トップ > 組立キット > マイコンキット > PICキット > AKI−PICプログラマー Ver.4(完成ボード)

AKI−PICプログラマー Ver.4(完成ボード)の質問と回答 

AKI−PICプログラマー Ver.4(完成ボード)
 



詳細画像4
 
この商品を友達に教える
お気に入りに追加する
【質問】 Windows10で使用できる代替機器はありますか?
[2019/09/12 11:47:58]
【回答】 代替機器は用意しておりません。PICkit4もしくはPICkit3をご検討ください。

【質問】 PIC Programmerv4 Beta(書き込み制御ソフトウェア)はWindows7/8/8.1/10に対応していますか?
[2019/09/12 11:42:32]
【回答】 動作保証はWindows XPまでです。

Windows7/8/8.1/10で動作することを確認しておりますが、全ての環境で動作するとは限りません。
ソフトウェアの起動する/しないは試しにインストールすることで確認することができます。
こちらからダウンロードし、解凍した後setup.exeを実行してください。
インストールしたPIC Programmerv4 Betaを起動すると「通信ポートが使用できませんでした。他のシリアルポートを選択してください。」と表示されます。
本体(AE-PICPGM II基板)を接続していない状態であれば異常を正しく検出できているのでソフトウェアは正常に動作しています。

【質問】 ソフトウエアのインストールができません
[2019/09/12 11:42:45]
【回答】 PICプログラマーキット Ver4のソフトインストール時に
”システムにある一部のシステムファイルが最新ではないので、セットアップを続行できません”
のメッセージが表示される場合は、
CD内の「\win\Supportフォルダ」をそっくりパソコンにコピーして、
その中の「picpgm.exe」をダブルクリックするとプログラムが起動します。
また、「picpgm.exe」のショートカットを作っておくと便利です。
サポートページ
http://akizukidenshi.com/catalog/contents2/ver4support.aspx

【質問】 picpgm6_beta.exeがインストールできません
[2019/09/12 11:42:52]
【回答】 ダウンロードコーナーから、最新版のプログラムをダウンロードします。
●ダウンロードしたファイルを解凍します。
●中にある、picpgm6_beta.CAB をlhaplusなどで解凍して、適当なフォルダに保存します。
●この中にある picpgm6_beta.exe をダブルクリックするとプログラムが起動します。
 ショートカットなどをお好みの場所に置いておくと便利です。

【質問】 付属サンプルプログラムにつきまして
[2019/09/12 11:43:00]
【回答】 サンプルプログラムを使用する際は、お使いになるマイコンや環境、設定等に合わせてご確認いただき必要に応じて適宜書き換えてご使用いただきますようお願いいたします。
例:SMPL877.ASM
config -> 高速…HS、中速…XT、低速…XTL等

【質問】 PCと通信できません
[2019/09/12 11:43:07]
【回答】 COMポート(またはVCP)の動作確認
 USBシリアル変換ケーブル(VCP)を使用している場合、PCからきちんと認識されているか御確認下さい。デバイスマネージャーに表示されていない場合、USBシリアル変換ケーブルが正しく動作していない可能性があります。
 COMポートの確認方法(XP)
 COMポートの確認方法(Vista,7)
COMポートの番号
 パソコン側のCOMポートとPICプログラマソフトウエアのCOMが一致しているかご確認ください。PICプログラマソフトウエアに設定されているCOMポートは「通信」ボタンを押すことで確認できます。


ファームウエアとPCソフトの組合せ
 お買い上げ時はVer.3.5が装着されています。
 お手数ですが、Ver.4モジュールを取り付けてください。向きにもお気をつけ下さい。
●ファームウエアの向き
 下記写真参照



電源の電圧
 DC15Vになります。
ファームウェアの動作確認
 LEDが2回点滅します。
【質問】 うまく通信できません
[2019/09/12 11:43:13]
【回答】 ●電源はDC15V出ていますか?
●PC側ソフトウエアと基板のファームウェアは一致していますか?

【質問】 PC側ソフトとファームウェアのソースコードは公開されていますか?
[2019/09/12 11:43:27]
【回答】 はい、2012.08.02より公開開始しました。
バージョンは必ずしも製品に書き込まれているものと一致しない場合も御座います。
開発にはVisualBasic6およびMPLABが必要です。

ソースコードのダウンロードはこちらからどうぞ。

【質問】 ソフトはどこにありますか?
[2019/09/12 11:43:38]
【回答】 ソフトウエアは下記CDのWINフォルダに収録されています。

付属CDをPCのドライブに入れると下記のようになっています。赤枠で囲ってあるフォルダに3つのバージョンのソフトが収録されています。
・ver6.5⇒WIN > setup
6.7以降のソフトではプログラマー側のファームウェアが6.72以降である必要があります。
・ver6.7⇒ver6.7 > picpgm_beta > setup
・ver.6.72⇒ver6.72 > picpgm6_JK_P672_F672_beta > setup


インターネットからソフトをダウンロードする場合は下記から行えます。
http://akizukidenshi.com/catalog/contents2/ver4support.aspx
(サポートページ。不具合報告、修正等の情報を掲載)
2012.1.28現在、最新版は、picpgm6_JK_P673_F673_beta.zip です。

【質問】 付属CDが読めません。付属CDが見つかりません。
[2019/09/12 11:43:46]
【回答】 こちらからCDの内容と同じものがダウンロードできますので、ご利用ください。
ダウンロード→ akipic_v4_cd_2k_xp.zip(約50MB)

【質問】 ICや半導体のスペアについて
[2019/09/12 11:44:00]
【回答】 4066(汎用品) I-09120I-10906
62003 I-09675
ADM3202AN(MAX232互換品) I-09001
LM317(汎用品) I-09713I-08679
7805(汎用品) I-08678I-07903I-10952I-07903I-00164

【質問】 PIC12F509に書き込みが出来ません、デバイス選択はPIC12F509になっています。
[2019/09/12 11:44:08]
【回答】 Ver6.72ではコンフィグの書き換えに不具合が残っております。 最新の6.76をお使いください。 また、PC側ソフトウェア右下窓(ピンクの3つの窓)の バージョン情報が揃っていないと不具合が発生いたします。

【質問】 実行時エラー ***
コンポーネント ********.ocx
等のエラーが表示されて実行できない。

[2019/09/12 11:44:15]
【回答】 付属のCDはWindows XPまでの対応であり、Windows7用のMicrosoft Visual Basic 6.0 ランタイムライブラリはインストールされません。
最新のPIC Programmerを下記URLよりダウンロードすることができますので、そちらをお使いください。
http://akizukidenshi.com/catalog/contents2/ver4support.aspx

【質問】 ファームウェアのアップデートに失敗しました
[2019/09/12 11:44:21]
【回答】 まずは他のソフトを全て終了してから再度書き込んでみてください。ブートローダが壊れていなければ再度書き込む事ができます。それでもエラーが出る場合は下記をご同梱の上でVer.4モジュールを弊社までお送りください。

■ご用意いただくもの
・エラーの出たVer.4モジュール
(静電気保護の為アルミホイルなどで包み、ピンが折れないように梱包してください)
・書き込み希望のバージョンナンバー
・返信用切手を貼付した封筒(返信用のご住所、お名前をご明記ください)

■宛先
〒101−0021
東京都千代田区外神田1−8−3野水ビル1F
(株)秋月電子通商秋葉原店 技術部
電話:03−3251−1779

また、Ver.4モジュールですが、ファームウェアVer6.72以降はメニューバーの「ヘルプ」⇒「ファームウェアアップデート」画面にあります「ACK_WAIT(mS)」の数字(初期値2)を上げてみてください。設定可能な値は2〜20mSです。数字が大きくなるほど書き込みに必要な時間は長くなりますが、通信の安定性が向上します。

新たにVer.4モジュールをご購入頂くことでも復旧は可能です。2台モジュールがあれば1台を復旧用としてご使用頂けますので、ご購入を検討頂けますと幸いです。

【質問】 「このキットには、マイクロチップ社テクニカルライブラリCDが入っています。」と記載がありますが、入っていません。
[2019/09/12 11:44:29]
【回答】 販売当初はCDをお付けしておりましたが、情報の改訂サイクルが早すぎる為に現在こちらのCDを同梱いたしておりません。資料はマイクロチップ社ホームページより最新情報のダウンロードをお願いいたします。MPASM関連ソフトはマイクロチップ社ホームページより「MPLAB IDE(X)」関連ソフトをダウンロード・インストールする事により同時にインストールされます。

ダウンロードアーカイブ(2018.6.12閲覧)
http://www.microchip.com/development-tools/pic-and-dspic-downloads-archive

【質問】 AKI−PICプログラマーとUSBシリアル変換ケーブルとの接続についてのご注意
[2019/09/12 11:47:01]
【回答】
「AKI−PICプログラマー(K-00038、K-02018)」と「USBシリアル変換ケーブル(M-02746、M-00720)」とは、 「RS232C延長ケーブル(C-00004)」を間に入れないと直接接続することはできません。

理由は、「AKI−PICプログラマー(K-00038、K-02018)」と「USBシリアル変換ケーブル(M-02746、M-00720)」が、 コネクタ固定ネジ同士が干渉する為です。ピンはメス⇔オスですので、接続に問題はありません。

「AKI−PICプログラマー(K-00038、K-02018)」側のコネクタの固定ネジ(ナット)を取り外せば、 「USBシリアル変換ケーブル(M-02746、M-00720)」と直接接続可能ですが、自己責任においてお願いいたします。


  • この内容は一般的な使用用途・使用環境を想定してお答えしています。商品の使用目的以外、特殊用途でのご使用については必ずしもこの回答通りにならないこともございますので、予めご承知おきください。

通販コードを入力してください。
 −