 ×
DSC-HX60V ×
DSC-WX350 ×
ILCE-7R ×
ANKER Astro3 第二世代 (12000mAh) ×

※充電できなかった機器はルートアール製USBチェッカーRT-USBVA5を介し、スイッチをD以外に設定することで充電できました。
※ANKER Astro3 第二世代 (12000mAh)は電流が不足して保護回路が作動し、間欠動作となるためおすすめできません。 ×
※弊社で検証ができたものは今後追加いたします。
※使用できない機器はUSBコネクタのD+、D-の電圧を見て判断している可能性があります。
こちらに掲載の情報は参考情報であり、動作の保証をするものではございません。
確実な動作のためには、メーカ純正品をご使用ください。
 
【質問】 少量販売品とリール売り品で型番が違いますが
【回答】 リール売り品はプラスチックリール、 少量販売品は紙リール品からの切り売りのため 品番が異なっております。

 
【質問】 端面スルーホール部分に金属の削りカスのようなもの(バリ)が付いています。<br> ピン間が短絡してしまわないか心配です。
【回答】 申し訳御座いません。
端面スルーホールは構造上バリが発生しやすく、製造過程でなるべくバリが残ることの無いよう努めておりますが、取り除き切れていない場合が御座います。 端面にバリが残っていた場合には、ピン間ショートの原因となりますので、取り除いてから御使用頂きますようお願い致します。
 
【質問】 動作確認情報(5V2A)
【回答】 充電の可否についてのみ示しています。急速充電については判断していません。
T-01D ○
SH-06E ○
GL-04P ○
GL-06P ○
WX10K ○
iphone4 ○
iphone5 ○
iphone6 ○
iPad ○
ANKER Astro3 第二世代 (12000mAh) ○
Coolpix S8200 ×
Coolpix S9500 ×
ILCE-7R ○
DSC-WX350 ○
DSC-HX60V ○
DSC-HX90V 〇
402KC(CRESTA) 〇

※Coolpixはルートアール製USBチェッカーRT-USBVA5を介し、スイッチをAに設定することで充電できました。
※電流値までは確認していません。
※弊社で検証ができたものは今後追加いたします。
こちらに掲載の情報は参考情報であり、動作の保証をするものではございません。
確実な動作のためには、メーカ純正品をご使用ください。

 
【質問】 0Ωの抵抗には炭素被膜が使われいるのですか?
【回答】 0Ωのジャンパ抵抗の導体には炭素被膜は使用されていません。各抵抗製品シリーズの特注品として0Ωをメーカーに発注しています。 商品ラインナップの便宜上「カーボン抵抗」という名称が付いています。抵抗本体の絶縁コーティングの下はセラミックのロッド全体に厚メッキがされているので、とても頑丈にできています。

 
【質問】 開封後にすぐにチューブ出口が固まってしまいます。開封後の保存方法を教えてください。
【回答】 使用後は、チューブの先端とキャップに付着している接着剤をきれいにふき取ってください。表面の硬化がすぐに始まるので放置しないでください。 (アセトンやマニュキュアリムーバなどを浸み込ませた布等で清拭するのがベストです)
キャップを固く締めて0〜15℃の環境温度で保存してください。 ジップロック等の密閉袋に入れて冷蔵庫での保存をお勧めします。
開封後はキャップで閉栓しても、チューブ先端から内部へと徐々に硬化が進行します。 チューブの中ほどが柔らかければ、先端部の硬化物を先端の細いピンセットやニードルなどで少しずつ除去してください。

 
【質問】 「電池チェッカー」ポジションの内部抵抗はいくつですか?
【回答】 電池チェッカーの内部抵抗(測定端子間)は、約360Ωです。 内部回路としては、DC電流測定系(200mAレンジ)に直列に抵抗がつながれています。
この端子間に直流9Vを印加したとすると、約25mAの電流が流れます。 安定化直流電源の場合には、常に安定して25mAの電流を流し続けることができます。 電池の場合には、無負荷(高抵抗負荷)の起電力は高くても、電流を流すと低下します。 そこで、実際の電池使用時を想定して低い抵抗を負荷にして、実際に電流を測定しています。
9Vの006P電池の場合には、約360Ωの負荷で「25.0」と表示が出たら、その時の電池の電圧は9Vと考えられます。「25.0」の意味は、流れている電流の値(単位はmA)です。 「19.2」と表示されたら、電圧は約7Vと考えられます。
表示値と電池電圧の関係はオームの法則から簡単に導くことができます。下式に「表示値」を代入してください。
(「表示値(mA)」×360Ω)÷1000=「測定中の電池の起電力(電圧)」[V]
乾電池などの一次電池(充電できない電池)の場合、使用する回路で電流を流したとき、電池電圧が公称電圧の8割から7割以下となったら、一般的には寿命がきたと考えられます。

 
【質問】 電池ケース部のキズについて
【回答】 電池ケースの部分に傷のような線(下記写真)が見られるものがありますが、 これは成型時に入ってしまうもので傷ではございません。 ご了承下さいませ。
 
【質問】 ライブラリとサンプルソース
【回答】 Arduinoライブラリとサンプルソース
 https://github.com/adafruit/Adafruit_NeoPixel
ライブラリについて
 https://learn.adafruit.com/arduino-tips-tricks-and-techniques/arduino-libraries/
 
【質問】 スピーカー全体を強く揺さぶると、ホーンの真ん中の部品がカタカタと音がします。 止める方法はありますか?
【回答】 弊社では本商品を25年間販売しておりますが、初めてご指摘をいただきました。 不良品ではございません。実用上問題はないと存じますが、お気になるようでしたら 真ん中のホーン(第2ホーン)をシリコン系の接着剤(耐久性・耐候性のあるもの)にて 固定されることをお勧めいたします。固定する部分は、第2ホーンを本体に 固定している3カ所の爪の部分(黒色)です。

 
【質問】 Qualcomm社のQuick Charge 1.0 / 2.0に対応していますか?
【回答】 対応していません。
 
【質問】 LEDの点灯試験の方法を教えてください。
【回答】 @3.7V以上の直流電源をご用意ください。(下記の例では5Vの電源を使用しました)
A300〜510Ω(1/4W)の抵抗を1本ご用意ください。
BLEDのコモン(アノード)[5番ピン]を電源プラスにつなぎます。
CLEDのカソードを抵抗を介して電源GNDにつなぎます。 次の順番に各色が点灯すればOKです。
 [1番ピン]⇒赤、[2番ピン]⇒緑、[4番ピン]⇒青
これで、すべてのLEDの点灯を確認することができます。
LEDの点灯方法については、こちらのPDF資料もぜひご覧ください。

 
【質問】 LEDの点灯試験の方法を教えてください。
【回答】 @3.7V以上の直流電源をご用意ください。(下記の例では5Vの電源を使用しました)
A300〜510Ω(1/4W)の抵抗を1本ご用意ください。
BLEDのアノード(プラス)を電源プラスにつなぎます。
CLEDのカソード(マイナス)を抵抗を介して電源GNDにつなぎます。  LEDが点灯すればOKです。
LEDの点灯方法については、こちらのPDF資料もぜひご覧ください。

 
【質問】 LEDの点灯試験の方法を教えてください。
【回答】 @3.7V以上の直流電源をご用意ください。(下記の例では5Vの電源を使用しました)
A300〜510Ω(1/4W)の抵抗を1本ご用意ください。
BLEDのコモン(カソード)[1番ピン]を電源GNDにつなぎます。
CLEDのアノードを抵抗を介して電源プラスにつなぎます。 順番に各色が点灯すればOKです。 ([2番ピン]、[3番ピン]が各色のアノードです)
LEDの点灯方法については、こちらのPDF資料もぜひご覧ください。

 
【質問】 4ピンタイプのLEDをテスターの印刷通りに挿しても光りません。どうすればいいですか?
【回答】 4ピンタイプのLEDは、さまざまなピン配置がございます。本器の下段(右)に印刷されているマークと極性は、一般的な代表例です。弊社通販コードI-06387、I-06388等が該当いたします。テストするLEDの極性(アノード/カソード)は、データシートにてご確認ください。


 
【質問】 両面にそれぞれ2つずつ付いている矩形のパッドはどこにつながっていますか?
【回答】 初期状態ではどのピンにも接続されておらず、浮いている状態です。
計4つのパッドは全て同電位(接続されている)となっています。
実装するICのGNDピンを接続してベタグランドとして、空いているパッドと電源ピンの間にコンデンサを接続すればパスコンとして使用することもできます。
 
【質問】 取扱説明書
【回答】 取扱説明書
 
【質問】 参考資料では入力電圧の絶対定格が18Vとなっていますが、16Vを少し(0.2V程度)超えると入出力が短絡に近い状態になってしまいます。不良でしょうか?
【回答】 メーカーの仕様書では、絶対最大定格[VIN(入力電圧):VSS-0.3〜VSS+18 Vとなっており、動作電圧範囲は16V(max.)と規定されています。入力電圧16Vを超えた設計はお勧めいたしません。なお、基板(114.3x76.2mm)に実装した状態の許容損失が600mW(@50℃)ですから、安全を見込んで300〜500mW以下のご使用をお勧めいたします。なお、この電源ICには、温度保護および短絡保護機能はございません。

弊社にて、抜き取りサンプル試験(5個)を下記条件でおこないました。
・入力電圧=18V、出力にカーボン抵抗100Ωを負荷(約33mA)として接続、損失電力485mW、室温25℃、ブレットボードに実装、入出力コンデンサ各0.1μF、試験通電10分
全サンプルにおいて異常はありませんでしたが、耐久試験以外の目的で16Vを超える入力は安全な動作をお約束することができません。
 
【質問】 P1コネクタ(SWDデバッガ接続)の4番ピンがマウントされていません。 コネクタ自体にピンがないので不良でしょうか?。
【回答】 P1の△マーク(Pin No.1)から右へ4本目のピンは回路図上Pin No.7となります。このピンの定義は"IF_ISPEN"です。"Cortex-M Debug Connectors"(外部サイト-ARM社-にリンクします)によりますと、Pin No.7はコネクタの誤挿入防止を目的とした"Key"(未実装・未使用ピン)となっています。従いまして、Pin No.7として金属のL型ヘッダピンをコネクタ基部に実装しないことがARM社の指示する仕様でございます。不良ではございません。
"IF_ISPEN"(出力)を外部に取り出す場合には、P2(LPCXpresso brd header)のPin No.51をご利用ください。

 
【質問】 ソフトウェアはどこから入手するのですか?
【回答】 下記のリンクから無償でダウンロードすることができます。
サイプレス社 (外部サイトです)。

 
【質問】 リード線を切りそろえてしまいました。リードの長さの違い以外に、LEDの極性を判断する方法はありますか?
【回答】 LEDのボディーにある切り欠き(Dカット面)を目印にしてください(データシート2ページの図面をご参照ください)。切り欠きがある方がカソード(マイナス)ピンです。

なお、LED素子がボンディングされているリードフレーム(支持体)の大きさでアノード/カソードを判断される場合には、あらかじめデータシートと現品を比較してご確認ください。LEDテスター(M-01860)等で点灯試験されることをお勧めいたします。(メーカーやシリーズ、ロットによって異なる場合がございますので、ご注意ください。LEDのリードフレームとボンディングに関しては国際的な規格がございません。)
本LEDシリーズでは、下記のようなピン配置となっております(2014年9月ロット)。
◆リードフレームのホーン側(大きい金物)がアノード(プラス)、細い側がカソード(マイナス)
 赤色[I-08359]、黄色[I-08362]
◆リードフレームのホーン側(大きい金物)がカソード(マイナス)、細い側がアノード(プラス)
 青色[I-08360]、緑色[I-08361]、白色[I-08363]

 
【質問】 なぜ二波長混合なのですか?
【回答】 赤色光は光合成を促す効果があり、青色光は実や葉を大きく形成する効果があるとされています。

参考:文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/attach/1333537.htm
 
【質問】 新旧タイプの見分け方
【回答】 USBコネクタの付け根部分の色が異なっております。旧タイプはシルバー、 現行タイプは黒くなっております。

クリックして拡大する

外観のほかに下記のような違いがあります。
●旧タイプ
・GPSチップがSkytraq製
・USBシリアル変換チップがProlific製
●現行タイプ
・GPSチップがSiRF製
・USBシリアル変換チップがSTマイクロ製

 
【質問】 ご注意
【回答】 ・測定電圧が高い場合、誤差が大きくなります(DC500Vレンジで最大±12V程度)。 ・レンジにかかわらず最小桁にドリフトが起こる場合がありますが、不良ではございません(入力側をショートさせても最小桁の表示が変動することがございます)。
 
【質問】 配線前にピンを切りそろえてしまい、極性が分からなくなってしまいました。 見分ける方法はありますか?
【回答】 LEDの底面に[+][−]のマークがございます。 なお、点灯試験は極性を確認の上、おこなってください。
逆極性で電源に接続すると、LEDが壊れてしまいます。

 
【質問】 次回ロットから仕様が変わります。
【回答】 メーカーではすでに仕様は3.1V〜5.5Vに変更いたしました。 従いまして次回弊社に入荷するロットから3.1V〜5.5V仕様となります。
 
【質問】 FR4(FR−4)について
【回答】 ガラス繊維を編んだものにエポキシ樹脂をしみこませたものです。 米国の標準化団体のNEMAが規定したCuを貼った積層板の耐熱性グレードで、 4番目になっているものです。
 
【質問】 実装条件について
【回答】 品質を確保するために下記の条件以下で処理してください。
手ハンダ付け条件(下記条件でのハンダ付け実装処理は、1回処理を原則とします。)
・温度、時間:300℃以下、2秒以内/Pin
・温度測定箇所:コテ先(ハンダごて)
 
【質問】 使用上の注意
【回答】 ※付属のコードは赤が+(プラス)、白が−(マイナス)になります。 リード線は切れやすいですので取扱には充分ご注意ください。
※危険ですので、絶対にレーザー光を目に向けないでください。
※半導体レーザーは静電気・ノイズに敏感です。取扱いにご注意ください。
※3V以上の電圧や電源逆接続すると壊れます。壊れるとレーザーではなく赤のLEDのようになってしまいます。半導体レーザーは構造上寿命がありますのでご了承ください。
※この商品は趣味の電子工作や実験を用途としているものです。工業製品や精密さが必要な用途に耐えうる精度や信頼性の保証はありません。
 
【質問】 細かいデザインやテイストにつきまして
【回答】 コネクターの細かいデザイン(ギザ等)やテイストは メーカーの都合により予告なく変更することがあります。 弊社で把握しているものに関しては 掲載写真を極力入れ替えるようにしておりますが、 まれに掲載写真と異なるものをお送りすることがあります。
ご心配な場合は購入前に弊社までお問い合わせください。

 
【質問】 中心コンタクトにつきまして
【回答】 メーカーが出荷した時点で中心コンタクトの半田流し込みの穴の位置が異なるものが混在しています、あらかじめご了承ください。


 
【質問】 仕様の変更
【回答】 金メッキ品からニッケルメッキ品になりました。2013.3.18
ニッケルメッキ品から金メッキ品になりました。2013.10.15

 
【質問】 M型コネクタとUHFコネクタ
【回答】 弊社M(UHF)型コネクタは、世界中で広く使用されているインチピッチの汎用品ですから安価で安定的に供給することができます(準拠規格:IEC 169−12)。
・結合部ネジ径(呼び径):5/8インチ(15.875ミリ)
・結合部ピッチ:24UNEF(1.0583ミリ)

※ミリ規格のM形コネクタ(JIS−C6506、廃止規格)とはうまく合わない場合があります。

 
【質問】 回路図の訂正につきまして
【回答】 キットに同梱されている製作説明書(印刷資料)に誤りがありました。 回路図の右側にあるLED1の方向表記が逆でした。 お詫びの上、訂正させていただきます。 なお、基板のシルク印刷に訂正はございません。
正しい回路図は、こちらのPDF をご覧ください。

 
【質問】 仕様変更のおしらせ
【回答】 USBコネクタのメーカーが変わりました。2014.6.18
 
【質問】 仕様変更のお知らせ
【回答】 BH−411−1P⇒BH−411−4P24に変わりました。2013.12.23
 
【質問】 シールにつきまして
【回答】 ハンダ付け後のフラックス除去洗浄に対応するためのシールが貼られています。 貼られたままでも発振音は聞こえますが、剥がすとより大きい(本来の)音量となります。 実験時にはシールを貼ったまま、完成時に剥がすなどの使い方も良いかもしれません。
 
【質問】 仕様変更のお知らせ
【回答】 金属部分の光沢があるものから無いものに変わりました。2014.10.23
 
【質問】 サポート情報はありますか?
【回答】 参考資料 (Intel社にリンクしています)
Edison 用 Arduino IDE、Linux Image、ソースファイル、SDK等

Intel Edison Board Support Paclage Revision 001
Intel Edison Board Support Paclage Revision ww37

 
【質問】 弊社販売の基板に取り付ける場合
【回答】 当社販売の基板のネジ取付穴の径はΦ3.2mmです、ご使用になる場合は基板の穴を拡げてください。
 
【質問】 仕様変更のおしらせ
【回答】 制御ICがメーカーで変更になったため、SG12864ASLB-GB-R01から、
 SG12864ASLB-GB-G01に変更になりました。使用方法に変更はございません。

 
【質問】 電源の切り方について注意書きの紙片が入っていましたが、正しく終了する方法を教えてください。
【回答】 通電中(OS(Linux、Android等)が動作しているとき)にDCプラグを引き抜くと、BeagleBone Blackボードが損傷する危険性があります。 そのため電源プラグを引き抜いたり、ACアダプタをコンセントから外す場合には、起動しているOS(Linux、Android等)を正常に終了しボードの電源をOFFにする必要があります。
ボードの電源をOFFにする方法はいくつかあります。
・ボードにあるS3(Power)スイッチを押す
・ケープやLCDモニタなどのボードにあるPowerスイッチを押す
・GUIの"Shutdown"を使用する
・CUIの"poweroff"コマンドを使用する
上記のいずれかの方法でボードの電源がOFF[ボードの"PWR"LED(D1)が消灯]になったら、電源プラグを引き抜くことができます。

 
【質問】 製品同梱のCDからソフトウェアをインストールしましたが、うまく動作しません。 どのようにすればいいですか? 使用しているOSはWindows 7です。
【回答】 OSのアップデート(Windows アップデート等)によって、 OSの環境がメーカーのソフトウェア作成時点より変わっている場合がございます。 ソフトウェアの不具合が生じた場合には、メーカーWeb (Pico Technologyにリンクしています)から最新のソフトウェアをダウンロードしてご使用いただくようお願いいたします。

 
【質問】 パワーLEDの取り扱いについて
【回答】 LEDの透明部分に気泡のようなものがありますがメーカーは良品として出荷しております。
ロットにより、LED素子の極性が入れ替わることがあります。基板の+/−は間違いございません。その為、必ず30mA以下で試験点灯させてからご利用ください。
発光部分は非常にやわらかいので、押したりしないようにしてください。
事故防止のため、少ない電流から試してください。15mAでも点灯を確認できます。
点灯させているときはLEDを直接見ないでください。LEDのパワーが大変大きいので危険です。
 
【質問】 ハンダ付け箇所と接点部分の対応がわかりません。
【回答】 ハンダ付け箇所と接点部分の対応(ピンアサイン)は、下図のとおりです。
 
【質問】 従来品(B-00020、販売終了品)との相違点
【回答】 端子が変わりました。そのほかの細かい違いは下記PDFファイルをご覧ください。
WP22−12の従来品との相違点

 
【質問】 4相(または、ユニポーラ)ステッピングモーターを持っています、回せますか?
【回答】 ユニポーラステッピングモーターでも、コイル中点が共通化されておらず、 各々の巻き線が独立しているものは、中点を使用せず両端を使用する事で バイポーラモータとして使用が可能です、ただしトルクが落ちますので、 基本的に2相バイポーラステッピングモーターを推奨いたします。

 
【質問】 自己給電だけは動作しない場合
【回答】 LPC812 スマートフォン Quick-Jack(OM13069)の自己給電に関して

LPC812搭載 スマートフォン Quick-Jack(OM13069)は、バッテリ給電 と スマートフォンのイヤホンジャックからの給電(エナジーハーベストによる自己給電)をジャンパーで設定(J2)できる様になっています。
初期状態はバッテリ給電ライン(J2, Pin 1-2: Close)も自己給電ライン(J2, Pin 3-4:Close)も共に繋がった状態です。
動作確認済みのスマートフォンは下記
・iOS: iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5S
iOS版ソフトの提供は終了となりました。
・Android: Samsung Galaxy S3

スマートフォンのイヤホンジャックからの給電能力はスマートフォンの種類によって異なるため、初期状態ではバッテリ給電もされた状態になっています。
iPhone(iPhone4 以降) や Androidスマートフォンで出力の大きいものは、イヤホンジャックからの給電のみで動作可能です(ボリュームは最大にしておく必要あり)。 しかしボードに問題があり、給電能力があってもボードが正常に動作しない場合があります。 その場合、半田ごてで「リセットIC(U6)」をボードから取り外してください。
メーカーリンク

NXP Quick-Jackアプリページ(外部リンク)
iphone用(iTunes)  Android用(Google Play)
iOSはサポート継続が困難との理由により、アプリ提供が終了されました。
 
【質問】 マルチチャンネル録音・再生仕様で製作しましたが、再生時間が短かったり、再生できないチャンネルがあります。
【回答】 マルチチャンネルで使用すると 当該現象が発生する事が判明しております。 大変申訳ございませんが、 60秒1ch専用ICとしてご使用下さい。 メーカーも既に生産を打ち切っており 今後の改修の予定はありません。
 
【質問】 AgIC導電性インクマーカーは専用紙でなくても使えますか?
【回答】 一部の写真光沢紙で使用可能です。専用紙はそれらに比べ、導電性と耐久性(インクが早く乾く、インクが塗布後にはがれにくい、塗布面を折り曲げても良い導通性を保つ)の面で優れています。
実用に耐えうる導電性・ある程度の耐久性を発揮する代替紙としては以下をおすすめしてします:
・富士フィルム WPA455VA ・富士フィルムWPA420HIC ・コクヨ KJ-D12A4-20 ・ブラザー BP71GA4

出典はAgIC社Webサイトです。メーカーのFAQページ
(新しいタブで開きます)
 
【質問】 調整方法を教えてください。
【回答】 VRの調整は、下記の通りにおこなってください。
・感度調整[SENS]VR:遠くまで検知させる場合には、時計方向に回します。
・検知出力保持時間[DELAY TIME]VR:保持時間を短かくする場合には、時計方向に回します。
・明るさ検知設定[DARK ADJ]VR:明るいところで検知させる場合には、時計方向に回します。
 
【質問】 サンプル動画で使用している部品を教えてください。
【回答】 下記の通りです。
○暖色系5mm砲弾型LED: OSM54K5111A  I-06406
○LED拡散キャップ:OS-CAP-5MK-1  I-01120
○キャンドルIC:CDT3460-02  I-08752
○単3電池ケース:BH-321-1AS  P-00327
○20mmφ丸型基板:AE-20mm  P-08753
○その他:乾電池、コピー用紙、空き瓶や使用済み乾電池(おもしとして使用)、ケント紙、等
お手持ちのLEDや材料を活用していろいろと工夫してみてください。


CDT3460-02配線図

製作例
 
【質問】 ソフトを起動したらLabToolが認識されなくなりました。
【回答】 Labtoolの資料の最後の項目に、

2) Insert a USB cable into LPC-Link 2 and connect it to the PC.
As a first step, make sure the USB port on the PC is not an USB3 port.

という記述がございます。これは LPC-Link2を 「USB3.0のUSBスロットに接続しないでください」という趣旨のものでございますが、弊社秋葉原店の技術スタッフが確認した結果以下のようになりました。

・USB2.0 (Win7 64Bit) ○
・USB2.0 (Win8 64Bit) ○
・USB3.0 (Win8 64Bit) ×
・USB3.0→USB-HUB→USB2.0 (Win8 64Bit) ○

USB3.0のポートに接続した状態でソフトを起動するとドライバーが見えなくなります。ただ、USB3.0のポートであっても、USB2.0のUSBハブを接続すれば、問題なくドライバーを認識でき波形の確認ができました。大変お手数でございますが、USB2.0ポートでの接続か、あるいはUSB2.0ポートが無いPCの場合はUSB2.0タイプのハブを介した接続をお試し下さい。
 
【質問】 書き込みに失敗します
【回答】 一部のPICマイコンの書込み時のご注意

PICKit3および弊社AKI−PICプログラマにて上記デバイスの書込みに失敗するとの報告が出ております。

●回避方法につきまして
1)下記内容がMicrochipよりリリースされております。今回のデバイスも対象型式となっております。これを基に、デバイスのVDD−VSS間にに10uFのパスコンを挿入すると効果があります。
2)PICKit3の場合、VDDの設定を3.3V程度まで落とすと効果があります。
3)弊社AKI−PICライタの場合は上記1)のコンデンサを基板の裏側から取り付けると効果があります。U7の32番ピンに+側、31番ピンに−側を接続してください。
------------------------------------------------------------------------------------
Some devices require that a .1uF bypass capacitor be placed from the VDD pin to the
VSS pin of the device to successfully program the device.
If programming failures still arise, try increasing this value incrementally to a
maximum of 10uF. The parts affected are:
PIC16F737 PIC16F747 PIC16F767 PIC16F777
PIC16F818 PIC16F819 PIC18F1220 PIC18F1320
PIC18F2220 PIC18F2320 PIC18F2331 PIC18F2431
PIC18F2410 PIC18F2420 PIC18F2455 PIC18F2480
PIC18F2510 PIC18F2515 PIC18F2520 PIC18F2525
PIC18F2550 PIC18F2580 PIC18F2585 PIC18F2610
PIC18F2620 PIC18F2680 PIC18F4220 PIC18F4320
PIC18F4331 PIC18F4431 PIC18F4410 PIC18F4420
PIC18F4455 PIC18F4480 PIC18F4510 PIC18F4515
PIC18F4520 PIC18F4525 PIC18F4550 PIC18F4580
PIC18F4585 PIC18F4610 PIC18F4620 PIC18F4680
-----------------------------------------------------------------------------------
●マイクロチップ純正ツール、AKI−PICライタでも発生している問題ですので
 ツール側の問題ではなく、デバイス固有の特性依存の問題と推測します。
 大変お手数ですが、上記回避方法をご検討いただきたく、宜し良くお願い 申し上げます。
 PDF内、7.5章 Programmer Issues内、Key25254 を参照ください
PICマイコン書込み時のご注意(PDF)

PICマイコンの書き込み失敗の検索結果(Google)
 
【質問】 製作補足説明
【回答】 ・写真が製作見本です。
・背が低い部品から順番に取り付けてください。
・セラミックコンデンサは1個だけ470pFです。
・マイクロホンは極性があります、向きに気を付けてください。
・タクトスイッチを押している間録音します(約10秒)。
・録音は1フレーズのみ、新しく録音すると前のは消えます。
・CdSセンサー(基板右下R3)で明暗を検知して再生を開始します。
 明⇒暗になったとき再生、暗⇒明の時は何もしません。
※基板の色が緑から黒になりました。
※基板の印刷が一部不鮮明な為写真を用意しました。
製作写真1(348KB)
製作写真2(368KB)
製作写真3(275KB)
※パーツや基板の外見、色、デザインはメーカーの都合で予告なく変更になる場合があります、写真一例です。
 
【質問】 画面が映りません
【回答】 ソフトのインストールが必要です。RaspberryPiへログインを行った状態で、

wget http://www.4dsystems.com.au /downloads/4DPi/kernel4dpi_1.2-1_all.deb

sudo dpkg -i kernel4dpi_1.2-1_all.deb

と、コマンドを入力してください。その後、

sudo reboot

を行うと、再起動を行います。再起動後に液晶にbootの表示とデスクトップが表示されます。もし、コマンドの表示状態で止まってしまった際は、

sudo raspi-config

にて、boot時にDesktopを表示する設定を行ってください。

Chose boot option を選択
Desktop Log in as user 'pi' at the graphical desktop を選択

再び、再起動します。

 
【質問】 使用上の注意
【回答】 ・電流制限抵抗は入っていませんので電源電圧を厳守してください。 電圧を上げると電流が急上昇して故障の原因になります。
・丸めた状態での点灯は試験点灯にとどめて、必ず伸ばした状態でご使用ください。 丸めたまま長時間点灯すると発熱して故障の原因になります。
・ACアダプターの容量にご注意ください。 長時間点灯させる場合は、電流に余裕を持たせてください。 ACアダプターの定格電流ギリギリで使用するとアダプターの寿命が早くなります。

 
【質問】 どのような電源を用意したらいいですか? また、シガープラグからの給電や12Vの鉛蓄電池で光らせることはできますか?
【回答】 このLEDは、DC12V(11.5V〜12.3V)で光らせるように設計されています。[通販コードM-07773] などのDC12V出力のACアダプタをお使いください。
シガープラグや鉛蓄電池など、12.3Vを超える電源に直接つなぐことはできません。高い電圧で光らせると定格を超える大きな電流が流れ、発熱したりLEDの寿命が短くなるなどの原因になります。抵抗などによる電流制限回路、またはDC12Vの電圧安定化回路を用いる必要がございます。

 
【質問】 12Vで光らせたいのですが、何オームの抵抗を使えばいいですか?
【回答】 12Vで光らせる場合には、100オーム(1/16W以上)の抵抗を直列に接続します。このとき、LEDを光らせる電流は約10mAとなります。
他の電圧で光らせる場合には、次の式から電流を制限する直列抵抗の値を求めてください。 電源電圧:Vcc、制限電流[10mA(0.01A)]:If、LEDの順方向電圧[11V]:Vf、求める抵抗値:Rs、抵抗の消費電力:Wr
Rs=(Vcc-Vf)/If、Wr=(Vcc-Vf)×If
例:電源電圧が24Vの場合
Rs=(24-11)/0.01=1300(1.3k)Ω
Wr=(24-11)×0.01=0.13W(余裕をみて1/4Wの抵抗を使います)
 
【質問】 12Vで光らせたいのですが、何か方法はありますか?
【回答】 12Vで光らせる場合には、LEDと電源の間に20〜200オームの抵抗を直列に接続します。 このとき、LEDを光らせる電流は約10〜100mAとなります。流す電流によって明るさが変わります。22オーム1/2W[通販コードR-07797] を使用した場合には約100mAです(実測)。

他の電圧で光らせる場合には、次の式から電流を制限する直列抵抗の値を求めてください。 電源電圧:Vcc、制限電流例[100mA(0.1A)]:If、LEDの順方向電圧[10V]:Vf、求める抵抗値:Rs、抵抗の消費電力:Wr
Rs=(Vcc-Vf)/If、Wr=(Vcc-Vf)×If
例:電源電圧が15Vの場合
Rs=(15-10)/0.1=50(51)Ω
Wr=(15-10)×0.1=0.5W(余裕をみて1Wの抵抗を使います)
 
【質問】 使用上の注意
【回答】 リールに巻いたまま長時間の発光は、LEDが発熱し寿命に影響します。10分程度(@25℃)を目安にしてください。
 
【質問】 1枚当たりのヒーターに流れる電流が0.4Aですが異常ですか?
【回答】 異常ではありません。ヒーターの抵抗体は温度が低いときには抵抗値が低く、 温度の上昇とともに抵抗値も上昇します。ヒーター温度25℃のとき、約0.3〜0.4Aの電流が流れます。

 
【質問】 商品本体のキズや汚れが気になる
【回答】 在庫限りの商品や特価品の中には変色していたり、サビやキズが付いていたりすることがあります。
使用上で差し支えないものを販売しておりますので、何卒ご理解ご了承の上お求め下さい。
 
【質問】 ほんのりと温かい程度なのですが、もう少し高い温度にすることはできませんか?
【回答】 25℃の空中(無風)に放置した場合、ヒーター温度は約35℃(実測時)です。ヒーターの形状が面状となっているため、発生させた熱は効率よく空気中に放散されます。ヒーターの温度を上げるには、断熱材等で熱の放散を防いでください。

 
【質問】 ACアダプタで使用することはできますか?
【回答】 DC出力12Vのアダプタをお使いください。 ヒーターの温度が低いときには定格より大きな電力を必要とするので、 2枚同時に使用する場合には出力電流1.5A以上のアダプタ [通販コード:M-06842M-02194 等]をお勧めします。

 
【質問】 U14が実装されていません、他にも実装されていない部品があります。
【回答】 U14と一部の部品は実装されていませんが、メーカーより元々その仕様で 出荷されています。ご安心くださいませ。
 
【質問】 商品に付属している紙の説明書の「ソフトウェアのダウンロード」のURLが長く、打ち込みが大変です。簡単にダウンロードできませんか?
【回答】 弊社でまとめてダウンロードしてZIP形式に圧縮しましたのでご利用くださいませ。

このファイル2015年1月7日に弊社がダウンロードしたものをZIP形式に圧縮したものです。
最新版はメーカーサイトをご確認ください。
http://akizukidenshi.com/download/ds/canmore/GP-102_files_20150107.zip

 
【質問】 ACアダプタで使用することはできますか?
【回答】 DC出力12Vのアダプタをお使いください。 ヒーターの温度が低いときには定格より大きな電力を必要とするので、 出力電流0.75A以上(2枚使用する場合は1.5A以上)のアダプタ [通販コード:M-06842M-02194 等]をお勧めします。

 
【質問】 蛍光灯は使えますか?
【回答】 使えません。つないでも点灯しません。
 
【質問】 「多回転ボリュームの取り付け方」の紙の資料の文字が小さくて良く見えません。
【回答】 下記が元データになりますのでご活用ください、 資料をご覧の上慎重にお取付ください。
多回転ボリュームの取り付け方
多回転ボリュームの取り付け方(A4、4分割版)

 
【質問】 現品の打刻文字が型番と異なる
【回答】 製造時の刻印ミスによるもので、メーカーは同一商品であると回答しております。
掲載の型番の商品としてご安心してお使い下さい。
 
【質問】 以前の物よりもレバーが硬いです、不良ですか。
【回答】 いいえ、不良ではありません。 Bourns社に仕様範囲内(Max 5.0Kgf.cm) で問題ない事を確認いたしました。 使用前に十分に繰り返しレバーを左右する事で、 動きが円滑になっていきますのでご安心ください。

 
【質問】 セカンドソースとは何ですか?
【回答】 セカンドソース(Scond Source)品とは、オリジナル(先行開発されたFirst Source)品と同等の仕様をもったトランジスタやICなどの半導体製品です。オリジナルメーカーのみが特定の半導体の製造・販売を独占すると、価格の高騰を招いたり、製造上の失敗などによる影響が大きくなります。また、独占禁止の観点から競争相手(セカンドソースメーカー)が必要ともいえます。
電気的仕様、外形仕様、端子配列などが同等であり、半導体製品として置き換えが可能です(オリジナル品⇔セカンドソース品)。 オリジナル品を製造している(していた)国内外のメーカーは、TO-92などのリード端子製品から面実装製品に急速に切り替えています。代表例として東芝は2SC1815のライフサイクルを生産終了予定(2015年1月現在)にしていて、事実上のディスコン(discontinued)と考えられます。多くの半導体製品の生産が打ち切られ終了しつつありますが、UTCなどのセカンドソースメーカーは、生産を継続し全世界に安定的な供給をおこなっています。
日本のメーカーが永らく製造してきたディスクリート製品を生産終了にする際、台湾などの海外メーカーが旧式(3インチ、6インチウエハー)製造装置を製造ノウハウとともに譲り受けることがあります。その結果として、日本ではディスコンとなってしまったディスクリート製品が安定的に製造・販売されています。

 
【質問】 レールスプリッタとはどのようなものですか?
【回答】 2本のレールの真ん中にもう1本のレールを敷くことをイメージしてみてください。 (下図をご参照ください)


下がGNDの線(レール1)で、上が電源電圧の線(レール2)です。 レールスプリッタによって電源電圧の半分の電位を作りだし、これを仮想的な(Virtual)GNDとします(レール3)。 レール3をオペアンプ等のGND電位とした場合には、レール1は負電源(-Vb/2)、 レール2は正電源(+Vb/2)となります。 このように単一の電源から正負の電源を作り出す回路やICをレールスプリッタと呼びます。

 
【質問】 なんでこんなに安いのですか?
【回答】 中国では「試みに」製造しお客様の反応を見る傾向があります。 原価すれすれで作り売れたらコストダウンを図ろうと考えている様です。 そのため、仕上がりや寸法に差が多くあります。 相性問題が出で篏合がうまくゆかなかったり 接触不良が出ることもあります。 大量にご使用になる、製品に組み込む、信頼性を重視するような場合は、 よくよくご検討の上、慎重なご判断をお願いいたします。
 
【質問】 いつでもありますか?
【回答】 沢山発注して在庫しておりますが、メーカーが突然製造をやめたり、 色や形が変わることがあります。また工作精度も 日本製に比べると気になる点もあるかと思います。 当メーカーの寸法図やデータシートはありません、 趣味の方々が使うにはとても良いですが、 業務用として沢山お使いになるには難しいと思います。 あらかじめお含みおき頂ければと思います。
 
【質問】 CR1225が2個入ります。使えますよね?
【回答】 電池ケースのプラス側の電極が原因でショートしますのでおすすめできません。

 
【質問】 防水処理したいのでモールドしても大丈夫ですか?
【回答】 空気の取り込み口があるためできません。
参考写真

 
【質問】 使用上の注意
【回答】 1.本装置は飲酒運転か否かを判定する機器ではありません。 本装置を使用して得られた結果による係争等に対して、 法律的な責任は一切負いかねますのでご了承下さい。

2.たばこの煙等を吹きかけないでください、センサが早く劣化します。

 
【質問】 説明書(回路図)と半導体データシート
【回答】 RTC-4543SASBモジュール取扱説明書
RTC-4543SASBデータシート
 
【質問】 K型熱電対のコネクタ
【回答】 K型熱電対の黄色いコネクタは厚みの関係で 完全に深く差し込むことが出来ません、 ご使用の際は浅めに差し込んでください。
 
【質問】 キャップのケーブル径ぎりぎりの電線を通したいのですが、潤滑剤としてシリコンスプレーなどを使用してもいいですか?
【回答】 シリコンスプレーの含有成分の中には、樹脂製キャップと相性の悪い成分が含まれている可能性がありますので、ご使用はお勧めできません。

 
【質問】 キャップは、どこまでねじ込めばいいですか?
【回答】 プラグ本体のフランジ部分が、キャップの外縁部と同じぐらいの所になるようにしてください(下の写真をご参照ください)。これよりも奥にねじ込むと、樹脂製のキャップをいためてしまう可能性があります。キャップを取り付ける際には、締めすぎにご注意ください。


上記のPDF
 
【質問】 メーカーサイト
【回答】 http://cpi-tec.jp/cpi-wam800/
 
【質問】 透明部分に気泡のようなものがあります、不良です。
【回答】 メーカーは良品として出荷しています、大変もうわけございませんが、 不良ではありません。

 
【質問】 使用中にバッテリを使い切って電源が落ちた場合
【回答】 USB−ACアダプターやモバイルバッテリー等、電力のみを供給するUSBポートを使って充電を行い、復旧させてください。その後PCのUSBポートに接続してデータの読み出しを行ってください。

 
【質問】 Raspberry Pi B+のケースに入りますか?
【回答】 はい、専用ケースにごくわずかな加工をすることによって入れることができます。 クリア[P-08720]、ブラック[P-08721]、ホワイト[P-08722]に関しまして共通の加工方法です。 この加工は、Raspberry Pi 2 Model Bの基板に実装されているリセッタブルヒューズ(F1)と、 ケースが干渉しないようにするためにおこないます。

・加工箇所:底面シャーシのmicro-SDカードスロットわきにあるスペーサ
      スロットの開口部から見て、"oneninedesign"のロゴがある方です。
・加工方法:1〜1.5mmほどニッパーなどでカットします。
詳しくは下記のPDF資料をご参照ください。
ケースの加工について
 
【質問】 電圧が低いです。
【回答】 無負荷では低めに出ます、負荷をかけると電圧が上昇します。
 
【質問】 ワット数は低いのに動作しません。
【回答】 小電力の機器でも、瞬間に大きい電流を必要したり力率が 悪い装置は動作しないことがあります。
 
【質問】 テスターでAC100V表示になりません。
【回答】 テスターで100V表示にはならない理由は、 テスターが測定電圧が厳密な正弦波を前提として 設計されているためでインバーターの不良ではありません。 テスターで測定してAC100V表示するのは 正弦波インバーターだけです。
 
【質問】 端子台の極性が分かりません。どのようにすればいいですか?
【回答】 現在販売中のロットは、端子台から(ネジが上になるように)見て左がセンターピン側、右がGND側となっています(下の写真をご参照ください)。テスターをお持ちならば導通をご確認ください。
 
【質問】 組立について
【回答】 ●ボリュームの根元にある、出っ張り(ツメ)が邪魔になります、 お手数ですがニッパ等でお取りください。 (ケースに傷がつかないように慎重に行なってください。)
●電解コンデンサーを立てて取り付けた場合は 一度はずして横向きにつけなおしてください。
●ケースにガタが出る場合がございます。裏ブタに5mm程度のスポンジ等を あわせて入れていただきますと安定します。電池ボックスを両面テープで 固定するのもよいでしょう。
●ケース側のネジ山は、断面がCの字になっている為、 斜めに入りやすくなっています。持つ所が太いドライバーで まっすぐねじ込むように慎重にネジを回してください。細いドライバーの場合、 斜めにネジが入ってしまう事があります、無理にまわさないで戻してください。

 
【質問】 うまく貼ることができません。どうすればいいですか?
【回答】 貼り付けようとするもの(ペルチェ素子、放熱器等の被着体)の表面をきれいにしてください。油脂や汚れが付着していると、粘着力が弱くなってしまいます。
台紙(薄い黄色)をゆっくりと剥がし、気泡が入らないようにしっかりと貼り付けます(例としてペルチェ素子)。なお、真ん中の写真は台紙と透明なフィルムを同時に剥がしていますが、これは薄さと柔らかさをお示しするためのサンプル写真です。放熱対象品に熱伝導シールを貼り付ける前に透明シールを剥がさないようにしてください。
次に透明なフィルムをはがして、ペルチェ素子を放熱器に貼り付けます。このとき、両者を均等な力で押しつけるようにするのがコツです。
作業中は指で粘着面を触らないようにしてください。ピンセットなどの利用をお勧めします。また、非常に薄く柔軟性と延伸性が良いため、一度剥がしたものの再利用はお勧めできません。
 
【質問】 Raspberry Pi 2 Model Bにキセノンフラッシュや高出力レーザーポインターを当てるとリセットする際の対策(ケースの選び方)
【回答】 Raspberry Pi 2 Model Bにキセノンフラッシュや高出力 レーザーポインターを当てるとOSがリセットされ強制的に再起動し、 SDカードやその他の部品に悪影響が及ぶ可能性がございます。
(詳しい説明が載っている英語サイトです)
http://www.raspberrypi.org/xenon-death-flash-a-free-physics-lesson/
通常の環境下での太陽光やLEDフラッシュ、蛍光灯でリセットすることはござ いません。また、どうしても不安な際は、Raspberry Pi B+用 ケース(ブラック)(P-08721 を加工して頂だければ問題なくご利用いただけます。
 
【質問】 Linino ONEをArduino IDEで開発する場合について
【回答】 Linino ONEをArduino IDEで開発する場合は、Arduino IDE1.6.0をご使用下さい。
Arduino公式サイト(IDEダウンロードページ)
http://arduino.cc/en/main/software
ボードはArduino Yunを選択してご使用下さい、ポート接続時に無線で接続していると下記のように表示されます。


画像を拡大

 
【質問】 パワーLED(940nm) OSI5XNE3E1Eのドライバーを教えてください。
【回答】 最大電力で駆動する場合には、必ず適切な放熱をおこなってください。 下記の商品が該当いたします。
・定電流方式ハイパワーLEDドライバモジュール(3W1個点灯) M-04790
・定電流源IC(350mA) NSI50350A (5個入)I-08394 (1〜2個の並列接続で使用します)

なお、駆動時は強大な出力で赤外線を放射しています。発光そのものはヒトの目には見えませんが、LEDを絶対に直視しないでください
 
【質問】 電極の保存液は取り扱っていますか?
【回答】 弊社では、取り扱いがございません。 電極のメーカー(SAGA Electronic)に問い合わせましたところ、 3 mol KCL buffer solution (3モルの塩化カリウム水溶液) とのことです。

 
【質問】 DE-5000 三重苦の価格について
【回答】 DE-5000は1ドル76円台の時、当社の「一大決意で」 1万台の発注をしました。メーカー標準の付属品を 一切廃し、製品の梱包を簡素化して ほとんと原価に近い価格で販売しました。 うまく売れる自信も無りませんでした。 LCDメーターを販売している同業他社様から 大ブーイングでした。 販売当初、消費税は5%でしたが、 現在1ドル120円近くなり消費税も8%になっております。 発注数量が1000台ベースなので台湾出荷価格(USドル)が 前回よりも高くなっていることが大問題なのです。

(1)沢山買わないので仕入(USドル)価格が高い。
(2)為替が70円台から120円になっている。
(3)5%の消費税から8%になっている。
(4)輸送費も、USドル建(1.4倍)になっている。

また、高いから売れない→売れないから高くなる →高いから売れない→…といった悪循環も懸念されます。 このような三重苦の中、お求めやすい価格を実現できます様 今後とも努力させていただいと存じます。

 
【質問】 「ARP」は「AFF」が、「RESET」は「A!」返ってきますが、その他のコマンドを送信した場合、「A?」のエラー応答しか返ってきません。
【回答】 RS232C デジタルI/Oモジュール ANDDIOは、「ARP」と「RESET」は <CR>無しで返答がありますが、それ以外は、最後に<CR>を付けます。 <CR>は、パソコンのEnterキーを押します。

例えば
AHA50000は、<CR>無しですと、A?になります。

AHA50000<CR>にすると、AHA50000が返ってきます。
また、I/OのAが5000μ秒間 Hになります。

印刷説明書の「コマンドフォーマット」の説明を 説明をご参考にご覧いただきます様 お願いいたします。

ご使用のターミナルソフトによっては、<CR>の設定が 必要な場合がございます。 また、マイコンでコントロールしている場合は、<CR>として、 「0x0d」を送出する必要がある場合がございます。

 
【質問】 マル信無線電機のMX-345GLBが生産中止になり探しています。当商品がぴったりに見えます、使えますよね?
【回答】 お問い合わせ頂きありがとうございます。
基板のパターンが出来てしまいお困りのお客様から 使えたというご報告も頂いております。 しかし様々な使用条件があるかと思いますので 弊社としては「使えます」というご回答を 差し上げることができません。 大変申訳ございませんが、現品による検証や評価を 前提でご判断をお願いいたします。
 
【質問】 6直列(12V)にして使用した場合のCCAの値を教えてください。
【回答】 MSK150は通信機器用鉛蓄電池で、CCA(Cold cranking amperes)の値について規定がありません。 CCAは自動車などに使用される蓄電池の性能を示す指標です。 マイナス18℃にて放電30秒後の電圧が7.2V(JIS/SAE/BCI)、7.5V(EN/DIN)となる電流(A)値を示します。 低温環境下でエンジンを始動することができる放電特性ですから、 通信機器用鉛蓄電池には適用されません。なお、MSK150の最低使用温度はマイナス15℃です (通常使用温度範囲は、25℃±3℃です)。最大放電電流は750A(5秒)です。
 
【質問】 最新のArduino IDE(1.6.1)でプログラミングできますか?
【回答】 現時点(2015年3月16日)でArduino Zero ProをプログラミングすることができるIDEは1.5.8.3のみです。
こちらからダウンロードしてください。ダウンロードページ (arduino.orgにリンクしています)


 
【質問】 コンポジット出力端子より映像が映らない
【回答】 RaspberryPiのコンポジット端子は、 4極の3.5mmフォンジャックを使用して出力されます。

ピンはそれぞれ先端から、@左音声A右音声BGNDCビデオになります。 市販されております3.5mmジャック→コンポジット変換ケーブルをご利用さ れる際は、ピンアサインの確認をお願いいたします。
コンポジット端子ピン配置

 
【質問】 私のZEROPLUSロジックアナライザ(全機種共通)にはVerification Codeがありません、プロトコルをもらえないのでしょうか?
【回答】 現在Verification Codeが発行されなかった製品(S/N)に対してはコードの新規発行 は行われていません。但しある程度フリーのプロトコルが 提供されています、こちらをご検討ください。

http://www.zeroplus.com.tw/logic-analyzer_en/download.php

注意:メーカーサイトでダウンロードできない場合に限り下記をご利用ください。 最新版はメーカーサイトから入手してください。

lac_s31400_all.zip(2016.10.5掲載、380MB)
Protocol Analyzer_v10200.zip(2015.3.30掲載、17.5MB)

 
【質問】 つまみのサイズを教えてください。
【回答】 下記に実測値をお知らせいたします。
・つまみの寸法(実測値):高さ9.8mm、シャフト(短径)5mm/(長径)5.8mm、スカートφ9.0mm
 実装時のつまみトップまでの高さ15mm(基板面より)

 
【質問】 基板の端に薄い金属片(バリ)が付着しています。
【回答】 本製品は、端面スルーホールという特殊加工がされており、この加工によりユニバーサル基板などに面実装部品のように直接ハンダ付けができます。 この端面スルーホール加工ですが、基板加工時に切削屑が発生し易く、バリとして製品に残ってしまう場合がございます。 バリを極力発生させない加工方法をとる、発生してしまったバリは極力取り除く様努めておりますが、現状全てを取り除くことは難しく、お客様にはご心配、ご迷惑をお掛け致しまして申し訳御座いません。 付着している金属片は落下等で取り付け先の基板等のパタンを短絡する恐れがあります。 お客様にはお手数お掛け致しますが、ブラシ(歯ブラシ等)で軽く擦って取り除いてからご使用くださいます様お願い申し上げます。 (力をかけ過ぎますと、バリのみならず必要な部分までも取り除いてしまうことになりますので、ご注意ください)
 
【質問】 訂正のおしらせ<br />
【回答】 販売初期のロットで説明書内の28ピンTypeBのVcapの接続が間違っていました。正しくは下記の通りとなります。

クリックして画像を拡大 PDFで表示(Web用) PDFで表示(印刷用)

 
【質問】 出版社からのお知らせ
【回答】 ■■■重要なお知らせ■■■
2015年2月に「Raspberry Pi 2」が発売されました。
本書は「Raspberry Pi B+」を中心に解説していますが、
「Raspberry Pi 2」ユーザの方がそのまま本書を読み進めても、
ほとんど問題ありません。

「Raspberry Pi 2」に未対応のソフトや、OSのバージョンアップによる
手順の変更については、本書のサポートページで
公開していますので、ご参照ください。
ラトルズネット>コンピュータ 書>Raspberry Piで遊ぼう! 改訂第3版>サポートページ

【未対応のソフト一覧】(2015年2月時点)
●Chapter 4-5「Raspberry Pi を AirPlay の出力先にしよう」
 RaspBMCはRaspberry Pi 2に未対応のため、電源を入れても起動しません。
●Chapter 6-12「Raspberry Piを家電の学習リモコンにしよう」
 Raspberry Pi 2では、irsendコマンドで赤外線の信号を送信しても機器が反応をしません。
 ただし、リモコンからの信号の受信(取り込み) はできます。
●Chapter 7-2, Chapter 7-3, Chapter 8-5 WebIOPi全般
 WebIOPiの Ver.0.7.0、0.7.1 はRaspberry Pi 2には対応していないため、正常に動作しません。
■■■■■■■■■■■■
 
【質問】 Ver.2からの変更点
【回答】 ・基板レイアウトの見直し。
・ロータリーエンコーダーの変更
・半固定抵抗器をつまみ付に変更
※マイコンのプログラムと動作は変更ありません。

 
【質問】 日本語ドキュメント(メーカーサイト)
【回答】 http://www.epson.jp/prod/semicon/products/download/lcd_controllers.htm#lcd_controllers(新しいタブで開きます)
 
【質問】 テスターMS8221Cのhfeアダプタを使って2SC1815のhfeを測ると1000以上の数値が出る
【回答】 MS8221Cのhfeアダプタは、左からC(コレクタ)・B(ベース)・E(エミッタ)の順で並んでいます。 2SC1815や、2SA1015は、左からE(エミッタ)・C(コレクタ)・B(ベース)の順で並んでいますので、 hfeアダプタに差すと、図の様に足が交叉します。


★小信号トランジスタは、世界的にはC(コレクタ)・B(ベース)・E(エミッタ)の順が多いです。
 
【質問】 CR2016を二枚重ねにできますよね?
【回答】 弊社で確認いたしましたところ、一応、二枚重ねにすることはできましたが、 上の電池が黒いプラスチックからはみ出る形になります。ショートや電池の脱落に 注意して頂ければなんとか使えそうですが、メーカーはCR2032×1枚用として 設計しておりますので、最終判断はお客様にてお願いいたします。



 
【質問】 白LEDを付けてみました。大丈夫ですよね?
【回答】 弊社で確認したところ、VFが低目の白色LED抵抗無しで点灯しました。 ちょっとした実験等では使えそうですが、本来の電流での明るさと比較すると かなり暗いです。中には光らない白色LEDもあるかもしれません。 また、LEDの耐久性、電池の持続時間、安全性といったこともありますので お客様にて実験していただきご判断頂ければと思います。



 
【質問】 動作検証結果
【回答】 ・PC:Panasonic CF-LX3VECBR
・OS:windows8.1 Pro Update 64bit
・ソフト:ゼンリンZi17体験版

・PC:Panasonic CF-S10DENDP
・OS:windows7 Pro 32bit
・ソフト:昭文社スーパーマップルデジタル15体験版

・PC:Panasonic CF-SX3VEYBR
・OS:windows8.1 Pro Update 64bit
・ソフト:Google Earth

わかり次第順次追加予定


※Goole EarthはCOMポートを指定できないため、デバイスマネージャーでGPS以外のCOMポートを無効にする必要があります。

 
【質問】 GPSモジュールをパソコンにつなぎましたが認識されません。
【回答】 ドライバーソフトは付属CDに収録したものをインストールしてください。 GPSモジュールをつないだ状態でもかまいません。

 
【質問】 従来品との相違点
【回答】 ・GPSエンジンがSkyTraqからSiRFになりました。
・USBシリアル変換チップがProlific製からSTマイクロ製になりました。
・付属ソフトがPhototaggerからCanwayになりました。

 
【質問】 新しいファームウェアはありますか?
【回答】 はい、ロットによってファームウェアのアップデートができるものがあります。 対象製品は下記のシリアル番号とファームウェアバージョンです。("Utility"ボタン⇒"H5"ボタンで表示されます)
◆対象シリアル番号範囲: SDS60621408000〜SDS60621408999
◆対象ファームウェアバージョン: 3.6
アップデート用ファイルは下記からダウンロードできます(約47MB)。
SDS6062_V3.9.2.rar (Windows 7以降でPatchの実行をおこなってください)
アップデート方法は、ダウンロードファイルに同梱されているPDFをご覧ください。ファームウェアのアップデートには、動作の安定したPCをご用意ください。アップデート中に障害が発生すると、修復できない障害がSDS6062に発生することがあります。 アップデート後のバクフィクス版はV3.9.2となります。なお、ファームウェアのアップデート内容は、一部動作不具合の修正です。


 
【質問】 CanWayでエラーが表示される(ユーザー登録が出来ない、地図が表示されない)
【回答】 最新のCanWay1.1.12で改善されております。 最新のバージョンをインストールを行うと、解消されます。
CanWay_1.1.12_20180817.zip
 
【質問】 +、−の穴がたくさんあります、どうすればいいですか?
【回答】 特に決まりはございません、ご用途に応じてお好きな場所にはんだ付けをしてください。 取付けないで使用して頂いても構いません。下記写真はブレッドボードの電源ラインに スムーズに電源供給できるようにピンをはんだ付けした製作例です。アイデア次第でいろいろとご活用ください。



 
【質問】 ソーラーパネルの裏にあるボックスから、もっと太い線で配線してもいいですか?
【回答】 はい、お客様がご用意された配線材をお使いいただくことは可能です。 お客様ご自身で配線される場合には、下記の点にご配慮いただきますようお願いいたします。
@雨水が電線を伝わってボックス内に侵入しないよう、適切な防滴対策を施してください。
Aソーラーパネルにつながる端子の極性をテスターで必ず確認してください。
 (ソーラーパネルの表面に明かりを当てて、テスタの電圧レンジでプラス/マイナスをチェックしてください。なお、ボックス内部の配線色は赤色がプラスと定義されていない場合がございます)
 
【質問】 機器との接続について注意することはありますか?
【回答】 ・お手持ちのスマートホンに使えるかどうかは、 スマートホンの取扱説明書でご確認ください。
・USBコネクタが奥まっているスマートホンの場合、 周囲が干渉しないかデータシートでご確認ください。
・光学ドライブやハードディスクドライブ(HDD)のように大電流を使用する機器では、 ケーブルの内部抵抗が原因で動作が不安定な場合があります。
 
【質問】 メモリーがいっぱいになるとどうなりますか?
【回答】 軌跡データ用の内部メモリーが一杯(100%)になると、衛星捕捉時に緑色LEDが高速(約毎秒4回)点滅し続けます。
新たに軌跡データをロギングするためには、専用ソフトウェア(CanWay)でデータをPCに保存し、「ロガー設定」からメモリーをクリアしてください。なお、GT-730F/L(SiRF)に記録されている特定のデータだけを指定して消去することはできません。
メモリーの使用量(0%〜100%)は、CanWayの「ロガー設定」で確認することができます

 
【質問】 トランジスタやICの冷却テスト等に使うことはできますか?
【回答】 電子部品の冷却には向いていません。 スプレー直後は、水分が含まれているため絶縁性が低く、 乾燥後にはパウダーや香料等の不揮発性成分が微量の残渣として残ります(弊社テスト結果)。 本商品は暑さ対策用のスプレーです。タオル等の布地に噴霧することによって冷涼感を得ることができます。布類の材質・色調によってはシミになることがあります。あらかじめ目立たない場所で試してからご使用ください。その他、「使用上の注意」は商品の印刷をご確認ください。
 
【質問】 出力電流が最大3Aの可変電源を作りたいのですが、どんなブリッジダイオードがいいですか?
【回答】 電気的な仕様では、GBU4J(600V 4A)通販コード I-00129が適しています。 専用基板の穴径が小さいので、穴を1.3mmに広げるか、リード線を使って配線してください。最大3Aを連続して出力する場合には、ブリッジダイオードも放熱する必要があります。

 
【質問】 付属ディスクが読めません(またはドライブがありません)
【回答】 お手数ですが、下記よりダウンロードをしてください。

BenchScopeSetup.zip(7.31MB)

※Windows7/8/8.1機ではBenchScopeを接続した状態で Connect to COMボタンを押すとソフトが暴走して 終了できなくなりますのでご使用にならないでください。

 
【質問】 センターピンが少し動くようなのですが大丈夫ですか?
【回答】 電気的な導通・接触性は十分に安定しています。 弊社では25年以上販売をしている定番の商品です。 問題なく安心してご使用いただけます。 本商品は、ACアダプタのプラグ口径が負荷側のジャックに合わないとき、 少しの間ご使用されるのにとても適しています。
電源プラグの接続信頼性が長期的に求められる場合には、 ACアダプタのプラグを負荷側ジャックに適合させるか、 負荷側ジャックをACアダプタのプラグに適合させるかの加工を お勧めいたします。

 
【質問】 パッケージの中に3粒の半導体が見えますが、2色なんですか?
【回答】 はい、静電気に弱い青色LEDを保護するための素子を含めて3個の半導体がパッケージ内にあります。パッケージの中に見える真っ黒のダイ(半導体チップ)は、赤色LEDです。 残りの2個のうちカソードに近い側に見えるのが青色LEDで、アノードに近い側に見えるのが保護素子です。

 
【質問】 リード線が変色しているとは、どういうことですか? どうすればいいですか?
【回答】 リード線の金属は空気に含まれている酸素にさらされると、 薄い酸化膜に必ずおおわれてしまいます。はんだ付けの際は、 はんだ(電子部品用共晶はんだ)の中に配合されているフラックス によってリード線の酸化膜が除去されます。 これによって、はんだがなじみます。 金メッキ処理されているリード線は酸化膜が形成されないので、 一般的には良好なものと考えられています。しかしながら、 航空宇宙用では金と鉛よりも、鉄とニッケルの合金と鉛の方が強固にはんだ付けされます。 金メッキが邪魔な場合には削ったりします。これと同じようにリード線の酸化膜を砂消しゴムや紙やすり、 コピー用紙などではんだ付け直前に削り取れば、 よりよくはんだ付けをすることができます。

 
【質問】 8番ピンと9番ピンがユニバーサルボードやブレッドボードの穴に入りません。どうやって使ったらいいですか?
【回答】 電子部品のピン配列は、2.54ミリピッチで設計されていない場合がございます。 (本商品はブレッドボードで使用されることを前提として、設計されておりません。 電機メーカでは、専用の基板を設計して実装するのが通例です。HDR12003につきましては専用基板を使用したキット K-07372 がございます。)
ホビーユースといたしましては、次のような使い方の例がございます。
・HDR05003/HDR12003の天面を2.54ミリピッチユニバーサルボード等に接着し、ピンから電線で空中配線し回路を構成する。
・2.54ミリピッチでない8番、9番ピンに合うような穴を2.54ミリピッチのユニバーサルボード等に開けて実装し回路を構成する。
・8番ピンを5番ピン方向に倒し、9番ピンを3番ピン方向に倒し、それぞれスズメッキ線などで配線しておきます。下の写真をご参照ください。これによって、1番から7番のシングルインライン素子として2.54ミリピッチのユニバーサルボードや、ブレッドボードに実装することができます。


 
【質問】 1枚での販売はありますか?
【回答】 銅箔面はとても酸化しやすく、工場で切断してからただちにパック詰めしています。また、基板素材の切断面は、鋭利なため安全面からもパックをしております。パック費用も考えますと1枚単位では単価を下げることがむずかしく、お求めいただきやすい価格といたしまして、10枚1パックにて販売しております。真空パックにする際、大きな力が基板にかかるため慎重に調査しております。現在1パック2~3枚程度にできないか調査を進めております。

 
【質問】 レンズの仕様を教えてください。
【回答】 付属レンズの仕様は下記の通りです。
・焦点距離(f):3.6mm
・アパーチャ(F値):2.0
・視野角:90°
・レンズマウント:M12×0.5

 
【質問】 TDKラムダ製RWS50Bシリーズ回収のお知らせ
【回答】 TDKラムダ製RWS50W製品下記3種にて不具合の可能性があります。
M-09086 RWS50B-5
M-09087 RWS50B-12
M-09088 RWS50B-24

■対象ロット
5(T)
1S
ロット判別場所

これ以外のロットは問題ありません。

該当ロットをお持ちの場合は誠にお手数ですがご連絡くださいます様お願いいたします。 折り返し回収・修理についてご案内いたします(一度製品をお預かりしてメーカーで修理を行いお返しする形になります)。

お問い合わせ入力フォームはこちら
※件名(タイトル)は「RWS50Bシリーズ回収」をお選びください。

 
【質問】 電源の基板にある半固定抵抗で出力電圧を調整していたら、突然出力が出なくなりました。 AC100V入力をOFFにしてしばらく待ってONにしても、出力されません。 壊れてしまったのでしょうか?
【回答】 過電圧保護(OVP)機能によって、安全のため出力が停止されている可能性が高いです。下記の方法によってリセットしてください。
@電源装置のAC100V入力を遮断します。
A出力電圧調整VRをほぼ半分のポジションに設定します。
BAC100V入力遮断から数分待って、AC100Vを入力します。
C所定の電圧になるよう出力電圧調整VRをゆっくりと調整します。
 (出力電圧調整VRによって定格出力電圧の可変上限値を超過すると、再びOVPが起動します、この場合には再度@〜Cの手順でリセットしてください。)
なお、過電圧保護機能の詳細については商品ページの取扱説明書(PDF)をご参照ください。

 
【質問】 Arduino Yunの動作確認方法を教えてください
【回答】 資料としてまとめました、下記をご確認下さい。
Arduino Yun動作確認方法

 
【質問】 NSSW157Tとの違いについて
【回答】 NS2W157ARTは当社販売中のNSSW157Tのパッケージに2チップ入ったLEDです。 高効率で52ルーメンの超高輝度が得られます。 NSSW157Tが最大200mAまで流せるのに対してNS2W157ARTは 最大でも120mAとなっています。放熱に注意してご利用ください。

参考 NSSW157Tデータシート
 
【質問】 カタログや外箱に示されている回路は、どのような動作をするのですか?また部品を教えてください。
【回答】 オーディオアンプの出力を表示させる半波整流型の簡易メータ回路です。 D1はゲルマニウムダイオードまたは小信号用ショットキバリアダイオード使用します。 下記の例ではBAT43[I-08760]を使用しました。 2Vp-p(1kHz正弦波)入力時に、抵抗(R1)=0Ωで約0dBを示します。 パワーアンプの出力に直接つなぐ場合のR1は、下記が大よその目安です。
例: (1kHz正弦波にて8Ωのスピーカを駆動している場合)
2W⇒2kΩ[R-25202]、 5W⇒3.9kΩ[R-25392]、 10W⇒6.8kΩ[R-25682]、 20W⇒10kΩ[R-25103]
(いずれも1/4W抵抗)
なお、ラインレベルのオーディオ信号を表示させる場合には、オペアンプなどによるVUメータ駆動回路を前置してください。


 
【質問】 LR54は大きさが似ているから使えますよね?
【回答】 弊社で確認いたしましたが、直径が小さいために電池がホールドされないばかりか、ショートしますので使用することはできません。P-00707でしたら電池が しっかりホールドされ、ショートもありませんでしたのでご使用することができます。
 
【質問】 hFEや性能のランクで「O」、「Y」、「GR」、「BL」、「V」という記号がつかわれていますが、何か由来があるのですか?
【回答】 古くは、hFE(直流電流増幅率)の違いで複数の型番が割り振られていましたが、後に本体頭部に付されたインクによるドット(点)で分類されるようになりました。現在では、このドットに使用された色の英単語(の頭文字)がhFEの分類記号として使用されています。
[O] Orange(橙)
[Y] Yellow(黄)
[GR] GReen(緑)
[BL] BLue(青)
[V] Violet(紫)
 
【質問】 HDCPに対応していますか?
【回答】 対応していません。
 
【質問】 買った電池を充電器につないだらすぐにチャージアップした(満充電になった)
【回答】 お買い上げ直後は満充電かそれに近い状態です。 ですからすぐに満充電になります、充電器の不良ではありません。
 
【質問】 充電器の電圧をテスターで測ったら14V(12V電池の場合)ありません、不良ではないでしょうか。
【回答】 鉛充電池をつないで充電をしないと電圧は上がりません、 保護回路が入っている充電器では元々そのように設計されています、 充電器の不良ではありません。
 
【質問】 オゾンについて
【回答】 紫色LEDですが、紫外線も発生しています。 空気中の酸素と光化学的に反応してオゾンが発生します。 オゾン(O3)は酸素(O2)に比べて肺に取り込みやすく 呼吸困難になり危険です。
 
【質問】 キットの製作代行
【回答】 トライステート社では「トライステート社製品」に限り、キットの製作代行を行っております。詳しくはトライステート社へお尋ねください。
 
【質問】 測距範囲外になると、どのような動作をしますか?
【回答】 測距範囲外(反射時間約10ms以上)になると、エコー出力がHを保持します。距離センサーの電源を切ってリセットしてください。

 
【質問】 逆さにすると気泡が見えますが、大丈夫でしょうか?
【回答】 下向きにして気泡が見えなければ問題ありません。
 
【質問】 USBファームウェアはどこから入手するのですか?
【回答】 下記URLにダウンロードのリンクがございます。
USBファームウェアのファイル名は、" usbfirmKAEDE_20150727.mot "です。 (ルネサス社ヘのリンクです)

 
【質問】 USBバスパワー給電からAC-DCアダプタ(9V 2.0A)給電にすると、極端に動作が遅くなり、WiFiが接続できなかったり、接続できても極端に遅くなります。対策方法はありますか?
【回答】 インテル社では、最新のファームウェアのアップデートを推奨しています。シリアル通信および、WiFi通信関連のバグが修正されています。下記URLをご参照ください。
メーカーチュートリアル ページ(英文) (インテル社へのリンクです)
ページの最後にそれぞれのOSに合わせたファームウェアのアップデート方法が記載さ れています。
※ファームウェアをアップデートすると、Edisonに保存されていたファイルが 削除されます。必要なファイルは、アップデート前にバックアップ・コピーしてください。
弊社での検証では、ACアダプタ9V 2.0A(M-02193)を使用し下記の結果が得られました。
◇旧ファームウェア: WiFiの動作が遅い   ◇新ファームウェア: WiFiの動作良好

 
【質問】 タブレット端末からデジカメの写真画像にアクセスするには、どうしたらいいですか?
【回答】 下記にご紹介するメーカーサイトに説明がございます。
Android端末で設定する場合
 [専用のアプリもございます、Google Play にて"FlashiAir"で検索し、インストールしてください]
iPhone / iPadで設定する場合
 [専用のアプリもございます、App Store にて"FlashiAir"で検索し、インストールしてください]

 
【質問】 Pickit3が対応するマイコンの一覧はありますか?
【回答】 Windows PCの場合でご説明いたします。 使用されているIDE(開発環境)によって異なりますが、IDEインストール時にターゲットデバイス対応一覧表(Device Support.htm)がプログラムファイル(Program FilesまたはProgram Files(x86))に配置されます。標準的なインストールではMicrochipホルダ下の該当IDEに展開されます。「ファイルの検索」から"Device Support.htm"をキーワードとして検索しても参照することができます。

 
【質問】 どのようにして製造しているのですか? どこが難しいのですか?
【回答】 通常の基板製造工程に加えて、次のような工程が加わります。
・はんだレベラ工程では、溶融した鉛槽に基板全体を浸け、 ひきあげる時にエアを吹き付けて余分なはんだを除去します。 0.1ミリ厚の基板では、槽に浸すときとエア吹き付ける時に曲がら ないようにするために専用の補強ガイドに取付けて工程をすすめます。 これは元となる基板1枚1枚におこないます。
・元となる基板から小分けして切断する際に切断精度を保つために、とても高度な技術を必要とします。 この2枚一組をさらに半分に分割してBタイプ基板サイズに切断すると、 さらに製造コストが増してしまうことから、現在のサイズでの販売とさせていただいております。

 
【質問】 Vカットできないのですか?
【回答】 0.1mm厚の基板は、製造上の制約によりVカット加工をすることができません。Vカットするためには、片面0.15mmの切り込みを必要とします。両側から切り込みを入れるため、一般的には基板厚0.5mm以上でないと、安定して生産することができません。
 
【質問】 20A整流ではないのですか?
【回答】 SBRT20U100SLPを4個使用してブリッジ整流回路(全波)にしてあります。 SBRT20U100SLPは個別単体で1個半波整流をした時、最大20Aを保証してあります。 4個使用して全波清流(ブリッジ)では2倍の40Aまで整流できます。 ですが、最大出力で使用するのではなく、10A程度でお使いになると 一般的なシリコンブリッジ整流器に比べてロスは1/3となり良好です。 最大の弱点は、高温で使用すると漏れ電流がとても多くなります。 ケース温度(Tc=70℃)ぐらいならVF=0.45V(漏れ電流1mA以下)で良好です。
 
【質問】 レーザー加工で穴あけしたいのですが、樹脂の素材は何ですか?
【回答】 SKシリーズ(SK-5/7/13/16)の透明プラスチックケースの樹脂素材はポリスチレン(PS)です。

 
【質問】 HD44780コンパチのキャラクタLCDを使用するスケッチを作りArduino MOにダウンロードしたところPCと通信できなくなってしまいました。壊れてしまったのでしょうか? 直す方法はありますか?
【回答】 現在の開発環境 Arduino 1.7.6で、liquid crystalライブラリを使用してArduino MOにプログラムを書き込むと、PCから仮想COMポートとして認識されなくなります。PCから認識されないために、書き込みができなくなります。下記の修復方法を実行してください。
■修復するには
Arduino M0基板のリセットSWを押した直後の約5秒間は、"Arduino ZERO Native Port" として仮想COMポートに認識されます。この間にArduino M0へ「内容の無いスケッチ(新規ファイルのデフォルト構文)」または「Blink(Lチカ)」を書き込む事で、正しく認識されるようになります(修復されます)。
☆リセットSWを押すタイミングは、スケッチのコンパイルが終了して、「マイコンボードに書き込んでいます…」のメッセージが出た瞬間です(プログレスバーが約90%進行したあたりです)。
■現時点での対策
liquid crystalライブラリを使用しないでください。LCDはI2Cタイプのモデルをご使用ください。

 
【質問】 HD44780コンパチのキャラクタLCDを使用するスケッチを作り、Arduino MO PROにプログラミングUSBポートから書き込んだところ、新しいスケッチを書き込むことができなくなってしまいました。壊れてしまったのでしょうか? 直す方法はありますか?
【回答】 現在の開発環境 Arduino 1.7.6で、liquid crystalライブラリを使用してArduino MO Proに"PROGRAMMING"USBポートからプログラムを書き込むと、EDBGとATSAMD21G18A間で通信ができなくなってしまいます。
PCのデバイスマネージャには、"Atmel Corp. EDBG USB Port"として認識されていますが、スケッチをコンパイルして書き込もうとすると、 IDEのメッセージ欄に「シリアルポート「** Unable to reset target **」が選択されていますが、そのポートは存在しないか、マイコンボードが接続されていません。」と表示されます。
このため新規スケッチの書き込みができなくなります。下記の修復方法を実行してください。
■修復するには
修復には、"NATIVE USB" ポートを使用します。 Arduino M0 Pro基板のリセットSWを押した直後の数秒間は、"Arduino M0 PRO (Bootloader Mode) Native Port" として仮想COMポートに認識されます。この間にArduino M0 Proへ「内容の無いスケッチ(新規ファイルのデフォルト構文)」または「Blink(Lチカ)」を書き込む事で、EDBGとATSAMD21G18A間の通信が戻ります(修復されます)。
☆リセットSWを押すタイミングは、スケッチのコンパイルが終了して、「マイコンボードに書き込んでいます…」のメッセージが出た瞬間です(プログレスバーが約90%進行したあたりです)。
■現時点での対策
liquid crystalライブラリを使用しないでください。LCDはI2Cタイプのモデルをご使用ください。

 
【質問】 天津の爆発事故の影響について
【回答】 天津の爆発事故により製品の供給に影響が出る可能性が出るとメーカーより 連絡がございました。安定供給できるよう 早めに発注をかけておりますが、 新たな情報が入り次第製品ページにてご案内させていただきます。 ご心配をお掛けして大変申訳ございません。
 
【質問】 秋葉原店で導電スポンジを購入したことがありますが、サイズや価格の違いはありますか?
【回答】 秋葉原店・八潮店での店舗限定販売品(価格100円)は、約10x25cmサイズです。 店舗で50p×50pの大判から10枚カットしていました。 P-09709(約10x20cmサイズ)より長手方向に5p大きいサイズです。 P-09709と店舗限定販売品との面積比が、4:5ですので80円で販売いたします。 カット品を継続的に大量仕入れいたしますので、安定してご提供し続けることができます。 なお店舗限定販サイズは店頭在庫限りで終了させていただきます。

 
【質問】 どうして27mmは極端に安いのですか?
【回答】 メーカー様と弊社との企業努力によりこの度当商品を お求めやすい価格を実現することが出来ました。
 
【質問】 内部抵抗値を教えてください。
【回答】 下記の通りになります。 内部抵抗値一覧(PDF)
 
【質問】 GP-102とGP-102+に違いはありますか?
【回答】 GPSロガー「G-POTER GP-102」に、CD-ROM(ソフトウェア&マニュアル)が同梱されているモデルがGP-102+です。従いまして、GP-102とGP-102+の違いは、CD-ROMが添付されているかされていないかの違いで、そのほかに違いはありません。GPSロガーの本体銘板には[GP-102]、商品の箱には「GPS-102+ Unit」との記載がございます。また、マニュアル類の表記には[GP-102]と[GP-102+]が混用されている場合がございますが、[GP-102]=[GP-102+]とお読みください。
 
【質問】 Analog DiscoveryをPCに接続してWaveFormsを起動した際にエラーが表示される。
【回答】 Analog DiscoveryはUSB3.0に未対応の為、WaveForms を起動した際に、以下のエラーが表示されます。

    Device configuration failed.
    Please check the USB cable connections.
    For further troubleshoothing consult the Help.

    DptiIO failed ERC:7
    Device configuration failed(PLL1)
    Device configuration failed.


対策としましては、USB3.0の先にUSB2.0のUSBハブを接続し、その先にAnalog Discoveryを接続すれば、USB2.0に接続さている状態になり、起動時のエラーが無くなります。
 
【質問】 訂正のお知らせ
【回答】 説明書に間違いがございました、商品ページのPDF資料は訂正済みとなっております。
ソルダレスLEDフラッシャー_改訂説明

 
【質問】 JYE TechのDSO138はR11が150Ωです、しかし本商品は1.5kΩです、間違っていませんか?
【回答】 本商品(Sain Smart製、K-09628)では、150Ωを使用しません。 1.5kΩ2本は、R11、R38として使用いたします。 部品リストにつきましては下記PDFをご参照ください。
PDF組立説明書

 
【質問】 テープのニオイがちょっと気になります。これは仕様でしょうか?性能や環境に悪い影響はないのでしょうか?
【回答】 仕様に関しましては、商品ページに掲出しております下記データシート(PDF)をご参照ください。仕様といたしましては、臭気に関する記述がございません。
http://akizukidenshi.com/download/ds/wangcheong/IT9000.pdf
なお、本商品はRoHS(Restriction of Hazardous Substances)およびハロゲンフリー(Halogen-Free)に適合しております。安心してご使用ください。
・RoHSに関しては、RoHS指令に基づく次の要件を満たします。鉛: 1,000ppm以下/ 水銀: 1,000ppm以下/ カドミウム: 100ppm以下/ 六価クロム: 1,000ppm以下/ ポリ臭化ビフェニル (PBB): 1,000ppm以下/ ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE): 1,000ppm以下
・ハロゲンフリーに関しては、IEC 61249-2-21、SONY SS 00259第5版、EN-14582に基づく次の要件を満たします。塩素: 900ppm以下/ 臭素: 900ppm以下/ 塩素と臭素の合計量: 1500ppm以下
 
【質問】 市販のDACに内蔵されているオペアンプ(NE5532P)をMUSES01に換装したところ、 小音量でも音が割れてしまいます。MUSES01が壊れているのでしょうか?  MUSES8820Dはうまくいきました。
【回答】 MUSES01の動作電源電圧[4ピン(V-)/8ピン(V+)]Voprは、±9V〜±16Vです。 MUSES01に給電されている電圧をテスター等でご確認ください。 片電源で駆動する場合には、18V以上の電源電圧を必要とします。 また、MUSES01は接合型電界効果トランジスタ(J-FET)が入力初段に使われています。 DACの回路がJ-FET入力のオペアンプに対応しているか、ご確認ください。
MUSES8820DのVoprは、±3.5V〜±16Vです。片電源で駆動する場合には、7V以上あれば安定して動作いたします。内部のトランジスタ構成は全段バイポーラ接合型トランジスタです。
 
【質問】 TO-92型ダーリントントランジスタのご要望につきまして
【回答】 お客様のご要望(リクエスト)でTO-92パッケージのダーリントントランジスタということでしたが、日本ではイサハヤ電子様の商品のみ流通しております。価格的には30円程度します。より大きくて使いやすいTO-126の東芝製が、PNP、NPN共25円で販売できるのでこちらを販売することといたしました。
 
【質問】 Voucherの使い方を教えてください。
【回答】 ■ Voucherの使い方
@Xilinx社のWebサイトでご自分のアカウントを作ってください。
 http://www.xilinx.com
A下記のURLにアクセスして、サインインしてください。
 http://www.xilinx.com/getlicense/ ⇒ Product Licensing のページが開きます
(登録の住所を日本とした場合、米国輸出規制に関するメッセージ表示が出ることがあります)
 [NEXT] をクリックします。⇒Product Licensing のページが開きます。
B"Have a Voucher to Redeem? "の 下欄に  Voucher コード [xxxx-xxxxxx-xxxx-xxxxxxxxx (4桁-6桁-4桁-9桁)] を入力して[Redeem Now] をクリックします。

ご注意:ライセンスシートに記載されている Voucher コードは1回のみ使用することができます。

 
【質問】 LEDが連続して点灯してしまうのですが、ICが壊れてしまったのでしょうか?
【回答】 LEDの種類によって、点灯し続ける場合がございます。この場合には、LEDの[アノード]と電源[プラス]の間に50Ω(51Ω)程度の抵抗を直列に入れてください。

 
【質問】 小型と中型のサイズ比較資料はありますか?
【回答】 右記のPDF資料をご参照ください。 サイズ比較資料

 
【質問】 製品に組み込みたいのですが、安定に供給されますか?
【回答】 まことに心苦しいのですが、この商品はメーカーの生産が終了となっております。弊社の在庫限りのご提供となりますので、安定的な供給ができません。ホビーユースとしてお使いいただくお客様向けの商品でございます。

 
【質問】 USBの専用ケーブルはどのようにして接続すればいいですか?
【回答】 専用USBケーブルのフェライトコアに近い側をオシロスコープに接続します。PC側はフェライトコアにつながる太いケーブルを接続します。ここからに分岐された細いケーブルとコネクタは、電源サブ供給用です。安定な測定のため電源サブ給電もご使用ください。
 
【質問】 組立説明書(商品添付)の誤植と訂正につきまして
【回答】 【使用例1:回路図】のC3とC4を下記のように訂正いたします。
C3⇒C4、C4⇒C3と読み替えてください。なお、コンデンサの容量はいずれも0.1μF(104)で、変更はございません。 なお、PDFファイルにつきましては訂正済みです。

 
【質問】 BNCコネクタのロックがかかりません。どのようにすればいいのですか?
【回答】 下の写真をご覧ください。

 
【質問】 J9から給電してしばらくすると、3つのFAILが出てしまいます。故障ですか?
【回答】 電源投入直後にテストモードに入ります。 テスト項目はAcc, Flash, Temp, RTC, Trimpot, Cap, Button, Imagesです。
このうちTrimpot, Cap, Buttonは基板に実装されている半固定抵抗、Capセンサ、 スイッチを操作することによってテストが完了します。 RTCテストがPASSした後、液晶の最下段にRUN: Trimpot が表示されたら 半固定抵抗(R22)を最大⇒最少(または最少⇒最大)に回します。 同様にRUN: Capsenseが表示されたらCapセンサすべてに触れます(順不同)。 RUN: Buttonsが表示されたらSW2〜4を押します(順不同)。 すべてのテスト項目が正常に終わると Result: PASSEDが表示されます。 テストのやり直しは、リセットスイッチ(SW1)を押してください。

 
【質問】 VC1とL1の数値を教えてください。
【回答】 弊社による実測結果を下記にお示しいたします。
コンデンサ(VC1)の容量: 1pF〜120pF
 (基板実装後には、数pF〜10pF程度の浮遊容量が加算されます)
バーアンテナ(L1)のインダクタンス: 750μH
計算上の並列共振周波数(F0)は、約1800kHz(@VC=10pF)〜520kHz程度です(@VC=120pF)。
(F0=1/2π×(LとCの積の平方根)

 
【質問】 オリジナルの旧モトローラ(オンセミコンダクタ)の外形を見ると厚ぼったいTO−3の外形をしていますが
【回答】 世界で最も製造されたTO−3金属ケースのトランジスタはモニターテレビの水平対向ドライバ用でした。現在もこのタイプのTO−3が余っているのでこれを使って作っています。ペースとエミッタ間の丸い大きな絶縁スペースは耐圧が1000V必要な超高耐圧トランジスタのためのものです。
 
【質問】 テープの抵抗値の測定条件を教えてください。
【回答】 電気抵抗値[0.04Ω/平方cm]は、テープの表裏(銅箔面と接着面)を電極で挟みこみ、3.43N/平方cmの加重をかけ、0.1Aの電流を流して電圧を測定し、その結果から導かれた計算値です。メーカーの試験により測定した一例であり、保証値ではありません。
 
【質問】 2.54ミリピッチのスルホールに連続して接続することはできますか?
【回答】 2.54ミリピッチの近接スルホールに連続してテストピンを使用する場合には、1ピンごとに表/裏から交互に挿入してください。
 
【質問】 Windows8/8.1/10対応状況
【回答】 付属CDのドライバソフトは8/8.1/10に対応していません。PCがインターネットに接続されていればPCのUSBポートに接続するだけで自動的にドライバソフトがインストールされます。FTDIの仮想COMポート(VCP)ドライバを一度インストールしたPCならインターネットにつながっていなくても自動的にインストールされます。インターネットに接続されていない環境で、FTDIのVCPドライバソフトを一度もインストールしていないPCの場合はFTDI社からドライバソフト(VCP Drivers)をダウンロードして入手の上インストールしてください。インストールが終われば仮想COMポートとして認識されます。
FTDI社サイト
http://www.ftdichip.com/
 
【質問】 GPSSportsのマップ(地図)が表示されない現象につきまして
【回答】 GPSSportsの開発メーカが保守をやめてしまったため、大変お手数ですが、 Canwayを追加でインストールしてください。
手順は下記PDFをご覧ください。
GPSSports_map_problem.pdf
 
【質問】 使用開始直後の電圧が低いのですが、保管中に自己放電してしまったのでしょうか?
【回答】 塩化チオニルリチウム電池の自己放電は従来の電池に比べて著しく小さくなっています。これは負極リチウムの表面に塩化リチウムの皮膜が形成され、正極との反応を防いでいるためです。貯蔵後初めて放電する場合、この塩化リチウムの皮膜抵抗により、放電開始時に一時的に電圧が低下することがあります。その時の最低の電圧を過度最低電圧と呼び、温度が低いほど、また、放電電流が大きいほど低い電圧を示します。(過度最低電圧は電池の保存期間、保存条件によっても大きく影響を受けるため、機器設計時には十分この点に配慮する必要があります。)
 
【質問】 付属のTO−3用シリコンラバーシートのサイズが合いません
【回答】 TO−66用の絶縁ラバーシートは入手困難となっております。
その為、大は小を兼ねるとのことでTO−3用のシリコンラバーシートをお付けしております。
誠に申し訳ございませんが、適宜ご加工の上ご使用ください。
 
【質問】 類似商品に比べ、価格が高い気がするのですが
【回答】 類似の商品で低価格を実現しているものは、 大量生産・大量発注が可能な商品になります。
こちらの商品は今現在、少量の生産・発注となっておりますのでご案内の価格でのご提供となります。 誠に申し訳ございませんがご理解ご了承の上、 ご検討ください。
 
【質問】 シャフトに付いている四角い部品を取ることはできますか?
【回答】 電工用のニッパを使用して切断することができます。下記の手順でおこなってください。(下記の写真をご参照ください。)
@ 金属部品をセロハンテープで包むようにします。[写真・左](切断時の飛散防止)
A 電工用のニッパで部品の真ん中部分を切断します。[写真・中央]
B このようにシャフトに傷をつけることなく取り外すことができます。[写真・左]

 
【質問】 ユーザー登録しないで使用できるプロトコルはありますか?
【回答】 ユーザー登録なしで使用できるプロトコルセット(20プロトコル)はこちらです。
Protocol_Analyzer_v10200.zip
プロトコル一覧:I2C, SPI, UART, MCU-51, ARTTMETCAL LOGIC, DIGITAL LOGIC, UP DOWN COUNTER, LED Pitch Array, 1-WIRE, 3-WIRE, CAN 2.0B, IRDA, JTAG 2.0, LCD1602, LIN2.1, MANCHESTER, MICROWIRE, MILLER, PS/2, USB 1.1
 
【質問】 ArduinoUNO Rev3や、Leonardoで使用できますか?
【回答】 問題なく使用できますが、ArduinoUNOのRev3になった際にピンが4本追加されました。 一般的な使い方では問題ありませんが、以下の信号を使用する際はP-07555をお薦めいたします。
・AD5/SCL
・AD4/SDA
・IOREF
 
【質問】 2SC1815BLは無いんですか?なんかピン配置が違うのですが…
【回答】 私共も2SC1815BLは簡単に調達できると考えておりましたが、 残念ながら調達が困難で、やむなく当製品を取り扱いました。 ピン配置はEBCとなってしまいますが、 hFEは2SC1815BLの範囲をカバーしておりますので是非ご検討ください。
FairchildがON Semiconductorが合併しました、今後価格面で影響が出る可能性も否定できません。 現時点ではUnisonic等のサードパーティーのメーカーで hFEの高いトランジスタ(BJT)のラインナップがございませんが 将来に期待したいと思います。
 
【質問】 もっと安くなりませんか?
【回答】 当初お客様より20円台でのご要望を頂戴いたしましたが、 現在の為替レート等の都合上、こちらの価格が ベストプライスとなっております。 今後お求めやすい価格の実現に向けてなお一層の 努力をさせていただきたいと存じます。
 
【質問】 付属のCDROMでソフトウェアのインストールができません。
【回答】 最新のソフトウェア(2016/2/9現在)を御利用ください。
DDS140_V6.rar(51MB)

 
【質問】 表示器に"RF Test Required Expansion"いうとメッセージが出て、測定できなくなってしまいました。 このメッセージを消すにはどのようにしたらいいですか?
【回答】 "RF Test Required Expansion"メッセージが表示された場合には、ファームウェアを更新してください。
ファームウェアのダウンロード先: http://j3.rf-explorer.com/downloads
ファイル名: RFExplorer_AnalyzerOnly_Firmware_v01_12_Beta32.zip (2016年6月3日リリース)
アップロードの方法: http://j3.rf-explorer.com/43-rfe/how-to/49-how-to-upload-new-firmware-to-rf-explorer (COMポート通信速度の選択は500Kbps、アップロード開始は<UP>ボタン[▲]を数秒押してください)

 
【質問】 GT730F取扱説明書、ソフトウエア(Phototagger)インストール・設定手順説明資料
【回答】 参考資料
日本語説明書(549KB)
英文説明書(73KB)
AGPSの設定手順(約387KB)
参考ページ
通信速度変更方法
COMポートの番号確認方法
ソフトウエアのダウンロードから認証までの説明

 
【質問】 型番末尾にTとありますが、カタログPDFにはありません、どのような意味ですか?
【回答】 型番(例、GF18−US1215−T)の末尾の”T”は、 この商品は温度ヒューズ(Temperature fuse)を使用しているという意味です。
 
【質問】 OSTA5131A-R/PG/Bを白色に見えるように発光させたいのですが、RGBの各LEDに付ける抵抗値はどのぐらいですか?
【回答】 5Vの直流電源を使用した例でご説明します。なお測定にあたっては、LED光拡散キャップ[ I-00641 ]によってRGB光を拡散・合成しています。
・R(赤色): 150Ω(順電流[If]:約20mA(実測値))
・G(緑色): 300Ω(順電流[If]:約7mA(実測値))
・B(青色): 120Ω(順電流[If]:約17mA(実測値))
発光効率の違い(緑>>青>赤)のため、各色を同じIf条件で発光させた場合、とくに緑色が強く感じられます。周囲の照明条件やLED特性のばらつき、個人差、好みによって白色の見え方が異なりますので、上記の抵抗値はあくまでも目安としてください。

 
【質問】 CD74HC4511のデータシート表記につきまして
【回答】 Ti社のデータシート(Page1)の表記に誤りがありました。訂正の上、お詫び申し上げます。
・「6」「9」は5セグメントによる表示です。下記のように訂正いたします。

画像の拡大

 
【質問】 価格がすごく高くなっていますね、なぜですか?
【回答】 本来現在の価格が標準的な価格です。宣伝(プロモーション)を兼ねて超特価でメーカーより売られていました。その在庫がなくなったので今の価格になっております。
 
【質問】 Windows7でUSB接続が5〜6分で切断されてしまいます。
【回答】 Windows7以降では、初回インストール時にインストールされるドライバに問題があるようです。 ドライバに 「C:\Program files\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\」 あるいは 「C:\Program files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\」 を指定すると改善するという報告を受けております。 正式にはメーカー対応をお待ちください。
 
【質問】 最新版のCanWayを使用中にWindows Forms Errorのウィンドが開き、中止ボタンを押すとソフトウェアが終了してしまいます。 解決方法はありますか?
【回答】 CanWay(Version 1.1.12)の言語を日本語に設定した場合、「スポーツモード」のみでWindows Forms Errorが発生することを弊社試験環境(Windows 7 64bit)にて確認しております。
「オブジェクト参照がオブジェクトインスタンスに設定されていません」とのメッセージが表示され、エラーリストが列挙されます。他の言語設定では発生しない不具合です。
なお、日本語設定にした場合でも「旅行モード」および「解析モード」では、上記エラーが発生しないことを確認しております。
ソフトウェアの不具合について、メーカー(Canmore)に照会中でございます。
「スポーツモード」をご使用される場合には、Windows Forms Errorが表示されたら「無視」を選択していただき、ツールバーのツール⇒言語⇒英語(または他の言語)を選択し、CanWayをいったん終了させます。 CanWayを再起動させると英語(または選択された言語)表示で正常に動作いたします。
まことにご不便をおかけして申し訳ございませんが、日本語設定における不具合の回避についてはメーカーの正式対応をお待ちください。

 
【質問】 VREFまわりの部品(D8など)が取り付けられていません。該当する部品も入っていません。 正常に動作しますか?
【回答】 はい、正常に動作しますのでご安心ください。現在販売中ロット(Bootloader Ver: 113-06202-026、DSO 062 FW: 06208.102)の D8、R55、R56は未実装(DNI)です。VREF(TP13)は、テストポイントとして使用しません。また、MPU(U4:ATMEGA32AU)のAREF(62番)は、未使用ピンとなります。

 
【質問】 マニュアルの誤記訂正につきまして
【回答】 マニュアルの2ページ「◆VR1と出力電圧可変の関係」のグラフ(x)軸Rtrim(kΩ)が 右から1→21となっておりましたが、正しくは21→1です。訂正のうえ、お詫び申し上げます。
なお、現在のWebにて公開しておりますPDFマニュアル(Ver1.2)、は訂正されております。 商品添付の印刷マニュアル(Ver1.1)につきましては上記の訂正が適用されますので、なにとぞご了承ください。

 
【質問】 照射するスクリーンには何が使えますか。
【回答】 レンズの構成上、ドーム型のスクリーンに照射することを前提としているため、通常のスクリーンは使用できません。
レンズを交換するなど改造することで一般的なスクリーンに映すことができるかもしれません。
色々実験して頂ければと思います。

ヒント:LED電球の乳白色のドーム部分を外して使用したところ、うまく投影できそうでした。
 
【質問】 球体液晶って何ですか。
【回答】 遊技台(パチスロ、パチンコなど)の一部に使用されているようです。
球体スクリーンに裏面からプロジェクタで映すことで、球状のディスプレイを実現しています。
本ユニットに球体のスクリーンを組み合わせることで実現します。

検索エンジンにて、球体液晶で検索すると使用実機の写真等を見ることができます。(2016.6現在)
 
【質問】 電源を接続するも、両面が熱くなるだけで機能しません。
【回答】 ヒートシンクなど放熱する手段を設けずに、12V3Aや5Aなど大きすぎる電源を接続してしまいますと、
ペルチェ素子自身の発熱で放熱側の熱が冷却側へ伝わってしまい、
排熱側・吸熱側ともに熱くなるということが起こります。
単三電池一本からでも冷却効果を体感することができますので、まずは小さな電力で動作をご確認ください。
6月24日現在販売中の物は、赤い線にプラス極、黒い線にマイナス極を接続した場合、
印字のある面が発熱し何も書いていない面が冷却されます。
 
【質問】 メーカ保証はありますか。 また、問い合わせに対してメーカでの対応は行っていますか。
【回答】 本商品は、製造元からの通常ルートではなく、販売先からの余剰部品として放出された物です。 従いまして、製造元またはそれに関連する企業からのサポート、保証等は一切御座いませんので メーカー様へのお問い合わせ等につきましてはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。 今後の“面白い部品”・“市場では手に入らない部品”の仕入れが難しくなる恐れもありますので、 ご協力をお願い申し上げます。二週間以内の初期不良交換対応は、 他の取り扱い商品と同様に行っておりますので、商品不具合の場合は 弊社にお問い合わせ頂きますようお願い致します。 今後とも、弊社秋月電子通商を宜しくお願い申し上げます。
 
【質問】 16MDRAM使用時のご注意
【回答】 実装16MDRAMが、OKI製M5117805Dの場合は、EDO(エクステンドデータアウト)DRAMですのでファーストページモードが使えません。(HM5117800の場合は、ファーストページモードが使えます。)DRAMコントロールレジスタA(DRCRA)のビット3バーストアクセスイネーブル(EB)は、0(バースト禁止)に設定してください。
 
【質問】 アダプターリング(マウントアダプタ)が見当たりません
【回答】 変換リングは、カメラ本体に保護キャップとともに取り付けられています。

 
【質問】 ICのデータシートとパターンを照らし合わせると出力の+と−の表示が逆の様です
【回答】 ご指摘いただきました通りICの仕様書のピン名とは基板の名称は逆になっております。 そのままスピーカーの+−にお繋ぎいただくと逆相にはなります。 ただし、左右チャネル共に逆位相になるので聴感上の問題は無いかと存じます。 逆接続など、聴感上の違いをお確かめの上で、お客様の納得なさる配線でお願いいたします。
 
【質問】 食べられますか?
【回答】 毒抜きをすれば食べられるとの情報もございますが、安全上の理由でおすすめできません。Google検索結果(彼岸花 食用)
 
【質問】 育て方を教えてください
【回答】 大変申し訳ございませんがインターネットで多数情報がございますのでそちらをご覧ください。Google検索結果(彼岸花 育て方)
 
【質問】 明るさを変えたいのですができますか。
【回答】 LEDの明るさは、基板上の抵抗器(R1)によって決定されています※1
本基板では、4.7Ωの抵抗器を実装しており、LEDにはおよそ40mAの電流が流れるようになっています。
この電流値は、電源電圧を変化させても一定値が保たれます。
ただし、20Vを切るあたりで、定電流制御するための電位差が確保できなくなるため、電流が減少していきます。

明るさを可変する場合は、R1を他の値に付け替えるか、PWM端子に規定された信号を入力することで行います※1
PWM端子への信号入力で可変する場合は、パルス幅に応じて、暗〜明(明るさの最大はR1の値で決まります)を可変できます。

※1 計算方法、入力信号の規定に関しては、使用しているIC(NJW4161)のデータシートをご覧ください。
 
【質問】 仕様の電圧範囲内であれば熱対策は不要ですか。
【回答】 いいえ。
本モジュールは、電源電圧とLEDに必要な電圧との電位差分を、熱として消費することで一定の電流が流れる方式をとっています。
したがって、電源として加える電圧が高くなればなるほど、発熱は増えます(40V時に約1W)。
周辺温度が高い場所、密閉された状態(締め切った場所)で使用すると熱が発散しづらくなるため、条件によっては電圧を落とすなどの対策が必要となります。
ケースに組み込む、周辺温度の高い場所に取り付けるなどの使用方法をとられる場合は、事前に温度上昇に対する対策の検討をお願いします。
具体的な対策に関しては、個々の条件によって異なるため、お客様の方でご検討頂きますようお願いいたします。
 
【質問】 製品に組み込んで使用しても問題ありませんか。
【回答】 私どもの製品は、主に電子工作などのホビー向けとなっております。
商品開発、製造には万全を期しておりますが、製品にご採用頂く場合等につきましては、お客様の方で十分な検証を行って頂きますようお願いいたします。
 
【質問】 書き込み時にエラーが発生してダウンロードができません。
【回答】 弊社では本商品の使い方やエラーへの対処方法に関するご質問にはお答えできかねます。 ルネサスエレクトロニクス社のFAQに解決策があるかもしれません。 *E1,E20に関するFAQ* https://support.renesas.com/hc/ja/sections/203351637-E1-E20 *開発環境全般に関するFAQ* https://support.renesas.com/hc/ja/categories/200195088-%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%92%B0%E5%A2%83
 
【質問】 点灯時間は?
【回答】 電池が少なくなって突然消灯するわけではなく、測定基準も特にありませんではっきりと○○時間と申上げることは出来ませんが、新品のアルカリ電池で最低24時間は連続点灯していることを確認しております。
 
【質問】 RE−210の電源電圧の値と測定距離を教えていただけますか?
【回答】 ・供給電圧は2.2V〜15Vです(センサー後段の増幅回路の設計仕様によります)。
・測定距離のセンサー単体での規定はございません(センサー前段の光学レンズの設計/設置仕様および、センサー後段の増幅回路の設計仕様によります)。

詳細につきましては、参考資料 AKE-1(RE-210).pdf の6ページ「一般的デュアルエレメントの信号」項、 7ページ「一般的な使用方法」項、および「応用回路例」項をご参照ください。

また、弊社取扱い光学レンズにつきましては商品説明ページに掲出しておりますので フレネルレンズ一覧 をご参照ください。
 
【質問】 大量にストックする、とは?
【回答】 毎月数万個ずつ在庫を増やして在庫を積み増し、 数十万個在庫します。当社の財力も考えてTD62003APGと、 TD62083APGの2点を大量在庫します。
 
【質問】 積算電力値をリセットできません。どのようにするのですか?
【回答】 積算電力値のリセット方法は、下記の手順例をご参考におこなってください。
ご注意:リセットする際は出力端子に何もつながないでください。
◆特定のページの積算電力値をリセットする場合
例:ページ[0]の積算電力値[3600mAh]をゼロにリセットする手順
@表示部全体が常時点灯しているとき[ページ切替/リセットボタン]を素早く2度押します(1秒間に2回程度)。表示部全体が点滅(約1秒毎)します。
A表示部全体の点滅タイミングを目安として[ページ切替/リセットボタン]を1回押します。ページが一つ進みます。
Bページ[9]になるまでAの操作を繰り返します。(リセットしたいページのひとつ前のページを設定します)
C[ページ切替/リセットボタン]を素早く2度押します。表示部全体の点滅状態から常時点灯状態になります。
D[ページ切替/リセットボタン]を5秒間長押しします。
Eページ[0]が表示され積算電力値は[0000mAh]にリセットされます。

◆すべてのページの積算電力値をリセットする場合
ひとつの操作で工場出荷時のようなゼロリセットをする機能はありませんが、下記の方法によって全ページをリセットすることができます。
@表示部全体が常時点灯しているとき、[ページ切替/リセットボタン]を5秒間長押しします。
Aページ番号が一つ進みます。進んだページの積算電力値が[0000mAh]にリセットされます。
B[ページ切替/リセットボタン]をいったん離し、再び5秒間長押しします。
Cページ番号が一つ進みます。進んだページの積算電力値が[0000mAh]にリセットされます。
D上記B⇒Cの手順を[0]〜[9]の全10ページ分におこないます。最後にリセットされたページが積算電力設定ページになります。積算電力設定ページを変更する場合には、取扱説明書 のページ切替方法をご参照ください。

ご注意:表示部全体が常時点灯しているときに、リセット目的以外で[ページ切替/リセットボタン]を長押ししないでください。次のページの積算電力値が意図せずにリセットされるおそれがあります。

 
【質問】 使用中にペルチェ素子の先端に水滴が付着します。このまま使用し続けてもいいですか?
【回答】 接合部やその付近が露点温度を下回ると、空気中の水蒸気が凝結(結露)します。 さらに氷点下になると氷結(結霜)します(下の写真は1.8A, 80mV駆動、環境温度:27℃、RH:48%、通電から約3分にて)。 腐食の原因となりますから、適切な温度制御や断熱・結露対策なく過度な冷却を連続的に行うことはお勧めいたしません。 結霜
▲使用放熱器 [P-05049]、 使用接着剤 [T-06910]
実験等で結露/結霜のデモンストレーションをおこなう場合には、実験後に付着した水分を除去し十分に乾燥させてください。再通電する際には、水分が付着していなことを確認してください。

 
【質問】 dotnetfx20.exeを実行したがDDS140がインストールされない
【回答】 dotnetfx20.exeはMicrosoft .NET Framework 2.0のインストーラであり、DDS140本体ではありません。
DDS140フォルダ内のDDS140_EN.exeもしくはDDS140_CN.exeを実行してください。

 
【質問】 推奨電源としてGF18-US1512-Tが紹介されていますが、これよりも価格の安いACアダプタは使えませんか?
【回答】 FG085を電源オンにしたときに瞬間的に大きな電流供給能力が求められます。
現在、弊社で動作確認がとれているACアダプタはGF18-US1512-T 通販コード M-02195 のみとなっております。
なお、お手持ちの安定化電源装置等での動作につきましては、その装置の仕様に依存いたしますので、お答えすることができません。ご了承ください

 
【質問】 120Ω(茶赤黒黒茶)と10kΩ(茶黒黒赤茶)が見分けられません。どうすればいいですか?
【回答】 テスターで実測してください。

 
【質問】 気圧の測定について
【回答】 大気圧を0(ゼロ)としたゲージ圧です。
真空を0(ゼロ)とした絶対圧と異なり、大気圧は測定できません。
大気圧を測定する場合はMPS-2407-015ADをご利用ください。
 
【質問】 電圧を測定していますが、電圧が表示されません。
【回答】 下記をご確認ください。

〇電池が消耗していませんか?
〇電源スイッチはONになっていますか?
〇測定レンジは「V」になっていますか?
〇テスターリードは本体の奥まできちんと差し込んでいますか?
〇テスターリードはINPUTとCOMに接続していますか?
〇交流(AC)/直流(DC)の切り替えはきちんと行いましたか?

 
【質問】 変流比誤差(比誤差)とはなんですか
【回答】 公称変流比がどれだけ真の変流比より異なるかを示したものです。
 
【質問】 使用されている同軸ケーブルの構造を教えてください。
【回答】 ケーブルの構造は下記のとおりです。
・内部導体構成:軟銅線0.3mm(実測)×7本撚り線、AWG20相当
・絶縁体:ポリエチレン、外径:3.0mm(実測)
・外部導体:軟銅線一重編組、外径:3.6mm(実測)
・シース:PCV(水色)、外径:5.0mm(実測)



 
【質問】 フラッシュ、ストロボ、フェード、スムーズの発光はどのようなものですか?
【回答】 発光の様子は、それぞれ下記のようになります。
フラッシュ: 切替動作、 赤⇒赤+緑⇒赤+緑⇒青⇒青+赤⇒青;緑⇒青+緑+赤(白)⇒赤…の繰り返し(約0.3秒ごと)
      (メーカー仕様書では" 7 color jumpy change ")
ストロボ: 緩やかな明滅動作、 白色で点滅(約0.9秒ごと)
      (メーカー仕様書では" All fade out & fade in ")
フェード: 緩やかな変色動作、赤⇒赤+緑⇒赤+緑⇒青⇒青+赤⇒青;緑⇒青+緑+赤(白)⇒赤…の繰り返し(約0.3秒ごと)
      (メーカー仕様書では" 7 color fade change ")
スムーズ: 切替動作、赤⇒緑⇒青⇒赤…の繰り返し(約0.3秒ごと)
      (メーカー仕様書では" 3 base color jumpy ")


 
【質問】 センサをつながないで温度測定モードにすると、マイナス数100度といった数値を示します。故障ですか?
【回答】 測定端子が解放状態ですと、ランダムな数値を示します。正常動作です。 黒と赤の端子間を短絡(ショート)すると、テスタ内の温度(冷接点補償のための温度)が表示されます。


 
【質問】 現行ロットのファームウェアバージョンを教えてください。
【回答】 現行ロットでは、下記の2バージョンを確認しています。
113-13801-050
113-13801-060

050から060へのアップデートで、下記修正変更が行われています。

1)トリガレベルを信号振幅の中間に自動で合わせる機能の追加※1。
2)水平位置を中間に自動で合わせる機能の追加※1。
3)工場出荷時設定への初期化機能の追加※2。
4)周波数測定機能の向上※3。
5)トリガレベル表示値の不具合修正。

※1 いずれも各機能を選んだ状態でOKボタンを2秒ほど押し続けます。
※2 +と−ボタンを同時に2秒ほど押し続けます。
※3 0Vではなく、平均電圧を基に測定を行うように変更。

以下、原文。
[2015-01-05] New firmware (113-13801-060) released with following improvements:
Auto-center trigger level to the middle of signal amplitude when trigger level is focused and OK button is held down for 2 seconds. This is useful for quickly stabilize waveform display. (Thank Gabriel S. for the suggestion!)
Auto-center horizontal position when horizontal position is focused and OK button is held down for 2 seconds. (Thank Gabriel S. for the suggestion!)
Restore factory default settings when "+" and "-" buttons are held down simultaneously for 2 seconds.
Improved frequency measurement by using average voltage level (instead of true 0V level which was used in previous versions) as cycle counting reference.
Fixed a bug in trigger level readout error. In previous versions trigger level readout displayed wrong value after VPos alignment was performed.
 
【質問】 金の色について
【回答】 金(Au)はとても柔らかい金属です。 真の金色は弊社で販売している金メッキ製基板(24KAu/24金)です。 この真鍮、あるいはブロンズに近い色が本当の金の色です。 一般的に金箔に使われている金には銅、銀などを少量混ぜ、 黄金色(こがねいろ)にしています。 数百種類のバリエーションがあります。 インターネットで検索してみてください。
 
【質問】 AVRISP mkIIは、Windows10に対応していますか。
【回答】 Atmel Studioのバージョンに依存します。
現時点(2016.10.14)での最新版である、Atmel Studio7.0はWindows10で動作し、AVRISP mkIIもサポートされております。

 
【質問】 付属FDダウンロード
【回答】 下記より付属FDの内容をダウンロードできます。
M-3660D_FD.zip
 
【質問】 商品同梱の印刷資料に誤植がございました。
【回答】 1ページ目(ピンクの網掛けページ)にございます[INTERFACE PIN CONNECTIONS] No:4(D/I)の定義を下記のように訂正いたします。
L:Data(誤) ⇒ Instruction Code(正),
H:Instruction Code(誤) ⇒ Data(正)
お手数をおかけいたしますが、読み替えていただくようお願いいたします。

 
【質問】 容量単価が他よりずいぶん高いですが?
【回答】 こちらのバッテリーは当社の電動門扉用に仕入れました。 純粋にシールドバッテリーとして容量単価を考えますと 確かに高めでございます。しかし電動門扉の純正品は8万円程度であり それに比べますとお安くなっております。 純粋に蓄電池としてのご用途であればLONGのバッテリーが お安くなっておりますのでご検討いただけますと幸いでございます。
 
【質問】 TO−92型のFETなのに高い感じがしますが?
【回答】 このトランジスタのメーカーは、日本で随一ディスクリート型FETを 製造しているイサハヤ電子(株)(長崎県諫早市)です。 日本国内で少量生産をしているため割高になっております。 とても貴重であり、応援したい会社です。
 
【質問】 資料
【回答】 説明書(203 KB)
LPS331APデータシート(405 KB)
アプリケーションノート(409 KB)
 
【質問】 嵌合につきまして
【回答】 DCプラグ変換プラグ 2.1mmメス⇔1.3mmオス C-00088と DCジャック 中継用 Φ3.4×1.4 MJ−099N C-11216は入りません。
 
【質問】 青、白、緑など、VFが3V程度のLEDを使った製作例
【回答】 青、白、高輝度の緑などのLEDはVF(ブイエフ、順方向電圧降下)が約3〜3.3Vあります。直列に3〜4個、電流制限抵抗をつなぎ、使用しないLEDの場所をショートさせてバイパスさせることでDC12〜14Vで使えます。
 
【質問】 磁石を近づけても動作(導通)しない
【回答】 根元からリードを曲げてしまうと、内部のスイッチが破損します。ラジオペンチなどで足の根元を固定してリード側を曲げてください。それでも動作しない場合はお問合せください。
 
【質問】 ラベル上の電圧表記が2種類あるようですが、240Vでは使えないのですか。
【回答】 製品仕様としてはメーカー側で100〜240Vで製造しており、ラベル枠外に記載の仕様ではAC100-240Vとなっております。
日本の電気用品安全法(PSE)としては100Vで取得している為、ラベルの枠内には100Vと表記しております。
製品の電気的仕様においては、最大240Vまで使用できますが、PSEは100Vでのみ取得されておりますので、100V以外での電圧でご使用になる場合はお客様においてご判断の上ご使用いただけますようお願い致します。
 
【質問】 Arduino IDEより書き込むことができない。<br> avrdude: ser_open(): can't open device "\\.\COM5": 指定されたファイルが見つかりません。<br> avrdude: ser_open(): can't open device "\\.\COM5": アクセスが拒否されました。<br> 等のエラーが出る。
【回答】 COMポートの設定が間違っている為、発生するエラーです。
デバイスマネージャよりCOMポートを確認してください。
確認したCOMポートの番号をArduino IDEへ反映させてください。
Arduino IDEの設定は下記より行うことができます。
Arduino IDEのウィンドウより、メニューバー>ツール>ポート
 
【質問】 ATMEL-ICE-BASICのファームウェアのアップデートに失敗し、緑と橙のLEDが点滅しています。</br> 対処方法を教えてください。</br>
【回答】 Atmelのwebサイトに記載がございますので、そちらをご覧ください。

ATMEL-ICE Red/Green Blinking
 
【質問】 RoHS品ですか
【回答】 いいえ。非RoHS品です。
2016年12月現在、カドミウム含有量をRoHS対応の75ppm以下として管理されたカドミウムレス材に移行中です。
従いまして、流通品、メーカ在庫品含めRoHSを満足しないものが含まれている可能性が御座います。
 
【質問】 刻印されている文字列の意味が知りたいです。
【回答】 樹脂ケースに刻印されております8文字は、

YYMMDDXX

YY: 西暦の下2桁(2014年→14)
MM: 月
DD: 日
XX: 工場のライン識別記号

となっております。

例)110808HA
→2011年8月8日にHAという工場で製造されたもの。
 
【質問】 電流について
【回答】 AL0510シリーズは容量(mH)が大きくなると線が細くなります。 最大電流は少なくなり断線しやすくなります、ご注意ください。
 
【質問】 足の長いソケット(P-00035など)の細いピンを切って、表面実装用のICソケットとして使うとはできますか?
【回答】 スルーホールはんだ付け用のリード部分をスリーブの根元から切断したり、折ったりして短くすると切断・破断面がバリのように荒れます。 そのままですと点接触のようになってしまうので、フラットになるようヤスリ(紙ヤスリ)などできれいに仕上げれば面実装用のソケットとして使うことができます。 ただし、表面のスズメッキがなくなり、スリーブの銅合金がむき出しになり酸化が始まるので、加工後すぐにはんだ付けすることをおすすめします。AgIC、テクノペンのために 新規設計いたしました。



 
【質問】 ディスコンって何ですか?
【回答】 ディスコン=ディスコンティニュー(dis continue)の略で、 生産終了、廃盤を意味します。在庫が大量にあっても いつかは入手できなくなりますのでご検討をされているお客様は お早めにお求めください。
 
【質問】 乾電池3本での使用が推奨されていますが、2本では光らないのですか?
【回答】 新品の乾電池の場合には2本直列で十分に点滅いたしますが、青色のLEDを使用しているので、2.4V程度に電池電圧が降下する動作しなくなります。 電池1本あたり1.2Vの電圧で使えなくなってしまうので、もったいない使い方となります。 3本直列で使用することにより、電池1本あたり0.8Vを切ったところ(ほぼ使いきりの状態)まで使うことができるので、経済的な使い方となります。

 
【質問】 ピンヘッダの太さに関して
【回答】 ブレッドボードに刺すとかなりきついです。ブレッドボードでのご使用には細ピンヘッダ版(K-08415)をお勧めいたします。
 
【質問】 画面左下の表記が[A]になっている
【回答】 CH1,2(赤と黄のボタン)を選択し、H3[Probe]ボタンを押し、F2[Meas Curr]ボタンを押し、[NO]に変更することで、[V]表記にすることができます。
 
【質問】 やたら安くありませんか?
【回答】 通常の販売価格は1本400円程度でした。5本100円という価格はまったくの処分価格です。定価の5%程度です。現在全く製造されておりません(ディスコン)。1本ご使用になった時残りの4本は保守用にという考えで販売しております。寿命は3万~5万時間程度です。
 
【質問】 付属するヒートシンク(放熱器)に説明書にある熱伝導シートが付いていないのですが。
【回答】 キットを構成するパーツは、製造時の部品の在庫状況等により変更となる場合が御座います。
当初付属しておりました放熱器は、熱伝導シートが予め貼り付けてあるものでしたが、現行品に関しましては、熱伝導シートが付いていないものに変更となっております。
 
【質問】 可変抵抗器が基板に挿さりません。
【回答】 当初付属しておりました可変抵抗器に合わせて基板を設計しておりましたが、部品の入手性等の影響により、形状が変更となっております。
可変抵抗器の足を基板の穴間隔に合わせて加工し、取り付けをお願い致します。
 
【質問】 キットの動作に必要な電源を教えてください。<br> ロジック部とアンプ部で複数の電圧を外部から供給する必要がありますか。
【回答】 本キットは、14V(8V〜18Vの範囲)単一電源にて動作いたします。
ICのロジック部(スタンバイ切り替え)に5Vが必要ですが、本キットでは基板上のツェナ(定電圧)ダイオードによる簡易定電圧回路により5Vを生成して供給しますので、別途外部に5Vの電源を用意する必要は御座いません。
 
【質問】 GM計数管とはどういうものですか?
【回答】 ハロゲン(塩素系)物質を入れた放電管のようなものです。 放射線が入ると放電が起こりこれをカウント(計数)して測定します。 一瞬強い放射線が入ってきても飽和してしまうだけで壊れることはありません。 半導体を使用した放射線計測器は一瞬にして破壊されます。 原発など突発性の強い放射線に対応するときはGM計数管式でないと実用になりません。
 
【質問】 [K-05355]Pickit対応ICSP書き込みアダプターキットで、プログラムを書き込みたいのですが。
【回答】 “28pin type B”の接続をお試しください。

本情報は、データシートのピン対応表を基に、説明書内のタイプと照らし合わせた結果です。
お使いいただく書き込み機のファームウェアバージョンや書き込みソフトのバージョンによりましては正常に書き込みができない場合が御座います。

本デバイスは、電源電圧が3.3V(2.3V〜3.6V)です。
書き込み機から電源を供給する場合は、電圧の設定にご注意ください。
 
【質問】 冷陰極管・インバータの取り扱いで注意することはありますか。
【回答】 インバータ部分や冷陰極管の電極は高圧(数100V)になりますので、 通電中は絶対に触らないでください。
出力を開放した状態で使用しないでください。
点灯によりインバータが高温になります。
 
【質問】 ロットナンバーの読み方
【回答】 ロットナンバーの読み方(PDF)

 
【質問】 SA-BA20とSA-BC20の違いは何ですか。
【回答】 それぞれ出力部分の仕様が下記の通り異なります。
それ以外の仕様に関しましては同等となっております。

SA-BA20 常時出力(点灯)タイプ:常に接続機器に対して電力が供給されるタイプ
SA-BC20 常夜出力(点灯)タイプ:暗くなった際に接続機器に対して電力が供給されるタイプ
 
【質問】 この製品はメーカ標準品ですか、カスタム品ですか。
【回答】 こちらの製品は、弊社からの要求仕様に基づいて、メーカに製造をお願いしましたカスタム品となっております。
 
【質問】 006Pの9V角型電池でも使えますか?
【回答】 実際に接続してみましたが、わずかに光っているのが見える程度で全く実用になりませんでした。DC12Vをご用意ください。
 
【質問】 リビジョンを指定して購入したい。
【回答】 リビジョンは常に変わります、写真異なる場合があります。気になる場合は購入前に弊社までお問い合わせください。

 
【質問】 高圧電源として使う場合には、出力はHとLからとればでいいですか?
【回答】 H側にはCCFLの点灯電流制限用の高圧コンデンサC2(12pF)が直列に入っています。 昇圧トランスT1の12番ピンから直接取り出すか、C2をショートしてHから取り出します。 Lはインバータ回路のGNDなので、そのまま出力として利用することができます。 出力波形は正弦波で、出力周波数は約80kHz(電源電圧、負荷等によって変動します)です。トランス二次側電圧(実測)は下記のようになります。
入力DC2V⇒280Vp-p、入力DC5V⇒730Vp-p、入力DC8V⇒1200Vp-p
なお、電圧と出力周波数の測定にはオシロスコープと高圧プローブ100MΩ(100:1) M-01176(販売終了 後継品→M-11779) を使用しました。 昇圧トランスの出力負荷として100MΩとなります。 入力抵抗が1MΩ〜10MΩ程度のマルチメータでの測定は、電圧降下による誤差が著しく、場合によってはインバータが 過電流で壊れてしまう可能性がありますのでご注意ください。

 
【質問】 2SK30ATMの代替えを考えていますが、IDSSが大きくないですか?
【回答】 IDSSが高いFETはバイアスを調整すれば大丈夫です。
 
【質問】 ピンアサインの資料はありますか。
【回答】 Intel社のウェブサイト上に公開されております(2016.12.29現在)。

http://www.intel.com/content/www/us/en/support/boards-and-kits/000022494.html
 
【質問】 ACアダプタはどういったものが必要ですか。
【回答】 Intel社のウェブサイト上に、記載が御座います(2016.12.29現在)。

https://software.intel.com/en-us/getting-started-on-joule

<一部抜粋>
A DC power supply (listed LPS or Class 2) with an output of 12 VDC at 3 Amps through a center positive barrel jack (5.5mm outer diameter, 2.1mm inner diameter with a barrel length of ~9-10mm).
センタープラスタイプのACアダプタ 12VDC 3A(内径2.1mm、外径5.5mmのプラグのもの)。
 
【質問】 オペアンプを乗せ換えたのですがうまく動きません。初期不良ではないのですか。
【回答】 オペアンプは各社より多数の製品がリリースされております。理想的なオペアンプであれば1製品で全てに適用できますが、現在の技術ではそれは叶わず、各用途に合わせ設計製造されています。どの特性に重きを置くかによって、使用できる用途が限られる場合もあります。したがって、一口にオペアンプと言っても、単純に交換するだけで正常な動作をすることは期待できません。一見動作しているように見えていても、本来の性能を出し切れていないこともあります。または、全く動作しない場合もあります(音が出ない、発振する、etc...)。同系統のものであれば単純に差し替え可能な場合もありますが、本来は、各オペアンプのデータシートを熟読し、最適な周辺部品定数を計算するのは最低限、さらにデータシートに現われない“癖”のようなものもあります。オペアンプの動作が疑われる場合は、データシートに記載のあるアプリケーション例を参考に、単純な回路を構築し、確認することをおすすめいたします(反転増幅回路、非反転増幅回路など)。ユニティゲイン(1倍)での動作(ボルテージフォロワ)は、オペアンプによっては禁止されている場合がありますので、その点もご注意ください。
 
【質問】 LEDの交換はできますか。
【回答】 できかねます。
 
【質問】 とある値以上の測定をすることができない。
【回答】 測定周波数により測定可能な容量の範囲が異なりますので、測定周波数をご変更ください。
詳しい操作方法は取扱説明書の17ページ「4-5. FREQキー(周波数測定)」に説明がございます。
また、周波数-測定容量範囲の表が取扱説明書の30ページにございます。

 
【質問】 バックライトがとても暗いのですが、もっと明るくするにはどうすればいいですか?
【回答】 付属の100Ω抵抗を2本並列にして電流制限した場合には、約25mAを消費します。暗闇での視認には十分な明るさですが、照明された室内ではほとんど点灯が確認できない光度です。
5Vの電源を共用する場合には、下記の抵抗に変更することによって明るくすることができます。
10Ωで順電流100mA、5Ωで順電流200mAとなり、室内でも十分な光度が得られます。電流制限抵抗の定格電力はいずれも1/4Wで十分です。
抵抗値を計算する場合には本液晶表示器で使用されているLED(黄緑)の仕様をご確認ください。 仕様書 の5ページに絶対定格、6ページに電気的特性の記載がございます。

 
【質問】 PINフォトダイオードの取り付け方向がわかりません。
【回答】 PINフォトダイオードは、受光面を基板外側に向けて取り付けます。
PINフォトダイオードの取り付け方向(追加資料)

 
【質問】 製作(2)に「5cm程度のビニール線の被覆をむいて、SW4付近のGNDに半田付けします」とありますが、SW4付近にどう半田付けするのですか。
【回答】 基板表面の左下にSW4が御座いますが、この左側の足2本がGNDと接続されています。
この足(基板裏面より)ビニール線の被覆を向いた部分を半田付けしてください。
または、近辺のGND領域のレジスト(緑色のインクが塗布されています)をカッターナイフの背などで削り、銅箔をむき出しにして、そこへ半田付けしてください。

 
【質問】 トランジスタの表記がよくわかりません/2SA、2SCの型番が書いていませんのでわかりません
【回答】 S9014と表記されているほうががNPNトランジスタ、 S9015と表記されているほうかがPNPトランジスタになります。
 
【質問】 OSDR3133Aが500mcdなのにこちらのLEDが300mcdでこちらのほうが全体的に明るいです。どうしてですか?
【回答】 本LEDは広い範囲を照らすようにスモークタイプとなっております。 そのため正面だけでなく全体的に均一に光が行き渡るようになっております。 最新のLEDチップ(素子)を採用しており、30°相当に換算すれば OSDR3133A以上の実力がございます。
 
【質問】 明るさが標準値で500mcdとありますが、 最小値や最大値が記載されていません。
【回答】 中国市場で一般的に販売されている商品です。 メーカーが超特価を実現するため、このような特性になっています。 今まで販売した在庫では最小値が150mcd(IF=20mA)で、 お客様から暗いという指摘は全くありませんでした。 最大値は600mcdぐらいで70%程度は500mcdに納まっています。
弊社では標準値の約1/3の150mcd(IF=20mA)を保証しています。

 
【質問】 ヘッドホンアンプに使ったら歪んでバリバリという感じの音がします。ICの不良です。
【回答】 LM358/LM324系のオペアンプはC級プッシュプルで動作しているため、4558系のオペアンプのようにヘッドホンやイヤホンを直接接続するとクロスオーバーひずみが発生します。出力にブリーダー抵抗を接続し、A級動作にすることでクロスオーバーひずみを回避することができます。
 
【質問】 Windows10で使えますか?
【回答】 ICメーカー(TI)ではWindows7までのサポートですが、 弊社で確認した限りでは汎用のUSBオーディオとして認識され使用できました。
 
【質問】 電流値表示に「UL5」や「UH5」のエラーが出るようになった場合
【回答】 誤って図の赤印のところをショートにしてしまったようです。 この場合校正モードとなり、校正値をクリアした状態になります。 ここをショートしてしまうと復旧不可能です

 
【質問】 取り扱い説明書に「積算電力」と記載がある。
【回答】 「積算電力」と記載のある所は「積算電流」の誤植です。
お手数ですが、お読み替えください。
 
【質問】 電源を入れても何も映らなくなった、元に戻したい。
【回答】 以下、SDカードは購入時のまま書き換えていない、という前提でのご説明になります。

ゲームのプレイ中に電源をoffにすると次に電源を入れた時に何も映らなくなります。 Cボタンを押しながら電源を入れます。その後手を放し30秒待ちます。 メニューが出てきたらゲームを選択してAボタンを押してください。ゲームを ロード中等で「Dont turn off」の表示があるときは 電源を切らないでください。

 
【質問】 他社の同型番品と動作が異なる様です。
【回答】 同型番であっても、メーカにより製造方法や条件が必ずしも同じであるとは限らず、そのまま差し替えた場合に正常動作をしない場合が御座います。
これは、ロジックIC、オペアンプ等の汎用的な部品においても該当します。
また、データシートに記載の情報は、あくまで代表的な特性ですので、ご採用頂く際には検証を必ず行ってくださいますようお願い致します。
 
【質問】 クロックの取りこぼしがある様です(分周出力が異常)。 何か対処方法はありますか。
【回答】 データシート上では特に制約はありませんが、タイミング抵抗が大きい(1MΩ)場合に異常動作となる場合が御座います。
タイミング抵抗の値を小さくし、(時定数を合わせる為に)タイミングコンデンサの値を大きくすることで改善される場合が御座います。
 
【質問】 起動と終了の方法(電源ON、OFFの方法)
【回答】 **電源ON(起動)**
オシロスコープ本体背面のコネクタにACケーブルを接続します、ACケーブルの反対側のプラグをコンセントに接続します。
ACが給電状態となると、本体正面左下にある電源ボタン(以下、ボタン)が赤色に点灯します。
赤色に点灯したら、ボタンを2、3秒間押し下げ続けます
ボタンが赤色から緑色点灯に変わりましたら、ボタンを離します。
液晶ディスプレイに起動画面が表示されますので、さらに20秒程お待ちください。
波形測定画面に遷移します。

**電源OFF(終了)**
本体正面左下にある電源ボタン(以下、ボタン)が緑色に点灯していることを確認します。
ボタンを2、3秒間押し下げ続け、その後ボタンから手を放します。
ボタンが赤色点灯に変わります。
ACケーブルのプラグをコンセントから引き抜きます。
ボタンが赤色点灯から消灯します。
 
【質問】 2aとはどういった意味ですか。
【回答】 2a
2:2回路
a:a接点
の意味です。
 
【質問】 スイッチやリレーのa接点、b接点、c接点とは何ですか。
【回答】 【a接点】
通常は離れていて、押す(または、通電する)とつながります。
別名、メーク接点、常開形、ノーマリーオープン(NO)と呼ばれます。

【b接点】
通常つながっていて、押す(または、通電する)と離れます。
別名、ブレイク接点、常閉形、ノーマリークローズ(NC)と呼ばれます。

【c接点】
a接点、b接点の複合型で、通常つながっている端子と、押す(または、通電する)とつながる端子が出ています。
別名、トランスファ接点、切替接点、双投形(上記2種は、どちらも単投形)と呼ばれます。

 
【質問】 DU−ONEとEU−ONEがあるようですが。
【回答】 DIY−DU−ONE:ケース(ボディ)がアクリル製の組み立てキット
EU−ONE:ケース(ボディ)が木製の完成品

説明動画内で両方の型番が混在しておりますが、基本部分は同じですので適宜読み替えてください。
完成品のみケース部分にセンサが付いており、叩いてドラムのように音を出すことも可能です。
弊社では完成品の取り扱いもただいま検討中です。
 
【質問】 キットを組み立てたが動かない。
【回答】 組み立てが正しく行われているかご確認ください。
・部品の実装
 ・抵抗値
  カラーコードの読み方、読む向き、乗数等、確認してください。
  テスタで実測しても結構です。
 ・コンデンサの容量値
 ・電解コンデンサの極性
  足の短いほうがマイナス極です。本体にも印字があります。
 ・ダイオードの極性
  帯のあるほうがカソードです。
 ・トランジスタの極性
  「エミッタ・ベース・コレクタ」「ソース・ゲート・ドレイン」
  メーカやパッケージ(TO-220やTO-92)によって異なります。
 ・ICの挿入方向
  点のあるところが1番ピンです。窪みによって表されることがあります。
・はんだ付け
 ・ルーペ等を使い、目視で目玉はんだ、ブリッジ等が無いか
  特に大きな電流が流れる箇所等、銅箔面積が広い場合は熱が逃げやすく、注意が必要です。
 ・テスタを使い、導通しているか
・電源
 ・極性は適合しているか
 ・電圧は範囲内で入力されているか
 ・電流容量は足りているか
 ・突入電流も考慮しているか

 
【質問】 商品名にRS232とありますが、RS232Cの間違いでは?
【回答】 メーカー(Seeed Studio社)が「Raspberry Pi RS232 Board v1.0」という 商品名で販売しておりますため弊社でもそれに従い販売致しております。

 
【質問】 満充電したはずなのに、LowBtteryの警告が出ます。電池電圧は4200mV以上なのですが...
【回答】 下記の手順でバッテリーの警告設定電圧をご確認ください。
【Settings】[Aボタン押下]⇒下向きボタンで【See all settings】を選択し[Aボタン押下2回]
⇒【Battery levels(mV)】ここで 【Critic】の数値が3500(mV)か確認してください。高い数値が設定されていた場合には、下記の手順で設定値を変更してください。
[Aボタン押下]⇒下向きボタンで【Change settings】を選択し[Aボタン押下]⇒下向きボタンで【Battry】を選択、 [Aボタン押下]⇒【Critic voltage】[Aボタン押下]
左向きボタンを押し続け、3500mVになるように設定します。設定後にAボタン押下します。
下向きボタンで【Save】を選択しAボタン押下、さらに下向きボタンで【Save】を選択しAボタン押下します。Cボタンを2回押下して設定を保存します。

 
【質問】 文字化けする。
【回答】 本モジュールのRS232Cは擬似RS232Cになります。レベルは0〜5Vとなりますが、RS232Cとして動作します。そのため、TTLレベルでシリアル通信を行う際は、裏面のジャンパーピンをショートしてご利用ください。

 
【質問】 ATM0430D25とATM0430D5に互換性はありますか。
【回答】 同メーカで型番に類似箇所がありますが、完全互換では御座いません。
バックライトの電圧および電流、信号ピンの一部変更などにより、そのままでの差し替えはできません。
仕様の詳細につきましては、それぞれの製品のデータシートをご参照ください。
 
【質問】 ATM0430D25が従来モデルと比較してかなり安価となっていますが。
【回答】 メーカによる製造コスト削減により、入荷価格が下がり、お安く提供できる様になりました。
いずれも正規仕入品ですので、安心してご使用ください。
 
【質問】 左(右)にノブを倒すとどことどこが導通するのですか。<br> また、押し込んだ時にはどことどこが導通するのですか。
【回答】 仕様書の図で説明しますと、
CCW(左:反時計方向)に倒す → “1‐C”間が導通。
CW(右:時計方向)に倒す → “2‐C”間が導通。
ノブを押し込む → “T‐C”間が導通。

マイコン等でご使用の際には、C端子をGNDに接続し、1、2、Tを10kΩ程の抵抗でプルアップし、マイコンのGPIOに接続すると良いでしょう。
E端子には特に何も割り当てられておりません(仕様書においては特に触れられておりません)。
 
【質問】 左(右)にノブを倒すとどことどこが導通するのですか。<br> また、押し込んだ時にはどことどこが導通するのですか。
【回答】 仕様書の図で説明しますと、
CCW(左:反時計方向)に倒す → “1‐C”間が導通。
CCW(左:反時計方向)にさらに倒す → “1‐2‐C”が全て導通。
CW(右:時計方向)に倒す → “4‐C”間が導通。
CW(右:時計方向)にさらに倒す → “4‐3‐C”が全て導通。
ノブを押し込む → “T‐C”間が導通。

マイコン等でご使用の際には、C端子をGNDに接続し、1、2、3、4、Tを10kΩ程の抵抗でプルアップし、マイコンのGPIOに接続すると良いでしょう。
C端子は2か所ありますが、内部で接続されています。
E端子には特に何も割り当てられておりません(仕様書においては特に触れられておりません)。
 
【質問】 ロジックICで、同じ型番(74HC04など)であればメーカが異なっていてもそのまま使えますか。
【回答】 ロジックICは、同じ機能を持った標準ICとして各社より製品化されておりますが、製造方法や構造の違い等により、必ずしも完全置き換えできない場合があります。
特にHCU04などアナログ的な使い方をする製品に関しては、違いが大きく影響する場合があります。
74HC4046等のカウンタにおいても、タイミング仕様や入出力特性の違いにより、同じ動作をさせるために外付け部品が必要な場合もあります。
そのまま差し替えて正常に動作しない場合は、周辺部品の変更など適切な処置をお願い致します。
 
【質問】 MP4212互換ピンの使い方で、モーターの接続方法を教えてください。
【回答】 下記のPDFの「フルブリッジとして使用する場合」の項をご覧ください。
AE-TPC8407の使い方
  ・独立したPower MOS FET として使用する場合
  ・フルブリッジとして使用する場合
  ・並列で使用する場合
 
【質問】 寿命を教えてください。
【回答】 鉛蓄電池の充電方法には「サイクルユース」「スタンバイユース」等がございます。
サイクルユースは充放電の回数や深度が寿命を大きく左右します。基本的に深く放電するほど、充放電することのできる回数は減少します。
スタンバイユースは充電電圧や周囲の温度が寿命を大きく左右します。
それらの回数や年数はデータシートに記載のある場合がございますので、目安としてそちらをご覧ください。

 
【質問】 NormalとFullの違いは何ですか。 価格差がありますが、何故ですか。
【回答】 GR−PEACH−Normal
・無線LANモジュール取り付けコネクタ
が実装されています。
・LANコネクタ(RJ−45)
・Arduino UNO互換ピン
が未実装となっています。

GR−PEACH−FULL
・LANコネクタ(RJ−45)
・Arduino UNO互換ピン
が実装されています。
・無線LANモジュール取り付けコネクタ
が未実装となっています。

無線LANコネクタとLANコネクタは同時に実装することができない構造となっておりますので、どちらか片方が実装されております。
LANコネクタとピンソケットが省かれた分、部品価格が下がり、販売価格に差が生じております。

コネクタの有無によって、対応する周辺部品が異なります。
ご購入時の注意
 
【質問】 勝手に表示が切り替わることがある。
【回答】 MENUスイッチが振動により接触することがあるようです。
振動を与えないようご注意ください。

 
【質問】 CL6807が焼損することがある。
【回答】 電源によっては突入電流によりICが破損する可能性があります。
理想的な電圧源に近い場合(低インピーダンス)に発生しやすくなります。
その場合は「電源側へ直列に10Ω程度の抵抗を挿入し、問題なく起動するようであれば抵抗値を下げる」ことを繰り返し、破損しない範囲でできるだけ低い抵抗値を探します。
 
【質問】 グラバータイプのICクリップとはどのようなものですか?
【回答】 面実装部品の狭間隔で細いピンを確実に保持する機構をもったクリップです。 先端部がマジックハンドのようなつかむ動作をします。 グラブ(grab)するクリップということでグラバークリップ(grabber clip)とも呼ばれています。 極細線も確実につかむことができます。

 
【質問】 W/mKって何ですか?
【回答】 熱伝導率の単位です。詳しくはこちらをご覧ください。
熱伝導率とは(Wikipedia)
 
【質問】 入りにくい/入らないことがあります。<br> 各寸法に間違いはありませんか。
【回答】 多少斜めに力を加えてみてください。
おそらく入ります。
明らかにピンの太さが異なる場合はお問合せください。

 
【質問】 違いは何ですか。
【回答】 K-05818は各ピンにプルアップ抵抗が接続されています。
K-10967は各ピンがそのまま引き出されています。
 
【質問】 TPA6120A2の底面パッドとの接続について
【回答】 TPA6120A2の底面パッド(PowerPAD)は、TI社の資料(SLOS431B p.3)によるとGNDに接続する必要があります。
本DIP化キットで使用している変換基板は汎用変換基板のため、底面パッド部分はどのピンにも接続されておりません。 お客様にて、GNDへの配線を行って頂く必要があります(放熱の観点からも接続することをおすすめします)。
TPA6120A2は、内部との接続がないNCピンが複数ありますので、そこへ接続し、2.54mmピッチへ引き出すと良いかもしれません(一例)。
 
【質問】 精度はどのくらいですか。
【回答】 精度はメーカーにより規定されておりません。
ホビー用としてお使いください。
 
【質問】 付属のATmega2560ボードをセットしましたが、プログラムの読み書きができません。
【回答】 付属のATmega2560ボードをセットし、AtmelStudio上でそのボードが認識されているのにも関わらず、ISPによるプログラムの読み書きができない場合は、STK600上のISPコネクタ部のケーブル接続を見直してください。
ボードをセットしただけではISP部との接続がされていない状態です。付属のリボンケーブルを所定のコネクタに接続してください(例:ISPの接続)。
詳細はSTK600のマニュアルをご参照ください。
 
【質問】 エス・ジー・エムとは海外のメーカーですか?
【回答】 いいえ、100%日本国内で生産されている機構部品製造メーカーです。宮城県栗原市築館工場で生産しています。 エスジーエムは100%国内生産で 高品質、高信頼性スイッチ創りを実現しています。
 
【質問】 トライアックと基板はどうやってつなげばいいですか。わかりません。おしえてください。
【回答】 基板上のT1,T2,Gより配線を引き出し、トライアックに接続します。
端子配列はトライアックのデータシートを確認してください。
 
【質問】 RaspberryPiで動作しますが?
【回答】 RaspberryPiでの動作は保証しておりません。、Arduinoやマイコンにてご利用ください
 
【質問】 2SK2881のPch版はありませんか?
【回答】 Pch製品(コンプリメンタリ)はありません。2SJ498/2SK2880を ご検討いただければと思います。

 
【質問】 書き込んだスケッチが電池駆動時に動作しません。
【回答】 黒い2ピンのターミナルブロックによる給電(USB給電ではない)時に、既に書き込んであるスケッチが動作しない場合は、Sketch/Scratch切り替えスイッチをScratch側に切り替えてください。
Sketch側のままですと、(動作していない)FT231のDTRとマイコンのRESET端子が接続状態となり、常にマイコンがリセットされた状態になります。
 
【質問】 操作を一切受け付けません。いずれかのキーが押しっぱなしになります。
【回答】 スイッチの取り付け方向に間違いがないかご確認ください。

 
【質問】 ビームスポットの調整方法を教えてください。
【回答】 前筒を回転させることにより、スポットの焦点距離を調整することができます。 後筒を押さえながら、希望する距離のところでスポットが丸くなるように合わせます。 調整中にレーザー光を直視ないよう、十分に注意しておこなってください。電源配線側を正面に見て、時計方向に回すと焦点距離が短くなります。最小距離は前筒の先端から約3センチです。 下記のメジャーPDFを白い紙にプリントアウトしてご活用ください。
レーザービームスポットメジャー

前筒の調整は、後筒にあるねじ山が2ミリ見えてくる位置までにしてください。 回しすぎると、光学系が分解されてしまいますので、ご注意ください。
 
【質問】 ビームスポットの調整方法を教えてください。
【回答】 まず、レーザーモジュールの電源を切ってください。 前筒の前面にあるネジ(調整金具)により、スポットの焦点距離を調整することができます。 5〜6ミリ幅、厚み1ミリ以下のマイナスねじ回しで、希望する距離のところでスポットが丸くなるように合わせます。 「少し(回転角度で15度程度)回して、電源を入れてスポットを確認する。」を何回か繰り返して追い込んでいくのがコツです。 電源配線側を正面に見て、時計方向に回すと焦点距離が短くなります。最小距離は前筒の先端から約2センチです。レーザー発光させながらの調整は、非常に危険ですから絶対に行わないでください。 下記のメジャーPDFを白い紙にプリントアウトしてご活用ください。
レーザービームスポットメジャー

調整は、前筒から調整金具が2ミリ見えてくる位置までにしてください。 回しすぎると、光学系が分解されてしまいますので、ご注意ください。
 
【質問】 直流で使えますか。
【回答】 トライアックの特性上、直流で使うことはできません。

 
【質問】 付属CDダウンロード
【回答】 それぞれ該当するものをお選びください。
DS200U-A_M-04750_CD.zip
DS130U_M-04050_CD.zip
DS200U_M-04049_M-04751_M-09213_CD.zip
DS800U3_M-08248_CD.zip
 
【質問】 基板の外形のサイズと取り付け穴の位置を教えてください。
【回答】 寸法を下記にお示しします。
・外形サイズ: 長辺72ミリ/短辺47ミリ
・取り付け穴の位置(中心): 長辺と短辺の基板端からそれぞれ内側3ミリ
 長辺ピッチ69ミリ(72-3x2)/短辺ピッチ41ミリ(47-3x2)
・穴径:3.2ミリ
弊社ユニバーサル基板 Cタイプ[通販コード P-03229]と外形、取り付け穴の寸法は同じです。 この 寸法図(PDF) をご参照ください。

 
【質問】 TLP521と代替可能ですか。
【回答】 汎用フォトカプラとして、電子工作等においても良く使用されておりましたTLP521ですが、生産終了・生産終了予定品で、TLP385およびTLP785がメーカ推奨代替品となっております。
互換レベルは、“パッケージ違い、ほぼ同特性”となっております。
取り付け穴径やピッチ、周辺回路の変更調整等が必要になる場合も御座いますので、データシート(仕様書)を良くご確認のうえお買い求めくださいますようお願い申し上げます。
 
【質問】 緑の押しボタンスイッチとICソケットが余ります
【回答】 メーカーの部品とは別に秋月電子でサービスさせて頂いております。ご活用いただけましたら幸いでございます。
 
【質問】 B-014(C-03572)とB-014-1(C-00135)の違いは何ですか。<br> (ぱっと見た目同じに見えますが)
【回答】 ネジ部分の長さ等が異なります(写真
 
【質問】 説明書の訂正
【回答】 回路図中C2が0.1μFとありますが、正しくは1μFです、部品表は間違いありません。お詫びして訂正いたします。

 
【質問】 コンプリメンタリとランクがちぐはぐですが、何とかならないのですか?
【回答】 ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません。
これよりIDSSの少ないDランクをリクエストしたところ イサハヤ電子さんではEランクのみこれからは製造するとおっしゃっていました。
 
【質問】 Picoscope6日本語説明書
【回答】 PicoScope6UserGuideJA[1].pdf
言語の設定方法
 
【質問】 載っているマイコンを別売りのマイコンと取り換えたら動きません。マイコンの型番は合っていることを確認しました。マイコンの不良ですか?
【回答】 Arduinoに共通する点として、搭載マイコンに予め基本となるソフトウェア(ブートローダ)が書き込まれております。
このプログラムによりArduino IDEからのスケッチ書き込みが可能となっております。
したがって、弊社で販売しておりますマイコンをそのまま交換した場合、プログラムが書き込まれていない為動作しません。
未プログラムのマイコンに対して、Arduino上で配線を行うことで書き込むことができます。
お客様にて、”Arduino ブートローダ 書き込み”などのキーワードで検索し、お試しください。
(弊社ではサポートを行っておりません)
 
【質問】 赤と白でプラグ側ピンとの接点の構造が異なる様です
【回答】 赤側には、プラグを挿入したときに接点が離れるスイッチが作り込まれています。
プラグが未挿入の時には導通しています。ハンダ付けするピンのうち、穴の開いていない2本のピンをテスターで当たると導通しているのが確認できるかと思います。
プラグのピンと接触するのは、ハンダ付け面から見て右側の穴の開いていないピンです。
左側のピンがスイッチピンとなっています。
白側にはこの構造がありませんので、穴の開いたピンと開いていないピンがそれぞれ1本のみとなっております。
 
【質問】 スマートフォン(タブレット)が充電されません。
【回答】 D+/D−は無接続ですから、機種によっては充電されない、もしくは、充電が遅い可能性があります。
 
【質問】 リード線の変色は大丈夫ですか?
【回答】 長期保存のため、銀メッキリード足が酸化したものです。 砂消しゴムでリードをこすると簡単に取れます。 銀メッキ仕様なので半田付け特性は抜群に良好です。
 
【質問】 スナバーレスとは何ですか。
【回答】 スナバー回路が不要であることを謳ったST社製トライアックの商標(SNUBBERLESSTM)です。
こちらに、SNUBBERLESSTMについて記載があります。
 
【質問】 動作確認情報
【回答】 〇⇒動作しました、または充電できました。
×⇒動作しませんでした、または充電できませんでした。
■ラズパイ関係
・Raspberry Pi 2B 〇
・Raspberry Pi 3B 〇
・Raspberry Pi 用公式ディスプレイ 〇
(3Bと合わせた状態でも問題ありません)
・Pine64 〇
■スマホ、デジカメ関係
・Google Nexus 5 〇
・ZTE g01 〇
・Emobile GL06P 〇
・Y!mobile(Softbank) CRESTIA 402KC 〇
・Y!mobile(Sofrbank) DIGNO E 503KC 〇
・Google Nexus 4 〇
・NTT DoCoMo T-01D 〇
・NTT DoCoMo N-01D 〇
・Google Nexus 6 〇
・Covia Aubee elm 〇
・SONY Xperia XA Ultra (グローバルモデル) 〇
・ASUS Nexus7 〇
・HUAWEI MediaPad T2 Pro (Softbank) 〇
・SONY Xperia Z5 ×
・SONY Xperia Z5 Compact (グローバルモデル) ×
・SONY DSC-HX90V ×
・SONY DSC-RX100 IV ×
・SONY ILCE-7 ×
・SONY ILCE-7RM2 ×
・Anker Astro 第2世代 6000mAh モバイルバッテリー PowerIQ搭載
・HUAWEI P8 Lite ○
・HUAWEI GR5 ○
・FUJITSU arrows Tab F-04H(NTTdocomo) ○
・SHARP AQUOSPHONE SH-06G(NTTdocomo) ○
・KYOCERA TORQUE G02 ○
・SONY Xperia Z2 ×
・SONY Xperia Z3 ×
・SONY Xperia A ×
・SONY Xperia A2 ×
・SONY Xperia Z5 Premium ×
・NEC LAVIE Tab W × 2018.10.17追加
・ASUS TransBook T100TA × 2018.10.17追加

急速充電かどうかまでは確認していません、新たに分かり次第追記いたします。
 
【質問】 取扱説明書の誤記訂正につきまして
【回答】 取扱説明書2ページ記載の「I2Sデジタルオーディオ出力端子」の信号レベルを1.8Vから3.3Vに訂正いたします。

 
【質問】 取扱説明書の誤記訂正につきまして
【回答】 ・取扱説明書1ページにて、保護フィルムは貼付されていない旨の記述がありますが、保護フィルムは貼付されておりました。 お詫びの上、訂正いたします。なお、保護フィルムはすべてのセットアップが終わるまではがさないことをお勧めします。 剥離の方法は、パネル表面のいずれかの角にセロハンテープを貼り、テープと共にパネルからゆっくりと引きはがします。
・取扱説明書2ページ記載の「I2Sデジタルオーディオ出力端子」の信号レベルを1.8Vから3.3Vに訂正いたします。

 
【質問】 ログを最初の一度しかとることができなくなってしまいました。
【回答】 RTCのリセットをお試しください。
電気二重層キャパシタの端子間に10Ω程度の抵抗を接続し1分程度待ち、電圧が0.9V未満になったことを確認します。

 
【質問】 測定できなくなった/導通確認レンジに合わせるとブザーが鳴り続けるのですが不良でしょうか?
【回答】 ご質問の症状はヒューズ切れが疑われます。
電池交換の項目と同じ手順で本体を開け、基板端のヒューズを交換してください。
ヒューズの定格は取り外したものをご確認ください。
 
【質問】 USBで充電できないのですが、故障でしょうか?
【回答】 USB充電時に電池のインジケーター表示に動きはありません。
ファームウェアver01.18ではMENU→Batteryの項目から充電状況を確認できます。
最新のファームウェアへのアップデートを行うことをお勧めします。

 
【質問】 充電の方法は?
【回答】 本体上部のスライドスイッチをONにします。
その状態でUSBケーブルを接続すると充電が開始されます。

最新のファームウェア(ver01.18)では充電の状況が確認できます。
最新のファームウェアへのアップデートをお勧めします。
 
【質問】 フィルムコンデンサ本体に印字されているコードの読み方がわかりません
【回答】 ルビコン電子株式会社製フィルムコンデンサにつきましては下記のとおりです。

MMBAシリーズ
(例)
R104K
2B〜501
R:製造者記号
104:公称静電容量
K:静電容量許容差
2B:定格使用電圧
〜:交流用記号
501:製造番号(数字3桁)

MPSシリーズ
(例)
474K2E
RP301
474:公称静電容量
K:静電容量許容差
2E:定格使用電圧
R:製造者記号
P:材料記号
301:製造番号(数字3桁)

F2Dシリーズ(外形サイズにより全4通りの書式があります)
(例1)
R103J
R:製造者記号
103:公称静電容量
J:静電容量許容差
特に表記がありませんが、定格仕様電圧は50VDCです。

(例2)
1H473J
R A
1H:定格使用電圧
473:公称静電容量
J:静電容量許容差
R:製造者記号
A:製造ロット(大文字アルファベット1文字)

(例3)
[R]103J
   2A51
[R]:製造者記号
103:公称静電容量
J:静電容量許容差
2A:定格使用電圧
51:製造ロット(数字または大文字アルファベット2桁)

(例2)
2A104J
[R]51
2A:定格使用電圧
103:公称静電容量
J:静電容量許容差
[R]:製造者記号
51:製造ロット(数字または大文字アルファベット2桁)

定格使用電圧一覧
50V:1H
100V:2A
125V:2B
200V:2D
250V:2E
450V:2W(または450)
630V:2J
静電容量許容差一覧
J:±5%
K:±10%

 
【質問】 タクトスイッチの片側がGNDでショートしてませんか?
【回答】 一見基板を見るとタクトスイッチのGND側がショートしているように見えますが、正しく配線されておりますのでご安心ください。
基板の拡大写真(PDF)

 
【質問】 もう少し大きなスピーカーにも使えませんか?
【回答】 中央部をニッパなどでカットし、ふたつに分離すればスピーカー取り付け用部材としてご活用いただけます。 ホルダーのたわみ力を利用した押しつける効果はありませんが、 口径7センチ以下の軽量スピーカなら固定することができるかと存じます。2 個所の突起部がスピーカの外縁部に当たるようにして固定すると、 スピーカがずれてしまうことを防げます。

 
【質問】 発光ダイオードの順方向降下電圧を測ることはできますか。
【回答】 測定電圧が開放時で約1.5V程度な上、実際に測定可能な電圧は0.999Vまでの為、順方向降下電圧を測ることはできません。取扱説明書と仕様の表記は誤りです。

 
【質問】 FSR400シリーズのセンサ部を目的の形状に合わせてカットして使うことはできますか。
【回答】 FSR408以外の製品に関しましては、カットしての利用を想定してデザインされておりません。
 
【質問】 ピッチが微妙に異なりユニバーサル基板にはいりません
【回答】 従来のDCジャック(MJ−179P等)と異なり、基板側の穴を広げたりする必要がなく、そのまま挿入することができます。しかし、足のピッチが[2.8mm,3mm,4.8mm]ですからそれぞれ[-0.3mm,-0.46mm,+0.28mm]程度2.54oピッチより外れます。

電子工作では、上記のような小加工が必要な場合がございます。
お手数ですが、足をまげてお使いください。

 
【質問】 メーク、ブレークとはどのような意味ですか?
【回答】 リレーの駆動コイルに電流を流したときの接点の状態を示しています。
・メーク(make)とは、常開(N.O.: ノーマリーオープン)の状態から接点がオンになることを意味します[OFF⇒ON]。
・ブレーク(break)とは、常閉(N.C.: ノーマリークローズ)の状態から接点がオフになることを意味します[ON⇒OFF]。

 
【質問】 SHARP 7インチIGZO−LCD アクリルパネルキットに入りますか。
【回答】 大きさが異なるため使えません。
 
【質問】 対応する液晶パネルを教えてください。
【回答】 以前販売していた、SHARP 7インチ高精細IGZO−LCDパネル 接続モジュールセット(ラズベリーパネル接続キット)です。
 
【質問】 搭載されているコンデンサのチップサイズは何ですか。
【回答】 搭載されているコンデンサは、すべて1608サイズです。
 
【質問】 ポリスイッチとリセッタブルヒューズの違いは何ですか。
【回答】 メーカ商品名と一般名称の違いです。
ポリスイッチ(PolySwitch)は、リテルヒューズ(Littelfuse)社の商標です(2016.3にTEコネクティビティ社の回路保護関連事業を買収しました)。
リセッタブルヒューズ(復帰可能ヒューズ)は、一般名称です。

ポリスイッチ、リセッタブルヒューズのどちらも、PTC(“正の温度係数”を持った)サーミスタ(温度により抵抗値の変わる素子)の一種です。
過電流時に自己発熱をし、抵抗値が上昇し電流を遮断します。

機能としてはいずれも同じですが、ご購入いただく際には各製品のデータシートを必ずご覧ください。
 
【質問】 メインメニューのページ切り替え方法がわかりません。 設定値の調整方法がわかりません。
【回答】 本製品は、メニュー操作はすべて画面右側の領域に内蔵されている静電容量式タッチセンサによって行います。
メニューのページ切り替えは、“S”の部分を横になぞる様に操作します。
右になぞると次のページへ進みます(Page3で進むと、Page1に戻ります)。
逆に、左になぞると前のページへ戻ります(page1で戻ると、Page3に切り替わります)。
設定値変更の場合は、左右矢印に沿って、増加させる場合は右に、減少させる場合は左になぞります。

詳細は、付属の説明書をご覧ください。
 
【質問】 説明書に書いてあるU2のはんだ付けとはどういうことですか。
【回答】 販売初期の頃は、ピンヘッダを実装する必要がありました。
現在は既に実装されています。加工の必要はありません。

 
【質問】 コンデンサの測定はどのようにすれば良いですか。
【回答】 [1]テスタの電源を入れます。
[2]測定対象に合わせて、1000uFレンジまたは20uFレンジに切り替えます(不明の場合は、20uFレンジで測定して、O.L.となった場合にレンジを1000uFに切り替えます)。
[3]テスタリードの赤色(+)を測定対象コンデンサの+に、テスタリードの黒色(−)を同じく−につなぎます(テスタリード先端を接触させます)。
付属の測定アダプタ(Multi-Function Socket)を使用する場合は、アダプタの上面に差し込み口がありますので、印字の極性(−、+)に合わせてコンデンサのリードを差し込みます。

測定時には、コンデンサを完全に放電させてからテスタに接続してください。
充電された状態で接続すると、蓄電された電荷によってはテスタを破壊する場合がございます。
 
【質問】 ADコンバータにアナログ信号を入力しても取得できる値が変わりません(最大値で固定)。
【回答】 LPC1114FN28のADコンバータは、基準電圧を与える必要があります。
外部から基準電圧を供給する場合は、
・7番ピン(AVIN)に基準電圧
・8番ピン(AGND)にGND
をそれぞれ接続します。
まずは、こちらをお試しください。
 
【質問】 なんかものすごく高い感じがするのですが?
【回答】 2N5457はオリジナル商品です。台湾、中国でのセカンドソース品ではありません。お客様のリクエストで安易なセカンドソース品を売るなというリクエストもございました、性能重視とお考え下さい。TO-92型でも米国製では100円以下、日本製では50円以下では販売できない様です。
 
【質問】 C-12151とC-09248の組み合わせで使用できますか。
【回答】 使用できることを弊社で確認しておりますが、メーカ指定の組み合わせではありませんので、確実性を求める場合はメーカ指定の組み合わせ(C-12151 + C-12160)を推奨します。
 
【質問】 日本圧着端子製造(JST)社製のXHコネクタに使えますか。
【回答】 弊社で挿し込んでの導通は確認しましたが、抜き差しが固めです。
メーカ推奨の組み合わせではありませんので、おすすめはできません。
 
【質問】 マニュアルの訂正につきまして
【回答】 マニュアル1ページの一番下:
スナバレストライアックの説明文中の「BTA24-600CWRGは、スナバレストライアックです。トライアック内部にノイズ吸収機能が、入っています。」を 下記の内容に訂正のうえお詫びいたします。
「BTA24-600CWRGは、ノイズ吸収用のスナバ回路を必要としません。」
追加説明: スナバレストライアックBTA24-600CWは、強化されたスイッチオフ能力によって3象限設計と誘導負荷設計に特に適しています。このデバイスの特徴は、最大800Vの逆電圧と最大25Aの電流です。 したがいまして、AC100Vの電力ON/OFF制御につきましては、高電圧ノイズ吸収用のスナバ回路による保護を必要とせず、安全にご使用していただくことができます。
・参照先 ・アプリケーションノート ・BAT24-600CWデータシート

 
【質問】 ディスプレイの表示を180度回転させたい。
【回答】 /boot/config.txt の内容を変更する事で可能です。
config.txtの内容につきましてはこちらをご覧ください。

lcd_rotateの値を以下のように変更します。

lcd_rotate=0 標準
lcd_rotate=1 時計回りに90°回転する
lcd_rotate=2 時計回りに180°回転する
lcd_rotate=3 時計回りに270°回転する

 
【質問】 PA-20とPA-21の違いは何ですか。
【回答】 こちらをご覧ください(エンジニア社のwebサイトを表示します)。
 
【質問】 電気的定格の最大が3.5Vになってますが、5Vで使用できますか。
【回答】 はい。絶対最大定格は6Vなので5Vでの使用は可能です。
5Vで使用される場合は商品ページ「データシート」に記載のように設定してください。
しかしながら、より安全にご使用いただく為には電源電圧3.3Vをお勧めいたします。

 
【質問】 ビームスポットの調整方法を教えてください。
【回答】 前筒を回転させることにより、スポットの焦点距離を調整することができます。 後筒を押さえながら、希望する距離のところでスポットが丸くなるように合わせます。 調整中にレーザー光を直視ないよう、十分に注意しておこなってください。電源配線側を正面に見て、時計方向に回すと焦点距離が短くなります。最小距離は前筒の先端から約2センチです。 下記のメジャーPDFを白い紙にプリントアウトしてご活用ください。
レーザービームスポットメジャー

前筒の調整は、後筒にあるねじ山が1ミリ見えてくる位置までにしてください。 回しすぎると、光学系が分解されてしまいますので、ご注意ください。

 
【質問】 基板やパッケージの「海賊ロボ忍者さる」とは何の意味ですか?
【回答】 それぞれの英語の頭2文字がPIMORONI(社名)になります。

海賊 = Pirates = PI
さる = Monkey = MO
ロボット = Robot = RO
忍者 = Ninja = NI
 
【質問】 ディスプレイ(モニタ)を接続して表示できますか。
【回答】 HDMI、コンポジットビデオ出力(NTSC/PAL)ともにボードのコネクタに引き出されていません。
ディスプレイ(モニタ)を接続する場合は、Raspberry Pi等がおすすめです。
 
【質問】 日本語説明書の訂正
【回答】 日本語説明書の4.8.1(23ページ)に誤りがありました。お詫びの上、下記のように訂正いたします。
「測定モード切替スイッチ(変換スイッチ)を回します。電池電圧が7V以下の場合には、バッテリーのマークが表示されます。この場合には、新しい電池と交換してください。」

 
【質問】 DC増幅アンプにつなぐ場合の、カップリングコンデンサの容量を教えてください。
【回答】 アンプの入力インピーダンスにもよりますが、 10μF程度( P-03116P-04621P-10590 等)をご検討ください。マイクアンプの出力は、電源電圧の半分の電位にオフセットされています。たとえば5V給電の場合には、2.5Vのオフセットです。有極性の電解コンデンサを使用する場合には、マイクアンプの出力側にコンデンサのプラスを接続してください。また、無極性のコンデンサ( P-04624 等)もご使用いただけます。

 
【質問】 タカチのTW5-3-5Gは入りますか?
【回答】 入りません、残念ながら惜しい所で寸法が足りませんでした。
 
【質問】 説明書に載っていませんが、TIのNE5532Pは使えますか?
【回答】 そのまま差し替えてお使いいただけます。電源は単3×4本または006Pで動作確認いたしました。
 
【質問】 オペアンプの発振対策について
【回答】  オペアンプを交換する場合、仕上がりゲインの制約があるものでは 発振することがあります。仕上がりゲインを上げることで 発振を回避できる場合があります。抵抗は取り外しは困難ですので R5/R9に抵抗を並列に追加して 仕上がりゲインを上げることができます。仕上がりゲインの計算方法は キットの説明書をご覧ください。制約条件ぎりぎりだと発振を 回避できない場合がありますのでデータシートをご確認の上 余裕をもって計算することをおすすめします。
 OPA637APを変換基板を介して乗せた場合は仕上がりゲインの制約(注)の関係で 発振することがわかっています。大変お手数ですが、R5/R9に並列に 抵抗を入れて仕上がりゲインを上げてください。
■キット製作済の場合
例1 R5/R9に10kΩを並列に接続する
 合成抵抗は5kΩになり、仕上がゲインは5.7倍から10.4倍になります。
例2 R5/R9に4.7kΩを並列に接続する
 合成抵抗は3.19kΩになり、仕上がりゲインは5.7倍から15.7倍になります。
■基板単品を購入・キット製作前の場合
例 R5/R9を10kΩから4.7kΩに変更して製作
 仕上がりゲインは5.7倍から11倍になります。
(注)非反転増幅回路で利得5以上
 
【質問】 AD8532ARは使えますか?
【回答】 変換基板でDIPパッケージに変換して電源電圧を5V以下にすればお使いいただけます。6V以上は音が割れます。
 
【質問】 起動しません。
【回答】 Cx,Lx,Fxのスイッチが2つ以上押されていないかご確認ください。
電源投入時は、Cx,Lx,Fxのいずれも押されていない、もしくは1つだけ押されている状態にしてください。
 
【質問】 外部電源でスケッチが動作しない場合
【回答】 TXD端子(14ピン)を3.3Vにプルアップしてください。 (TXD端子と3V3端子(1ピン)を3.3kΩ〜10kΩ程度の抵抗で接続します)
 
【質問】 以前のバージョンの説明書(V1.1 2012.05.31)
【回答】 取扱説明書(V1.1 2012.05.31)
 
【質問】 ラジカセやコンポにも使えますか?
【回答】 低音がいくらか低下しますが気にしなければ使えます。 説明書PDFに周波数特性を掲載していますのでご参考にしていただけましたら 幸いでございます。
 
【質問】 通信ができない
【回答】 1.電源を入れた後FUNCTIONボタンを8回押して液晶にCOMというマークが 表示された状態にしてください。
2.通信速度は1200bpsであることを確認してください。
3.COMポートの番号があっているか確認してください。USB-シリアル変換ケーブルの場合は 差し込むUSBポートの位置によってCOMポートの番号が変わります。 デバイスマネージャーでご確認ください。
4.TsDMMViewerをお使いの場合はMulti MeterをMETEX(1200bps model) に設定してください。

 
【質問】 モノスティック グレー/クリア/ブルー/レッド これらは何が違うのですか?
【回答】 モノスティック グレー/クリア/ブルーにおきましては、ケース色以外、仕様上の差異はございません(同様にお使いいただけます)。
モノスティック レッドに関しましては、無線出力が10mWの高出力となっております(グレー/クリア/ブルーは1mW)。
詳細につきましては、モノワイヤレス社のウェブサイトをご覧ください。
https://mono-wireless.com/jp/products/MoNoStick/index.html
 
【質問】 スルホール加工とはどのようなものですか?
【回答】 まず、プリント基板の構造を簡単に説明します。 基板素材の絶縁体表面に電流を流すために、銅などの伝導体で配線が印刷されています。配線が片面のみにあるものを片面基板、両面にあるものを両面基板と呼んでいます。 両面基板の加工方法のなかで、基板に貫通させた穴の内側に銅などで導体層を作り、基板の両面にあるパターンを導通させるものがスルホールと呼ばれます。スルホールは、銅メッキ処理により作られます。

 
【質問】 多層基板とはどのようなものですか?
【回答】 両面基板のひとつの面を層として数え、両面基板を2枚重ねたものが4層基板、3枚重ねたものが6層基板となり、これらを多層基板と呼びます。両面基板の表面と裏面のパターン、また層間のパターンに電流を流すために、基板に貫通させた穴に銅メッキ処理によりスルホール加工をおこないます。

 
【質問】 スルーホール加工は作るのが大変だと聞いています。価格が片面基板と5円しか高くなく肉薄していますがなぜですか?
【回答】 矢島製作所様がカスタマー(お客様)にスルーホール基板の良さをアピールするために宣伝広告(プロモーション)価格になっています。
 
【質問】 製品に印字されている型番の表記が周波数ランクがブランクとなっています。250MHz仕様であれば250が明記されているはずです。
【回答】 パッケージ刻印に関しましてはデータシート678ページをご参照くださいませ。データシートPDF
 このデバイスが250MHz動作である事はデータシート3ページ表の下から2行目の該当デバイスの注釈(3)をご覧いただきますと 「3: This device is available with a 252 MHz speed rating.」との記載があり、ご確認いただけます。PIC32MZ2048EFH064、PIC32MZ2048EFH100、PIC32MZ2048EFH144が該当いたします。
 
【質問】 hFEが低く、不良品です。DCA75/DCA55で確認しました。
【回答】 パワートランジスタの特性上、測定時のコレクタ電流が低すぎるとhFEが低く測定される場合があります。データシートに記載の条件(IC,VCE)に則りご確認ください。
 
【質問】 このジャックは基板取付用、パネル取付用のどちらでしょうか?
【回答】 (メーカーの見解)いつも大変お世話になっております。 お問合せ頂きましたMJ−352W−Oは、 基板、パネルどちらへもご使用は可能ですが、 正式には基板取り付け用として販売させて頂いております。 基板へ実装し、筐体へナットでも固定する事で、保持力を高め プラグ挿入時のガタツキ等を防ぐ仕様となっております。 パネル用としてご使用されているユーザー様もおられますが、 形状からも、基板取り付け用とさせて頂いております。
 
【質問】 ハロゲンフリーとは
【回答】 世界的にIEC61249-2-21、国内は社団法人日本電子回路工業会(JPCA)で塩素(Cl)・臭素(Br)の含有量がそれぞれ0.09wt%以下、総量を0.15wt%以下となっています。(wt%…質量パーセント濃度)
 
【質問】 littleBitsとは
【回答】 MIT出身のアヤ・ブデールが2011年に創立した、ニューヨークを拠点とするスタートアップ企業で、littleBitsの使命は唯一つ、「エレクトロニクスの門戸を開放し、誰もが発明家になれるようにする」こと。その革新的な製品は、マグネット式の各モジュールをつなぎ合わせることで、電子回路を楽しく学べるオープンソースのライブラリーです。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の常設展示にも選定されている他、玩具、テクノロジー、知育、Maker(DIY)の各方面で20種類以上にも及ぶ数多くの賞を受賞しています。また2012年のTEDカンファレンスでの講演は、全世界で70万ビューを超えるネット視聴を集めました。
 
【質問】 1列と2列ではおすすめのコネクタが違っていますがなぜですか?
【回答】 2列タイプは1列タイプよりピン数が多くなることを考慮して抜き差しが やわらかめのコネクタをおすすめいたしました。
 
【質問】 USBロガーがUSBデバイスとしてPCに認識されなくなってしまいました。壊れてしまったのでしょうか?
【回答】 PCにUSBロガーを接続しますと15mA程度の電流を消費いたします。 電池の消耗度合いによっては、PCでのデバイス認識エラーとなる場合がございます。 PCでの設定はなるべく短い時間内におこなっていただくようお願いいたします。
PCでUSBデバイスとして認識されない、Unknown Deviceとなってしまう場合には ロガーの電池キャップを取り外してPCに接続し、PC接続中の電池電圧を測定してください。 PCがUSBデバイスとして正しく認識するためには、 2.7V以上の電池電圧を必要といたします。 安定動作のためには、PC接続中の電池電圧が3V以下になったら新しい電池 B-03222 と交換することをお勧めいたします。

 
【質問】 赤外線LEDなのに、なぜ赤い発光を見ることができるのですか?
【回答】 JIS Z8120の用語定義によれば、可視光線に相当する電磁波の長波長限界はおおよそ760nm〜830nmとされています。 したがいまして、L12170 浜松ホトニクス仕様書 2ページの発光スペクトルグラフに示されている相対光出力が可視光線領域(775nm〜830nmの領域)に達しているので、発光中は赤い色として見ることができます。
※ご注意: ピーク波長870nmではきわめて高い放射強度で発光しています。 安全のため近距離、また長時間にわたる肉眼での直視はしないでください。

 
【質問】 レンズを交換したい
【回答】 M12/3.6mm/F2.0であれば互換性がございます。
焦点距離や明るさの違うレンズを用意する場合はカバーが干渉しないかなど、 寸法についてご注意ください。
 
【質問】 レンズが曇った
【回答】 レンズ表面に空気中の油脂やごみが付着している可能性があります。 湿式のメガネ拭きやレンズクリーナーでクリーニングをしてみてください。 力をあまり入れずに優しく拭いてください。
 
【質問】 偽造品が出回っていますが、御社の製品は真正品ですか?
【回答】 弊社で販売している製品は正規ルートで仕入れた真正品です。安心してお買い求め下さいます様お願い申上げます。
参考(梅本合同会社)
Tower Pro 商品の侵害品(偽造品)の判定について
 
【質問】 フローブがすぐにダメになってしまうのですが、扱い方に注意することはありますか?
【回答】 プローブに使用されている同軸ケーブルの芯線は、均一な高周波特性と静電容量を保持するために非常に細くなっています。対応する帯域周波数が高くなるほど、細くなっています。帯域500MHzのプローブの芯線は髪の毛より細いものが使用されています。
保管するときや、測定中にケーブルに過度なストレスがかかると、断線する危険があります。曲げ半径が2.5cm以下にならないようにしてください。特にBNCコネクタ部、先端 プローブ部にあるケーブル付け根に急激な曲がりがないようにしてください。また、強く引っ張ったりもしないでください。

 
【質問】 丸い柱に巻きつけて点灯させることはできますか?
【回答】 はい、可能です。ただし設置条件といたしまして、曲げ半径として10cm以上を推奨いたします。柔軟な基板にLEDや抵抗が実装されていますが、きつく曲げたり折り曲げたりしますと部品のはんだ付け部分が基板から剥がれてしまい、断線してしまう可能性がございます。

 
【質問】 LAN接続がうまくゆきません
【回答】 説明動画をご用意させていただきました。
vds3102l_lan_config.mp4(14分15秒、83.8MB)
 
【質問】 メーカー名が、Fairchild Semiconductor (現 On Semiconductor)となっていますが、どういうことですか。
【回答】 2016年9月に、Fairchild Semiconductor(フェアチャイルドセミコンダクタ)は、 On Semiconductor(オンセミコンダクタ)の一部となりました。
(商品コメント上またはデータシートの表記などにつきましても、Fairchild Semiconductorのまま、もしくは混在している場合がございます)
 
【質問】 キーパッドの操作ができない
【回答】 本製品は、ADJつまみ(ロータリエンコーダ)とキーパッドで信号線(キーマトリックス配線)を共用する設計になっています。そのため、ADJつまみの位置(角度)によっては、エンコーダの出力の影響でキーパッドの操作ができなくなってしまうことがあります。
キーパッドの操作ができなくなってしまったときは、ADJつまみをいずれかの方向に少し回してください。ふたたび操作できるようになります。

 
【質問】 AE-LPC11U35の電源供給についての注意事項
【回答】 USBmicroBコネクタ(以下、USB)によるバスパワ給電または4.5V〜5.5Vを電源ピン(2番ピン)にどちらか1つ給電することで動作します。
USBの電源と、2番ピンは直結していますので同時に給電しないでください(衝突の恐れがあります)。
なお、USBバスパワ給電時には、2番ピンから5V(USB側の供給能力−ボード自体での消費電流)を取り出すことができます。

簡易的な保護回路としては、ダイオードを介して2番ピンに電源を供給する方法があります。
ダイオードの順方向降下電圧を使用して、USBバスパワ供給電圧以下に抑えることでUSBポートへの逆流の影響を抑えます。
あくまで簡易的な回路ですので、完全な保護を行うものではありません。

クリックで拡大
 
【質問】 LEDドライバと記述がありますが、<br> これに使えるLEDはどれか教えてください。 <!-- これに使えるLEDはどれか教えてください。 -->
【回答】 販売開始当初、仕入れ先メーカが本製品をLEDドライバとして使用していたとの情報があり、LEDドライバという商品名としておりましたが、データシートにございますとおり、2出力のDCDCコンバータでございますので商品名を変更いたしました。(2017.10.02)
 
【質問】 コンセントにつないでから数分待っても、はんだ付ができません。LEDは点滅しています。 故障でしょうか?
【回答】 温度設定ボリュームを確認してください。はんだ付けする部品にもよりますが、33O℃程度に設定してください。詳しくは、取り扱い説明書の「設定温度の目安」をご覧ください。 LEDは、設定温度に達すると点滅します。
適正温度に設定しても、はんだ付けができない場合には「こて先」が酸化している可能性があります。軽度な酸化なら チップリカバリー ST-45チップリフレッサー BS-2 で除去することができます。
「こて先」の劣化が激しい場合には、交換をお勧めします。 交換用純正こて先
 
【質問】 オプションのシリアルデコーディング機能は搭載されていますか。
【回答】 いいえ、非搭載となっております(別途オプションを購入することで、有効化することができます)。
 
【質問】 出荷時オプションは、何が入っていますか。
【回答】 オプション機能として、マルチメータ(DMM)、任意波形生成(FG)が内蔵されています。
シリアルデコーディングオプションは、非搭載です。

OWON社製品は、型番だけではオプションの内蔵状況がわかりませんので、商品ページのコメント等を良くご確認の上、お買い求めください。
 
【質問】 最大放電電流を教えてください。
【回答】 NP、PE、PXLシリーズの最大放電電流は、
連続…6C放電
瞬間(5秒以内)…15C放電
となっております。

例)形式:NP2.3-12 の場合
電池容量:2.3Ah
最大放電電流
 連続 2.3×6C=13.8A
 瞬間(5秒以内) 2.3×15C=34.5A
となります。他の形式(NP、PE、PXLシリーズに含まれるモデル)においても同様の算出方法でもとめることができます。
 
【質問】 画像は表示されるがボヤケたりピントが合わない
【回答】 レンズの外側を指で回すことでピントを合わせることが出来ます。
 
【質問】 ドキュメント
【回答】 販売時に公開していたドキュメントです。
SW-720カメラモジュール説明書
OSD操作マニュアル
SW-720カメラモジュールメーカー仕様書
ICRモジュール参考技術資料
 
【質問】 入出力(AnalogDiscovery-ピンヘッダ)間は全て結線されていますか。
【回答】 デジタル入出力のみ結線されています。アナログ入出力はBNCコネクタに配線されている為、結線されていません。
 
【質問】 リレーを交換するだけで電源電圧を変更できますか。
【回答】 946Hシリーズのリレーに交換可能です。ただし、24VはIC(LMC555)の定格電圧と電解コンデンサの耐圧が不足するため、使用できません。
5V小型リレー 接点容量:2A 946H−1C−5D
12V小型リレー 接点容量:2A 946H−1C−12D
 
【質問】 型番の末尾に1がありますが、データシートにはありません。型番末尾の「1」は何の意味ですか?ですか?
【回答】 メーカーからの回答:末尾の1は黒の色番号の為、MP−121WHと製品は同じとなります。同製品は標準色が黒なので、末尾の1はご注文時に必要ありませんが特注色でグレー(色番号4)があり、社内では区分けする為正式には末尾に1か4が入ります。
 
【質問】 初期不良のようです。 問い合わせ先を教えてください。
【回答】 TDKラムダ株式会社
http://www.tdk-lambda.co.jp/
電話:0120−507039 (自動音声ガイダンスに従って、「2番」を押してください。)
※受付時間:平日9:00〜12:00、13:10〜17:00(TDKラムダ株式会社指定の休日を除く)
FAX:0120−178090
電子メール:sps_tech@jp.tdk-lambda.com

 
【質問】 みちびき初号機は良好に受信できていますが、2号機以降の受信は可能ですか?
【回答】 現在のファームウェア「AXN_2.10_3339_12051401 0012」の設定では、 みちびき初号機(QZS-1: 衛星番号193)の受信のみとなっております。 なお、ファームウェアのバージョンは、 付属のソフトウェアMini GPS v1.7.1によって確認することができます。 確認方法については、ユーザーガイド4ページをご参照ください。

 
【質問】 タッチした場所がずれます
【回答】 ドライバの更新で改善される場合があります。
下記URLより[64 bit GoodixTouchDriver v1.1.rar]をダウンロードおよび解凍し、管理者権限でinstall.batを実行してください。実行後(再起動ではなく)シャットダウンして電源を再投入の上、改善されているか確認してください。

https://github.com/LattePandaTeam/LattePanda-Win10-Software/tree/master/Drivers/4G64GB_Drivers/Touch

上記の方法で改善されない場合には キャリブレーション を行ってください。

 
【質問】 GR-CITRUSに書き込まれているファームウェアのバージョンは何ですか。
【回答】 出荷時期により下記のバージョンがございます。

<バージョンの見分け方>
PCとUSB接続し、USB Mass Storageとして認識されたときのボリューム名で行います。

<2017.11.10 以降出荷分>
Rubyファームウェア:V2.35
USB Mass Storageファームウェア:B
ボリューム名:GR-CITRUS_b

<初版>
Rubyファームウェア:V2.12
USB Mass Storageファームウェア:無印
ボリューム名:GR-CITRUS
 
【質問】 GR-CITRUSのファームウェアを更新したいのですが。
【回答】 ガジェルネ公式サイトに最新のファームウェアが公開されております。
http://gadget.renesas.com/ja/product/citrus.html
 
【質問】 IDE for GRで、プログラムの書き込みを行おうとすると、<br> GR-CITRUS is not found.<br> と表示されて書き込みできません。
【回答】 GR-CITRUS内蔵のファームウェアのバージョンが、ご使用中のIDE for GRのバージョンでは対応していない可能性があります。
IDE for GRの最新版(V1.02b以降)をご利用ください。

IDE for GR ダウンロードページ
 
【質問】 パッケージ裏面に「Voltage(V):1.2V」「Power(W):2W」とありますが。
【回答】 申訳ございません。こちらはミスプリントになります。
 
【質問】 基板単体にはなぜコンデンサが付いていないのですか?
【回答】 基板単体ではお客様がご自由にコンデンサを選択できるようあえて取り付けておりません。
 
【質問】 値段が高すぎます
【回答】 弊社をご利用になるお客様には需要者(エンドユーザー)、供給者(メーカー)両方いらっしゃいます。 エンドユーザー側にとって一見価格が釣り合わず魅力的に見えないような製品、コストパフォーマンスに 疑問を感じるような製品であっても、メーカーにとってコストを度外視し 入手して分析・研究する価値のある製品もございます。またメーカーとして 同業他社から購入しづらい事情もあり、弊社の様な一般小売店が媒介することで 入手しやすくなるようなケースもございます。以上の様な意味合いからも ご要望、リクエストをお待ちしております。今後とも 秋月電子通商をご愛顧賜ります様何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【質問】 65W級で超高性能でも12000円という価格は高くて買えません
【回答】 お客様よりこの商品を売ってほしいとリクエストを頂きました。研究開発で回路などを参考にするため購入されたい様でございました。弊社でも少量(数十個)の在庫で販売しております。数年後は実用価格(2500~3000円)になると思われます。
 
【質問】 LCDに「Error HTTP:-1」と表示され再生されない/最近音が途切れるようになった。
【回答】 初期設定のチャンネルが古い場合に発生するエラーです。下記URLの「チャンネルURLの調べ方」記載の方法で取得したアドレスをBB-Shoutのhtmlサーバーより登録します。登録の方法は説明書8ページの「パソコンとの接続」の項目をご確認ください。またリスナーが多かったり、ストリーミングサーバーからWebラジオに至るまでの回線が狭い場合、音が途切れる場合があります。他のチャンネルを登録したり、他のインターネット回線(ADSL、光、等)で途切れないかお試しください。
チャンネルURLの調べ方
説明書
 
【質問】 T10 LEDウェッジ球 白色LEDの発光色(色味)につきましてお尋ねします。 複数のLEDを同じ条件で光らせているのですが、同じ白色に見えません。なぜですか?
【回答】 メーカーの仕様書によりますと、各白色LEDの色温度は下記の範囲内で規定されています。
・ピュアホワイト[M-09133]の色温度: 5500〜8000ケルビン(K)
・クールホワイト[M-09134]の色温度: 8000〜17000ケルビン(K)
特にクールホワイトは製造工程上の特性バラツキが大きく、 低い色温度(8000ケルビン近傍)のものですと、ピュアホワイトの上限規定温度(8000ケルビン)に近くなります。 同一ロットの場合でも、このバラツキを避けることができません。複数のLEDを並べて点灯させると、ヒトの視覚が鋭敏なため発光色(色味)の違いが分かります。 白色発光を得るために使用している蛍光体の材質や塗布厚み等に由来するもので、本製品の仕様です。なお、単色のLEDの発光色は使用半導体のバンドギャップに依存するため、同一製品/同一ロット/同一駆動条件の場合には、その違いはほとんど分かりません。

 
【質問】 製品に組み込みむため、年間●●個購入する予定です。今後も継続して販売しますか?
【回答】 こちらは売り切り商品です。弊社の手持ちの在庫が底をつきますと次回の入荷はございません。メーカーも生産終了しておりますため製品に組み込みますと将来生産コストが膨らんだり保守に悪影響が出ますのでご遠慮いただきます様お願いいたします。
 
【質問】 国内メーカーにしては随分安いですが…品質とか大丈夫なんですか?
【回答】 弊社ではC基板を中心にユニバーサル基板を販売させて頂いておりますが、 お客様から「スルーホールのC基板を切りたいが大変」 「C基板やD基板を試作に使っているがランドが余ってしまいもったいない。 何とかならないのか?」というご指摘を頂きました。 国内メーカー製は海外メーカー(特にアジア地域)製に比べて手抜きの無い しっかりした作りですからどうしてもコスト高になるのは否めませんが、 今回はお客様への”罪滅ぼし”ということで儲け度外視で ご提供させて頂きます。ちょっとしたアイデアの実現や実験にお役立て頂けましたら幸いでございます。
 
【質問】 Bourns社より安いですが、品質的にはどうなんですか?
【回答】 大量に生産されており「まあまあ」の品質を保っています。 Bourns社製品に比べて分解能はそれほどで無いと思われます。 価格的には安くも高くもなく一般ホビー用途には最適です。 工業計測用や製品に組込むような高度な信頼性を要求する用途には、 Bourns社製品をお勧め致します。
 
【質問】 基板寸法について。
【回答】 取扱説明書の基板寸法図に誤植があります。
誤:300mm 正:30mm
誤:150mm 正:15mm
上記の通り、訂正致します。
 
【質問】 基板上のLEDが光りません。
【回答】 各LEDは、FT232HのI/Oピンにそれぞれ接続されております。
標準のI/Oピン設定ではtristate(Hi-Z : 未接続とほぼ同じ扱い)動作となっていますので、LEDは点灯しません。
FT_Progと呼ばれるFTDI社の公式設定ソフトを用い、設定を変更することで点灯させることができます。
設定方法等の詳細につきましては、商品ページ掲載のPDFまたは商品に添付の説明書をご覧ください。
 
【質問】 Windows10には対応していますか?
【回答】 本製品は、Microchip社のPICkit2を基としたオリジナルボードです。
既にMicrochip純正のPICkit2は、新規非推奨であり、サポートは終了しております。
従いまして、本製品につきましても最新の開発環境(MPLAB X)には対応しておりません。

製造元(ETT社)に問い合わせましたところ、下記条件での動作を確認できたと回答が御座いました。
OS: Windows 10 Home 64 bit
開発環境: MPLAB IDE V8.92
なお、上記理由より、動作の保証をするものではございません。
 
【質問】 故障とかした場合ってどうなりますか?
【回答】 症状をお伺い致します。故障と判断し、かつ弊社の保証期間内でしたら新品と交換致します。以降は修理可能か判断しご対応させていただきます。
 
【質問】 使用するUSBケーブルについて
【回答】 使用するUSBケーブルの仕様によっては、大きな電流を流すことを想定しておらず、接続する機器に対して十分な電圧を供給できない場合がございます。
メーカ純正の充電用ケーブルをご使用いただくか、充電に対応するUSBケーブルをお使いいただくことをおすすめいたします。
弊社取り扱いの大電流対応USBケーブルは、
C-09312
C-09313
C-09314
等がございます。
 
【質問】 ユニバーサルプリント基板はどのようにしてつくられているのですか?
【回答】 当社が指定した製造メーカー(例 矢島製作所)に発注して作っております。写真製版(フィルムを製作)1回のプリント基板を作るのに数万円(5万円〜7万円程度)かけております。ある程度の数量(5000枚以上)を作るので1枚当たりの価格を安くご提供できます。
 
【質問】 製造メーカー、詳細な仕様、データシートにつきまして
【回答】 こちらの基板はお客様より「中国でユニバーサルボードが安く売られているので販売してほしい」とご要望を頂きました。メーカーを探して当社に作ってほしいと打診したところ、中国で流通しているのは弊社(秋月電子通商)のような誰かが写真製版を作ってお金を出したものが流通しているとのことでした。従いまして流通しているユニバーサル基板を当社が中国の商社から購入したため、FR−4(ガラスエポキシ)またはCEM−3(ガラスコンポジット)でスルーホール加工をしたものであるということ以外、詳細は不明となっております。日本ではスルーホール加工後に取付穴のみ加工しています(2工程要ります)。1工程で取付穴ごとスルーホール加工(メッキ加工)しています。取付穴はスルーホールとして内面に金属が付着していますので信頼性は低くなっています。代わりに穴の内側がメッキ加工されているため基板のカスが出ない利点があります。
 
【質問】 HDMIで映像信号を入力する際の表示方向はどのようになっていますか?
【回答】 MIPIによってIGZO液晶にデータ転送されるビデオフォーマットは、水平1536ドット×垂直2048ドット(アスペクト比3:4の縦長ポートレート映像)です。従いましてHDMIのデフォルト入力信号はポートレート(1536×2048, 縦長)となります。
・Raspberry Piの場合は、config.txtでポートレート(1536×2048, 縦長)または、ランドスケープ(2048×1536, 横長)を設定します。
・Windows PC のEDID(VESA DDC)で自動認識されるデフォルト設定では、1536×2048(ポートレート)です。ディスプレイ(画面/グラフィック)のプロパティーから縦/横を変更することができます。
・その他のHDMI出力機器(デジタルカメラ、タブレット、ゲーム機等)は、各機器のハードウェア/ソフトウェア仕様によります。ポートレート(1536×2048, 縦長)に対応していない場合には、映像が映らなかったり、部分的にしか映らないことがあります。

 
【質問】 HDMIで映像信号を入力する際の表示方向はどのようになっていますか?
【回答】 MIPIによってCGシリコン液晶にデータ転送されるビデオフォーマットは、水平1440ドット×垂直2560ドット(アスペクト比9:16の縦長ポートレート映像)です。従いましてHDMIのデフォルト入力信号はポートレート(1440×2560, 縦長)となります。
・Raspberry Piの場合は、config.txtでポートレート(1440×2560, 縦長)または、ランドスケープ(1440×2560, 横長)を設定します。
・Windows PC のEDID(VESA DDC)で自動認識されるデフォルト設定では、1440×2560(ポートレート)です。ディスプレイ(画面/グラフィック)のプロパティーから縦/横を変更することができます。
・その他のHDMI出力機器(デジタルカメラ、タブレット、ゲーム機等)は、各機器のハードウェア/ソフトウェア仕様によります。ポートレート(1440×2560, 縦長)に対応していない場合には、映像が映らなかったり、部分的にしか映らないことがあります。

 
【質問】 HDMIで映像信号を入力する際の表示方向はどのようになっていますか。
【回答】 MIPIによってCGシリコン液晶にデータ転送されるビデオフォーマットは、水平1080ドット×垂直1920ドット(アスペクト比9:16の縦長ポートレート映像)です。従いましてHDMIのデフォルト入力信号はポートレート(1080×1920, 縦長)となります。
・Raspberry Piの場合は、config.txtでポートレート(1080×1920, 縦長)または、ランドスケープ(1920×1080, 横長)を設定します。
・Windows PC のEDID(VESA DDC)で自動認識されるデフォルト設定では、1080×1920(ポートレート)です。ディスプレイ(画面/グラフィック)のプロパティーから縦/横を変更することができます。
・その他のHDMI出力機器(デジタルカメラ、タブレット、ゲーム機等)は、各機器のハードウェア/ソフトウェア仕様によります。ポートレート(1080×1920, 縦長)に対応していない場合には、映像が映らなかったり、部分的にしか映らないことがあります。

 
【質問】 HDMIで映像信号を入力する際の表示方向はどのようになっていますか?
【回答】 MIPIによってCGシリコン液晶にデータ転送されるビデオフォーマットは、水平1440ドット×垂直2560ドット(アスペクト比9:16の縦長ポートレート映像)です。従いましてHDMIのデフォルト入力信号はポートレート(1440×2560, 縦長)となります。
・Raspberry Piの場合は、config.txtでポートレート(1440×2560, 縦長)または、ランドスケープ(2560×1440, 横長)を設定します。
・Windows PC のEDID(VESA DDC)で自動認識されるデフォルト設定では、1440×2560(ポートレート)です。ディスプレイ(画面/グラフィック)のプロパティーから縦/横を変更することができます。
・その他のHDMI出力機器(デジタルカメラ、タブレット、ゲーム機等)は、各機器のハードウェア/ソフトウェア仕様によります。ポートレート(1440×2560, 縦長)に対応していない場合には、映像が映らなかったり、部分的にしか映らないことがあります。

 
【質問】 米国製(フェアチャイルド)が手に入るのになぜ台湾メーカー製を売り出したのですか?
【回答】 米国フェアチャイルドはオン・セミコンダクターに吸収合併されています。値上げだけでなく、TO-92型タイプはディスコン(製造中止)になるかもしれない、ということでご心配されたお客様よりセカンドソース品を是非揃えてほしいとご要望を頂きまして販売開始いたしました。
 
【質問】 データシート
【回答】 2214S-XXSG-36シリーズPDFデータシート
 
【質問】 877A用ファームウェア
【回答】 adlg_04_877A.zip

 
【質問】 積層セラミックコンデンサを、定格電圧を超える条件で使用しても問題ないか。
【回答】 コンデンサには、定格電圧を設定しています。
コンデンサの端子間に印加される電圧は、定格電圧以下としてください。

(村田製作所‐セラミックコンデンサのFAQより抜粋)

当社では定格電圧の2.5〜3倍(定格電圧100V未満)、または1.2〜2.5倍(定格電圧100V以上)の電圧で耐電圧試験を行っています。その範囲内で定格電圧超えた場合に瞬時に破損することはありませんが、定格電圧を超えて使用すると信頼性を低下させます。

(太陽誘電‐Q&Aコーナーより抜粋)


とありますように、定格電圧を若干超えての使用においても、瞬時破壊に至ることはありませんが、信頼性などの観点から定格電圧でお使いください。
 
【質問】 なんでこんなに高価なのですか?
【回答】 世界最新商品のコンデンサを使用している為です。今は大変高価格ですが、これからだんだん価格が下がると思います。数年後は現在の価格の半分以下になると思います。
 
【質問】 LEDにしては何だか高いような気がします。
【回答】 1450nm(ナノメートル)の赤外線発光ダイオードは、世界的に開発されたばかりで開発コストもかかるため外国では2000円以上で売られています。大量発注により現在では特別大特価で販売させて頂いていると自負しております。こういった製品は技術の向上や量産効果により時間の経過とともに価格が低下いたします。何卒ご検討のほどお願い申上げます。
 
【質問】 データシートの型番はSCS106AGですが、商品ページではSCS106AGCになっています。Cの意味は何ですか?
【回答】 型番の末尾のCはメーカーの管理符号で仕様に関する意味は特にありません。
 
【質問】 付属している3端子レギュレータはFairchild Semiconductor製のLM350T(<a href="/catalog/g/gI-06381/">I-06381</a>)ですが、取扱説明書に記載されている「リップルリジェクション86dB」は間違いではありませんか。
【回答】 以前はNational Semiconductor製のLM350T(I-00159)が付属していましたが、現在はFairchild Semiconductor製のLM350T(I-06381)が付属しています。
従って、リップルリジェクションは80dBです(リップルリジェクションはデータシートに記載の値であり、弊社キットにおける実測値ではありません)。

 
【質問】 逆さにして使えますか?
【回答】 (メーカー回答)弊社の製品は90度まで使用可能でございます。一番いい設置の方法は直立で使う事です。電池を逆さまに使う事はとても危険なので、絶対禁止です。
 
【質問】 点滅をゆっくりにしたい
【回答】 点滅周期(周波数)は470kΩの抵抗とコンデンサーの積で決まります。たとえば、抵抗を2倍にすれば大体半分のスピードになります。コンデンサーの容量を2倍にしても大体半分のスピードになります。抵抗とコンデンサーの両方を2倍にすれば大体1/4のスピードになります。お手持ちの部品でいろいろとお試しいただければと思います。
 
【質問】 5V動作のArduino(マイコン)と3.3Vのセンサをつないでいますが、大丈夫ですか。
【回答】 抵抗2本による、簡易的な対応となっています。
他のデバイスを同時に接続する等の場合には、より確実安全なレベル変換ICまたはモジュールの使用を検討ください。
I2Cレベル変換
 
【質問】 セラミックコンデンサーの納期が異常に長くなっていませんか?
【回答】 スマートフォン、自動車の自動運転システム、各種センサー回路への需要が増加したことにより今までの数倍、数十倍のセラミックコンデンサーが使われ始めています。納期は1〜2か月程度から10〜12か月程度に伸びるようになりました。納期遅れは段々と顕著となっております。メーカー(主に村田製作所)でも注文を断る等の事態になっております。当社ではより多くのお客様にご提供させて頂くためリール売りを一部中止しております。弊社としましてもなんとか品切れの起きないよう、お客様に供給できる努力をいたしますので何卒よろしくお願い申上げます。
 
【質問】 M3(3mm)ネジ・ナットより随分小さく材料も少なくて済むのに少し高いようですね?
【回答】 M3(3mm)に比べますと市場であまり流通していません。特別に作って頂いたので納期も4か月以上かかっております。チップ積層セラミックコンデンサーでも1608たいぷりも0603のほうがとても高いことがございます。
 
【質問】 製品仕様の表記上のSRAM容量が、搭載されているチップの仕様(12KB)よりも少ないです。
【回答】 搭載しているMCUに内蔵されているSRAMは、合計12KBとなっております。
(SRAM0 8KB + USB 2KB + SRAM1 2KB)
こちらの製品は、EA LPC11U35 QuickStart Board互換として設計されておりますが、部材の入手の都合で、SRAMの多いMCUを採用しております。これに伴い、どちらの製品にも共通のSRAM0の容量表記としております。
適切に設定を行う事で、SRAM1に関しましてもワークメモリとして使用可能と思われますが、弊社では未確認となっております。
なお、USB 2KB分に関しては、QuickStart Boardにおいても特殊なメモリとして含めていない様です。
 
【質問】 液晶のスリープ、スタンバイモードにつきまして
【回答】 (メーカー回答)平素は大変お世話になりありがとうございます。ご確認事項のスリープモード/スンタンバイモードに関してですが、LCDモジュールに実装したLCDコントローラICには本機能はあるようですが、LCDコントローラIC周辺に実装したデバイスの電流は遮断できない関係上、本モードを実行したとしても、見かけ上表示状態を維持するのみとなり、消費電力低下は望めません。本モードの解除においては、再度ファンクションセットを送信しますが、以上のことから恐縮ながら、本モードはお使いにならないことをお勧め致します。 今後の中で、取扱い説明書の記述改訂を進めたく考えております。
 
【質問】 取扱説明書
【回答】 マニュアルPDF(1.2MB)
 
【質問】 YIC製GNSSモジュールへの対応につきまして(トライステート社)
【回答】 YIC製GPS/GLONASS/みちびき3機対応のGT−902PMGGですが、AE-GPSとNMEAコードのヘッダが、太陽誘電はGP***なのに対して、これはGN***とコマンドが違う為、新)GPS世界時計には使用出来ない為、ファーム・ ウエアを修正しました。(Ver.1.02)です。(AE-GPSとは自動切換え)1PPSはAE-GPSは正論理、YIC製は負論理と逆パルスです。これは時計基板上のJP2でジャンパーを変えるだけで対応。トライステート社HPよりダウンロードして書き換えて頂くか、トライステート社へお送り頂ければ無償書き換え(但し往復送料は負担)致します。トライステート社HPにて説明しております。
(新)GPS世界時計キット製品情報(トライステート社)
ダウンロード(トライステート社)
 
【質問】 中国語のデータシートの翻訳
【回答】 Googleで翻訳できますのでお試しいただければと思います。またWord形式に変換すればWord2016/2013/2010/2007で翻訳できます。
Google翻訳
 
【質問】 カウンタ機能のリセット方法
【回答】 時計キット内蔵のアップダウンカウンタ(カウンタ機能)のカウント値リセット方法につきましては、説明書記載の方法(電源を切り、再度電源を入れる)のみとなっております。
なお、電源再投入後は、時計表示に戻ります(表示の切替は維持されません)。
(使用しているマイコンおよび書き込み済みプログラムによる仕様です)
 
【質問】 起動時にLEDが点灯しない、OS起動後にWiFiやBluetoothの設定が出来ない
【回答】 ターミナルを開き、以下のコマンドを入力して実行してください。

cat /proc/cpuinfo

Revision:の値が000fの場合はCPUに不具合がある場合が御座います。交換を承りますのでお問合せフォームよりご連絡ください。

 
【質問】 検出時の出力電圧が低いようですが、なぜでしょうか。
【回答】 焦電型赤外線センサから出力できる電流はごく僅かです。消費電流が多いものを駆動する場合は、適宜トランジスタ等で電流増幅を行ってください。

 
【質問】 対応するアンペア数に対して、基板のパターンが細く見えます。
【回答】 本キットの基板は、元々耐電流の低いトライアックを対象として設計されたものを流用している為、リード(端子)径の大きい現行のトライアックを直接基板にはんだ付けすることができず、基板からトライアックまでの配線を電線等で行う必要がございます。
また、その際に、電源と負荷の配線を直接トライアックのリードに行い、基板上パターンを介さないことで、大電力負荷制御時の損失を低減することができます。
なお、配線に使用する電線は、負荷に合わせてご選定ください。
上記配線を行う場合は、基板に対しては、トライアックの制御を行うための回路への電流に限られるため、電源と負荷との配線の様な線径の太い電線は不要です。
負荷電流(電力)が大きくなりますと、トライアックの発熱も大きなものとなりますので、付属の説明書記載の情報を参考に、適切な放熱対策を併せてお願いします。
 
【質問】 リチウムイオン、リチウムポリマー充電池の販売はしてませんね。どうしてですか?
【回答】 申訳ございません。こちらはお客様からのご要望を頂き販売開始いたしましたが、電池が今後より安定になり十分安全が確保できるようになれば取り揃える用意がございます。
 
【質問】 このICに使えるユニバーサル基板はありますか?
【回答】 2mmピッチのユニバーサル基板 P-04022P-04023 を応用することができます。 TB67H303HGはケースから1mmピッチでピンが出ています。1ピン毎にジクザクの配列がされていて、2mm間隔でピンが並んでいます。奇数番号のピンと偶数番号のピンの列間隔は4mmです。したがいまして厳密には、2mmピッチのユニバーサル基板に入りませんが、奇数番号のピンをケースを正面から見て左に1mmずつずらすことによって、実装することができます。下記の写真をご参照ください。

( 大きな写真で見る )

 
【質問】 DTCXOとは
【回答】 Digital Temperature Compensated X'tal(crystal) Oscillatorの略で、水晶振動子の温度に対する周波数の変化を補正する機能を持った水晶発振器・発振回路。TCXOは高精度の周波数を得るために、温度変化分を温度センサーからの信号で補正するもので、中でもDTCXOは周波数をデジタル的に補正する方法を用いています。

(メーカ公式ウェブサイト 2014年2月26日ニュースリリースより一部抜粋)
 
【質問】 sakura.ioとは
【回答】 sakura.ioはさくらインターネットが提供するIoTプラットフォームサービスです。通信モジュールからデータの保存、連携までIoTに関わるネットワークとデータのやり取りを統合的に実現します。 sakura.ioモジュールにはSIMが付属していますので、sakura.ioモジュール購入後、さくらインターネットと契約すればすぐに利用開始可能です。sakura.io公式サイト
 
【質問】 紫外線LEDのお取り扱いにつきまして
【回答】 紫外線は光化学的な作用が著しく、空気中の酸素と反応してO3(オゾン)が発生したり目を傷めたりしますので絶対にLEDを直視しない様にしてください。赤外線は殆ど熱となります。こちらも直視なさらないようにしてください。
 
【質問】 OP07CPとOP07DPはどこが違うのですか?
【回答】 仕様上の規定が異なります。例えば、電源電圧±15V、温度25℃における入力オフセット電圧に着目いたしますとOP07CPでは代表値(Typ)が60μVとなっておりますが、最大値(Max)の規定がございません。一方OP07DPにおいては最大値が150μVとなっております。従いましてOP07DPを使用して回路を設計する場合、最大値を考慮すればよく、より安定、確実な回路の設計に役立ちます。
 
【質問】 他社LCDキャラクタディスプレイモジュールと差し替えたところ正常な動作をしません。
【回答】 本LCDキャラクタモジュールは、ノイズ耐性が強化されており、信号線へのダンピング抵抗付加やESD対策用のクランプダイオード付加等が施されております。これらの違いにより、差し替えのみでは信号タイミングやレベルが満足できていない可能性がございます。
つきましては、以下の3項目のご確認をお願いします。

[1] インストラクション実行前のE端子のHigh時間が140ns以上か。
[2] E端子の起動後、インストラクション実行時間が充分に確保されているか。
[3] 当該LCDモジュール側のI/O端子における電圧レベルが規定値に達しているか。

なお、タイミングや電圧レベルの詳細に関しましては、商品ページ掲載の 仕様書(ML1672D1J000-004) を ご参照ください。

 
【質問】 選別品のほうが入力換算雑音電圧が大きい値です。選別品なのにノイズが大きいというのはどういうことですか?
【回答】 既定が異なっております。一般品は代表値(Typ)が0.8μVrmsとなっておりますが最大値(Max)に関しては規定されておりません。つまり1.4μVrms以上の製品が一定の確率で存在することになります。一方選別品は最大値が1.4μVrmsと規定されています。必ず1.4μVrms以下であることが保証されています。つまり回路を設計する際この最大値に対して配慮すればよく、確実な回路設計に役立ちます。
 
【質問】 対応しているデバイスは、どのようにして調べればいいですか?
【回答】 MPLAB X IDEをPCにインストールすると、下記のサポートドキュメントが展開されますのでご参照ください。
C:\Program Files (x86)\Microchip\MPLABX\v5.05\docs\Device Support.htm
(2018年12月10日現在、MPLAB X IDE v5.10が最新版です)
ドキュメント中、黄色で表示されたデバイスはベータサポートです。
これらはメーカーで動作テストがされていません。
ご使用に際してはデバイスに深刻なダメージを与える可能性がございますので、ご注意ください。
 
【質問】 シェルと金具の組み合わせ方が分かりません。教えてください。
【回答】 下の写真のような組み合わせ方をいたします。ケーブルストッパーは、ねじが切ってある方が互い違いになるようにケーブルにセットして、2本の短いねじで均等に締め付けてください。

大きな写真はこちらをクリックしてください。

 
【質問】 部品一覧表
【回答】 部品一覧
 
【質問】 全ての部品を正しく判別・測定できますか。
【回答】 全ての部品を正しく判別・測定することは困難です。測定範囲や測定条件はユーザガイド(英語)に記載の通りですが、測定範囲内であっても正しく認識されるとは限りません。

 
【質問】 動作確認情報
【回答】 接続機器:Microsoft Comfort Mouse 4500(マウス)
ELECOM MR-C14BK(カードリーダー)
PD-KB400WNS(USBハブ内蔵キーボード)
Huawei Mate9
Huawei P10
※SDカードの抜き差しには対応していませんでしたSDカードは交換するごとにリーダーのUSBコネクタの抜き差しを行います。

接続機器:GREEN HOUSE GH-UH204SBS(HUB)
ELECOM EX-G M-XGL10UBRD(マウス)
東プレ REALFORCE 108U-A XE0100(USBキーボード)
xperia XZ so-01J
 
【質問】 動作確認情報
【回答】 カメラ:EOS Kiss X9
テレビ:LC-40W35
 
【質問】 このつまみをBournsの3590シリーズに使うとどうなりますか?
【回答】 シャフト収納穴径が6.35mmとなっております。Bournsの3590のシャフト径は6mmです。イモねじでシャフトを締め付けて取り付けるため、中心がずれてしまいます。その結果、偏心運動により円滑な動作となりません。

 
【質問】 ファームウェアのバージョンはどのようにして確認するのですか。
【回答】 DCA75をPCにUSB接続し、"DCA Pro.exe"を起動してください。ツールバーのHelpからAboutを選択すると、ファームウェアバージョンを含む各種情報が表示されます。

 
【質問】 SUNTAN製のバーニヤダイアルが安くすごく気になっています。実際の所どうなのでしょうか。
【回答】 SUNTAN製のバーニヤダイアル[P-13443]は、低廉化と軽量化のために合成樹脂が多用されています。本体重量は約9.5g(実測)です。
BOURNS製のバーニヤダイアル[P-00943]は、堅牢性と耐久性が重視されているためほとんどの部品が金属製です。本体重量は約17.5g(実測)です。合成樹脂は、ツマミカバー、シャフト回転カウンタと桁変更用のコマの2点のみです。
SUNTANとBOURNSの差異:
・ツマミを回す力(トルク): 両社ともほぼ同一です。BOURNSの方がやや重く慎重な合わせこみに適しているのに対して、素早く何回転も回したいときにはSUNTANの方が有利です。
・シャフトカウンタ: SUNTANは0〜9で、BOURNSは0〜14までです。SUNTANは10回転のヘリポットを使用した場合、最少時(ゼロ)と最大時(10)の表示がいずれもゼロとなります。BOURNSは最少時はゼロ、最大時は10の表示となります。表示値の文字はBOURNSの方が一回りほど大きいです。
・ロックブレーキの操作性:SUNTANはレバーを移動させると徐々にブレーキ効果が現れます。BOURNSはアンロックとロックの2段階のみです。BOURNSはロックレバーがかたく、ロックをかけるのに強い力を必要とします。
・ロック力(トルク): SUNTANはノブを強く回すと回るのに対して、BOURNSはロックをかけると手では回せないほどのブレーキが効きます。

 
【質問】 100付近の位上がりの動きの違いについて
【回答】 当社で気が付いた点をまとめました。
Bourns製とSuntan製の違いについて
 
【質問】 LCDをJ4に接続しましたが、表示しません。
【回答】 JP2を短絡し、VR1でコントラストの調整をしてください。

 
【質問】 温度センサーの電源の入れ方がわかりません。<br> 教えてください。
【回答】 裏面の電池蓋を開けて絶縁板を取り除いてください。

 
【質問】 コネクタの勘合に関する相性情報
【回答】 新たにわかり次第追記いたします。

〇パーフェクトネオ(M-10079)付属ディーンズタイプ(メス)⇔T型コネクタオス(C-13420、C-13421)
×パーフェクトネオ(M-10079)付属ディーンズタイプ(オス)⇔T型コネクタメス(C-13422、C-13434)
コメント…パーフェクトネオ付属品のオスコネクタは端子の幅が0.35mm長いため入りませんでした。
 
【質問】 なぜ値上がりしたのですか?
【回答】 お客様からのお問い合わせで製品に不具合が発覚し結果、全数を検品しなければならなくなったため値上げをさせて頂きました。ご心配とご迷惑をおかけして申訳ございません。何卒ご理解の程お願い申上げます。
 
【質問】 付属のDVDには何が入っているのですか。
【回答】 添付されているDVDには、OSイメージや設定方法等が入っています。
ただし、添付のOSイメージは、Raspberry Pi 3(Model B+)で使用することができませんでした。
(2018.07 現在)
 
【質問】 オプション部品の取付について
【回答】 RX65N Envision Kitにはピンヘッダやピンソケット、SDカードスロット等を追加で取り付けることができます。
ピンヘッダおよびピンソケット取り付けについて弊社で確認できた注意点をご説明いたします(取付箇所や他の部品についての詳細は製品の説明書をご覧ください)。
作業には液晶パネルの破損や、基板の破損の危険を伴います。作業の結果生じた不具合に関しては、保証の範囲外となりますのでご注意ください。

ピンヘッダおよびピンソケットのはんだ付けの際には、液晶パネルを基板から外す必要があります。
→ はんだ付け箇所が液晶パネルの下にあります。
  フレキ(シブル)ケーブルを基板側コネクタから外します(液晶パネル、タッチパネルの各ケーブル)。
  基板との接着部分(両面接着スポンジ)をゆっくりはがすようにします。

取り付けたピンソケットの足は、はんだ付け後に極力短く切る。
(はんだ付け前にピンソケットの足を基板の厚さと同程度に切ってから取り付けるのも良い)
その上を覆うようにポリイミド(カプトン)テープ等で絶縁する。
→ そのままですと液晶パネル背面の金属ケースと接触し、ショートする可能性があります。

JP1、JP2、CN3へのピンヘッダまたはピンソケットの取り付けは行わない。
→ 液晶パネルの接続ケーブルと干渉します(液晶パネルの取り付け位置を変更する等の対策が必要です)。
 
【質問】 後付けオプション部品(SDカードスロット等)は取り扱っていますか。
【回答】 ピンヘッダおよびピンソケットにつきましては、お取り扱いございます(ただし、必要ピン数に合わせて加工が必要な場合がございます)。
こちらの基板に合ったSDカードスロットや、他の部品につきましては、お取り扱いございません。
 
【質問】 液晶パネルの保護シートについて
【回答】 液晶パネルには保護シートが付着しています。
端にセロハンテープ等を貼り、引っ張ると剥がすことができます。
無理に剥がそうとすると、タッチパネルを構成しているシートも剥がれてしまうので、ご注意ください。

なお、保護シートが付着している状態でも、操作や表示は多くの場合問題となりませんので、そのままお使いいただいても良いかと思います。
 
【質問】 LattePandaの起動方法を教えてください。
【回答】 下記手順(LattePanda公式ドキュメント)にて、LattePandaの起動方法が説明されています。ご確認ください。
http://docs.lattepanda.com/content/1st_edition/power_on/

 
【質問】 Arduinoスケッチの訂正につきまして
【回答】 ライブラリ(.cpp)の70行目を下記のように訂正いたします。[Version 1.0 2017-06-20]
誤: temperature = -45.0 + (175.0 * ((data[0] * 256) + data[1]) / 65535.0);
正: temperature = -45.0 + (175.0 * ((data[0] * 256.0) + data[1]) / 65535.0);

現在掲載しておりますzipファイル内のライブラリ[Version 1.1 2018-07-29]は修正済みです。(2018年7月29日)

 
【質問】 回路図が基板パターンと異なるようですが問題ありませんか。
【回答】 申し訳ございません。下記の通り訂正いたします。

回路図におきまして、抵抗器とスイッチの位置関係が逆になっております。
正しくは、GND側にスイッチが接続されております。
詳細は、こちらをご覧ください。

動作につきましては、特に問題(変更)ございません。

 
【質問】 LTO、STOの型番表記の違いにつきまして
【回答】 Lで始まる(LTO...)のがバルク品、Sで始まる(STO...)のがテーピング品となります。
 
【質問】 テープからICがはがれています
【回答】 製造から時間が経過しているため、テープの粘着力が弱まっています。大変申し訳ございませんがご了承ください。
 
【質問】 回路図が間違っていませんか
【回答】 下記の通り、訂正致します。
誤:U1(BMX055)左上のCSB1[16]
正:VDD[3]と3V3への接続

クリックして画像を拡大

 
【質問】 ドキュメント
【回答】 取扱説明書
回路図
DS1307 PDFデータシート
EEPROM PDFデータシート
 
【質問】 PS/2用に使いたいがピン配置を教えてください。
【回答】 お知らせ:PS/2用としてご使用の場合には、上記データシート(PDF)のピン配置を次のように適用してください。
@→♯6(PS/2)
A→♯5(PS/2)
B→♯4(PS/2)
C→♯3(PS/2)
D→♯2(PS/2)
E→♯1(PS/2)
 
【質問】 RGBイルミネーションフルカラーLEDには抵抗を接続する必要はないのでしょうか。 また、単3乾電池3個で動作するでしょうか。
【回答】 抵抗器の接続は不要ですが、下記に挙げます注意点がございます。

RGBイルミネーションフルカラーLEDは、本体樹脂パッケージに点灯制御ICが内蔵されており、所謂LED素子単体とは異なり、規定電圧範囲の電源を接続する必要がございます。
仕様の詳細につきましては、商品ページ掲載のメーカ提供データシート(仕様書)をご覧ください。

仮に、電池1本あたり1.5Vとすれば、3本で4.5Vとなり、動作電源電圧(4.5V)を満足します。
なお、電池は、種類や状態によって電圧が異なりますので、絶対最大定格(Absolute Maximum Rating)を超えることが無いようご注意ください。
 
【質問】 コンセントに直接接続し、使用できますか。
【回答】 入力は直流(DC)ですからできません。取扱説明書をご確認下さい。

 
【質問】 直流電圧を入力しましたが、出力されません。なぜですか。
【回答】 RC端子と-VIN端子を短絡または開放する必要があります。取扱説明書をご確認下さい。

 
【質問】 銘板の右下に、L.P.S …と表示されていますが何の表示ですか?
【回答】 メーカーの製造ロットです。
 
【質問】 なぜ安いのですか?
【回答】 新品未使用品ですが製造されてから時間が経過している為時間とともにゆっくりと電圧が落ちてきております。お手数でございますが数回充放電を行っていただきます様お願いいたします。充電池の性能が回復いたします。お客様にこのご面倒をおかけしまう分、仕入れ原価を割ってお安くご提供させて頂いております。
 
【質問】 同線として使う場合の定格電流を教えてください。
【回答】 規定はございません。
 
【質問】 小音量時に左右のバランスがくずれる(ギャングエラーが発生する)
【回答】 小音量時は部品のバラツキにより発生することがございます。入力側が大きいことにより音量を絞る、といったケースで目立つことがあります。対策としましては、
・ハイインピーダンスで受ける。
・相互偏差の少ない領域で使用する。
 例、アンプのゲインを下げる、入力する側(ソース、音源)の音を小さくする、等
・補正抵抗を使用する。
ギャングエラーの検索結果
 
【質問】 動作確認情報
【回答】 電流値は社内でUSBチェッカーを使い観測された最大値です。条件によって最速の充電にならない場合がありますのであくまで参考に願います。

ILCE-7R(最大約1.4A)
ILCE-7RM2(最大約1.4A)
HUAWEI MATE9(付属の専用USBケーブルを使用した場合、最大約1.9A)
HUAWEI P20 PRO(付属の専用USBケーブルを使用した場合、最大約1.9A)
LEICA T(Typ701)(最大約0.9A)
LEICA TL(最大約0.9A)
PowerShot SX720HS(最大約0.47A)
PowerShot SX730HS(最大約0.47A)
DSC-HX90V(最大約0.76A)
DSC-RX100IV(最大約0.76A)
DMC-GX7MK2(最大約0.84A)
iPhone7 Plus(最大約0.9A、USBチェッカーRT-USBVA5を併用しiOS用に設定した場合は約1.4A)
iPhone6(最大約0.9A)
iPad(第6世代、A1893)(最大約0.9A、USBチェッカーによる最適化は2Aを超えるため非推奨)
Nikon Z7(最大約0.5A)

EOS R(充電できませんでした)
 
【質問】 導通テストレンジに切り替えると導通させていないのにブザー音が鳴ります(鳴りっぱなし)。
【回答】 テスタ内部のヒューズが切れている場合に、このような動作となる場合がございます。

 
【質問】 不具合の問い合わせ
【回答】 下記にて承ります。弊社(秋月電子通商)にてお買い上げ頂いた旨追記ください。
sakura.ioに関するご相談・お問い合わせ
https://www.sakura.ad.jp/request_form/service/iot/

 
【質問】 添付のCDのFDTをインストールすると“UNLOCK key ”の入力を求められ、使用できません。パソコンのOSはWindows10を使用しています。対処方法を教えて下さい。
【回答】 添付のCDのFDTはwindows10に対応しておりません。下記リンク先よりダウンロードし、再インストールしてください。
ルネサス エレクトロニクス株式会社

 
【質問】 茶色く汚れているように見えるが問題ないか?
【回答】 ガラス管などに汚れ(フラックス)が付着している事がありますが、メーカーの出荷基準で良品と判定されたもので電気的仕様に影響はありません。
 
【質問】 出力電圧は安定していますか。
【回答】 データシートのブロックダイアグラムからわかる通り、出力電圧の負帰還はされていません。最低限流さなければいけない出力電流値がデータシートに記載されています。
また、必要に応じて三端子レギュレータ等で安定化してください。
 
【質問】 Mode5で動作しません。
【回答】 下記をお試しください(参考情報)。

Mode5では、オンボードDRAMとイーサネットコントローラが有効となりますが、その際にメモリマップがMode7とは異なったマッピングとなります。リンカの設定等、ご確認ください(内蔵SRAMのマッピングも異なります)。

内蔵SRAMアドレス
Mode5 : H'FFBF20〜H'FFFF1F
Mode7 : H'FBF20〜H'FFF1F

加えて、RAME ビットが0クリアされているときは、内蔵RAMへはアクセスできません。リードすると常にH'FF がリードされます。

また、実装されているDRAMのチップに因りましては、EDOとFPの対応可否が異。
なお、DRAMを使用する場合には、所定のレジスタへの操作が必要となります。


参考資料等
H8/3069R F-ZTAT TM ハードウェアマニュアル Sep.07.04 Rev.6.00
RJJ09B0165-0600
 
【質問】 シールド線ですか?
【回答】 シールド線ではございません。
 
【質問】 フォトトライアックTLP561Jの足が1本欠けていますが不良品ですか。
【回答】 データシートに記載のとおり、5番ピンはありません。
TLP561Jデータシート

 
【質問】 UEB-5361のお取り扱いにつきまして
【回答】 こちら、大変多くのお客様より継続的にご要望を頂戴しておりますが、メーカーに確認したところ製品に使用しているFETが生産終了しているために製品を供給できないとのことでございました。ご期待にお応えできず誠に申訳ございません。何卒ご了承くださいます様お願い申上げます。
 
【質問】 デジタルカメラの充電ができません
【回答】 こちらのアダプターはD+/D−に抵抗が入ってません。そのため充電器として認識されない可能性があります。
 
【質問】 なぜ安いのですか?
【回答】 こちらはメーカーで廃棄処分としなる所、もったいないので何とかお客様に活用の機会を、ということでこの度お安くご提供させて頂くことができました。さまざまな用途にご活用いただけましたら幸いでございます。
 
【質問】 電流の測定をしていましたが、突然表示が00.00μA,mA,Aになり、使用できなくなりました。故障でしょうか。
【回答】 ヒューズが切れている可能性があります。ヒューズの導通を確認した上で切れているようであれば交換してください。
 
【質問】 250MHz品でないのですか?
【回答】 200MHz動作品です。250MHz動作品はPIC32MZ2048EFH064-250I/PTとなります。
 
【質問】 電池切れの動作について教えてください。
【回答】 パネルメータの電源電圧が低くなると電池マークと[HOLD]が表示されます。パネルメータの電源電圧がDC5V〜DC9V±10%の範囲内であるかご確認ください。
また、[HOLD]はパネルメータの電源を入れなおすことで解除できます。

 
【質問】 電池で駆動するとピーとかギャーと音がする
【回答】 入出力のケーブルが近接している、電池が消耗している、電圧が低すぎる、C1、C2、R1、R2のはんだ付け不良、取り付けた部品や間違っていた、C1、C2の極性が逆、等の疑いがあります。取り付けた部品の確認。はんだ付けの確認。電池の電圧の確認や見直しをおすすめいたします。
 
【質問】 使っているうちにHOLDマークが表示される
【回答】 パネルメータの電源電圧が低くなると電池マークと[HOLD]が表示されます。パネルメータの電源電圧がDC5V〜DC9V±10%の範囲内であるかご確認ください。
 
【質問】 準備する工具
【回答】 準備する工具
本機を組み立てるには下記の工具を別途ご用意ください。これらの工具以外にも、電池、はんだ、接着剤、粘着テープなどはキットに入っていません。別途お買い求めください。
・はんだごて
・ニッパー、ラジオペンチ、ピンセット
・精密ドライバー(プラスNo.1、No.0、マイナス2.4mm)
 ネジのサイズに合ったものを使用してください。サイズが合わないものを使用すると、ネジを破損したり、締め付け不良になったりすることがあります。
・六角レンチ(1.5mm)
・レンチ(二面幅10mm、11mm)
・テスター
・IC引き抜き工具(オペアンプを交換するのに便利です)
 
【質問】 オペアンプ交換
【回答】 オペアンプはDIP8ピンパッケージでNJM4580とピン配置の互換性があるものに交換可能です。SOP8ピンパッケージは変換基板でDIP8ピンにする必要があります。オペアンプにかかる電源電圧は片電源でDC24〜28Vです。スルーレートや高周波特性が優れている高速オペアンプや高級オペアンプ、位相余裕が少ないオペアンプ、仕上がりゲインに制約があるオペアンプでは発振する場合があります。オペアンプの定格や回路図を見てご判断ください。キット付属以外のオペアンプに交換する場合は自己責任となります。
 
【質問】 Nutube(ニューチューブ)とは
【回答】 Nutubeは、株式会社コルグとノリタケ伊勢電子株式会社が、蛍光表示管の技術を応用して開発した新しい真空管です。Nutubeは従来の真空管と同じく、アノード・グリッド・フィラメントの構造を持ち、完全な3極真空管として動作します。また従来の真空管と同様、真空管特有の豊かな倍音やレスポンスを生み出します。
 
【質問】 Nu:Tekt(ニューテクト)とは
【回答】 電子楽器メーカー・コルグが展開するキット専門ブランド。真空管Nutubeをはじめ、楽器、オーディオ等、楽器メーカーならではのユニークなキット販売やサービスを実施しています。 Nu:Tektウェブサイト
 
【質問】 いつでもあるレギュラーICですか?
【回答】 はい。いつでも入手できるレギュラーICです。一般的な安価なロジックICは、ほとんどディスコンになっています。例外としてゲーム機器、アミューズメント機器用として生産されています。
 
【質問】 正規の製品ですか?
【回答】 はい。いつでも入荷しているレギュラーICです。一般的に安価なディップICは、ほとんど製産中止になっております。例外としてパチンコ等アミューズメント用に多量に生産している物はいつでも入手可能です。
 
【質問】 Web動画説明が見当たりません
【回答】 メーカーに確認しました所、公開の予定はあるそうですが、準備中とのことです。
 
【質問】 Hiokiの3240のOEMですか?
【回答】 Hioki社の3240のOEMではございません。
 
【質問】 PSEマークがありません。
【回答】 関東経済産業局 産業部消費経済課 製品安全室に照会しましたところ、ACインレットは「電気用品安全法の対象とならない製品」との回答を頂きました。従いまして問題ございません。
 
【質問】 DIPパッケージ品はありませんか?
【回答】 DIPパッケージ品はメーカー生産終了となっております。仕上がりの幅がV3340のDIP品と異なり600milとなってしまいますが、P-06541のような変換基板を使用することで2.54mmピッチになります。ご検討頂けましたら幸いでございます。
 
【質問】 SANWAのPM3のOEMですか?
【回答】 PM3のOEMではございません。
 
【質問】 オートパワーオフ解除手順
【回答】 SELECT KEYを押したままでOFFレンジから電源をONにするとAUTO POWER OFF機能が解除されます。
 
【質問】 書き込みできません。
【回答】 C9を1uF程度のものに交換したところ、正常に書き込むことができました。

シルクとして番号は書かれておりませんので、テスター等でENピンと積層セラミックコンデンサをあたり、導通するものがC9にあたります。
また、ENピンとGND間に並列にコンデンサを挿入することで、同様の効果を得ることができる可能性があります。
 
【質問】 CUSTOMのCDM-03のOEMですか?
【回答】 OEMではございません。
 
【質問】 更新情報(18.11)
【回答】 https://docs.microsoft.com/en-us/azure-sphere/resources/release-notes-1811
 
【質問】 トレラントとは
【回答】 トレラントとは「耐性のある」という意味です。入力トレラントは入力が電源電圧より高い時または電源オフの時に入力から電源に電流が流れない構造(回路)で、出力トレラントは出力がハイインピーダンスの時か電源オフの時に出力から電源に電流が流れない様になっています。
 
【質問】 電源を入れた直後の出力の状態を教えてください。
【回答】 全てのポートがハイ(3FFF)の状態です。

 
【質問】 ネットの型番はPIC16F1778-I/SPですが、「I」のマーキングが製品にありません。
【回答】 PDFデータシート604ページのマーキングに関する仕様によりますとTemperature Rangeの「I」は記載しないことになっております。
 
【質問】 赤燐は使用していますか?
【回答】 赤燐は使用していません。
 
【質問】 E2OBボード上のリセットスイッチについて
【回答】 100kΩのプルアップ抵抗のついた配線を通して、RL78/G11(ターゲット)マイコンのP137/INTP0端子につながっています。一般的なスイッチ入力ですので、ユーザ・プログラムによる制御でご活用いただけます。
なお、デバッガとして使用する際の、スルーホールにあるRESET信号は、RL78/G11マイコンのP125/RESET端子につながっており、E2OB上のリセットボタンとは別の信号となっています。
 
【質問】 オンボード・デバッガとして使用するためにUSBで接続した場合の、各LEDの動作について
【回答】 LED1(緑)は、E2OBボード上のRX631マイコンにつながっています。
LED1の点滅は、RX631マイコンに電源が供給され、E2OBボードがデバッガとして動作するモードに入っていることを表しています。

LED2(赤)は、RL78/G11マイコンのP40/TOOL0端子につながっています。
デバッガのDSW設定でボードに電源を供給すると、RL78/G11マイコンは、フラッシュ・メモリ・プログラミング・モードへ遷移します。
このモードでは、P40/TOOL0端子はLow(0)を出力します。このため、VDDからLED2(赤)を介してP40/TOOL0へ電流が流れ込み、LED2(赤)が点灯します。

LED3(緑)は、RL78/G11マイコンのP56端子につながっています。
RL78/G11マイコンの初期状態では、P56端子は入力ポートの設定ですので、P56端子には電流が流れず、LED3(緑)は消灯したままです。
 
【質問】 どうして値上げしたのですか?
【回答】 全数検品を行う必要が出たため価格変更させて頂きました。大変申し訳ございません。製品の品質保持の為何卒ご理解の程お願い申上げます。
 
【質問】 型番末尾のQの意味は?
【回答】 端子のみ鉛フリー(RoHS適合)+ハロゲンフリーです。
 
【質問】 完全に電流を遮断することはできますか。
【回答】 機械式のリレーとは異なり完全に電流を遮断することはできません。半導体ですから多少の漏れ電流があります。完全に電流を遮断したい場合は機械式のリレーをご使用ください。

 
【質問】 イモネジの規格
【回答】 メーカーに確認したところ不明との回答でした。
 
【質問】 配線が間違っている。トランス側の5ピンとジャックの2ピンが接続されるのではないでしょうか。
【回答】 MJ−8435(C-09060)の銀色の部分がスリーブ端子のように見えますが、この部分はチップ端子になっています。
従いまして本キットJ1,J2のピンアサインは下記となりますので間違いは御座いません。

1:GND
2:Lch
3:Rch

参考資料 MJ-8435 PDFデータシート
 
【質問】 WP5-12とWPL5-12は何がちがうのでしょうか?
【回答】 端子、外寸、重量等ほとんどの項目で同一ですが放電特性が若干異なります。
購入前にデータシートをご確認頂きますようお願い申し上げます。

WP5-12 PDFデータシート
WPL5-12 PDFデータシート
 
【質問】 製品緒元
【回答】 ■特徴
・AD9851を使用したDDSモジュールです
・基板上に30MHzクリスタルを搭載して、システムクロック180MHz(30MHz×6)で動作します。
・内蔵コンパレータを使用する事で、方形波出力も出来ます。(0−1MHz 可変デューテイ)
・周波数の指定は5バイトデータをシリアルまたは、パラレルで送ります。
■仕様
・電源電圧:5V
・サイン波出力周波数:0−70MHz
・サイン波出力レベル:1Vp−p(10MHz)
・方形波出力周波数:0−1MHz
・方形波出力レベル:5Vp−p
・分解能:0.04Hz(サンプルソフトでは1Hz)

日本語説明書
回路図
メーカーサンプルスケッチ
 
【質問】 液晶が点灯しません。<br> 正しく表示されません。
【回答】 各コネクタ(5V電源入力コネクタ,HDMI入力コネクタ,DualMIPI出力コネクタ,液晶のコネクタ)が正しく差し込まれているか確認してください。傾いていたり、奥まで差し込まれていないと正しく表示しません。
向きを間違えた上で電源を入れてしまった場合、既に手遅れの可能性があります。

 
【質問】 説明書間違ってませんか。
【回答】 下記の通り訂正致します。

■端子の説明■
3,CN3 モータ接続端子B相

誤:2A
正:1B

 
【質問】 ATP3011シリーズと差し替えたが動作しない。
【回答】 ATP3011とATP3012はピンアサインが異なります。 詳細につきましてはデータシートをご確認ください。
 
【質問】 電源が5Vと±12Vの2系統ありますが両方に供給する必要があるのでしょうか。
【回答】 5Vはロジック側とHSOUT(BNC1)、±12VはDDSOUT(BNC2)の電源です。
最低限の動作確認は5Vのみで可能ですがDDSとしての使用に当たっては±12Vが必須となります。

詳細は回路図をご確認ください。
 
【質問】 3067と3067Rの違いについて
【回答】 3067(フラッシュメモリ版)と3067R(フラッシュメモリR版)では一部機能に違いがございます。詳細はデータシートの第1章「フラッシュメモリR版の注意事項」1.4.1~1.4.3をご確認ください。
 
【質問】 IC単品販売はしていませんが、なぜですか?
【回答】 ICの在庫が限られている為、キットのみのお取り扱いとさせて頂いております。何卒ご了承ください。
 
【質問】 付属の基板に入力するパルス幅は何msですか。
【回答】 メーカー資料が無いため実測値を下記に示します。

正転:1.2〜1.4(これ以下は目視での変化なし)
静止:1.5(前後に若干の不感帯あり)
逆転:1.6〜1.8(これ以上は目視での変化なし)
単位(ms)
 
【質問】 使用するときに注意することはありますか
【回答】 通電時は基板裏面や実装されている部品(特にR1,R2,R3,R4,VR1,C8,C9,C10)に触れないでください。
調整時はセラミックドライバー等、絶縁性の高いものを使用し、基板はケース等に固定され、人間が基板に直接触れないで済むようにしてください。

VR1(2MΩ)やR4(220kΩ)に比べて人体の抵抗値は1k~100kΩ程度であり、それらの抵抗と並列になるように触れてしまうとFB端子に過電圧が印加されて破壊されます。FB端子の入力インピーダンスは記載されていませんが、漏れ電流が非常に少ない(最大50nA)事から、少なくとも数MΩはあります。FB端子の耐圧は2~3V程度(実測)です。

FB端子が破壊された場合の代表的な症状を示します。
・出力電圧が不安定になる
・入力電圧がほぼそのまま出力される
・出力電圧が計算上の値と異なる
・軽負荷でも出力電圧が落ちてしまう

 
【質問】 DC電流が測定できない
【回答】 電流レンジにすると初期状態はACA(交流)モードになります。このままDC電流を測定しても正しく測定できません。SELECTボタンを押してDCA(直流)モードにしてください。

 
【質問】 TL072CPとの違い。
【回答】 使用温度範囲の規定が異なっています。TL072CPの代わりにTL072IPを使うことができます。逆の場合は使用環境を確認して判断する必要があります。
TL072CP…0~70℃
TL072IP…-40~+85℃
 
【質問】 製品仕様
【回答】 ・DCV
 200mV/2V/20V/200V/500V
・ACV
 200V/500V(40〜400HZ)
・DCA
 2mA/200mA
・抵抗
 200/2000/20K/200K/2000KΩ
・ダイオードテスト:
 電流:最大1.6mA、テスト電圧:最大3.2V
・バッテリーテスト:9V、テスト電流6mA
・導通テスト:約50Ω以下でブザー音
・黄色ソフトケース付
・電源:12Vアルカリ電池
(A23型または互換品)x1個(内蔵)
・付属品:測定リード1組・英文説明書
 
【質問】 説明書(マザーボード基板の製作)のJ1を差し込む穴(ホール)が開いていない。
【回答】 大変申し訳ございませんが、都合により仕様となっております。
お手数ですがレジストの剥離に加えて穴あけ加工をお願い致します。
不安な場合には基板裏面の付近のランドにジャンパ線を接続して下さい。
 
【質問】 3.5mmのイヤホンジャックはCTIA、OMTPのどちらでしょうか?
【回答】 3極mのステレオミニジャックですので、どちらの規格でもございません。
 
【質問】 このGPSロガー(モジュール)は位置情報の発信ができますか。
【回答】 位置情報を発信する機能は御座いません。 PCまたはマイコンで直接データを受け取る必要が御座います。

 
【質問】 各種ファイル
【回答】 液晶セット PDFマニュアル
IGZO LCD パネルのフレキ取り付け方
Raspberry Pi用 config.txtファイル
 
【質問】 コネクタの型番はわかりますか?
【回答】 コネクタにはJSTと刻印があり、穴の間隔は2mm程度です。おそらくPAコネクタに見えますが、定かではありません。それが将来同じものが付いているかもわかりません。
よろしければ現物をお求めの上、ご判断ください。

 
【質問】 コネクタの型番はわかりますか?
【回答】 [MXJ][51103]と刻印があります。おそらくMolex製の51103コネクタに見えますが、定かではありません。それが将来同じものが付いているかもわかりません。
よろしければ現物をお求めの上、ご判断ください。

 
【質問】 週番号のロールオーバーに対応していますか
【回答】 対策済みです。
 
【質問】 完全に明るくなりません。キャップ等をかぶせると明るくなります。
【回答】 個体差によって自身の発する白色LEDの光の影響でCdSが反応してしまい、完全に明るくならない場合があります。お手数ですが、熱収縮チューブ等をかぶせて調整してください。

 
【質問】 極性を知る方法はありますか。
【回答】 コンセントに刺し込む側のプラグに極性の刻印はありません。確実に極性を知る為には、テスター等で導通を確認する必要があります。

 
【質問】 付属のゴム足に使用するナットとネジがありません。
【回答】 ナットとネジは使用せずに両面テープで底面に貼り付けますので、 ゴム足用のナットとネジは付属しません。

 
【質問】 ターミナルが穴に刺さりません。
【回答】 一度ターミナルのネジとプラ座金を外して切欠きに合わせてはめ込んでください。

 
【質問】 電源を5VINとGNDに接続したのにLED2(PWR)が点灯しません。 外部電源制御をせずに、常時ONとして使用したい。
【回答】 基板上のジャンパ J1がオープン(未ショート)状態ではありませんか。
はんだを盛ってJ1をクローズ(ショート)してください。
または、[2]ピン(3.3V ENABLE)と[1]ピン(5VIN)を接続します。
 
【質問】 外部から電源制御を行いたいのに、常に電源がONのままとなってしまう。
【回答】 基板上のジャンパ J1がクローズ(ショート)状態ではありませんか。
はんだを取り除きJ1を“必ず”オープン(未ショート)としてください。
次に、[2]ピン(3.3V ENABLE)を外部から制御※します(HIGHで電源ON、LOWで電源OFF)。
※ 電源ICのENABLEピンそのものですので、電圧条件などはICのデータシートを参照してください。
 
【質問】 細ピンヘッダ以外のピンヘッダは使えますか。
【回答】 通常の太さのピンヘッダ(C-00167等)は基板の穴径が小さい為、挿入することができません。

 
【質問】 製品仕様
【回答】 ◆入力信号
・NTSC:2系統(75Ω、1Vp−p)、RCAピンプラグ、ケーブル長1.2m
・音声:2系統(ライン入力)、RCAピンプラグ、ケーブル長1.2m
・HDMI:1系統(ケーブルは別途ご用意ください)

◆液晶パネルの仕様
・1024×600(UWSVGA),60Hz,横縦比128:75(約16:10)
・画面有効サイズ:222×125mm(W×H)
・明るさ:300cd/m2(typ)
・コントラスト比:200:1(typ)
・本体サイズ:250×175mm(W×H)
※付属の専用スタンドで約70mmの高さまで昇降可能

◆付属品
・ACアダプタ:AC入力100V、DC12V 1A出力 (M-07773)
・電源変換ケーブル:外径5.5ミリジャック⇔外径4.0ミリL型プラグ、ケーブル長1.5m
・リモコン:6ボタン、CR2025x1個使用(お試し電池内蔵)
・専用スタンド(ブラケット)/取扱説明書/お手入れ用クロス

取扱説明書
ラズパイでの表示設定方法
 
【質問】 製品仕様
【回答】 オートレンジ・マルチテスター
■計測範囲
 ・DC−V 〜1000V
 ・AC−V 〜750V
 ・抵抗 〜40MΩ
 ・DC−A 〜10A
 ・AC−A 〜10A
 ・コンデンサ 〜0.4μF
 ・温度 0〜750℃
 ・導通ブザー
 ・ダイオードチェック(VFを1.99Vまで表示)
 ・hFEチェック機能
■パソコンへのデータ出力機能 Dサブ9ピン専用ケーブル付属
■バックライト機能付き
■電源:006P 9Vx1個
■外形寸法:78x186x35mm 約300g

■セット内容
本体/テスターリード(赤・黒)/K型熱電対(P-00306)/ RS232C接続ケーブル(専用品)/英語説明書/電池(本体内蔵1個)/ソフトウエアCD−R(12cm)/ハードケース

※バックライトは電源とは連動していませんので使用後はOFFにしてください。
※本体のラバーケースは黄色です。
※電源を入れて表示がおかしい場合、「R−H」ボタンが押されたままになっていることがあります。再度押してみてください。
※Windows7 64bit使えませんでした。(インストーラーが起動しませんでした)
※XPmodeで使えませんでした。(通信できませんでした)
※T’s DigitalMultiViewerで使用できました(wind7 64bit)。
※抵抗レンジでショートさせて0Ωにならない場合は、金属磨きで磨いてください

Windows(32bit専用)ソフトウエア
 
【質問】 開封しPCに接続しましたが使えません、不良品でしょうか。
【回答】 J2が短絡されているかご確認ください。
このジャンパを短絡させないとU1に電源が供給されませんので動作しません。
K-06693はキットのため特にご注意ください。

 
【質問】 今までRaspberry Pi 3 Model Bで使用していたmicroSDカードを挿入しましたが、起動しません。何が原因でしょうか。
【回答】 書き込まれているOSのイメージが古い可能性があります。最新のOSのイメージをラズベリーパイ財団のWebサイトからダウンロードし、書き込んだ上で再度お試しください。

 
【質問】 ICの印字が薄くて判別できません、どうすればよいでしょうか。
【回答】 角度を変えたり強い光を当てると読みやすくなります。他の人に見てもらうことも有効です。

写真を拡大
 
【質問】 USB PDに対応していますか。
【回答】 設計上考慮しておりません。
あくまでブレッドボードへのブレークアウトを目的とした製品です。

 
【質問】 この製品がないとPICに書き込みできないのでしょうか。
【回答】 本製品はあくまでも「書き込みの便利ツール」ですので必須ではありません。
一般的には基板に書き込み用(PICkitが刺さる)ピンを用意したり、ブレッドボード上で本製品と同じようにジャンパワイヤで配線します。
 
【質問】 検出距離(角度)が短い(狭い)のですが。
【回答】 記載の値はあくまでもデータシートに則り理想的な環境下での値となります。
実際に使用される環境で同様の結果が得られるとは限りませんので、余裕をもって運用して頂くようお願い申し上げます。

 
【質問】 センサ部分を基板から独立させたいのですが、ケーブルでの延長は可能でしょうか。
【回答】 説明書記載の組立て以外の動作は検証しておりません。
また改造方法のご案内は承っておりませんのでご了承ください。

 
【質問】 過去の時計キットの表示機に対応していますか。
【回答】 申し訳ございませんが対応しておりません。
設計が異なりますので過去のキットのアップグレードとしての使用もできません。新規にお買い求め頂けますと幸いです。

 
【質問】 絶対最大定格の範囲内の電圧なのに破損する。
【回答】 317、350に比べ高耐圧ですが入出力間の電位差が大きくなるほど発熱が激しくなることは変わりません。
そのような条件で使用する場合には十分に放熱を行ってください。

 
【質問】 LTC1799のデータシートと説明書の式が違います。間違っているのではないでしょうか。
【回答】 Rsetの最小値を確保するためのR1(3.3kΩ)をデータシート上のRSETと別に記載しています。
説明書のRSET+R1でデータシートのRSETとなります。

 
【質問】 ヒートシンク(放熱器)による放熱は必須なのでしょうか。
【回答】 必要となるかは実際の動作条件(環境)に依存します。
評価の際に必ず発熱の具合を確認し、実用時に問題ないよう適切に放熱を行ってください。 目安としてはケース(シャーシ)での放熱をまず行い、不足する場合にヒートシンクの増設やDCファンによる冷却をご検討ください。

 
【質問】 任意の電流のものを自作したいのですがT10のベース(台座)部分の取り扱いはないのでしょうか。
【回答】 本回答の投稿日(2019/03/04)現在、T10のベース単体の取り扱いは御座いません。
こちら からリクエスト頂けますと幸いです。

 
【質問】 取得規格はありますか?
【回答】 特にございません。
 
【質問】 ドライバーが自動でインストールされなかったのですが、どうすればよいでしょうか。
【回答】 同封のCDは使用せずにFTDI社のサイトからダウンロードをお願いします。

 
【質問】 開封しPCと接続しましたが認識されません。不良品でしょうか。
【回答】 本製品は出荷時の状態で電源が切り離されています。
J1のDCジャック側かUSB側のどちらをショートしてください。

 
【質問】 型番のNWの意味は何ですか?
【回答】 「NW」はPala Light社内のReflector部材メーカー区別管理用コードです。
 
【質問】 ステレオ用(MJ-355W)とモノラル用(MJ-355)の区別
【回答】 背面から見ますとばねの長さや端子の形状が異なりますので区別ができます。
 
【質問】 コマンド詳細のRESETの項目は送信コマンドではなく応答ではないでしょうか。
【回答】 スペースの都合同じ表に記載しております。
お手数ですが適宜読み替えをお願い致します。

 
【質問】 入出力はACですか、DCですか。
【回答】 入出力ともにDCです。

 
【質問】 電池の交換について
【回答】 電池室の設計が悪い為、電池の交換が難しい場合があります。本体の裏蓋をそっくり開けてください。
 
【質問】 ヒューズが切れた場合について
【回答】 ヒューズが切れると電流と抵抗の測定ができなくなります。ただし導通ブザーは生きていますのでヒューズが切れたかどうかをテスターで確認することができます。
 
【質問】 ポリスイッチ(PF1)の外観
【回答】 セラミックコンデンサーのような外観をした、2本足の茶色の部品になります。

 
【質問】 LCDは基板のどちらの面に実装すればよいのでしょうか。
【回答】 説明書に組み立ての項目は御座いませんが基板図面の項目に注釈があります。
商品ページの写真と合わせてご確認ください。

 
【質問】 基板とLCDの向きが分かりません。
【回答】 基板の印字のある面が部品面となります。 LCDはピンが上にくる向きが正しい向きです。 従いまして完成時にはLCDの上部に基板を取り付ける形になります。
商品ページの写真が参考になりますのでご覧ください。

 
【質問】 IchigoJamの完成品の代わりになりますか。
【回答】 言語が異なりますので代わりにはなりません。

 
【質問】 タイマーICの相違点につきまして
【回答】 LMC555はNational Semiconductor(現TI/テキサスインスツルメンツ)、ICM7555はIntersil(現ルネサスエレクトロニクス)のCMOSタイマーICです。どちらもCMOS構造で、バイポーラ構造の555と比較しますと消費電力が非常に小さく回路の省エネ化に貢献しますが、注意して頂きたいのが電源電圧範囲です。1.5Vでの動作を重視する場合、ICM7555は動作保証がない為、単3・単4乾電池1本で駆動をお考えの方は基本的にLMC555一択となります。一方、回路の待機電流を小さくしたい、といったような用途には静消費電流の小さいICM7555が適しています。しかしTI社製品は同社方針により小売り販売できなくなりましたので場合によっては設計の見直しをおすすめいたします。

各社タイマーICの代表的性能比較
(プロセス/電源電圧範囲/静消費電流(5V)/ドライブ能力/最高発振周波数/メーカ)
LMC555:CMOS/DC1.5~12V/100μA/50mA/3MHz/TI
ICM7555:CMOS/DC2~18V/40μA/100mA/1MHz/Renesas PDF
NE555:バイポーラ/DC4.5~16V/3mA/200mA/100kHz/TI
NJM555:バイポーラ/DC4.5~16V/3mA/100mA/100kHz/NJR PDF
NE555:バイポーラ/DC4.5~16V/3mA/200mA/100kHz/UNISONIC PDF

555タイマー(日本語版Wikipedia)
555 timer IC(英語版Wikipedia)
※英語版Wikipediaでは世界各社の555タイマーICの性能比較表があります。
 
【質問】 ICが焼損した。入力電圧とほぼ同じ値が出力される。不良品ではないでしょうか。
【回答】 負電源用(79xx)や可変出力(317、338、350等)の3端子レギュレータのピンアサインは正電源用のものと異なります。
また、最近のレギュレータは入出力のコンデンサを必須としないものがありますがその反対で必須のものや最低値に指示のあるものも御座います。
所定の動作、出力が得られない場合にはデータシートのご確認をお願い致します。

 
【質問】 推奨のUSB-シリアル変換モジュールを接続しましたがピンが余ります。 本当に推奨品なのでしょうか。
【回答】 余るピンは1PPS信号出力のピンですのでシリアル通信には関係ありません。
反対に他のUSB-シリアル変換モジュール(ケーブル)を使用する場合にはモジュール側のCTS、RTS、使用しない電源ピンは余ります。

 
【質問】 部品が多く、合っているか自信がない
【回答】 高解像度の写真を用意いたしました。お役に立ちましたら幸いでございます。
部品配置写真

 
【質問】 サンプルスケッチのアドレス設定はどうなっていますか。
【回答】 サンプルスケッチはADRピンをオープン(0x45)で設定されています。
組立後に動作確認を行う場合には適宜ご対応をお願い致します。

 
【質問】 英文の説明書しかないのでしょうか、録音・再生の操作が分かりません。
【回答】 操作は下記となります。
録音:SW3をRECへ、SW1を押している間録音
再生:SW3をPLAYへ、SW1を押すと再生

 
【質問】 組み立てて電源を入れましたが動きません。
【回答】 本キットは、動作に必要なプログラム(ファームウェア)が搭載マイコンに書き込まれておりません。
IchigoCake BASIC(IchigoJam)またはIchigoCake JavaScript(IchigoLatte)として動作させるには、基板上のマイコン(IC2,IC3)へのプログラム書き込みが必要です。

IC2 → IchigoCake BASIC(IchigoJam)またはIchigoCake JavaScript(IchigoLatte)を書き込み
IC3 → PanCakeを書き込み

参考リンク(URL)
http://ichigocake.shizentai.jp/

 
【質問】 テレビ(モニタ)表示が変です(カラー表示にならない、映像が乱れる)。
【回答】 コンポジットビデオ信号をマイコンのソフトウェアで生成している関係上、規格上の信号レベル(電圧)や周波数などからズレが生じ、テレビ(モニタ)によってはその違いを許容できずに映像が乱れたり、モノクロ表示になることがあります。
この場合は、基板上のトリマコンデンサ(C11 赤色の部品)を(可能であればプラスチック製の)ドライバで慎重に左右に回転させて、改善するかお試しください。
改善しない場合は、別のテレビ(コンポジットビデオ入力を持つモニタ、ディスプレイ等)をお試しください。

 
【質問】 キーボードを操作しても文字が入力されません。
【回答】 接続しているキーボードがIchigoCakeに対応していない可能性があります。
コネクタ形状がUSB(A)となっておりますが、“PS/2”規格に対応していないキーボードは使用できません。

 
【質問】 WWW-PORT LOCKの操作手順
【回答】 1 音楽等再生中にMENU/SETを押す
2 VOLUME/SELECTを時計回りにゆっくり回し、
TUNE→TONE CONTROL→EDIT CHANNEL→…→WWW-PORT LOCKに合わせる
3 NEMU/SETを押す
4 VOLUME/SELECTをゆっくり回し、
「→」のマークをUnlockからLockに移動させる
・変更前 [→]Unlock [ ]Lock
・変更後 [ ]Unlock [→]Lock
5 MENU/SETを押す

約5秒操作せずに放置すると今までの操作はキャンセルされ再生画面に戻ります。
 
【質問】 動作を確認したところ文字は問題なく表示されますがバックライト点灯しません。 他社のLCDではジャンパーがあり、抵抗を半田付けすると点灯する様になっていますがこのLCDではジャンパー見当たりません。尚、データシートを確認しましたが何も記載していません。バックライトの接続方法を教えて頂けますか。
【回答】 仕様書(ML1672D1J000-004)の5ページ、9ページ、15ページ、17ページに具体的な仕様と使用方法が規定されてございますので、ご参照ください。バックライトLEDに対して適切な熱設計および駆動電流設定をおこなった上でご使用ください。

 
【質問】 調整用のボリュームを回したが表示が99のままで変わらない。
【回答】 J1~J4が接続されているか確認してください。接続していないと表示が99のまま変わりません。
 
【質問】 細ピンヘッダは通常品と何が違うのでしょうか?それぞれのピンは何o角ですか?
【回答】 細ピンヘッダは0.5o角、標準品(無印)は0.64o角となっております。
「細」と明記しているものが細ピン、特に記載のないものが標準品となります。

 
【質問】 ログを削除しても容量が回復しません。何か修復の方法はないのでしょうか?
【回答】 以前(canmore時代)にメーカーサイト(下記URL)にアップロードされていた
GP-102 Firmware update内のGP-102 update manual.pdfの27項以降の内容をお試し下さい。

https://web.archive.org/web/20180330021527/http://www.canmore.com.tw/download.php
(既にメーカーHPは閉鎖されておりますのでアーカイブとなります)

 
【質問】 使用COMポートとデバイスは確認しました。ですが書き込みができません。
【回答】 FT232RLのドライバーがインストールされているかご確認ください。
ArduinoUNOとは使用ICが異なるためインストールが必要です。

 
【質問】 出力電圧が高いのですが不良品でしょうか。
【回答】 このコンバータはフィードバックが無いので無負荷時には出力電圧が高くなります。
そのためデータシートには出力電流の「最低値」が記載されています。
よって使用に当たっては、この最低値が保たれるような負荷を接続する必要があります。

具体的には接続先の回路に並列に抵抗などの適当な負荷を接続してください(抵抗の値は出力電圧から計算してください)。

 
【質問】 スイッチで指定した電圧が出ません。
【回答】 本商品はリニアレギュレーターですので昇圧(電圧を上げることは)できません。
説明書記載のとおりVin=Vout+307mV(1A出力時)よりVinは高くなければなりません。
入力電圧範囲はこの条件とは関係なく、入力される(または可能性のある)電圧の最大最小値を確認するための項目です。
 
【質問】 組み立てて接続したのですが投影されません。どうしたらよいでしょうか。
【回答】 下記の項目をご確認ください。

・映像のソースはPCか
→解像度を選択できる機器(つまりはPC)でお試しください。
・接続に変換コネクタを介していないか
→動作しない場合もあります(本商品に限らず初回動作時は使わないのがベターです)
・電源(USB)は接続したか
→必須です

 
【質問】 Canwayソフトウエアのロールオーバー問題
【回答】 メーカーによるソフトウェア修正により製品ごとに使用するバージョンが指定されました。お手数ですが、ご使用になるモデルに応じてバージョンをお選びいただきインストールしてください。

・CanWay Version 1.1.12⇒GP102+(M-06974)用
・CanWay Version 1.1.09⇒
 GT-730FL-S(M-03150)/GT-740FL(M-07083)/GT-730F/L(SiRF)(M-09272)用

CanWay Version 【1.1.12】と【1.1.09】は実行ファイルが同一名"CanWay.exe"でありまたデーターベースが干渉/衝突するため、一台のPCにふたつをインストールするといずれも起動することができません。複数のモデルを所有されているお客様にはご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申上げます。
Canwayバージョン確認手順

Canway1.1.09はWindows7 32bit/Windows10 32bitは非対応です(インストールできません)。Windows8/8.1 32bitは検証できないため不明です。64bit版Windowsをご用意ください。
 
【質問】 製品仕様
【回答】 3インチ口径(77ミリ)8Ωの広帯域スピーカ(フルレンジ)ユニットです。
◆特長
・強力な磁気回路と余裕のあるダンパで、10W(max20W)までの入力が可能。
・デスクトップスピーカや小型ステレオスピーカ、5.1chのサテライトスピーカなどの自作に最適。
・PP製コーンとブチルゴム製エッジを採用しているので、高音質かつ耐久性にも優れています。
◆主な仕様
・インピーダンス:8Ω
・定格入力:10W
・最大入力:20W
・最低共振周波数(F):90Hz
・音圧周波数特性:F〜20,000Hz
・出力音圧レベル:81.5dB W/m
・コーン:黒色PP
・エッジ:ブチルゴム
・マグネットサイズ:Φ60×Φ32×t8(ミリ)
・マグネット質量:81グラム
・製品質量:273グラム(1個当たり、当社実測)
【磁石注意】磁気カードやカセットテープ等、磁気に弱い物を近づけないでください。

F77G98-6データシート
 
【質問】 ポップノイズが気になる
【回答】 ヘッドホンで十分な低音を再生できるように容量を選んでおりますのでヘッドホンによっては気になる場合がございます。C4,C6の容量を減らすことでC4,C6に流れる充電電流が減少するためポップノイズを軽減することができます。ただし容量を減らすと低音の量感に影響が出ます。回路の原理上0にすることはできません。お客様にてご判断頂ければと思います。
■50Hzにおけるコンデンサのインピーダンス(参考)
470μF:6.7Ω
330μF:9.6Ω
220μF:14Ω
100μF:31Ω
47μF:67Ω
 
【質問】 出力に電源電圧の中点の電圧が出力される
【回答】 電圧を測定する際にテスターのみですと、テスターの入力抵抗が高いという理由で中点(電源電圧の1/2)の電圧が計測される場合がございます。異常ではありません。気になる場合は測定する場合にヘッドホンのインピーダンスに相当する抵抗(10Ω~100Ω)を並列に接続して測定して頂ければと思います。C4,C6が充電されるに従い電圧が0Vに近づきます。いつまでたっても中点の電圧が計測される場合は配線ミスの可能性がございます。C4,C6が短絡していないか確認してください。
 
【質問】 電源を入れると[166.6]が表示された
【回答】 [HOLD]ボタンが押されたままの状態になっていますので、もう一度押して解除してください
 
【質問】 「テスタ内部のヒューズが切れている場合に、このような動作となる場合がございます。」との回答ですが、ヒューズを交換すれば直るのでしょうか?
【回答】 ヒューズ切れが原因の場合もありますがそうでない場合も御座います。必ずしも交換で直るとは限りません。

 
【質問】 入力電圧が7〜12Vとなっていますが、USBやI/O(ピンソケット)からの給電では動作しないのでしょうか?
【回答】 USBからでもI/Oからでも動作します。I/Oから供給する際には入力電圧に注意してください。分からない場合には必ず回路図を参照し確かめて下さい。

 
【質問】 入力側に直流電圧が出ている
【回答】 C3(C5)に大きな容量を使用した場合、電源投入時にR3(R7)を経由し入力側に電位差が発生することがございます。これはコンデンサの充電が完了するまで過渡現象であります。この基板は片電源方式として設計しておりますので、入/出力端子の基準電位とオペアンプの基準電位には電位差がございます。収束するまでの時間はボリュームのポジションの影響を受け、音量が最大の位置で最も長くなり、音量が最小の位置で最も短くなります。時定数を計算して頂いてなるべく早めに過渡現象が収束するようにR3(R7)、C3(C5)、VR1(VR2)をお選びください。
時定数とは(Wikipedia)
 
【質問】 Canway 1.1.12ダウンロード
【回答】 CanWay_1.1.12_20180817.zip
 
【質問】 日本製のマルコ精密工業のSS2.54-6SN(C-07011)があるのに、なぜこの商品を売り出したのですか?
【回答】 マルコ精密工業様製のC-07011は在庫のみで販売出来なくなってしまう為、取り扱いを開始しました。
 
【質問】 ST-12Aでも使えますか?
【回答】 弊社で実験したところ、音量アップの効果は得られましたがST-32のほうが、大きい音量となりました。音質の違いは特に無い様でございます。お役に立ちましたら幸いでございます。
 
【質問】 DCファンというと秋月さんでは100円だと思うのですが?
【回答】 はい。メーカーさんより余剰品を売っている事が多いですが、お客様より在庫切れの無い製造されたばかりのピカピカ(レギュラー品)を置くようご要望がありました。
 
【質問】 製品データシート
【回答】 OSPW5161P PDFデータシート
 
【質問】 寸法はありませんか?
【回答】 寸法図はございません。実物合わせでご対応をお願いいたします。販売当初から寸法やデザインが変わっております。将来も寸法やデザインが変わる可能性がございます。リピート購入前提の場合はくれぐれもご注意くださいます様お願い申し上げます。
 
【質問】 ヘッドホンアンプのオペアンプを交換したら発振した/雑音(ピー・ギャー・ブツブツ等)が発生した)
【回答】 オペアンプによっては増幅率の設定に制約があるものがあります。

OPA637:5倍以上
NJM5534:3倍以上
LM6365:25倍以上
この増幅率より小さいと発振したり雑音が発生することがあります。

たとえば下記の回路はA47式ヘッドホンアンプの代表的な回路ですが、
OPA637:R4/R5≧5
NJM5534:R4/R5≧3
である必要があります。U2は利得1の為、使用できません。また計算上条件を満たしている場合でもオペアンプの特性のバラツキや負帰還のかけ方、あるいは回路構成により発振したり、雑音が出る場合があります。データシートにUnity Gain Stableと表記してあっても容量性負荷が原因で発振することがあります。

 
【質問】 カメラからの映像が表示されません。
【回答】 USB-シリアル変換器を使用してOV528用のソフトウェアでPCへの画像出力ができないかご確認ください。
ArduinoUNOなどのマイコンボードを使用する場合には読み込みに時間がかかります。
そのため正常動作の確認に時間がかかってしまいますので、動作確認を行う場合には上記の方法を推奨いたします。

上記にて改善しない場合には お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

 
【質問】 カメラからの映像が表示されません。
【回答】 USB-シリアル変換器を使用してPCに接続し、 専用ソフト から画像出力ができないかご確認ください。
ArduinoUNOなどのマイコンボードを使用する場合には読み込みに時間がかかります。
そのため正常動作の確認に時間がかかってしまいますので、動作確認を行う場合には上記の方法を推奨いたします。

上記にて改善しない場合には お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

 
【質問】 トランジスタの向き(ピン配置)は結局どれが正しいのですか?
【回答】 ご不便をお掛けし申し訳ございません。
トランジスタの印字面から見て左からECBのトランジスタの場合には、基板のシルク(印字)のとおりに実装します。
従ってこの場合にはトランジスタを90°基板側に曲げるとトランジスタの印字面が基板に張り付いてしまうので説明書に注意書きをしています。

つまりトランジスタの向きありきで実装すると「逆」ということですので、基板のシルクにピンアサインを合わせて実装される場合には何ら問題は御座いません。

 
【質問】 シングルエンド入力の場合、説明書の内容では位相が反転してしまいますが問題はないのでしょうか。
【回答】 パワーアンプICにはアプリケーションノートに「シングルエンド時は反転入力」を指示するものが御座います。
理由はICの設計者か企画者に尋ねなければ分かりませんが、このようなICも存在します。

想像できる理由として下記のものが考えられます。

・個人用のオーディオ機器で気にする必要があまりない
・単体でミキサーになるので複数の入力を設ける場合に便利である
・前段にアンプ(ミキサー)回路を置くことを前提としている
・入力の抵抗でユーザーが任意にゲインを設定できるから

 
【質問】 ポータブルヘッドフォンアンプキット用金属ケース(ケース単品) [AE-HPPML-CASE] 通販コード P-03041 に入りますか?
【回答】 申し訳ございません。対応しておりません。
 
【質問】 基板の一部が腐食している(腐食しているように見える)
【回答】 端子部に微量のはんだ付着がある場合がありますが、性能及び特性に影響はなく良品としてメーカー出荷されてます。詳細は下記メーカー見解書を御確認下さい。
モノワイヤレス社による見解書
 
【質問】 SDカードをBBB(BBG)に挿入して起動しましたがLEDの点滅が終了しません。
【回答】 稀に未書き込みのSDカードが存在するようです。
大変申し訳ございませんが メーカーHP よりイメージファイルのダウンロードし、
ダウンロードしたファイルを解凍しSDカードに書き込みを行って頂きますようお願い申し上げます。

また、日数を要しますが通常の 交換対応 も可能です。

 
【質問】 出力が可変できていないようです。<br> 動作確認をするにはどうしたらよいですか。
【回答】 まず、VR1の半固定抵抗を反時計回りに回しきり、出力パルス幅を最小にします。次に端子台のPWM回路電源端子(+LOGIC−)に9V(ここでは006P電池)をつなぎます。
この状態で、マルチメータの電圧測定レンジでテスタリードのプラスをトランジスタ(Q1)のG(ゲート)端子に、テスタリードのマイナスをPWM回路電源端子(+LOGIC−)のマイナスに接触させると0〜0.5Vくらいの電圧を示します。
今度はVR1の半固定抵抗を時計回りに回していきます。そうするとマルチメータの示す電圧が上がっていきます。回しきると約8Vくらいになります。

測定電圧が変化しない場合は、PWM回路部分に問題が生じています。タイマーIC(555)周辺の部品組み付け、向きを再度確認してください(IC、ダイオード、電解コンデンサは極性があります)。

次にトランジスタ(Q1)とその周辺回路の確認を行います。上記確認時に接続したPWM回路電源端子(+LOGIC−)に加えて、モータ電源端子(+POWER−)にも9Vを供給します。
加えて、出力端子(+OUTPUT−)に1kΩ(470Ω〜10kΩ)の抵抗器(別途ご用意ください)を接続します。
接続した状態で、VR1の半固定抵抗を回転させると、出力端子(+OUTPUT−)のマイナス端子とモータ電源端子(+POWER−)のマイナス端子間の電圧が変化します(先ほどとは逆で、VR1を右に回すと電圧が下がります)。

測定電圧が変化しない場合は、トランジスタ(Q1)および周辺部品の組み付け、向きなどを再度確認してください(トランジスタ、ダイオードは極性があります)。
上記対応で改善しない場合は、部品の交換等が必要な場合がございます。


【補足説明】
本回路では、出力端子とGNDの間でQ1トランジスタによりスイッチングしているため、出力端子のプラス端子には常に電源電圧が供給されています。また、出力端子間に負荷(モータ、抵抗器 等)を接続していない状態では、制御された出力電圧(PWM波形)は確認できません(出力端子にそのままテスタなどをつないで可変抵抗を回転させ、測定しても、測定電圧は変化しません)。
 
【質問】 単電源オペアンプとは
【回答】 単電源オペアンプは同相入力電圧範囲が負電源側に対して広くなっているオペアンプを指します。両電源で使用することもできますが、特に単電源(単一電源)で使用する際に使いやすく設計されています。

図を拡大
 
【質問】 表示器分離型にしたいのですが、 ケーブルコネクタはメス−メスとの記述。 表示器側はメスで良いのですが本体基板側は接続ができません。 どのようにすればよいのでしょうか。
【回答】 説明書 1ページの「■その他の接続■」の参考部品表をご確認ください。
ご指摘のとおり片側がメス-メスとなり接続できないので C-09056 を使用する必要が御座います。

 
【質問】 PICkitを接続したが電源が供給されません。
【回答】 IDEの設定を変更してください。この基板には外部電源入力用の端子は御座いません。
 
【質問】 最大出力電流は何Aですか。
【回答】 出力にパワーアンプありません。負荷が重い場合には出力電圧は低下します。
本来そのような用途には使用しません。

特定の条件下での具体的な値が必要な場合には回路図を参照し計算して下さい。

 
【質問】 サーボへの電源供給は可能ですか。
【回答】 できません。別途電源をご用意ください。

 
【質問】 精密に動体、人間を検知したい。タイマーの設定時間、復帰時間を精密に設定したい。
【回答】 本商品は電子工作キットですので組み立てて動作を学ぶことが主旨となります。
従いまして具体的な計測結果、評価内容のご用意は御座いませんのでご了承下さい。
また具体的な用途としては自宅のトイレ等、人の出入りが頻繁でない場所の自動照明の自作が限度かと存じます。

連続して検知する場合や検知後の動作を精密に行う場合には センサモジュール単体を使用し出力をマイコンで処理したほうが有利です。

 
【質問】 データシートのリンクに「仕様書内のピン配置は、上から見た図で示されています」とありますが、PIN CONFIGURATIONSの図はPAD LAYOUTと同様にbottom viewではありませんか?
【回答】 ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。
ご指摘のとおりbottom viewでの記載となります。
top viewと解釈した場合にはNC、NOが反対となります。
訂正の上お詫び申し上げます。
 
【質問】 このキットで回せるDCモーターの取り扱いはありますか?
【回答】 弊社取扱いのDCモーター(2019/06/08現在) であれば(無負荷を前提として)回ります。
負荷をかける場合には評価を行い、モーター側電源に適切にヒューズを実装するなどの保護を行ってください。

 
【質問】 精度の記載がありませんが、どの程度なのでしょうか?
【回答】 何個か並べると全て違う値を示す程度の精度です。 部屋が暑い、寒いということを知る程度には使えますが、 温度の管理・監視に使用するのは無理だと思います。

商品ページ記載の用途のように「モノ」の環境を見るくらいが丁度よく、安価です。

 
【質問】 付属の電池はどのくらい使えますか?
【回答】 あくまでテスト用ですので長期間使用する場合には新品を一緒にお買い求めください。

 
【質問】 F-ZTAT(Flash.exe)はどこにありますか。
【回答】 こちら よりダウンロードをお願い致します。

H8関連ソフトウェア(CD)の在庫は こちら から。

 
【質問】 以前のロット(M-08762)の不具合は解消されたのでしょうか?
【回答】 解消後のロットへの差し替えに合わせてM-11009に通販コードを改めております。

 
【質問】 型番末尾の「LF」の意味はなんですか?
【回答】 Lead Free(鉛フリー)の意です。
 
【質問】 液晶に表示されている温度がいつまでたっても変化しない。
【回答】 表示の更新周期は計測の周期と同期しています。例えば計測する感覚を1時間に設定した場合、液晶表示の更新間隔も1時間となります。動作確認したい場合は計測の間隔を最短の10秒に設定してお試しください。
 
【質問】 入力(制御)信号も12Vにしたいです。方法はありますか?
【回答】 申し訳ございませんが説明書記載の動作範囲内での使用をお願い致します。
また、キットの改造(説明書記載外の動作)に関するご質問はお答えできかねます。

このキットの趣旨は3.3〜5Vのマイコン(ロジック)から12V系やACを制御することであり、12Vで制御するのであればこのキットは不要です。
単純に端子台(ターミナル)とインジケータLEDが付いただけのリレー基板が必要、ということであれば こちら よりリクエスト頂けますと幸いです。

 
【質問】 しばらくすると電源が切れてしまう
【回答】 モバイルバッテリーによっては保護回路が働いて出力を停止してしまうことがあります。恐れ入りますが他の環境でご使用いただきます様お願い申し上げます。
 
【質問】 なぜ安いのでしょうか?
【回答】 LED電球用に大量生産された為、量産効果により単価がお安くなっております。LED素子1個当たりの最大電流、PD(許容損失)が大きいです。密封されて高温になるような場所で長時間点灯させることを念頭に置いた高信頼製品と言えます。
※量産効果:工業製品を生産する際に発生する一定のコスト(固定費)が生産数の増加により分散され、1個当たりの単価が安くなること、スケールメリット。
 
【質問】 以前販売していたM-07394とM-14255に寸法の差異はありますか?
【回答】 寸法は下記となります。どちらも実測値となります。
正方形から長方形になりました。

M-07394
510 x 510 x 30mm

M-14255
455 x 510 x 30mm

 
【質問】 LANに接続したkiwiのIPアドレスが分かりません。受信画面に進みません。
【回答】 メーカーから ツール の用意があります。時間はかかりますが192.168.1.1〜256の範囲で接続されているkiwiのIPアドレスとシリアルナンバーを表示してくれます。 下記のようにブラウザのアドレスバーに入力すると受信画面に入ります。

例、表示されたIPアドレスが192.168.1.123の場合
アドレスバーに「192.168.1.123:8073」と入力してエンターキーを押します。

 
【質問】 受信(試聴)に当たってアンテナは必要なのでしょうか?
【回答】 聞くだけであれば不要です。

 
【質問】 TCXOがありません
【回答】 従来の京セラ18S-03A-4-12.8MHzが入手困難な為、一時販売を中止しておりましたが、今後秋月電子製のTCXOモジュールAE-TG-5021CE-12.8を使用することになり、販売を再開することになりました。
 
【質問】 78L05がありません
【回答】 キットに付属する部品で「78L05が入っていない」というお問い合わせが有ります。 キットに「6202P502」の刻印の部品が入っている場合、それが78L05になります。 混乱を与えました事、お詫び申し上げます。
 
【質問】 電波時計が突然受信しなくなった
【回答】 時々「電波時計が突然受信しなくなった」というメールを頂きます。電波時計の電波は、時々メンテナンス当で送信を停止する事があります。下記総務省JJYのホームページにて送信状態の確認が出来ます。
JJYのホームページ[停波情報等有ります] http://jjy.nict.go.jp
[40KH標準電波送信情報] http://jjy.nict.go.jp/i/mess40.htm
電波時計・各地の受信状態レポート  https://www.tristate.ne.jp/rf-map.htm
 
【質問】 セグメントの表面の傷防止で保護テープが張られてますが、保護テープを剥がした後表面に保護テープのノリの残渣があり、除去したいのですが使用する溶剤があれば教えてください。
【回答】 アルコールをご使用ください。傷つけないように慎重にふき取ってください。
 
【質問】 常閉側が導通しない
【回答】 DC12V1A程度の抵抗負荷を接点に与え、ON/OFFを何回か繰り返してください。
 
【質問】 モーターと接続したのですが、設定時間よりも実際の動作時間が短い
【回答】 モーターと本キットを並列に接続した場合、モーターによる電圧低下が影響している可能性があります。本キットとモーターの電源を分離して問題なく動作するか確認してください。
 
【質問】 設定時間と実際に動作している時間にずれがある
【回答】 本キットは三端子レギュレータを使用していませんので動作中に電源電圧の変動があると動作時間が影響を受けます。電源電圧の変動を抑えるように回路を工夫してください。
 
【質問】 既定の差し込み(コンタクト)の深さは何mmですか?
【回答】 FHU-1(2)シリーズの対となるピンヘッダはPH-1(2)シリーズとなりますのでヘッダ側の寸法を参考としてください。
原則として対応品をご使用頂きますようお願い致します。

 
【質問】 型番のA26はデータシートに情報がありませんがどういう意味ですか
【回答】 日本向け製品を意味します。
 
【質問】 MiniGpsを使用して通信速度の変更したいのですが失敗してしまいます。
【回答】 指定した通信速度での占有率(rs232 Bandwith)が100%を超えると設定に失敗してしまいます。
占有率の表示が赤(100%以上)の場合にはNMEA Output Settingsの各項目の数値を変更して(更新頻度を下げて)下さい。

 
【質問】 説明書に掲載されているMiniGpsの設定画面(タブ)が出てきません。
【回答】 MiniGpsのソフトウェアパッケージ内のユーザーガイドをご確認ください。
キーボードの[Ctrl] + [ALT] + [S] キーを同時に押すことによりSetup / Channel / TEST のタブが表示され、各ページを表示することができるようになります。

 
【質問】 受信できないのですが不良品でしょうか?
【回答】 初回起動(コールドスタート)時は接続までに時間がかかります。
標準値では1分以内ですが地形や天気、時間に左右されますので、 10分程度は時間がかかるものとご理解ください。
また同じ位置にいても上手く行かないことがありますので、 開けた場所を歩き回ると比較的早くスタートします。
少なくとも屋内では失敗します。

 
【質問】 ボーレートを変更したいのですが専用のソフトウェアはあるのでしょうか?
【回答】 こちらからダウンロードをお願い致します。
使用方法はマニュアルと他のQ&Aをご確認ください。

 
【質問】 LATTEPANDA Alphaに対応していますか。
【回答】 非対応となっております。

LATTEPANDAに合わせて作られたケースですので、外形サイズが異なるLATTEPANDA Alphaに関しては対応しておりません。
寸法につきましては、寸法図をご覧ください。
 
【質問】 windows10対応のドライバはありますか?
【回答】 ICの メーカーHP よりダウンロードをお願い致します。

 
【質問】 ICに直接取り付けられそうな放熱器が見つからないのですが。
【回答】 専用品がありませんのでアルミの板材等を介して汎用品の放熱器を取り付けて下さい。

 
【質問】 出力電圧は何Vですか?PHと出力電圧の関係はどうなっていますか?
【回答】 メーカーの製品情報ページ に記載が御座います。お手数ですがご確認をお願い致します。

 
【質問】 Windows10で動作しますか?
【回答】 ロガーソフトウェアは20年も昔に設計されたものであり、Windows10の環境において動作することを約束することはできません。
弊社のWindows10の環境(ロガーソフトウェア1.1.4とUSBシリアル変換ケーブルVE488の組み合わせ)において読み出しを行えることを確認しておりますが、今後のWindows Update等で挙動が乱される可能性は無きにしも非ずです。

 
【質問】 筐体上面の刻印とデータシートのピンアサインに相違がありませんか?
【回答】 全てにおいてデータシートの記載が優先されます。 先ずはデータシートに従って配線し、動作確認をお願い致します。
メーカーとしては「+」がそれぞれの電源+側、Eはエミッタ(発光側)Dはディテクタ(検知側)を意図しているものと思われます。

 
【質問】 hFE、hfeとは何ですか?
【回答】 ベース電流とコレクタ電流の比です。hFEは直流電流増幅率、hfeは交流電流増幅率です。下記の図は模式図ですが、ベース電流とコレクタ電流の比(グラフ)が比例(直線)していないとhFEとhfeは一致しません。また動作領域で測定しないと正しい値を計測することができません。


クリックして拡大
 
【質問】 hFEをDCA-75で測定するとデータシートとかけ離れた値になる
【回答】 DCA-75が測定時に流すベース電流(Ib)は5mA固定で、コレクタ・エミッタ間電圧(Vce)は3~9Vの範囲になります。データシートの通りのhFE値を得るにはデータシートに示されている測定条件を再現する必要があります。たとえばTO-3タイプのパワートランジスタでは、Ibが100mA、コレクタ電流が(Ic)が4Aといったような大きな電流値を要求する場合があります。特に、大型のパワートランジスタ、高圧用のトランジスタの場合は、Ib、Ic、Vceが不足してデータシートに示されている通りの性能を発揮できない場合があります。下の図のトランジスタ(2N3055)の場合、データシート通りのhFE値を得るには、コレクタ電流を4A、Vceを4Vにして測定する必要があります。

クリックして拡大
 
【質問】 MCP23S17-Eの動作電圧は4.5〜5.5Vの動作範囲ではないでしょうか。
【回答】 3.3Vで使う場合は、
1.8~5.5V@-40~85℃
2.7~5.5V@-40~85℃
の範囲になります。
-40〜125℃で使う場合は4.5~5.5Vの範囲になります。ただし、SPIのモードにも依存しますので、仕様書の確認、SPIモードの確認(TABLE 1-4:SPI INTERFACE REQUIREMENTS等)を参照してください。
 
【質問】 PCに接続しましたが認識されません。
【回答】 ソフトウェア(Scopy、Alice)とは別にドライバが必要となります。
こちらからドライバをダウンロードしインストールしてください。

 
【質問】 日本語の説明書は付属しないのでしょうか?
【回答】 紙媒体の資料は付属しません。
メーカーHPより ユーザーガイドをご確認ください。
英文ですので必要に応じてブラウザの翻訳機能をご使用ください。

 
【質問】 ブレッドボードキャンバス(BREADBOARD CANVAS)に付いている電源スイッチをONにしても各電圧に対応したLEDが点灯しません。
【回答】 輸送時の破損を防ぐためと思われるスポンジが電極とブレッドボードキャンバス(ブレッドボードが付いた白い基板)の間に挟んであるため、そのままでは通電しない様です。
ご使用の際には、間に挟んであるスポンジを外してください。
なお、ブレッドボードキャンバスは、磁石によって取り付けられており、両脇の窪みに指を入れて持ち上げることで外すことができます。
 
【質問】 ブレッドボードキャンバス(BREADBOARD CANVAS)上の“V±”スイッチをONにしても、V+/V-が出力されません(LEDが点灯しません)。 他の出力はスイッチをONにすると、出力されます(LEDが点灯します)。
【回答】 V+/V-の出力は、WaveForms(PCのソフトウェア)上でMaster Enableを有効としないと出力されません。
詳細は、WaveFormsの使い方(Help等)をご確認ください。
 
【質問】 同調周波数可変範囲はどのくらいですか?
【回答】 同調キャパシタを変えることによって、それぞれ約10MHzの可変ができます。
・100MHz〜110MHz(@同調キャパシタ15pF)
・88MHz〜98MHz(@同調キャパシタ22pF)
・72MHz〜82MHz(@同調キャパシタ33pF)
・64MHz〜74MHz(@同調キャパシタ44pF)
・48MHz〜56MHz(@同調キャパシタ68pF)

※実測は、日本電波製グリッツドディップメータN−148にておこないました。
 
【質問】 回路図のバージョン(版)が複数ある様です。どのバージョンに該当しますか。
【回答】 CORE社 GR-PEACH開発履歴のページに記載がございます。
https://www.core.co.jp/product/m2m/gr-peach/gr-history.html

量産品"F版"に該当します。回路図は、E版より変更無しですので、回路図としましてはE版をご参照ください。
 
【質問】 電池のセット方法がわかりません。
【回答】 電池フタにセットします。下記の写真をご参照ください。
電池のセット方法
 
【質問】 電源を再投入すると音量が記録されていないのですが。
【回答】 本キットは最後の音量変更から約1秒後に音量を記録します。
LED(INFO)の点滅前に電源を落としてしまうと次回起動時に直前の操作以前の音量でONになります。

 
【質問】 どのように固定したらよいのでしょうか。
【回答】 可変抵抗と同様にエンコーダーのナットで固定します。
回転止めのピンは御座いませんのでご了承下さい。

 
【質問】 MUSES01、MUSES02、MUSES8820D、MUSES8920Dこれら以外のオペアンプも使用可能とありますが、具体的にはどの型番になりますか?
【回答】 特に動作確認を行ってはおりません。 ピンコンパチの範囲であれば電源電圧範囲に相違がなければ通電できます。
使用したいオペアンプとMUSES72320のデータシートをご確認のうえご検討ください。

 
【質問】 C1、C2の仕様を教えてください
【回答】 下記のとおりです。
C1(VM):GRM21BB31E106K 10μF/25V/±10%/2012/B
C2(Vcc):GRM188F11H104Z 0.1μF/50V/±20%/1608/F

なお、搭載部品に関してましては、事前の告知なく、部品入手および在庫の都合で相当品または類似他社品に変更となる場合がございます。
 
【質問】 取扱説明書の12ページ (5)電池の交換に「単3」と書かれていますがこれは「単4」の誤りですか?
【回答】 ご指摘の通り「単3」は誤記であり、正しくは「単4」です。

 
【質問】 導体の太さはどれくらいですか。
【回答】 約AWG30(0.05mm2)程度かそれ以下です。

 
【質問】 0.4mmはありませんか
【回答】 0.4mm以下は受注生産でMOQ(最低発注数量)がかなり多く、弊社では0.3mmを選ばせていだたきました。
 
【質問】 TI社の半導体製品が生産終了でないのに在庫限りです。どうしてですか?/TIのIC単体を購入できませんがどうしてですか?
【回答】 メーカーの方針によりエンドユーザーを特定できない流通経路での販売が禁止されたため、今後の入荷の予定はございません。ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございません。何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、互換品がございましたら是非情報をお寄せください。商品リクエストフォーム
 
【質問】 複数接続したチップ(WS2812B)の発光色や明るさはどの様に制御するのでしょうか。
【回答】 接続するチップ数に合わせて波形を送り制御します。
チップ数が1つの場合は、24ビット。
チップ数が2つの場合は、24×2=48ビット。
チップ数が3つの場合は、24×3=72ビット。
といった具合です。
ビット列の定義とタイミングについては、商品ページ掲載のデータシート(仕様書)p.4〜5をご覧ください。

WS2812B データシート
 
【質問】 旧製品(M-08619)との互換性はありますか。
【回答】 旧製品(販売終了品)
5V出力コイル一体型昇圧DCDCコンバーター(説明書)
型番:AE-XCL101C501BR-G
通販コード:M-08619
とはピン配置が異なるため、差し替えできません。
また、搭載ICの変更により電気的特性も異なります。
したがって、互換性はありません。
仕様の詳細につきましては、商品ページ掲載の取扱説明書およびデータシートをご覧ください。
 
【質問】 容量を測定すると2.2μFよりかなり小さい
【回答】 2.2μFというのは、JIS5101-1-1998に定められている条件下における容量値で、f=1±0.1kHz/V=1.0±0.2Vrmsの条件が必要になります。またCLASS IIの高誘電率系のコンデンサですので温度、経年変化、AC/DC電圧に対する依存が大きくなっております。
 
【質問】 サンプルプログラム
【回答】 BB-RL78G13_64pin_Sample_programs.zip
 
【質問】 2回路のON-ON-ONとのことですが、6ピンでは再現できないのではないですか?
【回答】 ON-ON-ONのスイッチとして使用する場合には1回路となります。
中点の際に2回路目だけa接点をONにすることでON-ON-ONとしても使えるようになっています。

具体的には下記のように配線します。
ポジション1:3ピン-6ピンに選択する回路を接続
ポジション2:3ピン-4ピンに選択する回路を接続
ポジション3:1ピン-4ピンに選択する回路を接続
(2ピンと5ピンは入力または出力の共通端子として使用します)

紛らわしいですがメーカーの表記に従って商品名を掲示させて頂きます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 
【質問】 対応するUSBケーブルは何ですか?
【回答】 本体のUCBコネクタはTypeCです。 こちらのケーブルでOpenMV IDEでのサンプルソース動作までを確認しております。

 
【質問】 I2Cスレーブアドレスの指定方法がわかりません。 基板上の表記とICのデータシート上の表記が異なります。
【回答】 基板上表記のA0〜A15は、接続するLEDのAnodeに対応した表記となっております。
また同様に、C0〜C7は、Cathodeに対応した表記となっております。
従いまして、ICのデータシート(仕様書)上のA0〜A2とは異なります。
基板上の表記と、データシート上の表記との対応は、次のとおりです。
基板上 → データシート上
A0 → ROW0/A2
A1 → ROW1/A1
A2 → ROW2/A0

詳細は、こちらをご覧ください。

 
【質問】 使用温度範囲を教えてください
【回答】 -25℃~+85℃になります。
 
【質問】 電解コンデンサーの極性が基板に記載されていません。どちら側を+にすればいいですか
【回答】 電解コンデンサのプラス側は基板の四角いランドになります。説明書の記載は、How to assembleの
2.Please note the polarity of C5 and C6. Their positive poles should go into the square pads.(C5とC6の極性を注意してください。これらのプラスの極は四角いパッドに行くべきです。)になります。
 
【質問】 週データのロールオーバーは対応していますか?
【回答】 2019年のロールオーバーは対応しています。
2038年のロールオーバーは不明です。

 
【質問】 LEDが暗い
【回答】 R1、R2は1.5kΩを実装すべきところ、15kΩが実装されています。その為本来想定しているよりも暗くなってしまっております。大変申し訳ございませんが予めご了承ください。次回量産時に本来の設計値、あるいは適切な抵抗値へ変更する予定です。
 
【質問】 基板の印字とラベルの型番が異なるのですが品違いでしょうか?
【回答】 基板の印字は基板単体の型番となります。
850nm(FRS5CS)と940nm(FRS5JS)で基板を共用しているためそのようになっております。

 
【質問】 説明書に電池の向きの記載がありません。どちら向きに入れればよいのでしょうか?
【回答】 電池のフタに凸モールドの印字が御座います。それに従って入れて下さい。
ネジのあるほうがマイナスです。

 
【質問】 「キットに使える金属ケースもございます」とのことですがフロントパネルに基板(コネクタ)が干渉します。設計が間違っていませんか?
【回答】 本キットの基板(ランド)は汎用ケースに組み込む場合を考慮して少し余裕をもって設計されております。
多少の穴開けのズレを許容するためにこのような設計としましたが、P-03041に組み込む場合にはCN1とCN2の位置決めを考えながら実装していく必要があります。例として下記の手順を掲載します。

@P-03041をリアパネルと底面パネルを除いて組み立てる(適宜仮止めしてください)
AVR1を基板に差込んで背面からケースに取り付ける
BVR1のナット(ワッシャ)を締めてVR1をはんだ付けする
C基板を取り外してCN1とCN2を差込んでBと同様にケースに取り付けてはんだ付けする

既に実装してしまった場合にはフロントパネルのCN2の穴をテーパーリーマー等で拡張してください。
その際にはCN2のスリーブが穴の側面に触れない径まで拡張します。

 
【質問】 おまけの電池と電池BOXはP-03041に入らないのでしょうか?
【回答】 電池BOXが微妙に干渉します。適宜干渉部分をニッパーで切除してヤスリで整えれば入ります。
その場合には配線をサイドパネル内側の凹に逃がします。

 
【質問】 U1のオペアンプを交換したいのですが何か簡単な方法はありませんか?
【回答】 実装済みのオペアンプを犠牲にしてしまいますが、精密ニッパーで足を根本から切断して取り外すと簡単です。
取り外した後に半田を付けたはんだごてで残った足を除去します。
新しいオペアンプのはんだ付けは丁寧に行ってください。

 
【質問】 音がひずむ
【回答】 入力信号が大きすぎる、入力信号に直流が重畳されている、電源電圧が低すぎる可能性があります。
 
【質問】 ST-32の代わりとしてステップアップ用に検討しています。どんな感じでしょうか。
【回答】 実際にカーステレオにつないで比較してみましたが、音量が若干小さいという印象はありますが、両方を聞き比べなければわからない程度です。音質の違いは判別できませんでした。お役に立ちましたら幸いです。
 
【質問】 入出力間のカップリングコンデンサにつきまして
【回答】 高感度マイクアンプキット (K-05757)とTA8207ステレオオーディオアンプキット(K-05742)、またはTA7368使用小型アンプキット(K-05965)の組み合わせでは直流が重畳されるためそのままつなぐと音が割れます。マイクアンプの出力とTA8207ステレオオーディオアンプの入力の間に用途に応じて0.1μF~10μFのフィルムコンデンサまたは電解コンデンサを挿入してください。
 
【質問】 テーピング(紙の部分)にペンで書き込みがされている
【回答】 メーカー内で製品品番の確認を行う際に書き込まれたものです。問題ございませんのでご安心ください。
 
【質問】 動作が不安定なものがあります。
【回答】 実装されている部品の違いにより通信の不安定なものがあります。
レギュレーターU1がXC6202P332PR-Gであれば問題ありません。
レギュレーターU1がXC6216D332PR-Gの場合、通信速度や送信電力によってはRN42のフロー制御(RTS)が働き、一時的に通信を行わなくなる場合があります。
不安定な状態が発生して他の回路の動作に影響を与えてしまう場合はJ3の5,6番ピンの間に22uF以上の電解コンデンサもしくは47uF以上の積層セラミックコンデンサを挿入してください。
部品変更については検討中です。

 
【質問】 掲載している写真の様にL字型で作りたい
【回答】 追加の部品として下記をご用意ください。
ピンヘッダ(ライトアングル):C-12985を3個または、C-00167を1個
ピンソケット(任意のピン数でカットOK):C-05779
ACアダプター(電源):M-01803
 
【質問】 基板の素材(Panasonic ECOOLシリーズ)について
【回答】 本商品の基材にはパナソニックのエクール(ECOOL、耐熱/高熱伝導性ガラスコンポジット基板)を採用しています。エクールはLED照明用基板材料として開発され、熱伝導率が非常に高く(FR-4の2~3倍)、LED照明やパワーモジュール等に広く使用されています。三端子レギュレータやMOSFET等、放熱の大きなデバイスのピッチ変換、スルーホールデバイス(リード部品)の代替等にお役立てください。

 
【質問】 DCジャックにACアダプターを接続したのですが起動しません。
【回答】 ユーザーガイドの「Other Power Supply Options」記載が御座います。

 
【質問】 ジャンパーピンの定格から考えて5V3A以上流して問題ないのでしょうか?
【回答】 ジャンパーピンは電源の経路に含まれておりませんので問題はありません。

 
【質問】 DCジャックの内径と外径は何mmですか?
【回答】 ユーザーガイドの「Other Power Supply Options」記載が御座います。
( positive polarity plugs with 2.1 mminner diameter and 5.5 mm outer diameter. )

 
【質問】 BNCは差動入力ですか?
【回答】 差動入力ではありません。片線(シールド)が接地されています。

 
【質問】 これに合う反対側はありますか?
【回答】 日本圧着端子製造のPHコネクタが勘合いたします。ベース付きポストは下記になります。
トップ型 B2B-PH-K-S (C-12802)
サイド型 S2B-PH-K-S (C-12633)
面実装型 S2B-PH-SM4-TB(LF)(SN) (C-12810)
 
【質問】 箱(参考資料)を見ましたが具体的な配線方法が分かりません。
【回答】 下記のとおりに接続してください。

・COM(S1)→この電圧電流計用の電源(DC4.5〜24V)の−
・+(S2)→この電圧電流計用の電源(DC4.5〜24V)の+

・COM(L1)→被測定設備側電源(測りたいものの電源)の−
・V+(L2)→被測定設備側電源(測りたいものの電源)と被測定設備(測りたいもの本体)の+
・A+(L3)→被測定設備(測りたいもの本体)の−

 
【質問】 複数のトラックを同時に再生したい
【回答】 カシミール3Dが対応しています。CanwayでGPSデータをエクスポートしてください。
 
【質問】 20ピンや40ピンはあるが、30ピンを販売してほしい。折るのに手間がかかるうえ、40ピンを切断すると失敗することがある
【回答】 40ピンと同価格となりますが、工数の軽減と40ピンを切断した場合の失敗するリスクを無くすためにご用意させていただきました。これからもご要望にお応えできます様鋭意努力いたしますのでご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
 
【質問】 表面がガサガサして汚い(汚れの落とし方)。
【回答】 はじめにアルコールウェットティッシュで、次に乾いたティッシュペーパーで拭いてください。使用しているうちに汚れてきた場合は以後同様に拭いてください。
 
【質問】 PICkit4でも使用できますか?
【回答】 L型ピンヘッダの6ピン(▲の反対のピン)は出荷時では未結線となっております。
従いましてピンアサイン上は接続可能です。

 
【質問】 表示の色を変えたい
【回答】 回路の構造上、他のLEDにするとVFが不足してかなり暗くなり(または不点灯)視認性が極端に悪化しますのでおすすめできません。
 
【質問】 最大値が前回買ったときは微妙に違う
【回答】 ロットによりムーブメントが変わり、最大値が変わることがあります。予めご了承ください。
例 1A⇔1.04A、2A⇔2.2A、3A⇔3.2A、5A⇔5.2A、30V⇔32V、50V⇔52V、等
 
【質問】 ハンダ付けするときに注意することはありますか?
【回答】 表面実装部品にハンダこての先や他の工具等が接触しないようご注意ください。

 
【質問】 電池を入れスライドスイッチをONにして黒いボタンを押したが温まらない、不良品ではありませんか?
【回答】 安全のため黒いボタンを押している間のみヒーターがONになります。
従いまして余熱開始から作業終了までこのボタンを押し続けている必要があります。

 
【質問】 想定される周波数より高い結果になる。表示が安定しない。
【回答】 感度等の入力部の諸元が御座いませんのでご了承ください。
ある程度実用を求める場合には こちら のキットをご検討ください。
ボビーユース以上の性能を求める場合には計測器としての周波数カウンタをご検討下さい。

 
【質問】 製品概要
【回答】 単3型電池( 乾電池/充電池)1本で、5個の白色LEDを点灯できるパーツセットです。
特徴
・名刺サイズの基板でコンパクト
・高輝度LEDを採用、実用的な明るさを実現
・電池ボックスがスタンドがわりになりますので、ちょっとした明かりとして使えます。
・基板のスペースに余裕がありますので、スイッチを追加したり応用ができます。
・パーツ点数が少なく初めての電子工作や配布用に最適です。
・ユニバーサル基板に、ジャンパ線で配線してみましょう。
スペック
・電源:単3電池×1本
・消費電流:
340mA(@1.5V)
170mA(@1.2V)
・LED:5mm白色LED×5個
・およその照度(測定条件:LEDから30pの距離)
850Lux(@1.5V)
400Lux(@1.2V)
・基板サイズ:72×48mm
セット内容
IC(I-06465)、LEDx5、コイル、電池ボックス(P-00221)、ユニバーサル基板(P-03229)、製作マニュアル

※LEDの光をソフトにしたい時⇒LED拡散キャップもあります。(I-00641、I-01120)

取扱説明書
 
【質問】 IPEdit
【回答】 下記よりダウンロードできます。
ipEdit_1.2.6.9.zip
 
【質問】 充電ケーブルは付属していないのでしょうか?何を使えば良いですか?
【回答】 ケーブルは こちらをACアダプターは こちらをご使用ください。

 
【質問】 電源を入れたらWindows 10が起動しました。Windows 10インストールモデルですか?
【回答】 Windows 10はインストールされていますがライセンスが付与されていない為、このインストール済みのWindows 10をお使いになるにはMicrosoft社からWindows 10のライセンスをご購入頂くか、お客様が別途ご用意頂く必要がございます。
 
【質問】 スリーブ端子内部に出っ張りがあります。形成不良でしょうか?
【回答】 こちらの端子はプラグ側のスリーブ端子とのコンタクト(ばね接点)ですので仕様です。
コンタクトを確実にするための設計ですので不良では御座いません。

 
【質問】 黒い樹脂の素材について
【回答】 ナイロン樹脂になります。
 
【質問】 このLEDには抵抗が数本付いていますが、これは何なのでしょうか?(付属の抵抗の使い方)
【回答】 カーボン抵抗は電流制限抵抗としてご活用ください。初心者の方向けに付属しています。以下補足説明として電流を計算したものをご用意させて頂きました。お役に立ちましたら幸いでございます。
OSWT5161A_learning.xlsx
 
【質問】 USBケーブルはどのケーブルが使えますか。<br> OTGケーブルと指定がありますが、USBmicroB-A(オス)のケーブルは見つかりません。<br>
【回答】 参考関連書籍上には、OTG対応のケーブルと記載がありますが、弊社で販売中のUSBmicroBケーブル(通販コード:C-07607 等)をお使いいただけます。
 
【質問】 USBケーブルはどのケーブルが使えますか。<br> OTGケーブルと指定がありますが、USBmicroB-A(オス)のケーブルは見つかりません。
【回答】 書籍上には、OTG対応のケーブルと記載がありますが、弊社で販売中のUSBmicroBケーブル(通販コード:C-07607 等)をお使いいただけます。
 
【質問】 Canwayソフトウエアの言語切り替え
【回答】 下記のスクリーンショットの通りです。

クリックして画像を拡大する
 
【質問】 [P-03774]3Pトグルスイッチ 1回路2接点<br> [P-12712]3Pトグルスイッチ 中点OFF付 1回路2接点 <br> この二つの違いは何ですか?
【回答】 商品名,商品説明(接点構成),データシートに記載の通り中点OFFの有無が異なります。

 
【質問】 データシートのSWITCH FUNCTIONにPOS2がありますが、中点OFFですか?
【回答】 POS2はNONEと書いてある為、ありません。真ん中では止まりません。

 
【質問】 TIのIC単品の販売は無いのですか。
【回答】 TI社様が最終製品として認めたもの以外は販売しない方針に切り替えました。その為、流通する単品のIC販売は出来なくなっております。ご了承ください。
 
【質問】 特定の7セグメントLEDだけが点灯しない。全ての7セグメントLEDで共通のセグだけ点灯しない。
【回答】 当該のLEDのCOM端子〜PIC、当該のセグの各LED〜PICまでのはんだ付け、パターン剥がれをよく確認し適宜半田ごてを当てなおしてください。
他の部分(LED、セグ)が点灯しているのでPICの不良ではありません。

 
【質問】 TI社製品のデータシートが閲覧できなくなりましたが、何が起きたのでしょうか?
【回答】 TI社の意向により、同社PDFデータシートの掲載を終了いたしました。TI社のWebサイトを参照する様にお願いいたします。現在閲覧可能なデータシートも随時削除いたします。お手数をお掛け致しますがご理解のほどお願い申し上げます。
 
【質問】 サブメータ級測位補強サービスに対応していますか?
【回答】 測位信号はL1C/Aに対応しております。サブメータ級測位補強サービスに必要なL1Sには対応しておりません。

 
【質問】 ディスコン(Dマーク)になっていますが、どうしてですか?
【回答】 株式会社マルコ精密工業が廃業されましたので在庫が無くなり次第販売終了になります。在庫限りとなりますのでご了承ください。
 
【質問】 OTGケーブルとして使用可能なUSBケーブルは販売されていますか?
【回答】 [C-13430]USB OTGケーブル microB 10cm が使用可能です。

 
【質問】 LM555CNが一般的に市場に流通しているのに新日本無線のNJM555Dが新商品として販売しましたがどういうことですか?
【回答】 世界一のリニアIC製造メーカーのテキサスインスツルメンツ社(TI社)様が最終顧客様以外には販売しない方針になりました。流通業者には販売しないので他社の商品でよりよきものを販売する為日本メーカーの「555」の販売をさせて頂きました。
 
【質問】 新日本無線製NJM386BDがあるのになぜ台湾製のLM386Gを売り出したのですか?
【回答】 新日本無線株式会社(NJR)様が6インチウエハラインの設備の更新をしない為、数年先にディスコン(生産終了品)になるのでLM386Gの販売を致しました。
 
【質問】 青いDマークがついています。製造中止品ですか?
【回答】 1年以内に製造中止品となります。 よく売れる商品ですので多量に在庫します。
原因:
新日本無線様が6インチ(15mm)ウエハラインでの製造をやめる為です。
 
【質問】 NJU77701FはSOT-23-5タイプのOPアンプの配列と違う様ですが?
【回答】 (1)+入力 (2)グランドV⁻ (3)−入力 (4)出力 (5)電源V⁺ が多数派になりつつあります。回路的にもこれが理想的だと考えられます。
 
【質問】 必要な電源について
【回答】 USBミニBコネクタが1つ搭載されており、PCと接続しての通信および(PCまたはACアダプタ等を用いての)給電・充電に対応します。
メーカでは特に表記がございませんが、弊社での実測値でおよそ0.5Aです。

動作確認した構成は、
・[通販コード C-07606] USBcable A-miniB
・[通販コード M-13658] AD-A050P200
となっております。
 
【質問】 日本語マニュアルはありますか
【回答】 英語マニュアルのみとなっております。
 
【質問】 USBシリアル変換等でパソコンと接続し、ターミナルソフトで表示した際に文字化けします。
【回答】 キットのシリアル出力が正論理の為、正しくデコードできずに文字化けします。

 
【質問】 なぜシリアル出力が正論理なんですか?
【回答】 フォトカプラ等で外部の回路と絶縁することを考慮しています。

 
【質問】 直接接続してシリアル通信を行うことができる変換モジュールはありますか?
【回答】 FTDI社製のシリアル変換モジュールを使用し、FT_PROGを使用してRXDを反転設定とすることで、文字化けを回避できます。

動作確認済みFTDI社製のシリアル変換モジュール
[K-01977]FT232RL USBシリアル変換モジュール
[K-06693]FT232RL USBシリアル変換モジュールキット
[K-06894]FT231X USBシリアル変換モジュール
[M-08461]FT234X 超小型USBシリアル変換モジュール
[K-09951]FT232RQ USBシリアル変換キット
[M-11007]FT−232RQ USBシリアル変換モジュール

 
【質問】 大量に欲しい
【回答】 トライステート社様に直接お問い合わせください。
 
【質問】 従来モデル(M-06017)からの変更点
【回答】 ・20μAレンジの廃止
・hFE測定機能の追加:レンジスイッチの変更、測定端子の増設]
・バックライト色変更:黄緑色⇒白色]
 
【質問】 画面下中央のボタンを押しても電源が入りません。
【回答】 出荷時には主電源OFFとなっております。お手数ですがUSBコネクタ右側(メーカーロゴ側)の開口部内のスイッチを操作して下さい。
操作が難しい場合には本体裏面の4本のビスを外し、裏蓋を開け直接スイッチを操作してください。

 
【質問】 PCM2704のDOUTピン(SPDIF出力)は引き出されていないのでしょうか?
【回答】 LED1付近のDIFと書かれたランドがDOUT(SPDIF出力)となります。
その隣のGNDと合わせてご使用頂けます。

 
【質問】 MPLAB SNAPからターゲットへ電源供給は可能ですか?
【回答】 電源供給機能はありません。書き込み・デバッグに関わらず、ターゲット側で電源を用意する必要があります。

 
【質問】 回路図のJS1が基板上でSJ1になっています。
【回答】 JS1=SJ1として読み替えて下さい。お手数をおかけし申し訳ございません。

 
【質問】 通電中にコンセントプラグの可倒部を動かすと出力電圧が不安定になります。
【回答】 通電中にコンセントプラグの可倒部を動かすようには設計されていません。固定した状態で動かさずにご使用ください。

 
【質問】 Windows10で使用できる代替機器はありますか?
【回答】 代替機器は用意しておりません。PICkit4もしくはPICkit3をご検討ください。

 
【質問】 ファームウェアのアップデート方法がわかりません。
【回答】 ファームウェアのアップデートは、最新セットアップファイルに同梱されています。
まず、メーカーサイトのdca-pro-pc-software-installation-guide.pdf内の "www.peakelec.co.uk/downloads/dcaprosetup.exe"をダウンロードし、実行してください。
セットアップ完了後に、DCA75をPCに接続し"DCA Pro.exe"を起動してください。
初回起動時にファームウェアの更新を促すポップアップウィンドが開きます(このポップアップが開かない場合には、ファームウェアは最新版です)。「OK」ボタンを押してファームウェアを更新してください。 ファームウェア更新中は、絶対にUSBケーブルを抜いたり、PCの電源を切ったりしないでください。
最新ソフトウェアバージョン:V1.1.16.2446/対応ファームウェア:0021(DCAPro0021.hex) 2018/06/22現在

 
【質問】 付属のコネクタを使わなくてもいいですか?
【回答】 はい。付属のコネクタを使用しなくてもステッピングモータを駆動することができます。
バイポーラモータの巻線は4線で配線しますから、モータ本体から出ている4線のみを使用してください。
 
【質問】 充電の条件を教えてください。
【回答】 一般的なNi−MH電池の標準充電に準じた条件でおこなってください。
電池容量の10分の1程度の電流で16時間通電するのが標準充電方式です。
具体的には、下記の充電条件で充電してください。
・充電電流83mAで16時間

 
【質問】 バックフォーカス調整とは何ですか?
【回答】 このカメラはCSマウントレンズ用にフランジバックを調整して出荷されています。 標準値は12.5ミリです。
バリフォーカルレンズを使用する場合、レンズの仕様によってはバックフォーカスが標準値から外れることがあるため、カメラ(撮像素子)側でピントを合わせることが必要となります。
具体的には、撮像素子を前後に移動することによってピントが合うように調整します。これがバックフォーカス調整です。

 
【質問】 データーロガーのソフトは何を使えばいいですか?
【回答】 ロガーのソフトは「CanWay」を使用します。 同梱のCD-ROMにある  GPS Logger software→CanWay Installerから"CanWay Installer_1.1.08.exe"  をインストールしてください。
実証済みOS:Windows XP(SP3)、Windows Vista(32bit)、Windows 7(64bit)、Windows 8.1(64bit)
(XPについては、Windows インストーラ3.1、Windows Image Component(WIC)、インストール後ソフトの起動には、 「.NET Framework」が必要な場合があります。それぞれ必要に応じて、Microsoft社からダウンロードしてください)
ソフトのインストール時に、USBドライバーのインストールを選択してください(デフォルトの設定は選択済み)。
セットアップがすべて終わったら、GT-740FLをパソコンのUSBに挿します。仮想COMポートが割り当てられるまでしばらく待ちます。 ポート割り当て後、ポート番号が表示されます(Windows vista、7、8.1)。忘れずにメモしておいてください。 仮想COMポートが分からなくなったら、コントロールパネル→デバイスマネージャ→ポート(COMとLPT)から  "STMicroelectronics Virtule COM Port (COMxy)"を参照してください。COMxyのxyにあたる数字がポート番号です。 (デバイスマネージャは、コマンドプロンプトから"devmgmt.msc"でも開きます)
ポートの設定は、「ビットレート9600bps、データビット8、パリティなし、ストップビット1、フロー制御なし」です。 すべての設定が終わったら、CanWayを起動してください。

 
【質問】 Adafruitとはどのような会社ですか?
【回答】 2005年にLimor Fried (リモア フリード)が創業したアメリカ(ニューヨーク州)の会社です。電子工作キットの研究開発・販売をおこなっています。また、半導体をはじめ様々な部品等の販売も行っています。社名のAdafruitは、Ada Lovelace(エイダ ラブレス:19世紀の先駆的な女性プログラマーとされる)にちなんでいるようです。 (社名の日本語表記「エイダフルート」は、創業者出演のビデオクリップの発音をカナ表記したものです)

 
【質問】 リフレクターらしきものが見えないのですが、どこにあるのですか?
【回答】 光学構造は、LED上面(中央レンズのトップから)約2ミリの厚みの部分に、金属製凹面鏡が透明樹脂の中に封入されています。下の図をご覧ください。素子のパッケージと空気の境界で発生する反射光を 内部の反射板で再度反射させる構造になっています.反射しない光は,LEDチップ直上のパッケージ中央の凸レンズに入射します. この構造を採ることによって,高い効率で光をLED前面に放射しています。



参考技術資料

 
【質問】 コンデンサの直列接続を検討したいのですが、使用上問題ないでしょうか?
【回答】 直列接続は、フェールセーフが目的であれば使用可能です。両方のコンデンサ各々の仕様が、接続される回路電圧を満足できることをご確認下さい。直列接続をする各々のコンデンサの定格電圧が、回路電圧を下回らないようにご注意ください。 出典: 村田製作所Webページ より

 
【質問】 専用ソフトは日本語ですか?
【回答】 Windows OS版は日本語表示を選択できます。インストール時は英語ですが、インストール後にソフトウェアを起動し 「User Preference(歯車のアイコン)」から「Language」⇒「日本語」を選択します。 ソフトウェアをいったん終了し、再起動すると日本語表示になります。なお、Mac OS版は英語表記のみです。

 
【質問】 電圧設定用の抵抗はどこに付ければいいですか?
【回答】 電源モジュール基板のVR1と印刷されているところに取付けます。固定抵抗のリード線はVRを取り付ける両端の穴に挿します。真ん中の穴は使用しません。

 
【質問】 2回路6接点のはずが、3つのポジションしかありません。不良ですか?
【回答】 このロータリースイッチは、ポジションストッパー金具によって、接点数を任意に変更できるようになっています。 商品の仕様通りの接点ポジション数にて工場出荷するようメーカーに発注しておりますが、万が一、スイッチポジションと接点数が異なる場合には、お手数をおかけいたしますが、こちらのPDF資料をご参照のうえ設定いただくようお願いいたします。

 
【質問】 ピンヘッダが基板と垂直にはんだ付けできません。どうすればきれいに取り付けられますか?
【回答】 はんだ付けするときに、冶具としてブレッドボードを利用します。 あらかじめ基板にDCジャックをはんだ付けしておきます。 ブレッドボードにピンヘッダをセットしておき、その上に基板をのせます。 四隅のピンヘッダをはんだ付して、傾いていないかを確かめたうえで 残りのピンをはんだ付けします。


 
【質問】 定電流ダイオードは並列で使用できますか?
【回答】 はい、並列接続が可能です。異なる電流量のダイオードも並列に接続することができます。

 
【質問】 コーセルとはどんな会社ですか?
【回答】 1969年に設立された富山県の直流安定化電源装置(スイッチング電源など)の専業メーカです(旧エルコー社)。

 
【質問】 データシートには、MMCV0400K104の型番がありません。どのようにして仕様を調べればいいですか?
【回答】 製品型番の最初の4桁「MMCV」は、製品記号「MMC」とリード形状記号「V」で構成されています。商品説明ページにあるPDFデータシート「MMC 400V.dc」104(0.1μF)をご参照ください。なお、リード形状記号「V」は自動挿入用縦型テーピング(フォーミングリード型)を意味します。なお、詳細は下記の製品呼称のPDF資料をご参照ください。
製品呼称資料

 
【質問】 データシートには、MMLV125K474の型番がありません。どのようにして仕様を調べればいいですか?
【回答】 製品型番の最初の4桁「MMLV」は、製品記号「MML」とリード形状記号「V」で構成されています。商品説明ページにあるPDFデータシート「MML 125V.ac」474(0.47μF)をご参照ください。なお、リード形状記号「V」は自動挿入用縦型テーピング(フォーミングリード型)を意味します。なお、詳細は下記の製品呼称のPDF資料をご参照ください。
製品呼称資料

 
【質問】 ICソケットを取り付ける順番はありますか?
【回答】 背の低い部品から取り付けます。 抵抗を取り付けた後に、ICソケットを取り付けてください。 半円の切り欠きがある方が上になるようにします。 IC2(シールが貼ってあるLPC1114)は、 すべての部品を基板に取り付けたらICソケットにセットしてください。

 
【質問】 コネクタとして2mmピッチのピンソケットを活用できますか?
【回答】 2mmピッチ6ピンのピンソケットを取り扱ってっておりません。販売中の10ピンのピンソケット C-06868または C-03870等を6ピンに加工して使用することができます。 細かい作業なので、熟練を要します。
◆加工方法:
@カッターか鋭いニッパーで7ピン目のハウジングをカットします。
A7ピン目のバリをカッターでていねいに取り除きます。  (300〜600番手の細かい紙やすりでもOKです)
B受け側のハウジングに無理なく挿せることを確認してください。
C最後にピン側に配線してください。  熱収縮チューブ P-06788(黒)・ P-08635(透明)・ P-08987(赤) 等 で配線部を1ピンずつ保護すると断線しにくくなります。


 
【質問】 対応するプロトコルを教えてください。
【回答】 ソフトウェアVer:1.1.34 Beta(2015年03月現在)の対応プロトコルは下記24種です。 (Logic4では4入力のため、HD44780は非サポート、JTAGは"TRST"をサポートしません。)
Async Serial, I2C, SPI, 1-Wire, Atmel SWI, Biss C, CAN, DMX-512, HD44780, HDLC, HDMI CEC, I2S/PCM, JTAG, LIN, MDIO, Manchester, MiDi, Modbus, PS/2 Keyboard/Mouse, SMBus, Simple Parallel, UNI/O, USB1.1
サンプルソフトでは、"Analyzers"サイドバーの[+]ボタンをクリックし"Show more analyzers"をクリックしてください。プロトコル一覧が開きます。